銀行からお金を借りる理由で避けたほうがいいものとは?嘘はOK?

銀行から融資を受ける際にはまず間違いなく、お金を借りる理由を尋ねられます。理由次第によっては、他の属性が良くても融資を断られることもあります。

特にギャンブルや投機などを理由に挙げると、それだけでアウトになる可能性が高いです。今回は銀行からお金を借りる際に避けたほうがいい理由と、逆に審査に通りやすい理由を幾つか紹介いたします。

銀行がお金を貸したがる人・貸したがらない人

銀行がお金を貸す際に最も恐れるのは、貸したお金が帰ってこないことです。だからこそ銀行は消費者金融よりも厳格に審査を行い、信頼できる人を見分けようとするわけです。

申込者が信頼できるかどうかを見分けるための要素はいくつかありますが、お金を借りる理由もその一つです。いい加減なお金の使い方を考えている人には、当然銀行は貸したがりません。では、具体的にはどのような理由がNGとなるのでしょうか。

ギャンブルや投機は絶対にNG

融資の際に絶対に避けるべき理由はギャンブル及び投機です。ギャンブルは長くやればやるほど負けること、投機は不確実でどちらに転ぶかわからないことを、銀行の融資担当者はよく知っています。

当然、そんなイチかバチかにお金をつぎ込もうとしている人には貸そうとしません。ギャンブル中毒者は当てて返せばいい、などと思っているようですが……まあ、大抵の場合は当たらないものですし、当たってももっと増やそうとしてなくなります。

生活費は一時的なもの以外はNG

生活費に困って銀行でお金を借りようとする人は少なくありません。生活費は無駄な浪費ではないのでギャンブルや投機ほど不利になることはありませんが、それでもあまりいい理由とはいえません。特に恒常的に生活が困窮していている人に対しては銀行はお金を貸そうとしません。

逆に、生活費が足りなくなった理由が突発的なもの、一時的なものであった場合(例えば財布を落とした、急な冠婚葬祭が入ったなど)は評価は下がりません。

生活費が理由でお金を借りる場合は、普段は問題なく生活できているけれど、急な出費が重なってしまい今月はたまたまお金がなくなってしまったのだと伝えましょう。

失職や退職の場合はそもそも銀行でお金を借りようとしないほうがいい

失職や退職によって生活が行き詰まってしまった場合は、その状況が暫く続く可能性が高いので、銀行からの借入は難しいでしょう。

そもそも失職や退職が理由の場合は、失業保険などの公的な扶助が使えるはずですので、そちらを利用すべきです。失業時にもらえるお金については、以下の記事でもまとめています。(参考:うつ病で失業をして借金が返せない!そんな時どうする?

医療費が必要な場合は高額療養費資金貸付制度を利用しよう

医療費に使うというのはローンの理由としては悪くありませんが、銀行の医療ローンを利用するのはおすすめできません。

医療ローンは当然有利子です。利子は融資額などに左右されますが、借入が高額になると低金利でも利息の支払いが結構厳しくなることが多いです。このような場合は、社会保険の「高額療養費資金貸付制度」を利用することをおすすめします。

この制度は、社会保険に加入していれば原則として誰でも利用できる融資制度です。高額療養費の10分の8もしくは10分の9に相当する額を、無利子で融資してもらうことができます。利息を払う必要がないので、基本的にはこちらの利用をおすすめします。

銀行のカードローンを事業性資金に使うのはNG

銀行のカードローンを事業性資金に使うのは、殆どの金融機関で禁止されています。ルールで決められているのですから、当然、理由としてはNGです。事業性資金が借りたい場合は、それ専用のローンを利用しましょう。

審査に通りやすい理由はあるの?

ここまで審査に通りにくくなる理由を幾つか見てきましたが、ここからは逆に審査に通りやすくなる理由を見ていきましょう。

旅行

旅行に行くにはある程度まとまったお金が必要になりますが、通常は1度旅行にいくとしばらくは行きません。旅行代金は恒常的な出費ではなく一時的な出費とみなされるため、審査で問題になることは殆どありません。

結婚式や葬式の費用

結婚式や葬式も通常は1度行うとしばらくは行わないため、審査で問題になることは殆どありません。イベントが終わったら生活が安定して返済してくれる可能性が高いので、評価は高くなります。

急な引っ越し

就職や転勤で急に引っ越すことが決まった場合、その代金が突然用意できないこともあります。これらの出費も向上的なものではないので、審査で問題視されることはほぼありません。

審査で嘘をついてもいいの?

基本的に、どのようなローンでも審査の際に嘘を付くのはNGとされています。嘘をついてもバレる可能性が高いからです。

しかし、例外的に資金用途だけは嘘をついてもバレることはほぼありません。たとえば本当はギャンブルに使うのに「旅行」と書いてもまずバレないですし、仮にバレたとしても罰則はありません。

バレなければ何を破ってもいい、と言うのは考え方としてはあまり美しくないですが、極めてバレにくいのもまた事実です。この事実をどう受け取るかは、皆さんが考えてください。

まとめ

  • ギャンブルや投機、慢性的な生活費不足などは理由としてはNG
  • 失業時や高額医療費がかかった時は他の制度を利用した方がいい
  • 旅行や冠婚葬祭、引っ越しなどは比較的好まれる理由

借金をする際に嘘をつくかつかないかは、あなた次第です。

タイトルとURLをコピーしました