不動産を売買するときに請求される仲介手数料とは?無料にできるの?

不動産を購入する際、不動産会社に支払うのは不動産の代金だけではありません。印紙税や固定資産税など、さまざまな名目で数十万円近く請求されます。

想定外の出費額になって「辛いなあ」と感じるかもしれませんが、それらは不動産購入のために必要なものばかりなので、諦めて支払うしかありません。

ただ、実は一つだけ物件の質や管理とは関係ない名目があります。それが「仲介手数料」です。

仲介手数料ってなに?という人も多いでしょうから、まず仲介手数料とは何か?について解説していきます。

また、嬉しいことに最近は仲介手数料が無料の不動産会社も増えてきています。記事の後半では仲介手数料無料の不動産会社の特徴や、信頼できる業者の見つけ方をご紹介しますね。

仲介手数料ってなんだろう?

不動産を購入するとき、多くの人が不動産会社に行って相談をし、それから購入することになると思います。

ただ、不動産会社が直接不動産を扱っているわけではありません。そういった物件もあるにはありますが、別の管理人、売り主がいる物件がほとんどです。

不動産会社はその売り主から物件の販売活動や売却活動を委託されて、売り主の代わりに顧客、つまり買い主を見つけているのですね。

つまり、不動産を購入する場合には、売り主と買い主の間で不動産会社が仲介をする格好になっているわけです。

そして、仲介してくれてありがとうね、といった謝礼の形で不動産会社に支払うのが仲介手数料ということになります。

どうしてわざわざ不動産販売を仲介するの?

ここまで読んで、わざわざ不動産会社に仲介してもらう必要ってあるの?と思った人もいるでしょう。

確かに、売主と買主で直接契約を交わしたほうが手っ取り早いですし、仲介手数料を支払う必要もなくなりますよね。お互いにとってメリットしかないようにも感じます。

ただ、一つ問題があります。それは売り主と買い主、どちらも不動産に関する十分な知識がない場合が多いことです。

売り主なら少しくらい知識があるのではないか?と思うかもしれませんが、ほとんどの売り主は物件を所有しているだけで、管理や運営は管理会社に任せています。つまり、不動産の販売や契約はもちろん、不動産全般に関してほぼ素人なのですね。

そして、不動産に関する十分な知識がない2人が、果たして満足な契約を結べるでしょうか?おそらくとても難しいでしょう。

そこで、不動産のプロである不動産会社に間に入ってもらって、スムーズに売買契約を進めよう、というわけですね。

また、売り主にとっては不動産会社に販売を委託したほうが、効率的に買い主を見つけられるというメリットもあります。

やはり個人で買い主を見つけるには限界があります。十分な宣伝や広告を打つことも難しいでしょう。

それなら、費用こそかかるものの不動産会社に任せてしまったほうが楽ですし、売却価格を高くできるなど、より好条件で契約を結べる可能性が高まります。

買い主も不動産のプロに相談しながら物件を吟味できるので、物件選びで失敗するリスクを減らすことができます。

不動産会社に不動産売買を仲介してもらうことによって、売り主、買い主ともにメリットを受け取れるのですね。

仲介手数料はいくら?

仲介手数料は意外と高額です。下調べせずに契約をすると、その金額に驚いてしまうかもしれません。

ただ、必ずしも不動産会社の好きなように金額を決められるわけではありません。仲介手数料の上限額は「宅地建物取引業法」という法律で決められており、この金額を超えて請求することはできません。

仲介手数料は物件価格をベースに計算します。価格が高ければ高いほど、仲介手数料の上限額は大きくなり、実際に請求される金額も増えていく傾向があります。

また、基本的にほとんどの不動産会社は上限金額で請求してきます。たとえば、3000万円の物件を購入したとすると、仲介手数料の最大額は100万円近くにもなり、不動産会社はこの金額で請求することがほとんどです。

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の上限額の具体的な計算方法は以下です(価格は全て税抜で計算します)。

・物件の売買価格200万円以下にかかる仲介手数料:売買価格の5.4%
・物件の売買価格200万円以上~400万円以下にかかる仲介手数料:売買価格の4.32%
・物件の売買価格400万円以上にかかる仲介手数料:売買価格の3.24%

これが法律で決められた正式な計算方法ですが、とてもややこしいですね。これを見て、「さぁ、計算しよう!」という気にはならないでしょう。

安心してください、実はとてもカンタンな計算方法があるのです。また、その計算方法を用いても最終的な計算結果は同じになるので、仲介手数料を計算する場合にはこちらの計算方法を用いるとよいでしょう。

仲介手数料のカンタンな計算式は以下です。

・(売買価格×3%+6万円)×1.08(消費税)

さきほどの計算方法と比べると、圧倒的に単純でわかりやすいですね。金額によって場合分けをする必要もなく、一回の計算だけで仲介手数料を出すことができます。

不動産契約をする前に、一度は自分で仲介手数料を計算しておきましょうね。

仲介手数料は契約に必ず必要な費用ではない!?

