不要なカードローンを解約しないデメリットって何かあるの?

カードローンのカードを持っているとつい借り入れをしたくなってしまうのが人間の性というものです。使わないカードを解約しようと決意して、それでもついつい借金の誘惑に負けて解約をやめてしまった経験がある方も少なくないでしょう。

しかし、使わないカードローンのカードをいつまでも解約せずに持ち続けることには、様々なデメリットが有るのです。

カードローンは基本的に自動更新

ccard
カードローン契約は自動更新が基本です。全額を完済し、借入金が0になっていたとしても、時期が来れば自動的に更新されます。更新手数料はかからないため、気づかないうちに更新されているケースもあります。

更新の期間は1年間、3年間、5年間など、金融機関によって違います。銀行のカードローンは1年、消費者金融のカードローンは5年であることが多いですが、例外もあります。

カードローンを解約しないデメリット2つ

yuuwaku

カードローンの契約を解約しないでおけば、いつでも借り入れをすることができます。この誘惑に負けてついつい解約を先延ばしにしてしまう方も少なくないのでしょうが、カードローンを解約しないことには以下のようなデメリットがあります。

放置すると新たな審査に影響が出ることも

カードローンをいつまでも解約しないでいると、個人信用情報機関に登録されているデータがいつまでたっても消えません。たとえ現在はすでに完済しているとしても、特定の金融機関と契約していて、与信があるというという記録を残されるのは良いことではありません。

その情報が新たに住宅ローンなどを組む際の足かせとなることもあります。解約すれば、5年間で個人信用情報機関に登録されているデータは消えるため、新たな借入のハードルが下がります。

新たな借金の誘惑に負けてしまうかも……

しかし、カードローンを解約しないでいることの一番のメリットは、ついつい誘惑に負けて新たに借金をしてしまう可能性があることでしょう。

水は低きに流る、とはよく言ったもので、手許に自由にお金が借りられるカードローンのカードが有ると、ついつい無駄な借金をしてしまいがちです。

カードローンを解約し、カードを処分してしまえば、そのような誘惑を断ち切ることができますし、高い金利や返済日の恐怖に追われることもなくなります。借金癖のある人ほど、完済後は急速にカードローンを解約すべきです。

※返せない借金はこちらで減額診断してみましょう。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります

カードローンを解約するデメリット2つ

kaiyaku

上記の通り、使わなくなったカードローンを解約しないことには様々なデメリットがあります。しかし、カードローンを解約するのがいつでも正しい選択になるかというと、もちろんそんなことはありません。世の中ではどんな選択にも、デメリットがついて回るものです。

借金ができなくなる

借金癖がある人にとって、新たに借金ができなくなるというのはむしろありがたいことですが、やはりリスクもあります。どうしても急にお金が必要な場面に遭遇しないという保障はどこにもありません。

もう一度契約をしたい場合はサイド審査を受けなければなりませんし、そのときに落ちてしまう可能性も十分考えられます。

貯金で急な出費に対応しきれる自身がないという場合は、万が一に備えてカードローンの契約はそのままにしておく、という選択肢を選ぶのもいいでしょう。

解約に手間がかかる

解約作業はそれほど難しいものではありませんが、カードローン会社によっては結構手間や時間がかかることもあります。わざわざ借金をできなくするためだけに手間と時間を賭けるのは馬鹿馬鹿しい、と思われる方もいらっしゃることでしょう。

今後しばらく住宅ローンなどを組む予定がなく、借金の誘惑に負けない自信がある方は、無理に解約する必要はありません。

カードローンは基本的に電話だけで解約できる

xf0635073578m

カードローンの解約方法は金融機関によって異なりますが、最近は電話だけで解約できる金融機関がほとんどです。インターネット専業銀行などでは、電話でなくインターネットからの申込みを受け付けているところもあります。大手の銀行などだと、窓口以外では受け付けていないこともあります。詳しくは各金融機関のホームページを参考にして下さい。

カードローンを解約するにあたっては、まずは借金を完済する必要があります。まあ当然の話ですね。借金が残っているにも関わらず解約を申し出ると、残りの借金の一括返済を求められます。

カードは自分で処分する

解約手続きを済ませた後は、カードを自分で処理します(カードを引き取ってくれる金融機関もありますが、少数派です)。

解約手続きを済ませた時点でカードは使えなくなっているので、そのまま捨てても問題はないかと思いますが、万が一を考えて裁断して捨てたほうが良いでしょう。

家庭にシュレッダーがある場合は、それを使って粉々にしてしまうのが良いでしょう。

ただし、紙専用のシュレッダーだと途中で止まってしまったり、故障してしまったりしかねませんので、CDを裁断できる強力なものでない場合はハサミを使ったほうが良いでしょう。ハサミを使う場合は、最低でも8等分にして下さい。

カードを裁断したら、破片を取り出してそれを数回に分けて捨てます。通常、ここまで慎重になる必要はないかもしれませんが、念には念を入れておいたほうが良いでしょう。ICチップが埋め込まれている場合は、それを金槌でボコボコに叩いて砕いて下さい。

借金は計画的に

keiyakuteki

カードローンを解約しない場合は、当たり前の話ですが慎重に借金をする必要があります。

限度額近くまで借りて毎月の返済額が大きくなりすぎて返せなくなったり、返済遅延を起こして遅延損害金を取られたり……こうしたリスクをなくしたいという方は、早めに解約することをおすすめします。

※返せない借金はこちらで減額診断してみましょう。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります