借金を無理なく効率的に減らす方法

借金を返しても返してもなかなか減らない……とお困りの方は少なくないのではないでしょうか。実は借金というのは闇雲に返済するだけではなかなか減ってくれません。

頭を使って、計画性を持って返していかないとダメなものなのです。本記事では借金を無理なく効率的に減らすための方法を解説したいと思います。

まずは借金がいくらあるのか確認してみよう!

gf1940281963m

借金を返す上で大切なのが、借金の額を把握することです。今いくら借金があって、金利は何%で、毎月の返済額は何万円で、このまま返済を続けると何ヶ月で返済し終わるのかもわからないままでは、モチベーションも維持できません。

まずは借金の金額を把握するところからはじめましょう。借入先がわかっている場合は、毎月送られてくる請求書や領収書を確認してみましょう。これらの書類には必ず借金の残高が掲載されているので、それをチェックすればいいだけです。

中にはこちらから請求しないかぎり請求書や領収書を発行してくれない金融機関もあるので、その場合は連絡しましょう。

請求書や領収書を捨ててしまったという場合は、取引履歴の開示請求を行ってください。借入先の金融機関に電話をして、「取引履歴がほしい」と伝えて下さい。すると開示請求書が送付されてくるので、それに記入して窓口に持ち込むか、郵送、もしくはFAXで送信します。

金融機関には開示請求に応じる義務があります。万が一開示請求に応じてもらえなかった場合は、日本貸金業会や管轄の財務局などに連絡しましょう。

借入先がわからないという場合は、信用情報機関に開示請求を行います。信用情報機関とは、今までの借金の履歴や予定されている返済回数などの情報をまとめて取り扱っている民間企業です。現在の日本には

という3つの信用情報機関があります。すべての信用情報機関に開示請求を行ってください。

※もし返せないほど借りてしまった場合は、こちらで減額しましょう。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります

無理なく返せる返済計画を立てよう!

pls7910980u52555

借金の返済計画を立てないままなんとなく返済をしてしまうと、ついつい追加で借りてしまいがちです。最初にいつまでに返済したいかを決めてしまうと、無駄な借り入れを起こさないのでおすすめです。例えば、2019年の12月までに絶対に返済する、と言った感じです。

完済期限を決めたら、そこから無理のない毎月の返済額を決定します。毎月の返済額の計算は東京三菱UFJ銀行のウェブサイトから行うことができます。借入金額と返済月数、金利を入力するだけで、毎月の返済額を知ることができます。

毎月の返済額が決まったら、その額をどうやって拠出するかを考えていきます。

無理なく家計をスリム化しよう!

gf1140323441m

借金を効率的に返済する方法は究極的には2つしかありません。

毎月の支出を減らすか、毎月の収入を増やすかです。

毎月の支出を無理なく減らす場合は、固定費から削っていくのがおすすめです。

固定費とは、住宅ローンや家賃、駐車場台、通信費など、毎月の支出額が決まっているような費用のことです。これに対して、食費や交際費、水道光熱費、被服費のように月によって支出額が変化するような費用を変動費といいます。

変動費を削減するのは大変です。例えば食費を減らすために安いスーパーを探したり、水道光熱費を減らすために電気や水の使用料を厳しく制限したりという生活は大変です。そのような努力はまず間違いなく続かなりので無理です。

一方、固定費は一度削ってしまえばその後効果が半永久的に続くので、ストレスを感じることなく節約ができます。

とはいえ、固定費をあれもこれもと削ってしまうとやはり生活に余裕がなくなってしまいます。ポイントは自分にとって優先度の低い固定費から削ることです。

住まいにこだわりもないのに広い家に住んでいるのなら、もっと家賃の安い場所に引っ越しましょう。あまり乗らない車があるのなら、税金の安い軽自動車に乗り換えましょう。若くて健康なうちは保険もそれほど必要ではありません。

家賃の減らし方

家賃は安く抑えたいけれど、でも快適な暮らしがしたい……という方は結構いらっしゃるかと思います。では、どうすれば家賃の割に快適性の高い、コストパフォーマンスに優れた家を見つけることができるのでしょうか。

