借金をするときの「在籍確認」ってなんだ?

カードローンの審査の最終段階として行われる「在籍確認」。その存在は知っていても、具体的にどのようなことをすれば良いのかまでは知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は在籍確認の基本的な内容と、在籍確認によるトラブル事例、その対処法などを説明していきます。

在籍確認はその人が本当にその会社に努めているかの確認作業

kauninsagyou

在籍確認とは、銀行や消費者金融などの金融機関が、申込者が申込時に嘘をついていないかを調べるために行う確認作業の一種です。

金融機関の担当者が勤務先に電話をかけて、本当にその人が在籍しているのかをチェックします。基本的にカードローンの審査には必ず在籍確認がついてきます。

在籍確認の一般的な手順

tezyun

在籍確認の内容は金融機関によって多少の違いはありますが、基本的には審査の最終段階で行われます。書類審査の段階で落ちてしまった場合には、在籍確認は通常行われません。書類審査に合格した場合は、勤務先に電話がかかってきます。

勤務先にカードローンの利用を知られるのはまずい、と思われるかもしれませんが、通常は在籍確認からカードローンの利用がバレることはありません。

まず、消費者金融の場合は、貸金業法で「契約者以外に契約の事実を知らせてはいけない」と決められていますので、電話で消費者金融名を名乗ることはありません。必ず個人名で電話をしてきてくれます。

仮に電話に出たのが本人ではなく同僚や上司、部下などで、なおかつ誰なのか問い返された場合も、消費者金融名を名乗ることはなく、「個人的な知り合いです」などと返してくれます。

一方、銀行の場合は通常、銀行名を名乗ります。銀行は消費者金融と違い、預金や投資信託、各種保険など様々な金融商品を扱ってくれるため、銀行から電話がかかってきたところでカードローンの在籍確認だと気づく人はまずいないでしょう。

万が一「さっきの電話なんだったの?」と尋ねられた場合は、「口座開設をしようと思ってて……」とでもはぐらかしておけばOKでしょう。それでも不安だという場合は、銀行でも個人名を名乗ってもらうこともできます。

なお、嘘の名前(架空の会社名など)を名乗ってもらうことはできませんので注意しましょう。

在籍確認の電話は本人が取っても、それ以外の人が取ってもOKです。本人が取った場合はその人がその会社に務めていることが証明されたので、在籍確認はそれで終わりです。

本人以外が取った場合は、「いま外出中です」「作業中で出られません」など、本人がその会社に在籍していることが確認できればそれで終わりです。

在籍確認からカードローンの申し込みがバレるケースと対処法

bareta

在籍確認は上記のようにかなり慎重な手続きを踏んで行われるため、よほどのことがない限りはカードローンの利用がバレることはありませんが、それでも100%必ずばれないかというとそんなことはありません。

人間がやることである以上、必ずどこかに隙が生じるものです。以下ではカードローンの利用がバレる経路と、それを防ぐための対処法を説明します。

電話を受け取った人が、たまたま在籍確認の手順について知っていた場合

電話を受け取った人が在籍確認の手順について知っていた場合は、気づかれてしまうかもしれません。外部からあまり電話がかかってこない職場だと、そのリスクは向上します。

ただし、疑いを持たれても確信を持たれることはまずありません。なので予め電話をかけてきた人とどういう関係なのか、架空のストーリーを考えておくと良いでしょう。

電話をかけ直されてしまった

電話を受け取った人が電話をかけ直した場合、担当者が消費者金融の名前を名乗ってしまうことがあります。

最近は在籍確認の際には社用の携帯電話を使い、かけ直しされた時のために普段は電源を切っておくという対策をしている金融機関も少なくありませんが、そうしていない金融機関もあります。

また、かけ直しに備えてコールセンターの名前を、みんなが知らないような名前にしている消費者金融も少なくありません。例えば、アコムの場合は「ACサービスセンター」という名前で業務を行っています。

ナンバーディスプレイに電話番号が表示されてしまった

会社内で使っている電話にナンバーディスプレイが付いている場合、相手の電話番号がバレてしまいます。その番号を検索されて、カードローン会社にたどり着かれてしまうかもしれません。

一番の対策は「自分で電話を取ること」

こうした在籍確認からのカードローン利用バレは、全て在籍確認に他人が出てしまったために起こるものです。在籍確認の電話に自分で出ることができれば、こうしたミスはほぼ完璧に防げます。

在籍確認の電話は基本的に抜き打ちで行われます(同僚などに代弁を依頼しようとする人も中にはいるからです)が、金融機関によっては時間をおおまかに指定することもできます。

出社直後や就業時間の終了直前など、自分が会社内にいる可能性が高い時間を指定すれば、在籍確認の電話にほかの人が出てしまう可能性を下げることができます。

場合によっては在籍確認無しでOKなケースも

在籍確認はほぼすべての金融機関で行われている手続きですが、事情によっては在籍確認をなしにしてもらうこともできます。

例えば、普段個人名で電話が来ることが全く無い人や、個人情報保護の観点から在籍確認に社員が答えられない職場などの場合は、在籍確認は免除されます。

その代わりに、在籍証明書、社員証、給料明細書など、その会社に在籍していることを証明する書類を提出すればOKです。

在籍確認が無事終了すれば必ず審査に通る?

sinsaok

在籍確認は基本的に、「後は在籍確認が取れればOK(融資決定)」という段階で行われます。つまり、在籍確認の電話がかかってきたということは、書類審査に受かったのとほぼ同義です。従って在籍確認が無事に済めば、通常は審査に合格できます。

ただし、例外もあります。例えば、会社の規模が極端に大きい場合、電話を受け取った人が社員を完璧に把握していないことがあります。そのような場合は「よくわかりません」というような曖昧な回答が返ってくることもあります。

この場合、金融機関は再度違うタイミングで電話をかけることもありますが、あまり何度も電話をかけると怪しまれるため、在籍確認は諦めて在籍証明書、社員証、給料明細書などの提出を求めることも有ります。

会社の規模が大きく、電話番号がたくさんあるという場合は、なるべく自分に近い部署の電話番号を知らせておきましょう。

どうしても知られたくない場合は、事前に金融機関に相談しよう

pls7957249u52555

在籍確認は非常にデリケートな問題であり、なおかつ評判にも直結するため、金融機関の担当者は非常に慎重に在籍確認を行ってくれますが、どうしても知られたくない事情がある場合は、キチンとそのことを話しておいたほうが良いでしょう。

より協力的な姿勢を見せてくれるはずです。

タイトルとURLをコピーしました