ここまで読んで、すでにピンときている人もいるかもしれませんが、仲介手数料は物件の契約に必ず必要な費用ではありません。

不動産の購入時にはさまざまな費用がかかります。固定資産税や火災保険料などですね。これらの費用はこれから物件を所有していく、また、住んでいくのに必ず必要な費用です。

しかし、仲介手数料は不動産会社に支払う謝礼ですから、物件とは何も関係がありません。言ってしまえば、たとえ仲介手数料が無料であっても、物件には何の影響もないのですね。

ですから、不動産の購入費用を少しでも安くしたいなら、積極的に値切るべきは仲介手数料ということになります。

ただ、仲介手数料は不動産会社の直接的な利益になるものです。そのため、仲介手数料を値切るのは難しいですし、相手にも嫌な顔をされてしまうでしょう。

そんなことは関係ない、値切ることができればいいんだ!という強いメンタルの持ち主ならガンガン値切り交渉ができるかもしれませんが、そんな人は少数派でしょう。

「値引き交渉は難しい、けれど、少しだけでも仲介手数料を安くしたい」、そう思っている人には仲介手数料が無料・格安の不動産会社の利用をオススメします。

仲介手数料が無料・格安の不動産会社とは?

電話する女性

一昔前までは、仲介手数料は法律で定められている上限額で請求するのが不動産業界の常識でしたが、最近では手数料を無料、または格安にしている不動産会社も増えてきています。

これらの業者を賢く利用すれば、物件の購入費用をある程度抑えることができるでしょう。

どうして仲介手数料を無料にできるの?

一つ気になるのが、どうして仲介手数料を無料にできるのか、ということですね。

上述したように、仲介手数料は不動産会社の利益となるものです。これを無料にしてしまっては会社の経営が立ち行かなくなってしまうでしょう。

何か怪しいことをしているのではないかと疑ってしまうかもしれませんが、ほとんどの会社は企業努力や工夫によって仲介手数料無料を実現しているのです。

では、どんな工夫や努力をしているのか見ていきましょう。

売り主から仲介手数料を得ることで、買い主からの手数料をチャラにしている

実は、仲介手数料は買い主だけに請求しているわけではありません。契約成立時には、委託されている売り主からも仲介手数料を受け取っているのですね。

売り主、買い主の両方から仲介手数料を受け取ることを業界用語で「両手」と言います。「売り主↔不動産会社↔買い主」、こんなイメージですね。

しかし、いつも「両手」ができるわけではありません。というのも、一つの物件を仲介しているのは必ずしも1社だけとは限らず、複数の不動産会社が間に入っていることも多いためです。

イメージとしては、「売り主↔不動産会社A↔不動産会社B↔買い主」といった感じです。

このようなケースでは、売り主からの仲介手数料は不動産会社Aに、買い主からの仲介手数料は不動産会社Bに入ります。この状態を業界用語で「片手」と言います。

「片手」では「両手」のときの半分しか仲介手数料は入ってきません。つまり、不動産会社の儲けが半分になってしまうわけですね。

ですから、多くの不動産会社は「両手」で物件を仲介することを目指しているのです。そして、これが仲介手数料を無料にするためのポイントです。

仲介手数料が無料、格安の不動産会社は「両手」の物件を多く取り扱っています。これなら買い主からの仲介手数料を無料にしても、売り主からの手数料を得られるわけですから、儲けがゼロになることはありません。

こうして買い主からの仲介手数料無料を実現しているのですね。ただ、儲けが常に半分になってしまうわけですから、上手く節約しないと企業を運営していくことはできません。

その節約するための方法の一つが「店舗をできるだけ持たない」です。

仲介手数料が無料・格安の不動産会社は店舗の数を減らして運営費を節約している

不動産を購入する際、今までは不動産会社の店舗に行き、そこで物件選び、相談をしてから契約するという流れでした。

しかし、仲介手数料が無料の不動産会社では、ほとんどの手続きをインターネットで行うことが多くなっています。

こうすることで店舗の数を減らすことができ、人件費や店舗の運営費を安くすることができるのです。他にも広告をできる限り減らすことで、宣伝費や広告料も削減しています。

そして浮いた費用分、仲介手数料を無料にすることで買い主に還元しているのですね。まさに企業努力の結晶だと言えるでしょう。

信頼のおける不動産会社を選ぼう

仲介手数料を無料にできるトリックは、ここまでで紹介した企業努力や工夫によるものでした。このようにして消費者に還元している企業は信頼のおける優良企業だと言えるでしょう。

しかし、中には悪徳業者とも言える不動産会社もあります。仲介手数料を無料にする代わりに、他の費用をかさ増しするような企業もあるようです。これでは結局は同じ購入費用になってしまいます。

不動産取引に慣れている人なら請求書を見れば一発で見抜けるかもしれませんが、不動産知識のない一般の人には難しいでしょう。そのまま契約してしまうと、後々思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

仲介手数料無料だからといって安易に飛びつかないで、その不動産会社が本当に信頼のおける業者かをしっかり調べましょう

店舗をもたず、手続きの多くがネット上で行われるため得られる情報が少なく、信頼性を判断するのは難しいですが、利用者の口コミや電話対応の良し悪しを参考にするとよいでしょう。

まとめ

まとめ

仲介手数料は思った以上に高額です。物件価格から見ればそれの3%程度ですが、金額にすると100万円を超えることもザラです。

仲介手数料が無料、格安の不動産会社を上手く利用して、少しでもおトクに不動産契約をしましょうね。

タイトルとURLをコピーしました