まずは引越し先の相場観を掴んでおきましょう。賃貸物件の相場を掴んでおけば、相場よりも極端に高い物件を掴まされることはなくなります。

相場観を知るのにおすすめの方法は、不動産情報サイトを見ることです。好みの条件に絞って検索をすれば、大体の相場観はわかります。

立地に関しては駅から10分を過ぎると家賃がかなり下がる傾向があります。徒歩9分でも11分でも実際の所生活に大した影響はありません。健康目的も兼ねて、徒歩10分よりも少し距離のある物件を選ぶと良いでしょう。

また、最寄り駅駅は快速や急行が止まらない駅がおすすめです。快速や急行が止まらないだけで、家賃が1万円以上安くなることもあります。確かに快速や急行が止まらないのは少し不便ですが、もともと電車の本数が多い都市部ならば大した痛手にはなりません。

築年数は11年以上になると急に家賃が低くなる傾向があります。築年数が古くてもリフォームやリノベーションが適切に行われている物件ならば居住性は快適です。こうしたお宝物件を探し当てることができれば、少ない家賃でも快適な暮らしを楽しむことができます。

住宅ローンの減らし方

住宅ローンの金利が高いという場合は、より金利が低い金融機関に乗り換えるというのも手です。

例えば、ローン残高が3000万円で借入期間が残り30年の場合、金利が3.0%のところから2.0%のところに乗り換えるだけで、無理なく毎月の支払額を約1万6000円、総返済額を約550万円削減することができます。この差は言うまでもなく大きいですよね。

ただし、金利の安さだけで選んでしまうと後々後悔することになるかもしれません。特に注意したいのが繰り上げ返済です。

繰り上げ返済を進めればすすめるほど総支払額が少なくなるのは皆さんも御存知かと思いますが、中には繰り上げ返済が有料だったり、あるいは繰り上げ返済できる最低金額が高めに設定されていることもあります。

繰り上げ返済が1円単位から、しかも無料で出来るところを選ぶようにしましょう。

また、フラット35に借り換える場合は団体信用生命保険料に気をつけましょう。フラット35は団体信用保険料は別途支払わなければなりません。金利換算で0.3%程度と、保険は決して安くありません。表面金利だけで判断しないようにしましょう。

また、状況によっては借り換えを行わないほうがいいこともあります。

住宅ローンの残高が少ない(概ね1000万円以下)、返済期間が残り少ない(概ね10年以下)、借り換え前と借り換え後の金利差が少ない(概ね0.5%以下)の場合は、借り換えをしてもあまりメリットが享受できないこともあります。

また、固定金利から変動金利、あるいはその逆の借り換えは場合によって損することもあるので注意が必要です。

保険料の減らし方

世の中には生命保険、年金保険、学資保険など様々な保険があります。保険は万が一の際にはたしかに有益なものですが、その万が一の事態が起こらなかった場合は基本的に無意味な出費になります。万が一の保証は最低限に抑えるべきです。

独身で十分に若く健康な場合は、医療保険以外は無理に必要ないでしょう。おすすめは掛け捨てタイプの終身医療保険です。保険料が安い上に一生上がらないのでお得です。

掛け捨ては少しもったいない気もしますが、返戻金があるタイプの保険はお世辞にも効率がいいとはいえないので入らないほうが良いでしょう。

死亡保障は親に迷惑を掛けたくないのならば最低限のものに入ってもいいですが、貯蓄で葬儀代が十分まかなえるという場合は必要ありません。

結婚している場合はもう少し多くの保険が必要になります。共働きの場合は夫婦のどちらかに万が一のことが合ってもそこまで生活に困窮することはまずないので、独身時代と同じ感覚で構わないでしょう。医療保険に加えて、必要ならば最低限の死亡保障を付けましょう。

どちらか一方が専業主婦/主夫であるという場合は、もっと手厚い死亡保障が必要になります。残された妻や夫がどのように生活していくかによって、掛けるべき保険料は変わってきます。

