カードローンは金利なしで借りる時代!銀行カードローンよりもお得に借りよう

財布に多額の現金を入れておくことには危険があります。

基本的には、銀行に預けておき、必要なときに引き出すという人が多いようです。

銀行からお金を引き出すとき、手数料がかかります。時間外には割増の手数料がかかってしまうこともあります。

また、当然ですが口座に入っている以上のお金を引き出すことはできません。

今は、カードローンを1枚持っておくと便利な時代となっています。

カードローンの金利

主なカードローンの金利を比較してみます。

メガバンク

三井住友銀行カードローン 4.0% ~ 14.5%
みずほ銀行カードローン 2.0% ~ 14.0%
三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8% ~ 14.6%

地方銀行

横浜銀行カードローン 1.9% ~14.6
りそな銀行 りそなプレミアムカードローン 3.5% ~ 12.475%
常陽銀行カードローン「キャッシュピット」 2.5% ~ 14.8%

ネット銀行など

イオン銀行カードローン 3.8% ~ 13.8%
オリックス銀行カードローン 1.7% ~ 17.8
ジャパンネット銀行 ネットキャッシング 2.5% ~ 18.0%
住信SBIネット銀行 MR.カードローン 0.99% ~ 14.79%
楽天銀行 スーパーローン 1.9% ~ 14.5

単純に最低金利を比較すると、住信SBIネット銀行 MR.カードローンがお得になっています。

しかし、限度額500万円で借りると仮定をして比較をしてみると、住信SBIネット銀行「MR.カードローン」では

500万円超~700万円以下の場合 3.390~3.990%

となっているので、一番お得ではなくなります。

最低金利0.99%が適用されるのは最高限度額の1,000万円で借りたときです。

限度額500万円では三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の1.8%という金利が最低になると思われます。

住宅ローンの金利が1.0%~3.0%くらいになるので、カードローンでも限度額をあげていくならばかなり有利な金利で借りられるということがわかります。

しかし、いきなり限度額500万円、金利1.8%といった好条件で借りられるという人は稀であり、多くの人は最初は限度額50万円以下の最高金利が適用されるということも理解をしておきましょう。

大手の消費者金融

アコム 3.0% ~ 18.0
アイフル 4.5% ~ 18.0%
プロミス 4.5% ~ 17.8%

大手の消費者金融では、銀行カードローンと比べると4.0%程度金利が高めになっています。

全てのカードローンの中で人気があるのはやはり、金利が低い三菱東京UFJ銀行カードローン 「バンクイック」、住信SBIネット銀行「MR.カードローン」などとなります。

カードローンのメリット

カードローンでは金利というコストがかかりますが、それ以外のコストは基本的にかかりません。

借入と返済にかかる手数料

借入時

銀行振込みで借入をする場合、手数料は基本的にかかりません。

コンビニATMなどからカードを使って借入をする場合、手数料は108円もしくは216円がかかります。

しかし、ネット銀行などではATM手数料が完全に無料となっているところもあります。

返済時

口座からの自動引き落としで返済をする場合、手数料はかかりません。

ATMからカードを使って返済をする場合、借入時と同じく手数料がかかります。ネット銀行など、一部の金融機関ではATMの手数料が完全に無料となっています。

口座にある以上のお金を借りられる

カードローンでは口座にある以上のお金を借りられます。

翌月に50万円のボーナスがもらえることがほぼ確定している

というケースでは、ボーナスの前借りをして欲しいものを買いたいと考える人も多いかもしれません。

キャッシングカードでは、口座に入っているお金の分しか引き出すことができません。

カードローンなら、翌月にもらえる分のボーナスの前借りをする感覚で、50万円を借りることも可能です。

翌月に給料とボーナスが入ったらすぐに返済をしてしまえば、利息はそれほどにはならないでしょう。

ただし、ボーナスのように必ずもらえるとは限らないものをあてにして借金をすることにはリスクもあるということを理解した上で借りるべきです。

金利なしでカードローンを利用する方法

金利なしでカードローンを利用する方法は、現在ではよく知られています。

それは、「30日間無利息」などの無利息期間を利用することです。

無利息期間がある金融機関

アコム、プロミス、アイフルの大手3社と呼ばれている消費者金融では、いずれも30日間無利息というサービスがついています。

アコムとアイフルでは新規契約者の人に自動的に適用されるようですが、プロミスでは「メールアドレスの登録」「WEB明細の利用」という2つの条件を満たす必要があるようです。

いずれも満たすことが簡単な条件なので、プロミスでも実質的にはほとんど無条件で30日間無利息が適用されると言ってもよいかもしれません。

他には、銀行カードローンとなりますが新生銀行カードローンのレイク「30日間無利息」「180日間5万円まで無利息」のどちらか一方を選べるというサービスがあります。

ジャパンネット銀行のネットキャッシングもはじめての借り入れから30日間は無利息です。

地方銀行なので知名度はそれほど高くありませんが、静岡銀行カードローン「セレカ」では最大45日間分の利息キャッシュバックというサービスが受けられます。

利息キャッシュバックというサービスは、その名の通り後から支払った利息がキャッシュバックされるというものなので、厳密に言うと金利なしとはなりません。一時的には金利を支払う必要があります。

しかし、後から口座にキャッシュバックされるので、実質的には内容はほぼ同じです。

無利息サービスの始点

無利息サービスの始点は、基本的には契約日となります。多くの人はカードローンを契約したらすぐに借りることになるでしょうから、この点は問題ないでしょう。

しかし、すぐに借りる予定はなく、カードローンを契約した日から数日が経過してから借りようとしている人はこの点に注意をしておきましょう。

無利息でお金を借りようとしたら、無利息期間が残り5日ほどしか残っていないということになったら、ほとんど恩恵は受けられません。

すぐにお金を借りる予定がないという人は、プロミスがおすすめです。プロミスの無利息期間は契約日ではなく、始めて借りた日が始点となります。

銀行カードローンの審査に通らないからといって諦める必要はない!

銀行カードローンの審査に通らないという人は、金利が高い消費者金融で借りなければならないと諦めているかもしれません。

過去にクレジットカードの支払いなどで延滞をしていると、銀行カードローンの審査に落ちてしまう確率が上がります。

しかし、短期で借りるだけならば、諦める必要は全くありません。

「30日間無利息」というサービスをやっている大手の消費者金融で借りたら利息はかなり節約できます。

消費者金融のほうがお得になるケース

例えば、「50万円を借りて30日後に出たボーナスで一括返済をしてしまった」というケースでは、30日間金利なしで借りられるので、利息はゼロです。金利が低い銀行カードローンで借りるよりもお得になります。

審査が柔軟で借りやすい上に、利息まで節約できるとは良いことずくしとなるでしょう。

予定通りに返済をすることが大切

消費者金融で借りたら、シミュレーション通りに返済をしていくことが大切です。

ボーナスが予定よりも少なかったために返済が長引き、利息が高額になってしまうという失敗談などはよく耳にします。

もしも銀行カードローンの審査に通るようならば、あらかじめ金利の低い銀行カードローンを1枚作っておくことはおすすめができます。

銀行カードローンを1枚持っておくとリスク対策になる

金利14.0%の銀行カードローンを1枚保有している人が、30日間無利息が適用される大手の消費者金融で50万円を借りたとします。

ボーナスが予定よりも少なく、30万円しか返済ができなかったら、残りの20万円に対して金利18.0%がかかってしまいます。

その前に、銀行カードローンで20万円を借りて金利が高い消費者金融からの借金を完済してしまえば、利息の節約になります。

タイトルとURLをコピーしました