結婚後に借金がばれないか不安…彼氏や彼女にバレずに解決するには?

借金があるせいで結婚に踏み切れないという方は少なくありません。近年は若い人たちの平均所得が昔と比べて少ないので、一定の生活を維持するためには借金もやむなしという人が少なくありません。

借金の存在を隠したいというには、人間の心の流れとしては自然なことであり、おかしいことではありません。

しかし、借金が原因で別れることになったらそれこそ一大事です。では、実際のところ、借金を隠したまま結婚することはできるのでしょうか。

借金を隠したまま結婚生活を送るのは不可能に近い

af9940097361m

結論から言えば、借金があるという事実を隠したまま結婚し、ばれないように結婚生活を送りながら返済するのは不可能に近いでしょう。結婚すれば当然、二人の共有財産ができます。家計もどちらか一人が、あるいは二人が管理することになります。

二人が家計を管理している状況では、当然ばれずに借金の返済を行っていくのは不可能です。また、どちらか一方が家計を担当し、もう一方がお小遣い制ということになってもばれるリスクはそこら中にあります。

たとえば、うっかり返済日を忘れてしまったらどうなるでしょうか。督促の電話が自宅にかかってきて、それをもし夫/妻に取られてしまったらその時点でジ・エンドです。あるいは、消費者金融などから支払いに関する郵便物が送られてくることもあります。

※結婚前に今すぐなんとかしたい人はこちらへ

↓今の借金がなくなくなる場合もあります

借金が原因で婚約破棄に発展することは珍しくない

gf2160250711m-1

結婚をするにあたって、お金に関する価値観を一致させるというのは結構大切です。倹約家と浪費家の結婚生活というのはえてして長続きしないものです。

しかし、だからと言って借金を隠して結婚しようとするのは非常に危険です。借金を隠していたせいで、婚約破棄につながるケースは少なくないからです。

婚約破棄には正当な事由が必要になりますが、その正当な事由の中には「相手が多額の借金がある事を隠していた」という項目があります。

裁判の前例を見ても、借金を隠していたおかげで慰謝料が発生したというケースは少なくありません。そうなったらますます借金が増えることになります。

結婚後に借金がばれるともっと大変

たとえ借金がばれずに結婚までこぎつけたとしても、その後に待っているのは間違いなくいばらの道です。たとえば、アディーレ法律事務所によれば、夫婦が離婚する原因のトップ3は「性格の不一致」「暴力を振るう」「経済的な問題」です。

経済的な問題とぼやかしていますが、要はこれは借金を隠していた、ということです。つまり、借金を隠したまま結婚することは離婚のリスクを思いきり押し上げることに他ならないのです。もし借金がばれれば当然離婚は認められ、慰謝料も間違いなく取られることでしょう。

借金がある場合は債務整理を

netsay160206742

では、借金があるにもかかわらず結婚するにはどうすればいいのか。答えは簡単で、結婚する前にすべて返済してしまえばいいのです。しかし、残された借金を一括で返済するというのは簡単なことではありません。

10万、20万ならともかく、100万単位の借金を一括で返済するのはほぼ不可能と言っていいでしょう。それだけ自由に使えるお金がある人は、そもそも借金をしませんからね。

とても結婚前までに借金を返済しきれそうにないという場合は、債務整理をすることをお勧めします。債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。

個人再生や自己破産については公的な手続きに加えて、自己破産の場合は財産の没収もあるため隠し通すのはほぼ不可能ですが、任意整理についてはうまくやれば大抵の場合はばれずに手続きを進めることができます。

任意整理をするにあたっては弁護士や司法書士などに相談することになるかと思いますが、彼らには守秘義務が課せられているためそこから情報が洩れるということはまず考えられません。結婚前に借金を減額してもらって、それから返済するのが最も確実です。


↓今の借金がなくなくなる場合もあります

任意整理は借金を減額する手続きである

px0010192862m

任意整理は借金を整理する方法の一つです。自己破産が借金をチャラにするのに対して、任意整理は借金を減額するための手続きです。金利や元金の一部をカットしてもらうことにより、総返済額を減らします。

任意整理の特徴は、裁判所を間に挟まずに行えることです。任意整理はあくまでも債権者と債務者の話し合いなので、間に裁判所が公的機関が入ってくることはありません。

話し合いなんかで借金がカットしてもらえるの?と思われるかもしれませんが、たいていの金融機関は話し合いに応じてくれます。理由は簡単で、返せ返せと強硬的に迫って自己破産をされたら困るからです。

自己破産すると、借金がゼロになります。金融機関から見れば、債権が0になるというわけです。そうなったら困るのは金融機関です。金融機関としても、自己破産で逃げられるくらいなら、任意整理に応じたほうがまだましである……というわけです。

