お金を借りる方法はさまざま!即日で土日に借りることも可能

お金を借りる方法には、さまざまな方法がありますが、この記事では即日で土日に借りる方法について解説します。

また、急いでお金が必要な人は、審査落ちのタイムロスをなくすことも重要です。審査のポイントについても解説します。

即日で土日に借りる方法は限られてしまうが、いくつかある

ATM

即日融資と言えば、大手の消費者金融を思い浮かべる人も多いでしょう。大手の消費者金融では、最短30分の審査に通過すれば即日融資が受けられます。

銀行カードローンの審査は時間がかかるというイメージがありますが、最近では即日融資に対応している銀行カードローンも増えています。

即日融資の注意点

消費者金融は即日融資があたりまえと考えている人もいますが、実は即日融資に対応していない消費者金融もあります。

スピード審査は大手に限られる?

最短30分の審査で即日融資を受けられるのは、主に大手の消費者金融です。大手の消費者金融では、機械による自動審査がされますので、人間の手で審査をした場合に比べてはるかにはやいスピードで審査が終了します。

しかし、中小規模の消費者金融では、即日融資に対応していない金融機関も存在します。審査に数日はかかるというところから、1週間くらいが経過して返事が来たという口コミが投稿されている業者もあります。

銀行のカードローンの注意点

銀行のカードローンでは、「その銀行の普通預金口座を保有していること」が即日融資の条件になっていることも多いです。

口座を保有していない場合には、カードローンの申込みと同時に口座を開設しますので、時間がかかる傾向があります。場合によっては窓口へ行ったり、郵送で契約書類をやり取りしなければならないので、数日かかることも珍しくありません。

口座を持っていなくてもカードローンが借りられることも

銀行カードローンによっては、その銀行の口座を保有していなくても、別の銀行の口座を保有していれば、カードローンが借りられることもあります。

しかし、「即日融資対応」と「口座保有の必要なし」という2つの条件を同時に満たしている銀行となると、かなり数は限られるでしょう。

土日には即日融資が受けられないと言われている理由

土日に即日融資を受ける時の一番の問題点は、銀行口座への振込みが反映されないということになります。

銀行の営業時間は、原則として朝9時から午後3時までとなっています。

銀行振り込みが反映されるのも、銀行の営業時間内に限られるので、平日の朝9時から午後3時までの時間帯に振込みの手続きをしなければ、その日のうちには口座に反映されません。

午後3時ギリギリに振込みの手続きをした場合にも、翌日以降になってしまうことがあるので要注意です。

大手の消費者金融にしても、銀行カードローンにしても、振込み融資を依頼してしまうと、土日には口座に反映されないということになってしまいます。

土日に即日融資を受ける方法とは?

土日には銀行振り込みでは即日融資が受けられません。

土日にその日のうちに現金を手に入れるためには、別の方法をとる必要があります。

その方法とは、自動契約機を利用するという方法になります。

自動契約機は、ローン契約機、無人契約機などと呼ばれることもあります。

アコムなら「むじんくん」、アイフルなら「てまいらず」、バンクイックなら「テレビ窓口」という名前がつけられています。

アコムとアイフルは大手の消費者金融ですが、バンクイックは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。銀行カードローンでも、ローン契約機が設置されていることはあります。

他にローン契約機が設置されている金融機関としては、

大手の消費者金融・・・アコム、プロミス、アイフル、モビット

銀行カードローン・・・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」、三井住友銀行カードローン、新生銀行カードローン「レイク」

などがあげられます。

ローン契約機の営業時間には注意

ローン契約機の営業時間は、次のようになっています。

アコム・・・9:00~22:00
プロミス・・・8:00~22:00
アイフル・・・8:00~22:00
レイク・・・8:45~24:00(日曜・祝日は8:45~22:00、第3日曜日は19:00まで)
バンクイック・・・9:00~20:00(土曜・祝日は10:00~18:00、日曜は10:00~17:00)

一部店舗によっては、営業時間が異なっていることもあるので、必ず確認をしてから訪れるようにしましょう。

審査には30分程度かかるので、最低でも1時間くらいは余裕を持って訪れる必要があります。あらかじめ電話やインターネットで申込みをしておけば、すぐにカードが発行されます。

しかし、ローン契約機の部屋は完全個室となっているので、先客がいる場合には待たなくてはなりません。先客がいる可能性についても考慮して、2時間くらいは余裕をもたせておくことがおすすめです。

地方のエリアでは、ローン契約機の個室で先客がいるということはめったにないという意見もあります。都市部の人口の多いエリアでは先客がいる可能性も考慮しておいたほうがよいかもしれません。

即日融資の審査の基準

評価

即日融資を受けたい時、審査に落ちて次の金融機関に申し込むためのタイムロスはなるべく避けたいところでしょう。

審査で見られるポイントは、年収・勤務形態・勤続年数・年齢・個人信用情報・他社からの借入状況などです。

意外なポイントも審査に影響?

他には、家族構成、健康保険の種類、マイホームか賃貸か、居住年数なども審査に影響するという意見があります。

家族構成については、子供の数が多いほど教育などでお金がかかり、自由に使えるお金が少なくなるので、不利になります。

独身の人が一番有利ですが、年齢が高いのに独身の人は、逆に不利になることもあるようです。

マイホームについては、当然ですが、ローンを完済しているほうが有利です。

しかし、住宅ローンが残っていても、それが無理のない金額であるならば、賃貸住みの人よりも有利になるようです。

居住年数が短い人は、またすぐに引っ越しをしてしまい、連絡がつかなくなるリスクがあるので不利になります。

大手の消費者金融と銀行カードローンの分かれ道

大手の消費者金融では、ブラックリストにのっておらず、多重債務者(借入件数4件以上)でもない人なら、可能性はあります。

銀行カードローンでは、過去にたった1回でも延滞の記録があると審査に大きく影響することがあります。

他社からの借入件数についても、3社以上から借りている人は銀行カードローンで借りることは難しいかもしれません。もちろん、十分な年収があるならば可能性はあるので、ケースバイケースです。

ブラックリストにのっている人が土日に即日融資を受ける

ブラックリストにのっている人でも、返済能力がある人なら、中小規模の消費者金融なら借りられる可能性があります。

中小規模の消費者金融ではローン契約機がないので、土日に即日融資を受けるためには、店舗まで行かなくてはなりません。

都心部には中小規模の消費者金融がたくさんあります。大阪や名古屋に住んでいる人も、選択肢はいくつかあるでしょう。

ブラックリストにのっている人は、あらかじめインターネットの口コミなどを見て、ブラックOKの業者であるかを確認しておきましょう。

例えば、債務整理をしてから1年~2年しか経過していない人でも、安定収入がある人なら、総合的な審査により、中小規模の業者なら借りられる可能性があります。

店舗まで行くことができない人は、土日に即日融資を受けることは難しいです。

大手の消費者金融では、債務整理から3年~4年程度が経過しており、正社員として働いていて安定収入がある人なら審査に通る可能性もあります。

しかし、いくら総合的には返済能力がある人でも、機械による自動審査でブラックの人が自動的にはじかれるようになっていると、希望はないかもしれません。

闇金には注意

ブラックの人は、闇金に手を出してしまう可能性が高くなるので、要注意です。

闇金のような違法業者は、未成年、ブラックの人などもターゲットにしています。

いくらお金に困っていても、闇金には手を出してはいけません。

友達や家族、職場を巻き込んで人生をめちゃくちゃにされてしまう可能性があります。

在籍確認の有無

カードローンの審査では、在籍確認は原則として有ります。土日祝日は会社への電話がつながらないという場合には、審査が平日まで持ち越されてしまいます。

次の大手の消費者金融では、一定の条件のもとで在籍確認なしで融資を受けられることもあります。

アコムでは、土日祝日で会社に電話がつながらない場合には、仮の限度額10万円が設定されて、平日に在籍確認がとれてから、本来の限度額に増額されます。

プロミス、モビットなどでは、給料明細や社会保険の健康保険証などを提出すれば、在籍確認は免除されます。

これらの情報は、公式ホームページで明記されている事項ではないため、絶対に在籍確認なしで融資を受けられるという保証はありませんが、口コミなどによると、高い確率で在籍確認なしで融資が受けられると思われます。