子供がいる場合はさらに多くの死亡保障が必要になります。学資保険は単独で検討する方も多いようですが、学資保険には親の生命保険としての機能もあります。学資保険に加入すれば、間接的に無理なく生命保険を減らすことも可能です。

国民年金の減らし方

国民年金は口座振替もしくは現金で前納すると無理なく支払いが少なくなります。例えば、口座振替で2年分前納した場合、月払いと比べて1万4800円ほど保険料が安くなります。1年分前納の場合は3840円、6ヶ月分前納の場合は1040円の削減です。

また、国民年金はクレジットカードで支払うこともできます。クレジットカードで支払っても割引はありませんが、ポイントやマイルが貯まります。

新聞代の減らし方

新聞をなんとなくとっているけれど毎日読んではいないという場合は、これも解約してしまったほうが良いでしょう。どうしても必要なときだけ駅の売店で買えば、無理なく新聞代を節約することができます。

また、最近はどこの新聞社でも無料で読める記事をネット上で多数配信しているので、こちらを購読してもいいでしょう。

有料電子版を購読する場合は、産経新聞がおすすめです。産経新聞電子版は月額料金が300円からと他の新聞社の同じようなサービスと比べて安いので、新聞さえ読めればどこのものでも構わないというのならばここが良いでしょう。

自動車関連費用の減らし方

自動車を所有していると、それだけで多額の費用がかかります。駐車場代、ガソリン代、税金、保険など……。

自動車が必要ない地域に住んでいるという場合は、思い切って手放してしまったほうが良いでしょう。売却代金を借金返済に充てることができますし、なによりランニングコストが一切かからなくなるのが大きな魅力です。

自動車を全く使わないわけではないけれど、使用頻度が低いという場合はレンタカーやカーシェアリングを利用すると良いでしょう。中でもカーシェアリングは最近急速に需要が伸びてきており、料金も安いのでうまく使えば無理なく相当な節約になります。

どうしても車を手許においておきたいという場合は、より燃費がよく、車両も安く税金や保険料も安い軽自動車に乗り換えるというのも一つの手段です。

インターネット回線料金の減らし方

インターネット回線などの固定回線は月額5000円程度。これを無理なく節約することができればかなり長期的に支出を減らし続けることができます。

モバイルルーターなどを利用している場合は、思い切って固定回線を解約してしまってもいいでしょう。動画視聴をする場合などは固定回線がなければ厳しいかと思いますが、仕事などで必要最低限しか使わないという場合は、モバイルルーターでも十分かと思います。

固定回線を解約したくないという場合は、プロバイダを乗り換えるというのも一つの手です。プロバイダは顧客獲得のためにキャンペーンなどをたびたび開催しており、ずっと放置するよりは時々乗り換えたほうがお得な仕組みになっています。

例えば、WAKWAKの場合は他社プロバイダから乗り換えることによって、月額基本料金が23ヶ月間500円(NTT東日本エリア限定)になるというキャンペーンを2016年9月いっぱいまで行っています。

ただし、キャンペーンの有無だけでプロバイダを選ぶのは得策とはいえません。プロバイダによっては早期に解約すると違約金をとられる場合もあるからです。

2年以内に解約すると違約金を回収されるプロバイダが多いようですが、違約金がないところもあるので詳細は各プロバイダの公式ページでご確認ください。

携帯電話料金の減らし方

スマホ料金は人によっては月額1万円ぐらいになることも多いようですが、上手に使えばもっと節約することができます。まず、通話料金がかさんでいるという場合は、カケホーダイプランを解約すると良いでしょう。

通話時間が長い人はカケホーダイプランに加入したほうがお得ですが、ほとんど会話しないのにカケホーダイプランに加入するのは無駄以外の何物でもありません。

カケホーダイプランの内容はキャリアごとに様々ですが、おおむねどこのキャリアでも月の通話時間が1時間を超えない場合はカケホーダイプランを解約した方が得になるように設計されています。

