受かると思ってたカードローンに落ちた!こんな時どうする?

カードローンの審査は住宅ローンや自動車ローンと比べてそれほど多くのお金を貸し出すものではないため、審査はそこまで厳しくありません。しかし、だからといって必ず受かるわけでもありません。審査に落ちてしまった場合は、以下のことを試してみて下さい。

まずは信用情報をチェック

パソコンを使う男性

カードローンの審査に落ちたあとに最初にすべきことは、信用情報のチェックです。信用情報とは過去の借金の履歴をまとめた情報で、信用情報機関と呼ばれる民間の機関が取り扱っています。

借金の申込みをしたこと、融資を受けたこと、予定通りに返済したこと、返済が遅れたこと、債務整理をしたことなどは、全て信用情報機関に記録されます。

そして、金融機関は審査の際に信用情報機関に登録された情報を閲覧することが可能です。つまり、金融機関は申込者の借金履歴を確認することができるわけです。そのため、原則として過去に返済事故を起こしたり、債務整理を行ったりしている人は、審査に通りません。

しかし、信用情報機関に登録されている返済事故や債務整理に関する情報は永遠に記録され続けるわけではなく、一定期間経過した後に削除されます。

削除までにかかる時間は返済事故の程度や債務整理の種類によってまちまちですが、返済事故、あるいは任意整理・個人再生ならば5年、特定調停や自己破産ならば10年が一つの目安となります。情報が削除された後は、また借り入れができるようになります。

きちんと収入があって、属性に大きな問題がないにも関わらず、何社申し込んでも審査に落ち続けるという場合は、信用情報機関に何か自分も忘れてかけている返済事故や債務整理の情報が登録されている可能性があります。

信用情報機関は本人の個人情報開示請求には必ず応じてくれますので、過去にどこかから借金をした記憶がある人は信用情報機関に問い合わせ、信用情報を確認しましょう。

なお、現在日本には信用情報機関が全部で3つあります。

全国銀行個人信用情報センター …銀行系の信用情報機関
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) …信販会社の信用情報機関
http://www.cic.co.jp/
株式会社 日本信用情報機構 …銀行・消費者金融系・信販会社系の信用情報機関
日本信用情報機構(JICC)指定信用情報機関| HOME
日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の管理・提供を通じて、消費者と会員会社の健全な信用取引を支える指定信用情報機関です。

信用情報に事故情報がある場合は消えるまで待つしか無い

信用情報機関に事故情報が登録されていた場合、それを今すぐ消す方法はありません。

たまに「ブラック情報消します」といったような広告を見かけることがありますが、信用情報機関以外の民間企業が合法的に事故情報を消すことは不可能であり、詐欺である可能性が極めて高いです。おとなしく自己情報が消えるまで待ちましょう。

携帯電話会社の料金未払いにご用心

最近増えているのが、携帯電話会社の料金未払いによる事故情報の登録です。携帯電話の通話料金を滞納しつづけ強制解約になった場合、携帯電話会社が加盟している「電気通信事業者協会」でその情報が共有されるため、新規契約ができなくなってしまいます。

ただし、この場合は携帯電話が契約できなくなるだけで、カードローンの審査には影響が出ません。

しかし、端末代の分割払いを滞納した場合、信用情報機関の一つである株式会社 シー・アイ・シーにそのことが登録されてしまうため、カードローンの滞納と同じような扱いを受けることになります。

携帯電話料金と言えども、分割で購入している以上は立派な借金であり、その返済が遅れれば信用情報機関に登録されるのは当然のことといえます。現在端末料金を分割払いしている方は、返済遅れには十分気をつけましょう。

専業主婦/主夫の場合は配偶者の信用情報に注意

最近は専業主婦/主夫であっても、配偶者の信用情報が信用に足るものならば借りられるカードローンも増えてきています。

しかし、専業主婦/主夫の借金の返済は配偶者の収入から返済するのが前提であるため、配偶者の信用情報に何かしらの問題がある場合は融資を受けられません。配偶者がすでに多額の借り入れをしている場合も同様です。

配偶者が過去に返済事故を起こしていないか確認するためには、信用情報機関に問い合わせをする必要があるのですが、信用情報機関は本人以外の開示請求には一切応じないため、たとえ配偶者であっても勝手に信用情報を閲覧することはできません。

どうしても確認したい場合は、配偶者を説得するしかありません。

複数社に申し込むと「申し込みブラック」になる可能性あり

×

短期間のうちに何回もカードローンに申し込んでしまうと、金融機関に「どうしても借りたい理由があるほどお金に困っている人」とみなされてしまい、申し込みブラックに指定されてしまいます。

申し込みをしたという情報も信用情報機関に登録されるため、隠し通すことはできません。

申し込みブラックを回避する方法は簡単で、短期間のうちに何回もカードローンに申し込むのをやめればいいだけです。しかし、問題は「短期間」が何日で、「何回も」とは具体的に何回なのかということです。

一般的な消費者金融の場合は、過去1ヶ月間に3回以上申し込みをしている場合は申し込みブラックであると判断することが多いようです。自社以外に1社申し込みをしているだけならばセーフだけれど、それが2社3社となるとアウト……ということですね。

銀行のカードローンはさらに厳しく、自社以外1社でも申し込みをしていたら即アウト、となる事が多いです。

以上のことを考えると、銀行のカードローンを利用する場合はその1社だけにとどめ、消費者金融の場合も本命と滑り止めの2社だけに抑えておくのが懸命といえます。

申し込みの情報は6ヶ月で消える

申し込みブラックになってしまった場合は、その情報が消去されるまでまたなければなりません。返済事故や債務整理に関する情報は5年以上とかなり長い間保存されますが、申込情報は6ヶ月しか保存されません。

したがって、一番新しい申込みから6ヶ月経ったあとでまた申込みを行えば、通る可能性は十分にあります。

借金歴なし(スーパーホワイト)の場合はどうすればいい?

