専業主婦がカードローンで借金にハマる理由

専業主婦は無収入だからカードローンによる借り入れができない、なので借金にハマることはない……とお考えの方がいらっしゃるかもしれませんが、現実にはカードローンが原因で追い込まれる専業主婦がたくさんいます。一体なぜなのでしょうか。

専業主婦でも審査に通る!その理由は……

af9970047310m

専業主婦は無職だからカードローンの審査には絶対合格しない、と言うのは間違いです。確かに、通常の無職者はまず間違いなくカードローンの審査に落ちます。総量規制があるからです。

総量規制とは、個人が借りられる限度額を年収の3分の1までに抑える仕組みのことです。無職者の年収は0円なので限度額は0円×1/3=0円、つまりは1円も借りられないということになります。

しかし、すべてのカードローンが総量規制の対象となるわけではありません。銀行が提供しているカードローンは総量規制の対象外なので、専業主婦でも借りられる可能性があるのです。

「たとえ総量規制の対象外であっても、わざわざ無職の専業主婦に融資する銀行なんて無いんじゃない?」と思われるかもしれませんが、配偶者に十分に収入があれば、本人は無収入であっても貸し付ける銀行は少なくありません。

契約できる金額は原則30万円まで(イオン銀行、楽天銀行など一部の金融機関では50万円)ですが、それまでなら借りられる可能性があるのです。

借入額が少なくても借金地獄に!

zigoku

原則30万円までしか借りられないのなら、借金地獄に陥る事はほぼないんじゃないかと思われるかもしれませんが、実際にはそうではありません。専業主婦は収入がないので、返済しても空いた枠でまた借りて、それをまた返してという自転車操業に陥りがちです。

どうしても毎月の返済額が少なくなり、従ってなかなか元金は減っていきません。いつまでも利息の支払いが続き、そう多くない借金で真綿で首を絞められるようにジリジリと追いつめられていく専業主婦は意外と多いのです。

※こちらで誰にもバレずに借金を減らせます。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります

専業主婦が借金にハマる理由を書き出してみた

gf1940281976m

専業主婦が借金にハマる理由はそれぞれですが、その中でも特に多いのは以下の4つです。

生活費

専業主婦が借金をする理由の中で最も多いのが、「生活費に充てるため」というものです。夫の稼ぎが悪く、なおかつ子供がいたりすると、生活費がどうしても足りなくなることがあります。

そんな時に広告で「専業主婦でも融資OK」という宣伝文句を見てしまい、そこから借金にはまっていく専業主婦が少なくありません。

しかし、少し考えれば分かる話ですが、借金で生活費を賄うなんて暮らしがいつまでも続くわけはありません。一時的に生活が楽になることはありますが、その段階がすぎればあとに残るのは借金だけです。

生活が苦しいのならば、生活費を抑えるための工夫をするか、あるいは自分も働きに出て生活費を稼ぐなどする必要があります。借金が根本的な解決手段になることは決してありません。

一般的な専業主婦向けのカードローンの金利は15%ぐらいです。仮に元金30万円を月1万円ずつ返済していく場合、返済総額は約38万円になります。結局は利息を8万円も多く返さなければならないのです。

カードローンに飛びつく前に、その事実としっかりと向き合う必要があります。生活費の効率的な削減方法については、こちらの記事でも解説しています。借金の前にぜひ一度ご確認ください。

買い物依存症

買い物依存症は数ある依存症の一つで、男性よりも女性によく見られます。買い物依存症は単なる買い物好きとは違います。自身にとって不必要、あるいはすでに同様のものを所有しているにもかかわらず、多数の者を購入してしまう病気を買い物依存症といいます。

自身の経済力を顧みずに買い物を続けて、自己破産に追い込まれる人も少なくありません。あまり一般的ではないように思えるこの病気ですが、アメリカでは人口の約6%が、日本でも人口の約4%が買い物依存症であるとされています。

日本の糖尿病患者数の割合が人口の約2.6%であることを考えると、十分にメジャーな病気であるといえます。

買い物依存症の典型的な症状として、買い物を終えるとその時点で買ったものに対する興味を失う問うことが挙げられます。

買い物依存症患者は買い物という行為、それで店員にチヤホヤされることに依存しているのであり、買ったものに対して依存しているわけではありません。

買った瞬間にもうどうでも良くなってしまい、せっかくの商品を開封もせず放置してしまうような人も少なくないのです。それどころか、買い物直後に罪悪感や不安感を感じる人も少なくありません。

買い物依存症は以前は本人のだらしなさによるものと考えられていましたが、今では精神疾患の一つであると考えられるようになりました。

買い物依存症は病院で治療することが出来る病気なのです。一般的には、精神科や心療内科で治療を受けることができます。身体的な症状がない場合は精神科、ある場合は心療内科がおすすめです。

買い物依存症の自覚がある場合は、なるべく早く病院で治療を受けるようにしましょう。

ギャンブル依存症

ギャンブル依存症は男性によく見られる病気ですが、女性のギャンブル依存症患者も少なくありません。

ギャンブル依存症患者は単なるギャンブル好きとは違います。経済的、社会的、精神的な不都合が明確に存在するにもかかわらず、自分ではコントロールできない状態に陥ってしまうのがギャンブル依存症です。

厚生労働省の発表によれば、日本の成人男性の9.6%、成人女性の0.9%、両者の平均で約5.3%がギャンブル依存症であると言われています。これは欧米の1.5~2.5%という数字を大幅に上回っています。

ギャンブル依存症は病気ですから、理屈で止めることはできません。ギャンブル依存症患者も、ギャンブルを長くやり続ければやり続けるほど負けが募ることは頭ではわかっているのですが、残念ながらそれでギャンブルをやめることはありません。

「わかっちゃいるけどやめられぬ」状態なのです。では、一体どうすれば良いのでしょうか。

見栄を張るため

見栄のために借金を重ねる人というのは少なくありません。男性にもそういう人がいますが、女性にもそういう人がいます。

本来は平均より少ない稼ぎであるにもかかわらず、見栄を貼って高いものを買ったり、高級レストランに行ったり……はたから見れば滑稽この上ない行動なのですが、そういう行動をとってしまう女性は少なくないのです。

個人が見栄っ張りに成長する理由はいろいろありますが、アメリカの心理学者エリク・エリクソン(1902~1994)によれば、幼少期に失敗を繰り返して劣等感が身につくとその反動で見栄っ張りになってしまうことが多いようです。

見栄が原因で生活が立ちゆかなくなっているのならば、病院で相談すべきです。

借金が返せないのならば債務整理を!

saimuseiriwo

専業主婦の方でも、借金が返せなくなったら債務整理をすることは可能です。

債務整理には任意整理、個人再生、特定調停、自己破産がありますが、専業主婦の数十万円程度の借金で自己破産を選ぶのは非現実的であり、個人再生は職業のない人は選べず、特定調停は手間がかかるので、基本的には任意整理を選ぶことになります。

任意整理ならば夫に内緒ですすめることも可能です。良い弁護士事務所を選んで、手続きを進めましょう。

※こちらで誰にもバレずに借金を減らせます。