通話はたくさんしたいけれど通話料金を節約したいという場合は、「LINE」「Skype」などの無料電話アプリを利用すると良いでしょう。

相手もそのアプリをインストールしていなければ通話ができないという欠点はあるのの、通話料金を確実に抑えることができます。音質は音声通話より不安定ですが、通話ができればいいならばこれでも十分です。

格安SIMを利用するというの一つの手です。ただし、格安スマホを使うと専用サービスが使えなくなったり、キャリアメールが使えなくなったりなどのデメリットも有ります。

データ通信料金がかさんでいるという場合は、月額プランを見なおしてみると良いでしょう。一般的なプランの場合、1ヶ月あたりのデータ通信量は7GBが上限になっていることが多いですが、そんなに通信をしないという場合はもっと上限を下げても構いません。

毎月の通信料はキャリアの公式ホームページやスマートフォンの端末から確認することができるので、一度見てみましょう。

また、自宅内に固定回線を引いている場合は、そちらを有効活用しましょう。固定回線をWi-Fiで利用する場合は通信量がかからないので、家にいる場合は必ずWi-Fiを使うようにしましょう。

また、ゲームをやっている場合はコンテンツ課金をし過ぎないように気をつけましょう。スマホゲームは楽しいものですが、そこまでのめり込んでまでやることはありません。

中には月に1万円以上課金する人もいるようですが、その生活を1年続ければ最低でも12万円お金が出て行く事になります。12万円あったら最新のゲームハードとゲームソフトを10本ぐらい買うことができますし、そちらのほうが依存の可能性も少なくよほど健全といえます。

最後にスマホ本体を安く手に入れる方法についてですが、買い替えの際には機種変更をするよりも他社に移行したほうが圧倒的に安くなります。

家族割などのサービスを利用していないという場合は、2年縛りが過ぎたらすぐに他社への移行を行うようにしましょう。多少手間はかかりますが、それに見合っただけの金額(場合によっては5万円程度)が節約できます。

携帯電話会社を変えること無く機種を変更したい場合は、中古スマホを購入するのもいいでしょう。中古スマホは当然型落ちのものばかりですが、その分価格は安いです。

最新のスマートフォンはオーバースペックなものも多く、ひと世代前のものでも十分に快適に利用することができます。格安SIMと違いキャリアのサポートを受けることができるので知識も不必要ですし、何より安心感があります。

ただし、すべての中古スマホが再利用できるわけではないので購入前には注意しましょう。不安だという場合はヤフオクなどでの個人売買は避けて、中古スマホショップなどで購入するようにしましょう。

※もしどんなに支出を削っても借金が返済できない場合は、本気で減額を考えましょう。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります

収入を増やそう!

xf4475167553m

毎月の出費が減らせない、減らしたくないという場合は、出費を減らすのではなく支出を増やすのも一つの手です。とはいっても、本業で収入を増やすのは簡単なことではありません。

自営業者ならばまだしも、会社員や公務員は基本的に勤続年数に従って収入が増えていくので、いきなり月収を月数万、あるいはそれ以上増やすというのは至難の業と言えるでしょう。では、一体どうすれば無理なく収入を増やすことが出来るのでしょうか。

アルバイトは時給が安いが気楽

副業と聞いて最初に思いつくのがアルバイトです。いわゆるダブルワークというやつですね。ただし、当サイトでは基本的に会社員の方にアルバイトはおすすめしていません。理由は3つあります。

まず、アルバイトを仕事後に入れてしまえば、残業ができなくなってしまいます。残業があまりない会社でも時には不測の事態が起こることもあるでしょう。そんな時に次の仕事があるからといって退社してしまうと、社内での立場が悪くなってしまう可能性もあります。

また、会社員は副業をする際には会社に許可を貰う必要があります。法律上はもちろんそんなことをする必要はないのですが、法律通りに運営されている会社は多くありません。

必ず事前に就業規則を読んでおいてください。副業禁止の就業規則があった場合は、アルバイトは諦めたほうが懸命です。隠し通すことも不可能ではありませんが、そんなことに神経を使うと疲れます。

そして、アルバイトは精神的に負担がかかります。本業とは別に仕事をするというのは思った以上に大変です。睡眠時間が確保できなかったり、精神的に苛々したり、肉体的に疲弊したり……と弊害は少なくありません。副業を頑張るあまりに本業のパフォーマンスが低下してしまっては本末転倒です。

もちろん、アルバイトにもいいところはあります。一番のメリットは気楽なことでしょうか。アルバイトは所詮アルバイトであり、あまり大変な仕事は任されません(中にはアルバイトにも正社員並みのことをさせるろくでもない企業もあるようですが……)。

ただし、その代わりに給料もそれに見合った額しか出ません。本気で稼ぎたいのならば、別の方法を考えたほうが良いでしょう。

残業は堂々とできるが、未払いなどの問題も……

会社員の方は、残業で収入を増やすのが手っ取り早くていいでしょう。

残業のいいところは、会社に気兼ねなく出来ることです。何しろ会社側の要請でやっているのですから、アルバイトのように影でコソコソ隠れてやる必要は全くありません。

おまけに残業に関しては実質的には時給制なので、ここだけの話分からない程度に手を抜いてダラダラやっていてもお金は入ってきます。上司や経営者はいい顔をしないかもしれませんが、会社のことより自分のことのほうが大事です。

なお、残業代は以下の計算式で求めます。

1時間当たりの残業代=月の支給額÷月の出勤日数÷1日の所定労働時間×1.25

例えば、月の支給額(月収)が25万円、月の出勤日数が22日、1日の所定時間が8時間の場合、1時間あたりの残業代は25万円÷22日÷8時間×1.25=1775円となります。

アルバイトよりはよっぽど効率的に稼げますね。なお、残業の種類によってはもっとたくさんもらえることもあります。例えば、深夜(PM10時~AM5時)の労働は、深夜労働として月の支給額÷月の出勤日数÷1日の所定労働時間×0.25円が上乗せされます。

ただし、残業にはデメリットもあります。仕事がなければできないということです。不景気で仕事が少ない時には残業をしたくてもできません。

また、残業代未払いの会社に勤めている場合は、そんなところで働き続けていても未来はないのでさっさと転職を考えたほうが良いでしょう。残業代を回収したいという場合は、弁護士や司法書士の協力を仰いでください。

転職はハイリスクだが成功時のリターンも大きい

残業代が未払いだったり、昇進しても給料は増えず責任だけが重くなるような企業に勤めている場合は、転職した方がいいでしょう。

転職はリスクも有りますが、ろくでもない企業に勤め続けるのはもっとリスクが有ります。ブラック企業への勤務は緩慢な自殺と言ってもいいでしょう。

ただし、転職したら必ず給料が増えるとは限りません。場合によっては下がることもあります。また、そもそも必ず転職ができるとは限りません。

企業がお金を出したがるのは言うまでも能力が高い人、稼げる人、あるいは今は能力が低くても今後伸びしろがある人です。一般的には30歳前後が転職適齢期とされており、多くの企業がこの辺りの年代の人材を欲しがっています。

当然、30歳前後なら誰でも良いというわけではありません。転職については難しい部分も大きいので、転職エージェントなどに相談して決めると良いでしょう。

アンケートサイトはノーリスクローリターン

副業と一口に言ってもいろいろありますが、今人気なのはネットを利用した副業です。誰でも出来る副業が良い、責任を負わずに気楽にやりたいという場合は、アンケートサイトへの登録がおすすめです。

アンケートサイトとはその名の通りアンケートが配信されているサイトです。配信されているアンケートに回答するとポイントが貯まり、そのポイントを現金や商品などと交換することができます。インターネット環境さえあれば、誰でも気軽に始めることができます。

ただし、アンケートサイトで稼げる金額はせいぜい月数千円程度とそれほど多くありません。本気でやるなら少なくとも5サイト、できれば10サイト以上登録した方がいいでしょう。また、アンケートサイトによってはポイントを現金化できない(商品としか交換できない)ところもあるので、事前に調べておきましょう。

