在職中の転職活動はアリ?そのメリットとデメリットとは

「あぁ、転職したい・・・」、業務中にこんな風に考えたことありませんか?でも、仕事辞めて職を探すのはリスクがあるしなぁ、と諦め気味になってしまっているかもしれません。

転職活動にはエネルギーと時間が必要になります。そのため、できるだけ転職活動に集中したほうが短期間で次の職場を見つけられるでしょう。

しかし、在職しながらの転職活動も決して不可能ではありません。それどころか、在職しているからこそのメリットだってあるのです。

もちろん、メリットだけでなくデメリットもありますから、今の仕事を辞めてから次を探すか、仕事を続けながら転職活動をするかは、よく考えたうえで決断することをおすすめします。

今回は、在職中の転職活動にはどんなメリット、デメリットがあるのかについて解説していきますね。

働きながら転職活動をする人も多い

リクナビNEXTの調査によると、働きながら転職活動をした人は、転職した人全体のおよそ半分を占めています。

仕事が終わってから、または仕事のちょっとした空き間に着々と準備を進め、内定をゲットしてから退職の旨を伝えた、ということですね。

そして、転職が成功した人に、仕事を続けながら転職活動をして正解だったか、もしくは仕事を辞めてから転職の準備を始めたのは正解だったかどうかを聞くと、ほぼ全ての人が自分の選択は正解だったと答えています。

これは、自分の状況を客観的に把握し、正しいアドバイスを受けながら活動を進めていったおかげであると言えるでしょう。

以下でご紹介する、在職中の転職活動のメリットとデメリットをしっかり把握し、自分に合った活動スタイルを選ぶようにしてくださいね。

仕事しながら転職活動することのメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

焦らず転職活動を行える

これが一番のメリットかもしれません。仕事を続けているので、毎月安定したお給料を受取ることができ、お金の心配なしにじっくり転職活動をすることができます。

やはりお金がないと焦ってしまうものです。失業保険を受け取れるとはいえ、永遠にもらえるわけではありませんし、その終わりが近づくほど大きな不安を感じるようになっていくでしょう。

その結果、妥協して中途半端な気持ちで企業に応募、入社してしまい、後悔するというケースが後を絶ちません。

また、貯金がたくさんあるから大丈夫といっても、毎月どんどん口座からお金が減っていく状況は恐怖でしかありません。そして知らず知らずのうちに焦ってしまい、同じような過ちを犯してしまうかもしれません。

仕事を続けながらだと、希望の条件に合致する企業が市場に出てくるまで待つことができ、その間ももちろん収入面の心配をする必要もありません。

結果として採用が決まるまでの期間が長くなってしまうかもしれませんが、それで希望通りの会社に入社できるなら万事OKでしょう。

また、心の余裕は面接にも大きく影響してきます。仕事を辞めていると、ここで受からないと・・・!と自分にプレッシャーをかけすぎてしまう可能性があります。

多少の緊張はあったほうがいいですが、必要以上に緊張してしまうと、べストパフォーマンスを出すことができず、失敗してしまう可能性が高くなるでしょう。

対して在職中であれば、ここがダメでもまた次を探せばいいや、という風にある程度気楽な気持ちで面接に臨めるため、よりよい結果を出しやすくなります。

自分を追い込んでしまいがちな人は、仕事を続けながら転職活動をしたほうがいいかもしれませんね。

職歴票に無職の期間をかかなくて済む

仕事を辞め、転職活動をしている間は無職です。ということは、履歴書や職務経歴書に無職の期間を記入する必要があるということになります。

もちろん、多少の期間であれば、企業側もそこまで気にしないでしょう。転職活動のために前職を辞めましたと伝えれば、向こうも納得してくれるはずです。

しかし、無職の期間が長くなるとそうはいきません。転職活動中ですと伝えても、本当かどうか信じてくれなくなるかもしれませんし、こんなに長い期間次の職場が決まらないということは、なにか問題があるのでは?と勘ぐられてしまうかもしれません。

最近は転職が当たり前になってきつつあるので、転職活動中の無職期間を必要以上に気にする企業は少なくなっていますが、それでも長いよりは短いほうがいいと言えます。そして、そのことを気にするあまり、転職活動を焦ってしまうリスクも生まれてしまうでしょう。

仕事を続けながらであれば、このことを気にする必要はありません。無職期間は存在しませんから、堂々と面接に臨めますね。

もし転職先が見つからなくても、失業する恐れがない

仕事を続けていれば、もし転職が上手くいかなくても完全失業することはありません。対して、仕事を辞めていれば良くて派遣社員やフリーター、最悪の場合、ニートになってしまうかもしれません。

若ければどこかしらに転職できるでしょうが、30代中盤や後半からの転職にはリスクが伴います。ただ、専門的な技術がある場合は例外です。

転職できるかどうかが不透明であるなら、現在の仕事を続けながら転職活動をするほうが無難だと言えるでしょう。

仕事しながら転職活動することのデメリット

次にデメリットについてです。メリットだけでなく、デメリットについてもしっかり把握しておくようにしましょう。

転職活動のための時間が十分に取れない

仕事をしながら転職活動をする場合、勤務が終わってから準備を進めていくことになります。休日にまとめてすることも可能ですが、応募先の企業や転職エージェントからの連絡に返事をしなければいけないため、平日も稼働することになるでしょう。

こうなってくるとやはり時間が足りません。また、仕事が終わってからさらに作業をするのは想像以上にしんどいものです。

とはいえ、連絡を放置するにはいきませんから、多少辛くても自分に鞭を打って行動する必要があります。辛いときでも自分を奮い立たせることができるか、つまり転職への十分な覚悟を問われると言ってもいいでしょう。

転職までの期間が長くなりがち

これは転職のための時間が取れないこととも関係してくるのですが、リサーチ、情報収集できる企業や、応募できる企業の数が時間の都合上限られてくるため、その結果として転職までの期間が長くなりがちです。

また、条件のいい求人があっても、仕事の都合で面接日を調整できず、どうしても応募できないといったケースも出てくるでしょう。

このように、転職のチャンスを逃してしまう可能性がありますし、ズルズルと転職期間が延びた結果、結局転職せず、ただ時間を無駄にしてしまった、なんてことになる可能性も十分考えられます。

やはり強い意志がないと、仕事を続けながらの転職活動は難しいと言えるでしょう。

同僚や上司に転職活動のことがバレるリスクがある

同僚や上司には転職活動のことはバレたくないと考えている人も多いでしょう。転職は決して悪いことではありませんが、残される人にとってはなかなか難しい問題です。

もちろん応援してあげたい気持ちもあるでしょうが、人が抜けると、そのぶんの仕事は残された人に降りかかってきます。それを考えると素直に応援しにくいという気持ちも十分理解できるでしょう。

また、中には転職活動をしているとわかったとたん、嫌がらせやパワハラをしてくるような意地の悪い上司も存在します。そういったことを考えれば、勤務先に転職活動のことはバレたくないと考えるのはある意味自然なことです。

どれだけ慎重に行動したとしても、完璧に隠し通せるかどうかはわかりません。面接の都合で、何度も有給休暇を取らなくてはならない場合、それをきっかけに疑われたり、バレたりしてしまうかもしれません。

その結果、今の職場で働き辛くなってしまうことも十分に考えられます。在職中の転職活動には、そういったリスクがあることも知っておきましょう。

いい悪いではなく、自分に合ったほうを選択すべき

仕事をすっぱり辞めて転職活動をするか、今の仕事を続けながら次の職場を探すか、どちらがいいとは一概には言えません。どちらにもメリット、デメリットがあるためです。

今の仕事の状況を考えて、自分にとってどちらがベストなのかをよく考えて方針を決定しましょう。

また、転職活動をする際、とくに在職しながらの場合は、転職エージェントを上手く利用しましょう。限られた時間の中で転職を成功させるには、効率よく準備を進めていく必要があります。

転職エージェントを利用することにより、あなたの希望する条件にあった企業を見つけやすくなりますし、各種手続きも代わりに行ってもらえます。中にはクローズドな求人情報もあり、それにアクセスできるだけでも大きな価値があると言えるでしょう。

さらに転職者からは利用料を取らないことになっているので、デメリットはほとんどありません。せひ利用を検討してみてくださいね。

まとめ

仕事をしながらの転職活動のメリットはリスクが低いことだと言えるでしょう。転職活動中もお金の心配をする必要がありませんし、万が一、転職先が見つからない場合でもそのまま今の仕事を続けるという選択肢が残ります。

逆にデメリットとしては、転職までの期間が長くなりがちということが挙げられます。現在の職場が嫌で仕方ない場合、このデメリットはとても大きなものに感じるでしょう。

後悔しないよう、熟考してからどちらの方法を取るかを決定してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました