返せないからといって借金を放置すると大変なことに・・・!

お金の都合がつかなくなって、カードローンやキャッシングによる借金を返せなくなってしまった・・・。こんなときはどうするのが正解でしょうか?一度、考えてみてください。

ちなみに、一番やってはいけないことは、そのまま連絡を取らずに放置することです。これをすると利息がとんでもない額に膨らむだけでなく、最終的に債権者(お金を貸している人)裁判を起こされてしまうかもしれません。

借金が返せなくなったときに取るべき行動は、「すぐに相手に連絡をする」です。ヤクザみたいな人が取り立てに来るんじゃ・・・?と不安に思うかもしれませんが、そんなのは映画やドラマの中だけの話です。

消費者金融や銀行も鬼ではありませんから、しっかり事情を話せば返済日をある程度延長してもらえます。また、一度の返済額を多少引き下げてもらえるかもしれません。このように、放置するよりもしっかり連絡をとったほうが、はるかにメリットが大きいのです。

このページではまず、借金を放置してしまうとどうなるのかについて解説していきます。そして記事の後半では、そういった場合にはどう対応するのがベストなのかについて説明しますね。

連絡せずに借金を放置するとどうなる?

返済日を過ぎても返済がなかった場合、金融会社は債務者(お金を借りている人)に電話連絡を行います。ここで素直に電話に出れば何も問題はありませんが、何度も無視していると、業者も次の一手を打ってきます。

それは自宅訪問です。本来、法律で債務者の自宅を直接訪問するのは禁じられているのですが、一向に電話に出ないといったやむを得ない事情がある場合は例外として認められます。

自宅に担当者が訪ねてくるかもしれないというプレッシャーはもの凄いですし、家族と同居しているなら借金のことがバレてしまうかもしれません。

さらに、貸金業者から職場に電話連絡がいく可能性もあります。こちらも、本来は賃金業法と呼ばれる法律で禁止されている行為なのですが、なんらかの事情がある場合は別です。

それでも、電話口で借金に関することは話しませんが、同じ人物から複数回電話がかかってくるとなると、職場の同僚に怪しまれてしまうでしょう。勘のいい人なら借金のことだと気づくかもしれません。

このように、借金を放置していると周囲に借金がバレるリスクが一段と上昇してしまうのですね。

最終的に訴えられてしまう可能性も

ここまでの取り立てをされると、並みの人なら精神的に参ってしまうでしょう。ただ、強靭なメンタルを持っている人なら、このくらいなんともないと軽く流せるかもしれません。

しかし、だからといって借金の取り立てがやむわけではありません。あまりに長期間に渡って返済を行わないと、債権者から訴えられてしまう可能性があります。

そして、裁判になればほぼ100%負けてしまうでしょう。相手がヤミ金業者ならわかりませんが、真っ当な金融業者であれば、返済を行わなかったこちらに非があるのは当然ですから、敗訴はまぬがれません。

敗訴が決定すると、差し押さえの強制執行権が債権者に付与されます。差し押さえについてはある程度知っている人も多いでしょう。こちらの意思に関わらず、会社からの給与や預金が強制徴収されてしまいます。

しかも、勤め先にも差し押さえの事実が伝えられるので、絶対に借金のことがバレてしまいます。普通の借金ならまだしも、差し押さえについて知られるのはさすがに辛いものがあるでしょう。

加えて、とんでもない額の利息も請求されてしまいます。返済が遅れると遅延損害金という特別な利息が適用され、一般的な利息よりもはるかに速いペースで利息が膨らんでいきます。

一般的な利息は16%から18%ですが、遅延損害金はほとんどの業者で20%に設定されています。あまり変わらないようにも思えますが、これは期日までに返済を済ませておけば本来かかるはずのなかった利息と考えれば、大きな損をしていることに気づくはずです。

時効を狙うのは無駄なことが多い

借金にも時効が存在します。時効成立までの期間は借りた相手によって異なり、消費者金融や銀行が相手なら最後の返済日から5年、個人間の貸し借りなら10年となっています。

そのくらいの期間ならやってやれない気もしますが、残念ながら思惑通りに時効が成立するのは極めてまれです。

というのも、債権者はいくつかの手段によって時効のカウントをリセットできるからなのです。たとえば、裁判所に訴状を出して、それが認められれば時効のカウントは0に戻ってしまいます。

業者側も取りっぱぐれは避けたいですから、そう簡単に時効の成立は許しません。ですから、時効に期待して借金を放置するのは非常に分の悪い賭けなのです。

もし、時効が成立しなかった場合、残るのは大きく膨れ上がった利息とその元本の支払いです。こうなってしまうと残された道は自己破産しかありません。なにより、数年にも渡って取り立てに耐えるのはとても辛いことでしょう。

ここまで読んで、借金を放置することのリスクについてわかっていただけたでしょうか?それでは、借金の返済が間に合わない場合にはどうすればいいのかについて、以下から見ていきましょう。

返済が間に合わないと思ったらすぐに連絡する

たとえ返済日前でも、今回分の返済が間に合わないと思ったらすぐに連絡を取りましょう。素直に事情を話せば業者も柔軟に対応してくれ、返済日を遅らせてもらえたり、今回の返済額を減らしてもらえたりすることが多いです。

返済が遅れる以上、やはり遅延損害金が発生してしまいますが、数日程度ならそこまで大きな額にはなりません。何週間、何か月も放置するよりずっとましです。

また、連絡を取らないまま返済日を過ぎてしまった場合、数日の間に業者から連絡が来るはずです。気がのらないかもしれませんが、必ず電話には出るようにしましょう。

返済が1回遅れたくらいなら、そこまで強く催促されることはありません。いつまでには返済しますと新しい返済日を約束すれば、その日まで電話がかかってくることもありません。

そして、どうしても返済がキツイようなら、その旨を相談してみましょう。無理のない返済プランを提示してもらえるかもしれませんし、利息を軽減してもらえる可能性もあります。

繰り返しになりますが、借金の返済が遅れた場合に最もしてはならないことは、連絡をとらずに放置することです。早めに連絡をとればそれだけペナルティも少なくて済みますから、すぐに行動するようにしてくださいね。

あまりに借金が大きすぎる場合は債務整理を検討しよう

多少返済日を遅らせてもらうくらいでは解決できないほどの借金ができてしまった場合は、債務整理を検討してみましょう。

債務整理と聞くと一番に自己破産をイメージする人が多いかもしれませんが、実は債務整理の手段は多岐にわたり、自己破産はその中でも最もメリット・デメリットが大きい手法なのです。

自己破産をお願いすると、財産の一部を手放さなければならなくなる、そもそも手続きが大変といったデメリットがあるので、おいそれと簡単に依頼することはできません。

しかし、債務整理の一つである任意整理なら手続きにかかる期間も比較的短く済みますし、依頼費用も自己破産と比べると大幅に抑えられるケースが多いです。

自己破産のように借金を全部チャラというわけにはいかないものの、ある程度の減額が望めますし、利息をなしにしてもらえる可能性もあります。

自分の力だけでは返済できないようなら、法的な手段に頼るのも一つの方法です。借金を放置してどうしようもなくなるよりはよっぽどいいので、必要そうであれば一度検討してみるとよいでしょう。

借金の相談なら弁護士へ依頼するのが一番

債務整理が必要そうなら検討してみましょう、とお話ししましたが、自分ではそんなことはわからないですよね。かといって、返せる見込みのない借金をズルズル返し続けるのも辛いだけです。

そんなときは弁護士に一度相談してみましょう。債務整理について詳しい話を聞けるのはもちろん、どうすれば無理なく借金を返済していけるのかについても親身に相談に乗ってもらえますよ。返済スケジュールを一緒に考えてもらうのも賢い方法でしょう。

幸い、最近は借金に関する相談なら無料の弁護士事務所も増えてきているので、そういったチャンスを積極的に利用していきましょう。1回だけでなく、数回まで無料だったり、何度でも無料だったりする事務所もあるので、訪問前に調べておくとよいでしょう。

借金に関する悩みはなかなか家族や知人には打ち明けられず、辛いものです。弁護士は借金に関するプロなので、相談することで適切なアドバイスをもらえますし、なにより精神的にとても楽になりますよ。

一人で思いつめてしまう前に、誰かに相談するようにしてくださいね。

まとめ

借金の返済が遅れそうなら、早めに業者に連絡を取るようにしてくださいね。また、現時点で放置している借金があるなら、今すぐにでも連絡しましょう。対応が遅れるほど利息が膨らみ、大きな損を被ってしまいます。

そして、どうしようもない場合は債務整理を検討してみるのも一つの選択肢です。ネガティブなイメージがあるかもしれませんが、変なプライドを抱えて借金で苦しむよりは、いざとなればそういう選択肢もあるんだと心に留めておいたほうがいくぶん楽でしょう。

借金を放置してもいいことは何一つありませんから、返済するにせよ債務整理を行うにせよ、早めに何らかのアクションを取るようにしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました