クレジットヒストリー(クレヒス)の上手な作り方!これで審査も安心

カードローンや住宅ローンなどの審査では、過去のクレジットヒストリー(借金の履歴)が確認されます。

クレジットヒステリーに何らかの問題があると、審査で落ちてしまう可能性が高いです。今回はクレジットヒストリーの意味から、審査に通るクレジットヒストリーの作り方までをまとめて紹介したいと思います。

クレジットヒストリーは信用情報機関に登録されている情報

kurehisu

クレジットヒストリーとは、借金を今までどのように申し込み、どのように返済して来たかなどをまとめた情報のことです。クレジットヒストリーはクレジット会社が信用情報機関という機関に登録することによって積み重なっていきます。

良いクレジットヒストリーの持ち主ならば借金の審査に合格しやすくなりますし、逆に悪いクレジットヒストリーの持ち主ならば審査に落ちやすくなります。

良いクレジットヒストリーと悪いクレジットヒストリーの違い

pls0490056u52555
良いクレジットヒストリーとは、返済が一度も遅れていない状態のことを指します。つまり、普通に借金をして、それを普通に返していけば、自然と良いクレジットヒストリーが出来上がっていくわけです。

しかし、支払遅延や多数者への融資申し込み、債務整理などの経歴がある場合は、悪いクレジットヒストリーと判断されます。いいクレジットヒストリーを作る一番のコツは、毎月の返済を遅らせないことなのです。

クレジットヒストリーが全くない状態はどう判断される?

クレジットヒストリーが全くない、つまり信用情報機関に全く何も登録されていない状態をスーパーホワイト、もしくはホワイトと言います。

スーパーホワイトとは、簡単に言えばクレジットを使用した経験が全くない、完全なる現金主義者のクレジットヒストリーです。一度もクレジットを利用したことがないのですから、当然信用情報には何の情報もありません。

一方、ホワイトとは過去に債務整理を行ったクレジットヒストリーです。過去に債務整理を行った場合、一定期間(通常は5年~10年)そのことがクレジットヒストリーとして残ります。

その間は当然カードローンや住宅ローンの審査を受けても落ちるため、債務整理以外の情報は残りません。

そして一定期間が過ぎると、債務整理の情報も削除されるので、信用情報機関には何の情報も残りません。つまり、スーパーホワイトとホワイトは途中経過こそ違いますが、クレジットヒストリーが何もないという結果は一緒になるわけです。

金融機関から見た場合、スーパーホワイトもホワイトも同じように見えます。金融機関としてはホワイトの人には貸したくないため、スーパーホワイトの人もそのとばっちりで審査に落ちてしまいます。

特に、普通ならばクレジットカードの1枚や2枚持っていて当然と思われる30代以降は、クレジットヒストリーが何もないと言うだけで審査に落ちる可能性が極めて高くなります。そうならないように、若いうちにクレジットヒストリーを作っておくことが大切です。

クレジットヒストリーは借りやすいところで作る

pls0028741u52555
人間、誰しも最初は全く借り入れを行ったことがないスーパーホワイトです。スーパーホワイト(ホワイトも同じです)の人がクレジットヒストリーを作るコツは、審査に通りやすい金融機関に申し込むことです。

例えば、消費者金融のクレジットカードは比較的審査が簡単(甘いわけではありません)なため、他社では落ちる人でも審査に合格できる可能性が十分あります。

審査に通る可能性を上げる一番のコツは、申請時の情報に嘘を混ぜないことです。クレジットカード会社の情報網は素晴らしく、嘘をつこうとしても簡単にバレてしまいます。

嘘がバレるとまず審査には通らなくなるため、必ず事実だけを記載しましょう(年収390万円を400万円と記入するなど、多少の誤差は問題にならないケースが多いです。年収390万を800万というのはアウトですが)。

また、携帯電話料金を分割払いあするというのもおすすめです。携帯電話の分割払いと言えども借金をして買物をしていることには変わりないですから、しっかりとクレジットヒストリーが作れます。

大手キャリアは分割購入の場合個人信用情報機関にそのことを登録するため(契約書をよく読むと小さな文字で書いてあるはずです)、支払いを滞らせなければ良いクレジットヒストリーができます。

ただし、携帯電話の分割払いが必ず良いクレジットヒストリーとみなされるわけではありません。比較的高ランクのクレジットカード会社は、携帯電話の分割払いをクレジットヒストリーとみなさないこともあるようです。

あまりランクの高くないところならばクレジットヒストリーとみなしてくれる可能性が高いので、「携帯の分割購入→低ランクのカード会社→高ランクのカード会社」と段階を積んでクレジットヒストリーを作っていくことが大切です。

ハウスカードはクレヒスを強化する

ハウスカードとは、その発行元の商品しか買えない特殊なカードのことです。言いかえれば、VISAやMASTERなどの国際ブランドが付いてこないカードです。

使えるお店が極端に制限されてしまいますが、その分審査は簡単で、スーパーホワイトやホワイトの人、あるいは携帯電話の分割払いしかクレジットヒストリーがない人でも問題なく通るケースがほとんどです。

過去に返済事故や債務整理の経験がある場合は信用情報を確認しよう

gf1760036928m
信用情報機関に返済事故や債務整理の経験が登録されている場合、いくら申込みをしてもまず審査に通りません。それらの情報が全て消え、ホワイトになるまで待つ必要があります。

信用情報機関にまだ情報が残っているか、それとももう消去されたか確認したい場合は、個人信用情報機関に問い合わせて下さい。本人は信用情報を開示することができます。

もしまだそれらの情報が残っていた場合は、いくらクレジットヒストリーをつけようとしても無駄なのでまって下さい。逆に何も残っていなかった場合は、携帯端末代金の分割払いやハウスカードで徐々にクレジットヒストリーを作っていって下さい。

まとめ

xf5405183659m

  • クレジットヒストリーは今までの借金の履歴。
  • クレジットヒストリーに問題があると、借金ができない。
  • クレジットヒストリーに何も情報がない場合も(スーパーホワイト・ホワイト)、やはり借金ができない。
  • クレジットヒストリーがない場合は、携帯端末の分割払いやハウスカードで徐々にクレジットヒストリーを築いていく。

速いうちから適切にクレジットヒストリーを育てていくことによって、将来大きなローンも組みやすくなります。クレジットヒストリーは一生誰にでもついて回るものですので、上手に付き合っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました