消費者金融からの借金が減らない!リボ払いは危険?どうすればいい?

借金の返済を一生懸命続けているつもりなのに、借金の元本が一向に減らなくて困っているという方は少なくなくないかと思います。今回は借金を返し続けてもなかなかそれが減らない理由と、その対策を考えていきたいと思います。

借金の返済は「元本」と「利息」に充てられる

xf3575090768w

例えば、今、あなたは借金返済のために毎月2万円ほど返済しているとします。当然ながら、この2万円が全て元金の返済に充てられるわけではありません。1万5000円が元金、5000円が利息といった感じでそれぞれに割り当てられます。

毎月の返済額のうち、元金に充てられる割合が多ければ多いほど、元金は急速に減っていきます。逆に、利息に充てられる割合が多いと、いくら返し続けてもなかなか一向に借金は減ってくれません。

仮に100万円を金利15%で借りているとしましょう。この場合、年間の利息は100万円×15%=15万円です。つまり、1ヶ月あたりの利息は1万2500円です。なので、例えば毎月の返済額が2万円の場合、そのうち元金に割り当てられるのはわずか7500円ということになります。

これではいくら返済を続けていったとしても、なかなか借金の負担は軽くなりませんね。ちなみに、この返済方法で返し続けていくと、最終的な返済額は約159万円になります。支払利息総額は59万円です。

※元金が減らせず、自力返済が難しい時は借金の減額をしましょう。

↓匿名&完全無料で診断できます。

消費者金融の殆どがリボ払いを採用する理由

xf3055183319m

借金をしたことがある人なら誰でも、「リボルビング払い(リボ払い)」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

リボ払いについてはこちらの記事でもある程度細かく説明していますが(カードローンの返済が終わらないのは「リボ払い」だから?)、いちいちリンクを踏んで読むのが面倒という方も多いでしょうから、ここでも大雑把に説明します。

リボ払いとは簡単にいえば、毎月指定された一定の額を返済していく返済方式です。例えば、毎月1万円、あるいは毎月2万円といった感じで、最初に毎月支払うべき金額が決められ、それに従って返済を進めていきます。

元金が減っていくと、毎月の支払額も減っていくので、最初のうちは負担が大きく、返済が進むに連れて楽になっていくという特徴があります。

毎月一定額を支払っていくというのは一見分割払いにも似ていますが、両者は全く異なるものです。分割払いは商品ごとに支払いを行います。

例えば、6万円の商品を6回払いで購入した場合、毎月1万円+利息を払っていくことになりますが、この分割払いはあくまでもこの商品にのみ適用されます。

3ヶ月後、別の18万円の商品を6回払いで買った場合、前述の支払いとは別に毎月3万円+利息を支払っていくことになります。つまり、商品を同時期に購入すればするほど、毎月の支払額が大きくなっていくわけですね。

一方、リボ払いの場合は商品を複数購入した場合、その元本が合算され、その元本に対して利息がつきます。それとともに返済期間が長くなりますが、毎月の返済額は残高に応じて決まります。

一見利用者の負担が少なくなるようにも見えるリボ払いですが、実際の所リボ払いは利用者にとって不利になっています。リボ払いを利用すると、返済期間が長期に渡ります。

返済期間が増えればそれだけ、利息の支払額が大きくなります。毎月の負担が小さい代わりに、その負担の殆どが利息に充てられるため、いつまでたっても元金が減っていかないのです。そういう意味では、リボ払いは金を貸す側、消費者金融にとって有利な仕組みと言えます。

消費者金融からの借金を効率的に減らすには

gf1420572686m

消費者金融のローンは、限度額(利用可能額)の範囲内で何度も借りたり返したりができます。となれば、ついつい利用可能額いっぱいまで借りたくなってしまうのが人間の性です。

ついつい何度も借り入れをしてしまって元金が膨らんでしまい、しかも毎月の返済はあまり増えないのでたくさん借金をしているという自覚もわきづらく、なおかつ毎月の返済の殆どが利息に割り当てられる……これが借金が減らない真の理由です。

では、このような環境下でも借金を効率的に減らしていくにはどうすれば良いのでしょうか。

繰り上げ返済をしよう

借金を最も効率的に返済できるのが、繰り上げ返済です。繰り上げ返済とは、毎月定められた支払額とはまた別に借金を追加で返済することです。

例えば、毎月の返済額が2万円であるにもかかわらず、今5万円の余裕があるとします。こういった場合は、毎月の返済に2万円を当てたうえで、残った3万円を繰り上げ返済に当てるのが良いでしょう。

繰り上げ返済は毎月の返済と違い、そのすべてが元金に割り当てられます。つまり、繰り上げ返済をすると元金が大きく減るわけです。元金が大きく減れば、その後の利息の支払も少なくなります。

繰り上げ返済を行えば行うほど元金がどんどん減っていくので、手持ちのお金に余裕がある時にはどんどん行っていきましょう。

ただし、注意してほしいことが一つあります。繰り上げ返済を行っても、毎月の返済が免除されるわけではないということです。例えば、毎月の支払額が2万円と定められている場合、繰り上げ返済をするしないに関係なく、毎年2万円を支払っていかなければなりません。

この毎月の支払が遅れた場合、遅延損害金を取られてしまいます。繰り上げ返済に必死になりすぎて毎月の返済ができなくなってしまうようでは本末転倒です。繰り上げ返済は必ず余裕資金で行うようにしましょう。

金利が低いローンに借り換えよう

もし現在金利が高い消費者金融から借りている場合は、金利の安いところで借り換えたほうが良いでしょう。最近は様々な消費者金融、あるいは銀行などが借り換え用のローンを展開しています。金利が安いところで借り換えることができれば、その分支払いが楽になります。

ただし、金利が安くなっても返済期間が伸びてしまうと返済総額はかえって増えてしまうことがあります。金利が低いローンを見つけたからといってすぐには飛びつかずに、まずはローンシミュレーターを利用して本当にそれがお得なのかを確かめるようにしましょう。

任意整理や特定調停をしよう

上記の手段を用いても返済がちっとも進まないという場合は、収入に対して債務が大きすぎる可能性が高いです。つまり、借りすぎてしまったわけです。

このような事態に陥ってなお無理に返済を続けようとすると、私生活に深刻な悪影響が出ることがあります。その前に任意整理や特定調停を行えば、借金返済がうんと楽になります。

任意整理とは債務者と債権者が話し合いによって利息をカットしたり、元金を減らしたりする仕組みのことです。弁護士や司法書士などに手続きを任せることが可能なので、法律に関する知識がなくても行えます。

特定調停は任意整理に似ていますが、こちらは裁判所が仲介してくれます。手続きに多少時間はかかりますが、任意整理と比べてより負担が小さくなります。

どちらを選んでも、その後一定期間は借金ができなくなります。ついつい借りすぎてしまう人にとっては、これもメリットと言えます。

※こちらで相談の前にいくら減額できるか分かります。

↓匿名&完全無料で診断できます。

借金で困ったらまずは弁護士に相談を

senmonka

借金に関する相談は弁護士にしましょう。彼らは法律の専門家であり、適切なアドバイスを貰うことができます。一人で悩んでいる間にも、借金は増えていきます。手遅れになる前に相談しましょう。