そもそも、金融機関はある程度の貸し倒れをあらかじめ計上しているので、一人や二人が任意整理を行ってもそこまで深刻なダメージを受けることはありません。

もちろん任意整理は褒められたことじゃありませんが、世の中にしっかりと認められた手続きなのですから、気後れすることなく堂々と行えばいいのです。

任意整理は必ず専門家の元で

任意整理は話し合いなので、債務者本人が行うこともできます。しかし、金融機関の方もそれなりに任意整理には慣れているので、債務者本人の交渉では金融機関から十分な譲歩を引き出すことは難しいでしょう。

多少お金はかかることになりますが、弁護士若しくは司法書士に依頼すべきです。弁護士と司法書士では前者の方が費用が高くなりがちですが、弁護士に依頼すると彼らが通知を発送した時点で取り立てを止めることができるというメリットがあります。

よほどお金に余裕がないという場合を除いては、弁護士に依頼したほうがいいでしょう。最近の弁護士は分割払いなどに快く応じてくれるケースが大半です。

任意整理のメリットとデメリット

xf2915066598m

任意整理には様々なメリットがあります。もちろん一番のメリットは借金の額が減額となり、毎月の返済が楽になることですが、それ以外にも下記のようなメリットがあります。

裁判所を通さないため手続きが楽

任意整理は債権者と債務者の話し合いによって借金を減額する仕組みです。債務者の方は弁護士を立てれば、あとは彼らに任せてしまえばOKです。

面倒な交渉や書類の作成などはすべて弁護士の方が行ってくれるので、依頼した時点でやるべきことはなくなります。そのため、仕事があって忙しい人でも簡単に行うことができます。

過払い金が返ってくることもある

過払い金とはその名の通り払い過ぎたお金のことです。

日本では昔からお金を貸す際には●●%以上の金利を取ってはいけないということを定めた「利息制限法」があったのですが、実際には多くの業者はこの法律を守らず、それ以上の金利を長年にわたって取っていました(この金利をグレーゾーン金利といいます)。

当然そのことが知れ渡ると裁判が発生し、最高裁判所は「●●%以上の金利を取っていた業者は、債務者にその分を返済しなければならない」という判決を出しました。

グレーゾーン金利が撤廃される前にお金を借りていた人は、任意整理をすることによって払い過ぎていったお金が戻ってくる可能性が非常に高いです。

ただし、過払い金は10年経過してしまうと時効となり請求ができなくなります。また、債権者の金融機関が倒産した場合にも請求は不可能になります。過払い金請求は一刻も早く行うことが大切です。

彼氏/彼女にばれずに任意整理を行う方法

af9900095073m-1

任意整理はすべての債務整理の中でも特にばれるリスクが少ないです。任意整理後、金融機関は債務者に直接連絡を取ってはいけないと定められているので、手紙や電話をうっかり彼氏/彼女に見られてしまいばれる、ということは考えられません。

すべての交渉を弁護士若しくは司法書士が担ってくれるので、たびたび出かける必要もありません。

しかし、絶対にばれないというわけではありません。債務者の方がある程度注意しないと、思わぬところから情報が漏れてしまうケースがあります。

特に気を付けたいのが、弁護士や司法書士からの連絡です。彼らからの連絡を彼氏/彼女に受け取られてしまうと、そこからばれる可能性があります。

そういった事態を防ぐためには、事前に弁護士や司法書士と話し合っておくことが大切です。弁護士や司法書士も「彼氏/彼女にばれないように任意整理がしたい!」という相談はよく受けていますので、きちんと話せば配慮してくれることが大半です。

その場合、基本的に連絡は個人の携帯電話で行うことになります。これなら彼氏/彼女にばれる可能性はほぼありません。和解書などの書面の引き渡しは直接弁護士事務所で行うのが最も安全でしょう。

とはいえ、100%ばれないわけではない

しかし、残念ながらここまで気を付けたとしても100%借金がばれないわけではありません。たとえば、結婚する前に身辺調査を行われてしまうと、借金の事実はばれてしまうことが大半です。

正規の金融機関はその債務額を他者に公開することはないので、借金がいくらあるのかまでばれることはありませんが、借金をしているという事実や、きちんと返済を行っているかについては行動調査で分かってしまいます。

もちろんそこまでする人はあまり多くないかと思いますが、残念ながらこの世に借金を100%ばれずに整理する方法はないのです。唯一対策があるとしたら、それは最初から借金をしないこと、もしくは結婚話が本格的にまとまる前に借金を返すことです。

金の切れ目が縁の切れ目、とはよく言ったものです。皆さんも借金による人間関係のトラブルには十分お気を付けください……。


↓今の借金がなくなくなる場合もあります