FXのリスクとは?借金をしないための方法

サラリーマンや主婦の方でも気軽に取り組めることから、FXを始める一般の投資家が増加しています。FXは平日は24時間いつでも売買を行うことができ、さらに少ない資金から取引できることが魅力です。

一番の魅力は、少額のお金をもとに、数千万円以上も大儲けできる可能性があることです。ネット上には10万円を数千万円以上にした成功例がたくさん報告されており、簡単に稼げる方法としてFXを始められる方が多くいます。

成功例ばかりに目がいきがちですが、逆に大損して借金を背負った報告も多く存在していることも事実です。大切なことは、FXはレバレッジを効かせることで少額で大きな売買が可能となっており、場合によっては借金を背負うリスクがあるということを知っておくことです。

今回はFXで知っておかなければいけないリスクと、借金をしないための方法についてご紹介します。

FXで利益が出る仕組み

gf1120421202w

FXの知っておかなければいけないリスクを説明する前に、FXの基本的な利益が出る仕組みについて説明します。

そもそもFXとは?

そもそもFXとは「Foreign Exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」と言います。

よくニュースなどで「本日のドル円相場は○○円で推移しています。」と為替レートが報道されておりますが、FXではその為替レートの値動きによって利益を得たり、逆に損失を出したりします。

外国為替市場は土日を除いて、ニューヨークやロンドン、東京、香港、シンガポールなど、世界各地で開かれているため、平日は常に為替レートに変化が生じます。よって、日中は忙しいサラリーマンや主婦の方でも夜中や空いた時間に売買できることが特徴です。

一般的に投資で利益を出す仕組みは、インカムゲインとキャピタルゲインの2つの方法があります。FXもその例外ではありません。FXの場合での2つの利益の出し方を見ていきましょう。

インカムゲインによる利益

インカムゲインとは「ある資産を保有することで得られる利益」を意味します。FXの場合は、スワップ金利のことを言います。(株の場合は配当金や株主優待)

スワップ金利とは、金利差調整分と呼ばれる2国間の金利差から生まれる利益です。

例えば、日本は低金利ですがオーストラリアは高金利です。そうした場合、日本円をオーストラリアドルとして保有しているだけで、金利差分の利益が毎日もらえます。スワップポイントはFX業者によって微妙に違います。

スワップ金利による利益自体は決して多くありません。現在の金利状態では、100万円を元手にしたら、毎日50円くらい利益が出るようなイメージです。

しかし、FXはレバレッジをかけることができるため、リスクコントロールさえできれば、より利益を追求することができます。

ちなみに、スワップ金利による利益のみを狙ってトレードを行うことを「キャリートレード」と言います。

現在は昔ほど高い金利の国があまりないため、スワップ目的でFXを始める方は少なくなっているように感じます。むしろ、スワップ金利での利益を得つつ、次にご紹介するキャピタルゲインによる利益を狙う方法が一般的です。

キャピタルゲインによる利益

キャピタルゲインとは、「価格変動による価格差で得られる利益」を意味します。要は、安く買って高く売れば、その差額が利益になるということです。これはFXでも株でもどちらの場合も当てはまります。

インカムゲインのスワップ金利による利益とは違い、キャピタルゲインの売買差益は短期間で大きな利益を出せる可能性があるため、FXや株を始める方の多くは、売買差益を得ることを目的としている場合が多いです。

あるいは、両方を狙って取引される方もいます。代表的な手法はトラリピと呼ばれるもので、これはスワップ金利の高い豪ドル円などを取引対象としている場合が多いです。

裏を返すと、キャピタルゲインを狙った取引は大きな損を出しやすい方、法でもあるため注意が必要です。

特に、FXの世界では重要な経済指標発表時や選挙、テロ、災害などにより、急激に為替レートが変動する時があります。そのとき、あなたの財産のすべてを失い、さらに借金となる可能性もあります。

2008年のリーマンショック時には、株はもちろんのこと為替相場も大きく変動しました。急激な暴落により財産のすべてを失ってしまった方や借金を背負ってしまった方を多く出しました。

投資は自己責任と言いますが、まさにその通りです。いざというとき、取り返しのつかない事態にならないように、FXを始める前にリスクをきちんと理解し、最悪の場合を想定して100%確実に借金にならないように運用することが大切です。

FXの知っておくべきリスクとは?

utusikumi

FXの最低限知っておくべきリスクを説明していきます。これさえ知っておけば、どれだけ急激な相場変動があったとしても、借金を背負うことはなくなりますので、非常に重要です。

レバレッジを高くする

FXでは、レバレッジをかけることができます。レバレッジとは、ある資金(証拠金という)を元手にして、取引業者から資金を借りられる仕組みのことです。

現在、日本では個人の場合、25倍までレバレッジをかけることができます。例えば、あなたが100万円の証拠金を取引業者の口座に預けた場合、最大で100万円×25=2500万円の取引を行うことができます。法人の場合は最大で200倍までです。

ちなみに、海外のFX取引業者ではレバレッジを999倍までできるところもあります。

少ない資金で大きな金額を動かせるため、非常に利益率を高められます。逆に、損益額も高められるため、一瞬で財産を失う可能性もあります。

取引会社によって違いますが、証拠金が一定の割合(例えば30%)を下回ると借金をしないように自動で強制ロスカットされます。強制ロスカットされると、すべての保有しているポジションが取引業者によって強制的に決済されます。

このようにFXでは借金を背負わないようにするための仕組みがあります。しかし、リーマンショックや東日本大震災、スイスフランショックの時のように、相場が急激に変動する場合は借金を背負う可能性があります。

例えば、100万円を証拠金として、1ドル=100円のドル円を10万通貨購入していたとします。しかし、アメリカに大災害が起こり、急激な円高が進み、一気に1ドル80円に下がったところで強制ロスカットとなりました。

-20円の売買差ですので、-200万円となります。証拠金は100万円しかありませんので、残り100万円は追加の証拠金として取引会社に支払わなければならない借金となります。

このように、あまりレバレッジをかけ過ぎると、急激な相場の変動により強制ロスカットの仕組みがうまく働かず、借金を背負う可能性があることは肝に銘じておきましょう。

私個人としては、レバレッジは1~5倍までに抑えておくことをおススメします。

FXトレーダーの9割は負けている

ネット上では「数十万円の資金を1か月で数千万円にした」といったような眉つばものの成功例が多く報告されています。しかし、実際にFXトレーダーとして勝てている人は全体の1割もいないと言われています。つまり、残り9割のFXトレーダーは負けて損をしているのです。

FX投資はそんな楽をして勝ち、お金を儲けられる世界ではありません。

FXのために借金をする

「そんなバカな!」と思う方もいるかもしれませんが、FXの投資資金を集めるために家族や友人、サラ金からお金を借りる方が実際にいます。

このような場合でも、FXで借金をすることになります。

FXで借金をしないための方法

gf0110043501w

FXで借金をしないための方法について説明します。これまで見たFXのリスクを回避すればいいので、ここまで読み進められた方はある程度、予想できるのではないでしょうか?

まず、FX自体をやらないことです。これが一番確実です。そもそもなぜ、自分がFXをやろうと思ったのかを考えてみてください。ネットの情報を見て、簡単に儲けられそうだからという理由で始めたのなら、損が大きくならないうちにFXをやめるべきです。

もしそれでもFXをやりたいのなら、余裕資金でやりましょう。生活費を削ったり、家族や友人、ましてやサラ金からお金を借りてまでFXをやろうと思わないでください。FXは9割の人が負ける世界です。

そして、レバレッジは低く設定するか、ゼロカットシステムを導入しているFX取引業者を利用しましょう。レバレッジは1倍なら借金をする可能性は100%ありません。どれだけ急激な為替変動でも、証拠金額以上の損をすることがないからです。

また、FX取引業者の中にはゼロカットシステムと呼ばれる制度を導入しているところがあります。ゼロカットシステムとは、証拠金以上の損失が生じた場合、取引業者がその損失額を補てんしてくれるシステムのことです。

つまり、どれだけ急激な為替変動が起ころうと、FX口座に入金した以上の損失は発生せず、借金を背負う可能性がありません。

ただし、ゼロカットシステムを導入しているFX取引業者は国内には今のところ存在しません。よって、海外のFX取引業者を利用する必要があります。しかし、確実に借金を背負うリスクを排除できるため、検討する価値はあると思います。

万が一、FXで莫大な借金をしてしまった場合

sihai

万が一、FXで莫大な借金を抱えてしまい、どうやってもその返済ができそうにない場合、どうすればいいのでしょうか?

一般的に返済できない借金の場合は自己破産を申請します。ところが、FXや株での借金の場合、「免責不許可事由」というものの一つとして、FXや株による借金は自己破産が認められないと定義されています。

しかし、実際には裁量免責制度というものによって、FXや株による借金の場合でも自己破産が適応されるケースは多くあるようです。

ですので、万が一、莫大な借金を背負ってしまった場合は、早めに弁護士や司法書士に連絡し、自己破産などの適切な解決策ができるようにしましょう。

※ギャンブルで作ってしまった借金もこちらで減らせます。

↓今の借金がなくなくなる場合もあります