クラウドソーシングならば自宅にいながら稼げる

クラウドソーシングとは、自宅にいながらネットで仕事を受けたり頼んだりすることが出来るサービスです。依頼されている仕事は様々で、例えばウェブサイトの作成、イラストの作成、文章作成、アプリ制作などがあります。

こうした専門的な技術やスキルを持っている人にとっては非常に有益なサービスといえます。会社に身分保障と引き換えに上前をはねられることもないので、無理なく稼げる仕事といえるでしょう。

ただし、失敗しても誰も助けてくれないので、相応の責任感を持って取り組む必要があります。

せどりは知識が必要だが稼げる

せどりとは、中古書店などで掘り出し物の本を安く買い、それを高く売って利ざやで設ける商売の事です。最近は本のみならず、家電、ゲーム、CDなどもせどりの対象となっています。安く買って高く売るという、商売の大原則をそのまま体現したようなビジネスといえます。

以前はせどりは専門的な知識が有る一部の人間にしかできないとされていました。掘り出し物を発見するには知識が必要不可欠だからです。

しかし、最近はインターネット端末の普及により、商品知識がなくてもその場で検索して手軽に相場を調べることが出来るようになったうえ、アマゾンやヤフオクで商品が売れるようになったため、以前よりは稼ぎやすいです。中には月100万円以上稼いでいる人もいるとか…

仕入れる商品の人気度、相場は「モノレート」などのサイトで調べることができます。ここで高値が付いている商品を、その価値がわかっていない中古書店などで安く仕入れるのがコツです。

せどりはひたすら単純で地味な作業を重ねていくことになります。扱う商品そのものが大好きか、あるいはお金のためなら何でも割りきってやるという人には非常に向いています。

また、仕入れに失敗したらそれが全部自己責任として両肩に重くのしかかってくるので、それも受け入れられる人にはおすすめです。

ドロップシッピングはより低リスク

ドロップシッピングは商品を仕入れずに開業できるネットショップの一種です。ドロップシッピングサイトに登録されている商品を自分のサイトで販売し、それが売れたらドロップシッピングサイトから商品が発送されます。

従来のネットショップと違い在庫を保つ必要がなく低リスクで、面倒な発送手続きも不要なので忙しい会社員でも気軽に取り組めます。ただし、ネットショップにお客さんが来ないと永久に売れないので、リスティング広告などで集客する必要があります。

動画配信は夢のある仕事だが、リスクも

Youtubeパートナープログラムを使えば、広告収入を得ることができます。日本一のYoutuberとして知られるHIKAKIN氏は、動画配信だけで数千万以上を稼いでいると言われています。

Youtubeという誰もが知っている超人気サイトを間借りすることができるので自分で集客をする必要はなく、動画タイトルと内容次第で何の背景も持たない人でも再生数を伸ばすことが出来るとされています。

広告収入は大体10再生≒1円とされています。仮に月間再生数が10万回ならば、収入は1万円となります。ただ、広告収入を狙っている人間がゴマンといる今のYoutubeで動画再生数を稼ぐのは簡単ではありません。

ヘタをすると動画再生数は全く伸びず、ネットの海に黒歴史を流しただけ……ということもありえるので気をつけましょう。

借金はきちんと返済しよう

gf1940281963m

支出が減ったり収入が増えたりして手許にお金が残ったら、必ず返済に当てましょう。繰り上げ返済をすればするほど、元金が急速に減っていき余計な利息の支払を抑えることができます。

手許にお金があると使ってしまうという人は、ATMからお金を引き出さないようにしましょう。

最後に

af0100003850m

借金を無理なく効率的に減らすためには、まず借金の額を把握して返済計画を立てて、その上で支出を減らすか収入を増やすというのが大原則です。

以上の原則を守っても借金が返せそうにないという場合は、債務整理をした方がいいかもしれません。家計が火の車という場合は、弁護士などに相談しましょう。

※自己破産以外で借金を減らす方法もあります。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります