初めてのカードローンで申込みを成功させる流れ!嘘は絶対ダメ!

カードローンを初めて利用するときは、誰でも不安になるものです。「申込の方法がよくわからない」「個人情報の流出が心配」「職場の同僚や家族に借金をしていることがバレるのではないか」など、その不安の種も千差万別です。

しかし、本記事をお読みいただけば、そのような不安はたちどころに消えてしまいます。読み終わった頃には、いっぺんの不安もなく申込みの手続きが開始できるでしょう。

今回の記事でカードローンの申込方法からその際の注意点、誰にもバレずに申込みを行う方法などをまとめてお教えいたしますので、現時点でカードローンの利用を考えている方は必ずお読みください。

カードローンの大まかな流れ

まずはカードローンを利用するまでの大まかな流れを見てみましょう。なお、ここで述べるのは消費者金融や銀行のカードローンの一般的な流れであり、金融機関によっては多少異なることがあります。

  1. 金融機関選び:消費者金融や銀行などの中から、お金を借りる金融機関を選びます。
  2. 申込み:インターネットや郵送、店舗などでカードローンを使いたい旨を申し出て、必要事項を伝えます。
  3. 審査:金融機関が申込者の属性などを確認し、その人にお金を貸してもいいかどうかの審査を行います
  4. 連絡:電話や郵送などで、審査結果が報告されます。審査が不合格だった場合は、その時点で終了です。
  5. 契約:審査に合格した場合は、郵送やインターネットを通じて融資の契約を行います。契約後、カードを受け取ります。
  6. 利用開始:融資を受けて、毎月の返済を行っていきます。

金融機関選び

カードローン利用の第一歩は金融機関選びから始まります。といっても、世の中には金融機関がたくさんあり、その中から自分にとって最も適切な金融機関を選ぶのは楽なことではありません。

金融機関選びで迷ったら、以下のポイントをチェックしてみてください。

金融機関の信頼性

金融機関は大きく、銀行と消費者金融に分けることができます。銀行ならば原則、どこを選んでも信頼できるので問題ありません。

基本的には都市銀行よりも地方銀行のほうが金利が高く、その分審査がやや緩め(易しいわけではありません)になっていることが多いです。

消費者金融でも、テレビでよくCMを打っているような大きなところならばまず問題ありません。近年は消費者金融を見る世間や行政の目も厳しくなっていますので、以前のように違法な取り立てが行われることは殆どありません。

ただし、中小の消費者金融の中には、未だに違法な取り立てを行っているところもあります。安全性を考えるならば、プロミスやアコムなど、誰もが知っているところを使うようにしましょう。

信頼できるのかできないのかわからない消費者金融が気になる場合は、その消費者金融のウェブサイトを見て、貸金業登録番号を確認してください。

この番号は貸金業(消費者金融)を営む場合に必ず必要になる番号です。言い換えれば、この番号がない消費者金融は全て違法であるということです。

ただし、この番号を持っているから必ず適法であるかというとそうとも言えません。

悪質な消費者金融の中には、貸金業登録番号を取得して違法な事業を行い、数年で廃業して社名を変えて貸金業登録番号を取り直すようなところもあるからです。

日本貸金業協会は悪質な業者を検索するための検索フォームを用意していますので(リンク先参照)、怪しい業者を見つけたらこちらでチェックしてください。

金利

金利は基本的に銀行で低く、消費者金融で高くなっています。また、審査は銀行のほうが厳しく、消費者金融のほうが緩くなっているのが一般的です。

金利を確認する上で注意しなければならないのが、金利には上限金利下限金利があることです。例えば、横浜銀行カードローンの場合、金利は年1.9~14.6%と設定されています。

これだけ見ると下限金利が適用されれば住宅ローン並みの金利で借りられる用にも思えますが、実際に下限金利やそれに近い金利が適用されることはまれです。

融資金額やその人の属性、カードローンの利用歴などにも左右されますが、最初の申込みの場合は上限金利やそれに近い金利が適用されると考えてまず間違いないでしょう。

したがって、カードローンを申し込む際には、下限金利ではなく上限金利を重視するべきです。上限金利が少しでも低いところを選べば、その後の返済を楽にすることが可能です。

なお、一部の消費者金融は、特定の条件を満たした人を対象に、一定の期間だけ無利息で融資するサービスを行っています。その条件を以下に記しておきますので、該当する人は消費者金融からの借り入れを検討してもいいでしょう。

