カードローンの在籍確認の電話がかかってくるタイミングと対処法

カードローンの審査の一環として行われる在籍確認。たとえ電話に周りの人が出てもカードローンの利用がバレてしまうことは通常ありませんが、できるのならば自分で取りたいですよね。

今回は在籍確認の電話がかかってくるタイミングと、人が取ってしまったときのための対処法を紹介いたします。

在籍確認は申込みに嘘がないかを確認する作業

xf1745177442m
在籍確認とは、申込者の提出した勤務先に関する情報が本当に正しいのか確認するために金融機関が勤務先にかける電話です。銀行、消費者金融にかかわらず、ほぼすべての金融機関が在籍確認を行います。

金融機関から勤務先に電話がかかってきて、本人もしくは会社の誰かが出て、本人が在籍していることを確認できたら手続きは終了します。

本人が出なくても、本人が在籍していることがわかった場合(電話に出た人が「今は作業中で出られません」「今日は有給を取っています」などと答えた場合)は問題なし、ということになります。

在籍確認のタイミングは?

在籍確認が行われるタイミングは金融機関によって多少異なりますが、多くの金融機関は申込者の書類審査で貸してもいいと判断した後で行います。

まだ融資してもいいかどうかの判断ができてない申込者の在籍確認を先にしてから書類審査をするのは効率的ではないからです。見方を変えれば、在籍確認は審査の最終段階ともいえます。在籍確認が問題なく終われば、ほぼ確実に融資が受けられるはずです。

在籍確認の電話でカードローンの利用がバレるケース

zaiseki

在籍確認にあたって、金融機関はかなり連絡方法に気を使ってくれるので、通常周りにカードローンの利用がバレることはありません。

例えば、消費者金融の場合は電話は社名ではなく個人名を名乗ります。社名を名乗ると申込者が消費者金融を利用しようとしていることがバレてしまうからです。ただし、偽の社名などを名乗ってもらうことはできません。

会社に知らない個人が電話をかけてきたことを不審に思う人もいるかもしれませんが、その場合も「個人の携帯電話に何度も掛けたが繋がらなかったので、やむを得ず会社に電話した」などとうまくごまかしてくれます。申込者以外の第三者に在籍確認であると伝えることはありません。

銀行の場合は通常行名を名乗りますが、銀行はカードローン以外にも定期預金や投資信託など様々な金融商品を取り扱っていますので、行名を名乗ってもそれだけでカードローンの利用がバレるはずはないはずです。どうしても不安だという場合は、事前に依頼すれば個人名を名乗ってもらうこともできます。

ただし、このような配慮があるからと行って、必ずカードローンの利用がバレないと断言することはできません。例えば、電話を取った人がカードローンを利用した経験があり、在籍確認という仕組みを知っている場合は、なかなか相手が用件を言わないことから在籍確認を疑うかもしれません。

また、金融機関は通常在籍確認の電話を非通知でかけますが、非通知の電話は受け取らない会社の場合は仕方なく通知でかけます。その場合、電話を折り返されると金融機関に繋がってしまします。

中には「社用携帯を使い、普段は電源を切っておく」「コールセンターの名称を社名とは変える」などの対策を取っていますが、そういったことをしていない金融機関もあります。

在籍確認で偽装会社を使ってはいけない

在籍確認で社内の人間にカードローンの利用がバレるのを恐れて、偽装会社を利用する人がいます。

偽装会社とは、簡単に言えば在籍確認の電話を受け取り、その会社で働いていない人を働いているように見せるための偽装用の会社です。殆どは実態のないペーパーカンパニーです。在籍証明書や社員証、偽の給与明細書や源泉徴収票なども発行します。

こうした偽装会社を利用してカードローンにを契約するのは詐欺罪に該当します。また、偽装会社を利用してカードローンを申し込んだだけでも、詐欺未遂罪に該当します。

詐欺罪、もしくは詐欺未遂罪の量刑は10年以下の懲役です。さらに、偽装会社を利用した場合は自己破産の免責が認められなくなる可能性が高まるほか、損害賠償を求められる可能性もあります。

リスクが合ってもバレなければいい、とお思いになるかもしれませんが、偽装会社は1人の利用がバレるとそこから同じ会社を利用している人全員の身元がバレてしまいます。どう考えてもカードローンの利用と釣り合うものではありません。偽装会社を使うのは絶対にやめましょう。

在籍確認をうまくやり過ごす方法

gf1420135005m
在籍確認の電話からカードローンの利用がバレることはありませんし、そもそもバレたとしてもカードローンは合法的な金融商品なので周りから責められる筋合いはありません。

しかし、中にはカードローンの利用を知られたくないという方もいらっしゃることでしょう。在籍確認を周りにバレないように済ませるためにはどうすればいいのでしょうか。

都合の良い時間に電話をかけてもらい、自分で出る

在籍確認を最も安全に済ませる方法は、自分で電話に出ることです。最近はどこの金融機関もこの程度の提案には答えてくれるはずです。1日の中で自分のデスクにいる確率が極めて高い時間帯を前もって指定しておけば、自分で電話に出られる可能性は高くなります。

話の内容を事前に決めておく

在籍確認の電話に自分で出られても、その際の会話の内容が不自然だと周囲に怪しまれてしまうかもしれません。万全を期す場合は、話の内容なども予め決めておくといいでしょう。

極力短時間で済むように、数回相槌を打つだけで終わるようにお願いしておけば、周りにバレる可能性は低くなります。

電話以外の方法で在籍確認してもらう

在籍確認は通常電話で行われますが、交渉次第では電話以外の方法で在籍確認をしてもらうことも可能です。例えば、一部の金融機関では、給料明細書や健康保険証、社員証などのその企業で働いていることが客観的に証明できる資料を提出させることによって、在籍を確認しています。

これならば勤務先に電話がかかってくることもないので安心です。在籍確認をしないぶん手続きにかかる時間も短くなるため、一石二鳥です。

ただし、現時点でこのようなサービスを提供している金融機関はあまり多くないため、事前に時間をかけて探す必要があります。代表的なところでは、モビットがこのサービスを提供しています。

在籍確認のない金融機関を利用する

在籍確認というシステムはほぼすべての金融機関で採用されていますが、ごく一部の金融機関は在籍確認を全く行っていません(上記のような勝利の提出も求めません)。

手続きが大幅に簡略化される上、余計なプレッシャーもかからないので申込者にとっては一石二鳥ですが、このようなサービスを提供している金融機関はごく僅かです。

代表的なところでは、セブン銀行がこのサービスを利用しています(電話連絡は原則なし、同行に口座があれば書類提出もなし)。

ただし、中には在籍確認なしを謳っている悪徳業者もあるので注意が必要です。セブン銀行のような大手銀行、あるいは大手消費者金融ならば心配はありませんが、聞いたこともなくインターネット上で社名で検索しても何も出てこないか、悪評ばかりが出てくるようなところは避けたほうがいいでしょう。

在籍確認を必要以上に恐れる必要はない

pls7931635u52555
個々まで色々と在籍確認の実態をご説明させていただきましたが、在籍確認は簡単な電話だけで終わるため、必要以上に恐れる事はありません。

そもそも殆どの人にとって他人のカードローンの利用などどうでもいいことなので、電話に出てもそれが在籍確認の電話だと気づくことはほぼありませんし、感づかれても革新までには至りません。

それよりも延滞やカードローン会社への出入り目撃などのリスクを優先して潰していくべきでしょう。

タイトルとURLをコピーしました