借金の返済を秘密にしたい!どうすれば隠せる?

住宅ローンや自動車ローンはともかく、消費者金融からの借り入れ(カードローン)やキャッシングの利用は周囲にはバレたくないものですよね。

もちろん、本来は誰がどこからお金を借りようが本人の自由なのですが、借金をするような人は金にだらしがないというイメージを持つ人は多いです。

借金をしていることがバレると、それだけで周囲からの評価を落としかねません。そこで今回は、周囲にバレずに借金を返済する方法を考えてみたいと思います。

借金を隠れて返済する場合は徹底的に隠し通せ!中途半端は身を滅ぼす

始めに行っておきますが、借金を隠していたことがバレると、あなたの評価は間違いなくガタ落ちします。友人知人はまだしも、家族に内緒で借金をしていたことがバレたときのダメージは計り知れません。

なぜ正直に言わなかったんだと問いただされ、場合によっては離婚などの重大な問題に発展する可能性があります。借金の存在を隠すということは、それなりにハイリスクなのです。借金を隠れて返済する場合はとことん隠し通す必要がありますし、それができる自信がない場合は最初から素直に話した方がいいでしょう。

借金返済中なことが周囲の人間にバレるパターン2つ

借金が周囲の人、特に家族にバレるきっかけというのはあまり多くありません。順調に返済し続けている限りは早々バレないものです。逆に言えば、順調に返済ができなくなってしまった場合、つまり返済が滞った場合は周囲にバレる可能性が一気に向上します。

電話がかかってくる

借金の返済が滞った場合、金融機関はまず電話で催促をしようとします。携帯電話にかかってくる場合はいいですが、固定電話にかかってくる場合はそこからバレてしまうこともあります。1回や2回ならば自分で取れるかもしれませんが、繰り返しかかってくる場合、そのすべての電話に対応するのはなかなか難しいでしょう。

自宅に請求書が来る

度重なる催促を無視し続けていると、いずれ自宅に請求書が送られてきます。特に消費者金融会社の場合、延滞すれば必ず請求書(督促書)を送付しますのでばれる可能性が高いです。

自分宛ての手紙を家族が開けることはないだろう、と思われるかもしれませんが、それは借金をしている側の一方的な思い込みです。突然怪しげな封筒が送られてきたら、中には開封する人もいるかもしれません。

借金の返済が苦しくなったら素直に打ち明け債務整理を

上記の2パターンはいずれも、借金の返済が滞ったときに起こるものです。借金を順調に返済し続けている限りは、めったにバレることはありません。ただし、そうはいっても何らかの事情で借金が膨らんでしまい、返済ができなくなってしまうことはありえます。そのようなときは、早急に家族に事情を話したほうがいいでしょう。この期に及んでなおも隠そうとすると、話がこじれにこじれて進退窮まり、離婚問題に発展しかねません。

借金が返せなくなったとしても、必ずしも自己破産をする必要はありません。借金の整理にはよりデメリットの少ない任意整理や特定調停などがあり、そちらを選べば住宅ローン返済中の自宅を失うこともありません。早めに手を打って、傷を最小限に抑えてください。

タイトルとURLをコピーしました