金融機関通常金利無利息期間回数
プロミス4.5~17.8%初回借入の翌日から30日1回のみ
アコム3.0~18.0%契約日の翌日から30日1回のみ
ノーローン4.9~18.0%借入日の翌日から7日何度でも
アイフル4.5~18.0%契約日の翌日から30日1回のみ

申込方法

現代の金融機関は店頭のみならず、郵送や電話(専用ダイヤル)、自動契約機、更にはインターネットでの申込みも受け付けていることが多いです。

家から出ないで完結するインターネットが一番簡単ですが、相手の話を聞きながら契約するかどうかを考えられないという欠点もあります。

どの申込方法が一番いいと感じるかは人それぞれかと思いますので、自分に最もあった申込方法を受け付けている金融機関を選ぶといいでしょう。

なお、最近は電話で女性専用ダイヤルを設けているところが少なくありません。例えば消費者金融の場合はアコム、プロミス、アイフルなどが女性専用ダイヤルを設置しています(モビットは設置なし)。

女性専用ダイヤルならば女性でも安心して申し込めます。

融資までの期間

軽視しがちですが意外と重要なのが、融資までの期間です。銀行のカードローンは審査は即日でも融資までには数日~1週間程度かかることが多いため、急いでいるときには余りおすすめできません。

一方、消費者金融は即日融資をしている所も多いので、急いでいるならばこちらが狙い目です。

ただし、即日融資を歌っているところでも、実際には最短即日融資(うまく行けば即日で融資が受けられるが、そうでない場合も多々ある)であることが多いので、申込みの際には注意が必要です。

その金融機関が土日祝日も審査を行っているのか、審査可能時間は何時までなのかなどを必ず事前に確認してください。

その他サービス

金融機関によっては、カードローン利用者を対象としたサービスを実施しているところもあります。

例えば、みずほ銀行の場合、住宅ローンを利用しているとカードローンの基準金利が0.5%低くなります。サービスの有無や内容は金融機関によって違うので、色々と比較してみましょう。

申込み

利用する銀行が決まったら、いよいよ金融機関に申込みを行います。前述の通り、申込方法には店頭や郵送や電話(専用ダイヤル)、自動契約機、インターネットなど様々なものがありますので、最も自分に適したものを選びましょう。

特にこだわりがないという場合は、自宅で完結するインターネットがおすすめです。インターネットで申し込む場合、書類はスキャンしてアップロードするという形で送信します。

申込みの際には原則として、本人確認書類が必要になります。本人確認書類として利用できる書類は金融機関によって多少異なりますが、以下の1つを用意すれば良いことがほとんどです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード(外国人の場合)
  • 特別永住者証明書(外国人の場合)

また、借入額が大きくなる場合、金融機関によっては収入証明書類が求められることもあります。収入証明書類として使える書類には、以下の様なものがあります。

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 給与証明書

申込時に嘘をついてはいけない!

カードローン初心者は自分の属性をよく見せるためについ嘘をついてしまいがちですが、それは絶対にやってはいけないことです。理由は簡単で、申込み時に付いた嘘は審査の段階でほぼ100%バレるからです。

収入を水増ししても収入証明書の提出を求められればすぐにバレますし、借入件数や借入金額を過少申告しても信用情報機関(個人の信用情報を集約している民間企業)の情報からすぐにバレます。職場を偽っても審査の最後の在籍確認でバレます。

嘘をついても審査で有利になることは一つもありません。むしろ嘘つき扱いされて審査に通るものも通らなくなってしまいます。

嘘をつく気がなくても、間違った記述をしてしまうと嘘をついたとみなされてしまいます。申込時は必ず事実のみを申告するように最新の注意を払いましょう。

審査

審査は収入や勤務先、勤続年数などの様々な要素をもとに行われます。これらの属性審査に合格した場合、最後に在籍確認が行われます。

在籍確認とは、その人が申告した職場で本当に働いているかを確認する作業です。通常は金融機関が職場に電話をかけるという形で行われます。申込み時に職場を偽ってもバレるのはそのためです。

在籍確認の電話を申込者本人が取った場合は、その場で幾つか本人確認ができる質疑応答をして終了となります。

本人以外が取った場合は、本人がその会社に在籍していることが確認できたら(本人がいないかを尋ねて「いま席を外している」「今日は有給を取っている」などの返事が帰ってきたら)終了となります。

在籍確認でローンの利用が周囲にバレることは少ない

在籍確認の電話がかかってきたらローンを申込んだことが周りにバレるのでは?と思われるかもしれませんが、実際に在籍確認が原因でローンの申込みがバレることはまれです。

消費者金融は在籍確認において、社名を名乗ることはありません。必ず在籍確認を行う担当者の個人名でかけてきます。電話を取った人がしつこく何のようなのか訪ねても、うまくあしらってくれます。

万が一かけ直された場合も、消費者金融のコールセンター(消費者金融とはわかりづらい名前になっている)にかかるか、あるいは電話を受け取らない設定になっているのでまず大丈夫です。コールセンターの名前で検索されたらバレてしまいますが、通常そこまでする人はまれでしょう。

銀行の場合は通常銀行名でかけてきますが、銀行はカードローン以外にもクレジットカードや投資信託や自動車ローンなど様々な商品を取り扱っているので、やはり怪しまれることはまずないでしょう。

周囲に「なんの要件だったの?」と尋ねられた場合は、「クレジットカードの在籍確認」とでも答えておけばいいでしょう。銀行名で電話をかけられるのがどうしても嫌な場合は、事前に頼んでおけば個人名でかけてもらうことも可能です。

なお、在籍確認にアリバイ会社(在籍確認の電話を受けてもらうためだけに存在するニセの会社)を利用すると、それがバレた場合に詐欺罪が適用されてしまうこともありえますので、絶対にやめましょう。

連絡

審査が一通り終わったら連絡が来ます。通常は電話でかかってきます。審査に通らなかった場合は、残念ながらそこで終了となります。

なぜ通らなかったのかは教えてもらえないため、自分で分析する必要があります。明確に不利な属性がある場合は、そこを改善してから再度審査に臨むといいでしょう。

なお、申込みをすると審査に通った・通らないにかかわらずそのことが信用情報機関に記録されます。

短期間の間に多くの(概ね1ヶ月で3社以上)申込みをしてしまうと、申込みブラックという状態になってしまい、審査に通りにくくなるので注意が必要です。申込み情報は半年で信用情報機関から削除されますので、しばらく待ちましょう。

審査に合格した場合は、融資額やカードの受取方法についての説明がなされます。カードの受取り方法は通常、申込み時に申請します。

基本的には「店頭」「郵送」「自動契約機」の3つの中から選ぶことになります。急いでいない場合は自宅から出る必要がない「郵送」が便利ですが、即日融資を受けたい場合は「自動契約機」が数も多くて便利です。

契約

連絡を受け取っただけではまだ契約は完了していません。必ずカードを受取、契約を結ぶ必要があります。

店頭の場合は店舗内で契約書を作成し、その場でカードを受け取ります。郵送の場合はカードとともに送られてきた契約書に必要事項を記入して返送します。自動契約機の場合は、ガイダンスに従って契約書を記入してカードを受け取ります。

利用開始

カードを受け取ったらいよいよ利用開始です。カードローンは計画的に利用しましょう。

カードローン申込みQ&A

最後に、カードローンの申込みに関して、よくある疑問をQ&A形式でまとめました。申込みの際の疑問は、こちらで解決してください。

カードローンが組めるのは何歳から何歳まで?

カードローンが利用できる年齢は、金融機関によって多少異なります。代表的な金融機関と年齢を表にまとめると、以下のようになります。

金融機関名年齢
三井住友銀行20歳以上69歳以下
みずほ銀行20歳以上66歳未満
イオン銀行20歳以上65歳未満
住信SBIネット銀行20歳以上60歳以下
楽天銀行20歳以上62歳以下
横浜銀行20歳以上69歳未満
プロミス20歳以上69歳以下
アコム20歳以上69歳以下
アイフル20歳以上69歳以下

金融機関によって多少違いはありますが、どこも下が20歳、上が60題後半となっています。金融機関によって上限が「以下」になっていたり、「未満」になっていたりするので注意が必要です。

カードローンの審査合格率はどれくらい?

消費者金融のカードローンの審査合格率は40%前後です。金融機関によって多少違いはありますが、これが一つの目安になります。

一方、銀行は審査合格率を公表していないのでなんとも言えませんが、審査の厳しさを考えると消費者金融よりは明らかに低い、20~25%程度になるものと推測されます。

カードローンの利用に保証人は必要?

通常、カードローンの審査で保証人が求められることはありません。保証人、無担保で借りられる分、金利が高くなっているのがカードローンなのです。

ただし、かなりの大口契約を結ぶ場合は例外的に保証人が求められることもあります。

バイトや専業主婦でもカードローンは組める?

結論から言えば、バイトは消費者金融・銀行どちらもでもOK,専業主婦は銀行でないと不可能です。

消費者金融(貸金業者)には、総量規制という規制が課せられています。これは個人に融資を行う場合、その金額をその個人の年収の3分の1にまで抑えなければならないという規制です。

例えば、年収が300万円の相手には、100万円までしか貸してはいけないわけです。この規則を破ると消費者金融は罰則を受けるため、現時点で年収の3分の1以上の債務がある人には絶対にお金を貸しません。専業主婦はそもそも年収が0円なため、その3分の1も0円となり、融資を受けることはできません。

一方、銀行は貸金業者ではないため総量規制の対象ではありません。そのため、配偶者に収入があれば、専業主婦でも借りられる可能性はあります。ただし、その場合でも融資額は10万円程度になることが多いです。

携帯電話しか持っていなくても審査に通る?

全く問題ありません。現代は固定電話を持っておらず、すべての通話を携帯電話で済ませるという方も少なくありません。

その為、金融機関も携帯電話しか持っていないからと言ってそれだけで問題視することは通常ありません。ただし、固定電話も携帯電話も両方ない場合は連絡手段がなくなってしまうため、断られることもあります。

悪質な取り立てに合うことはない?

銀行及び正規の消費者金融ならば、悪質な取り立てに合うことはまずありません。取立てに関するルールは十分に整備されており、それに反することをする銀行や消費者金融はほぼありません。そんなことをしたら行政処分を受け、悪評があっという間に知れ渡ってしまうからです。

ただし、悪質な一部の消費者金融はその限りではありません。初めてのカードローンの際には、必ず銀行もしくは大手の消費者金融から借りるようにしましょう。

どんな用途で借りてもいいの?

カードローンはフリーローンですから、基本的には何に使っても構いません。旅行でも生活費の補充でも投資でもOKです。ただし、例外的に事業に使うのは禁止されていることが多いです。事業に使う資金を借りる場合は、事業性ローンを利用しましょう。

在籍確認がどうしても不安な場合はどうすればいい?

在籍確認は基本的には避けられないものですが、どうしても職場に電話をかけてほしくないという場合は金融機関に相談してみてください。場合によっては、在籍確認に相当する書類(社員証など)の提出でOK、となることがあります。

カードローンの利用で住宅ローンの審査が不利になることはある?

カードローンを利用しても、それを滞りなく完済していれば住宅ローンの審査には全く影響が出ません。しかし、カードローンの返済中に住宅ローンの審査を受ける場合は、評価に影響が出ることがあります。住宅ローンの審査は、カードローンを完済してから受けたほうがいいでしょう。

また、カードローンの返済が遅れたり、あるいは債務整理をした場合は、一定の期間住宅ローンはもちろん、その他のローンも原則的に組めなくなってしまいます。将来住宅ローンを組もうと考えている場合は、必ず滞りなく返済しましょう。

カードローンの利用で家族の信用情報に影響は出る?

信用情報は個人単位で記録されるので、ある個人がどれだけカードローンを利用しようが、あるいは信用に傷をつけようが、その家族の信用情報には何の影響もありません。

なので例えば夫がカードローンを返済できずに債務整理をした場合でも、その人の妻は(十分な収入があれば)住宅ローンを組むことができます。

カードローンとキャッシングはどう違うの?

カードローンは銀行や消費者金融などが提供している商品で、借りたお金を何回かに分けて返済していきます。一方、キャッシングはクレジットカード会社が提供しているクレジットカードに付帯した商品で、借りたお金を原則翌月一括払いで返済します。

金利は基本的にカードローンのほうが低いので、療法を選べる立場にある場合はカードローンを選んだほうがいいでしょう。

現在すでに借り入れがあっても審査に通る?

借入件数や借入額によります。より重視されるのは借入件数で、これが4件を超えていると注意信号、5件を超えていると完全にアウトとなるケースがほとんどです。

借入件数が多い場合は、残債が少ないカードローンだけでも返済して借入件数を少なくしてから申込んだほうがいいでしょう。そもそも借入件数が多い状態で新たに審査を受けようなどと思わないほうがいいのですが……。

審査に落ちた場合はどうすればいい?

カードローンの審査に落ちた場合、落ちた理由を金融機関から教えてもらうことはまずできません。年収、職業、勤務先、過去の返済歴などをもう一度洗い出して、何が行けなかったのかを自分で推測してみましょう。

また、前述の通り、短期間に大量の申し込みを行うと申し込みブラックとみなされる可能性が高いです。1回落ちたら少なくとも1ヶ月は待ったほうがいいでしょう。どうしてもお金を借りる必要がある場合は、より審査がゆるい消費者金融に申し込むなどの工夫が必要になります。

 

タイトルとURLをコピーしました