クレジットカードのキャッシング枠とカードローンとって何が違うの?

多くのクレジットカードにはキャッシング機能があります。キャッシングとカードローンは似たサービスであるため混同されることが多いのですが、本来両者は異なるサービスです。今回はキャッシングとカードローンの違い、使い分け方を解説したいと思います。

キャッシングはクレジットカードに付いてくるおまけの機能

cash

キャッシングとは簡単に言えば、クレジットカードに付いてくる、借金ができる機能のことです。中にはキャッシング機能が付いていないクレジットカードもありますが、クレジットカードを作ると自動的にキャッシング機能がついてくるケースのほうが多いです。

キャッシングには上限額があります。これをキャッシング枠といいます。キャッシング枠は通常~50万円程度ですが、申込者が必要ないと判断した場合は0円にすることもできます。

また、申込者の与信があまりない申込者の場合、クレジットカードは発行されるもののキャッシング枠は0円にされることもあります。

いずれの場合でも、融資と返済、あるいはクレジットカードでの支払いを繰り返していくうちにキャッシング枠は大きくなっていきます。

キャッシングの利用方法

お金は各地に設置されているATMやキャッシュディスペンサーで下ろせます。カードを申し込む際に決めた暗証番号が必要になるので、必ず覚えておきましょう。

返済は通常翌月一括払いで、銀行口座から自動で引き落とされます。利息がつくのが嫌で引き落とし日よりも早く返済したい場合は、カード会社に連絡をしてその旨を伝えれば、振込先を教えてもらえますので、そこに振り込めばOKです。

キャッシングは融資時の審査がない

キャッシングのメリットは、融資を受けるときに審査を受けないでもいいところです。キャッシング枠の審査はクレジットカードを発行する時点で行われるからです。お金が必要な時にすぐに調達できるため、急な冠婚葬祭が入った場合などの出費に対応できないときには心強い味方になります。

カードローンは最近は即日審査、即日融資のものも増えてきているとはいえ、どうしてもキャッシングと比べるとスピーディさで劣ります。

キャッシングは金利が高い

一方でキャッシングには金利が高いというデメリットもあります。基本的に借金は審査の難易度と金利が反比例するものなので、審査がないキャッシングはどうしても金利が高くなってしまうのです。

ただし、原則としてキャッシングは翌月一括返済なので、カードローンのように返済期間が伸びて何ヶ月もズルズルと利息を支払わされることはほとんどありません。

キャッシング枠とショッピング枠は合算されることがある

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。キャッシング枠は10万円、ショッピング枠が20万円といった感じで両者が独立しているケースが多いですが、両者を合算した限度額に上限が定められていることもあります。

例えば、限度額が30万円に設定されていて、15万円ぶんの買物をクレジットカードでした場合、キャッシングで借りられる金額は15万円となります。ショッピングで高額な商品を買った場合、キャッシング枠が使えなくなってしまう可能性もあるので気をつけましょう。

カードローンは独立したローン専用のカード

card

キャッシングがクレジットカードにおまけでついてくる機能であるのに対して、カードローンは各金融機関が発行しているローンのためのカードです。カードローンのサービスを提供しているのは銀行、消費者金融などで、それぞれ金融機関の審査を受けなければなりません。

カードローンの申込方法

カードローンの申込方法は金融機関によって様々ですが、最近はインターネットで手続きが完了するケースも珍しくありません。申し込みにあたっては証明書類(所得証明書など)が必要になるケースがあるので、事前に金融機関のホームページをチェックして確認しておきましょう。

カードローンの利用方法

カードローンもキャッシングと同じようにATMから下ろすことができる他、指定した口座にお金を振り込んでもらうこともできます。

カードローンの審査にかかる期間

以前は審査に時間がかかるため、急な出費には対応しづらいとされていたカードローンですが、最近は即日審査、即日融資にも対応してくれる金融機関が増えてきています。特に消費者金融は審査が速いです。

ただし、あくまでも即日審査、即日融資の可能性があると言うだけで、いつ申し込んでも必ず即日融資が受けられると補償されているわけでもないので注意しましょう。

審査のポイント

カードローンの審査に通るコツは色々ありますが、中でも重視されるのは職業の安定性です。ごく限られた人しか持てないような高給クレジットカードを除いて、年収の多寡がそこまで重視されることはありません。

それよりも大切なのは、その年収が毎年安定しているかです。たとえある年の年収が2000万円であっても、次の年に100万円になるような可能性がある職業、例えば個人事業主、スポーツ選手、タレントなどはどうしても審査では不利になります。

逆に年収が400万円しか無くても安定している中堅以上の企業の会社員や公務員は審査で有利になります。

返済は通常リボ払い

クレジットカードの返済方法はリボ払い(リボルビング払い)という方式でを採用していることが多いです。リボ払いは毎月の支払額が安定するため返済計画を立てやすい反面、返済が長くなりやすいため総支払額が大きくなってしまうという欠点があります。

カードローンは必要な際には繰上返済を行うことができるため、余裕資金がある際には積極的に返していきましょう。繰上返済で支払ったぶんは全額元本に充当されるため、効率的に借金が減らせます。

カードローンはキャッシングよりは低金利

カードローンの金利は、キャッシングよりも低金利に設定されています。また、キャッシングと比べると限度額が大きく、ものによっては1000万円以上が借りられることもあります。その場合、融資額が大きくなるほど金利は低くなります。

ただし、前述の通り返済はリボ払いで行うため返済期間が伸びやすく、金利が低いにも関わらず合計返済額が大きくなってしまう可能性があることには注意が必要です。

キャッシング枠とカードローンはどう使い分ける?

nayamu

キャッシングは高金利である反面、キャッシング枠付きのクレジットカードを持っていれば誰でも利用でき審査も不要なため、急な小口資金が必要になってしまったときには非常に便利です。反面、キャッシング枠は小さいため、高額な融資を受けるのにはあまり向いていません。

一方、カードローンはキャッシングと比べると枠が大きい上に金利も低いので、キャッシングと比べると大口な融資に向いています。

ただし、消費者金融のカードローンを利用する場合は、総量規制という規制(融資額を年収の3分の1に制限する)に引っかかるため注意が必要です。銀行のカードローンならば総量規制に引っかかることはなくなりますが、それでも年収に応じて多すぎる額を借りることはできません。

キャッシングとカードローンの不正利用対策

キャッシングでもカードローンでも、金融機関の発行したカードを使って融資を受けることになります。カードを紛失してしまうと、場合によっては不正利用されてしまう可能性があるので注意が必要です。

使わないときは財布の中ではなく家の中の鍵がついた引き出しの中にでも保存しておいたほうがより安全です。また、万が一に備えて、暗証番号は他人が推測できないものにしておきましょう。

万が一カードをなくしてしまった場合は発行元に連絡して、不正利用防止のためにカードの利用を停止します。それまでに不正利用されてしまった場合は、利用者にどの程度過失が合ったかによって対応が変わってきます。

無過失の場合は不正利用分を要求されることは通常ありません(全額補償されます)が、過失がある場合はそれに応じて補償のレベルが下がってしまいます。

  • 過失とは具体的には
  • 紛失してからの連絡が遅い
    被害状況について虚偽の説明を行う
    誰にでもわかるような暗証番号(生年月日や電話番号の一部など)を使う

等が挙げられます。

キャッシングとカードローン以外のローンも検討してみよう

af9980026099m
お金が必要になったときに融資を受ける方法は、キャッシングとカードローンに限定されるものではありません。

例えば自動車を買うならばこれらよりも金利が低い自動車ローンのほうが何かとお得ですし、公務員なら公務員共済から借りる、医療費が高額になりそうなときは高額療養費貸付制度を利用するなど、職業や状況に応じて他にも利用できる仕組みはたくさんあります。自分に最もあった制度を利用して、お得にお金を借りましょう。

タイトルとURLをコピーしました