雪

スーパーホワイトとは、信用情報機関に借金の申込み、借り入れ、返済などの情報がまったくない状態のことです。カードローンや住宅ローンなどを利用したことがなくても、クレジットカードを利用している場合はスーパーホワイトに含まれません。

したがって、スーパーホワイトとは過去に借金やクレジットカードの利用をしたことがない人、完全な現金主義の人のことをいいます。

こうした人は一件審査で有利になりそうですが、実態はその逆でむしろ不利になりやすいと言われています。一体なぜでしょうか。

スーパーホワイトと似た概念にホワイトがあります。こちらは過去に債務整理をして、なおかつそれから一定の期間が経過したためにその情報が信用情報機関から削除され、結果として信用情報機関に情報がまったくない状態のことを指します。

つまり、経過こそ違うものの結果はスーパーホワイトと同じ、というわけです。

金融機関は信用情報に何もない人を見つけた場合、その人がスーパーホワイト(現金主義者)なのか、ホワイト(債務整理経験者)なのかを判断することができません。

金融機関側としてはホワイトかもしれない人にはお金を貸したくないので、実際にはスーパーホワイトであっても審査に落とされる可能性が高いのです。

カードローン会社は基本的に性悪説に基づいて判断をするため、「判断ができない人には貸さない」という方針なのです。特に30代を過ぎて信用情報が真っ白なのは怪しいと思われる可能性が高いです。

簡単な分割払いでスーパーホワイトを脱出

スーパーホワイトの人が信用情報機関に情報を残すためには借金をする必要があるのですが、スーパーホワイトだと借金ができないというジレンマがあります。

そのような方におすすめしたいのが、携帯電話や家電製品などの分割払いです。例えば、携帯電話を分割払いで申し込むと、その支払履歴が信用情報機関に登録されるため、スーパーホワイトではなくなります。

携帯電話の分割購入はスーパーホワイトでも問題なくできるので、その点も心配ありません。

携帯電話をすでに持っているという場合は、家具や家電でもOKです。

属性に問題がある

頭を抱える男性

信用情報に傷があるわけではなく、申し込みブラックでもなく、スーパーホワイトでもないという場合は、そもそも現時点での属性に難がある可能性が高いです。

属性とは収入、職業、勤続年数、保険証の種類など、審査の指標のことです。属性が低い場合は属性を改善するしかありませんが、そもそも収入や職業がすぐに変えられるわけではありません。

属性の中でも特に重視されるのが収入と職業の安定性です。年収1500万円稼いでいる自営業者よりも、年収400万円の公務員のほうが高く評価される、と言うのはよくある話です。

公務員は来年も400万円ぐらい稼げるでしょうが、自営業者は来年年収100万円になる可能性も十分あるからです。

属性が変えられない場合はカードローンを変える

属性が変えられない場合は、仕方がないのでより審査に通りやすいカードローンに狙いを変えます。もちろん、短期間の間に連続で申し込んでしまうと申込みブラックになってしまうので、ペースには注意が必要です。

カードローンの審査の通りやすさは、概ね以下のようになっています。

審査の通りやすさ系統別カードの例
厳しいプロパー系アメックス、ダイナースクラブ、JCB
やや厳しい銀行系三菱東京UFJ-VISA、三井住友VISA
ふつう信販系オリックス、セディナ、Jaccs、オリコ
やや易しい流通系楽天、イオン、セブン
易しい消費者金融系アコム、プロミス

よく銀行のカードローンは審査が厳しく、消費者金融は簡単と言われますが、実はそれ以外にも様々な種類のカードローンがあることがわかります。

上3つは下2つと比べて審査が厳しいので、なかなか通らないという場合は流通系か消費者金融系に狙いを絞ったほうがいいでしょう。

申込みは正直に

なお、属性に自信がないからといって嘘を書いてはいけません。まず間違いなくバレますし、万が一申込時にはバレなかったとしてもいずれバレ、そのときは一括返済を請求されることもあります。

他に借り入れがある場合は返済しておく

すでに他の借金がある場合は、それを返済しておくと審査で多少有利に鳴ります。審査では借り入れ額よりも借り入れ件数のほうが重視される傾向にあるので、複数社から借りている場合は借入額が少ないところの分は完済しておくといいでしょう。

借り入れが多すぎる場合は無理せず借金で債務整理を

飛んでいくお金

どうしても借りたいのに借りられないという場合、債務超過に陥っている可能性も否定できません。その場合は無理して借り入れをしようとせずに、債務整理で借金を減らして生活を立て直したほうがいいケースもあります。債務超過で困っている場合は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました