借金する際にオススメの金融機関は?金利が安くて審査が簡単なのは?

世の中には銀行、消費者金融など様々な金融機関があります。それぞれ提供しているサービスには差があり、その中から最も自分にあった金融機関を見つけるのは簡単なことではありません。今回は借金をするのにオススメな金融機関の見分け方を紹介したいと思います。

必ず知名度の高い金融機関から借りよう

timeido

金融機関から借金をするときは、必ず知名度が高い金融機関から借りるようにしましょう。なぜかというと、知名度が高い金融機関が違法な営業をすることはまず無いからです。

世の中には違法な営業を行う金融機関、いわゆるヤミ金がありますが、ああした業者は全て無名の業者です。ヤミ金と関わってしまうリスクを避けるためにも、必ずTVなどでCMを見たことがある大手の金融機関から借りるようにしましょう。

なお、最近はヤミ金側も知恵がついてきており、あの手この手で利用者を騙そうとしてくるので注意が必要です。特に最近多いのが、大手の金融機関に似た名前をつけて、有名企業の関連企業を装うというやり方です。

なんだか聞いたことがあるようなないような金融機関を見つけた場合は、その場では借りずにとりあえず名前を検索してみましょう。悪評が多かったら、その金融機関からは借りないことです。

その金融機関がヤミ金かどうかを見分けるもっと確実な方法もあります。貸金業登録番号のチェックです。すべての貸金業者(消費者金融)は、営業をするにあたって国から許可を得る必要があります。

国から許可を得ている正規の貸金業者には、貸金業登録番号が与えられます。例えば、アコム株式会社の貸金業登録番号は「関東財務局長(11)第00022号」です。この番号がない金融機関は、100%ヤミ金です。

また、(11)は更新回数を表しています。数字が少なければ少ないほど更新回数が少ない、つまりは営業年数が短いということになります。(1)の金融機関は営業年数が3年未満と極めて短いので、ヤミ金の可能性が高いです。

もう一つチェックしたいのが電話番号です。貸金業者の窓口は必ず固定電話にしなければならないという決まりがあります。電話番号が090や080から始まっている金融機関は100%ヤミ金です。

金利が低いところから借りよう

kozeni

当たり前の話ですが、借金はなるべく金利が低いところから借りるべきです。何を当たり前の話を、と思われるかもしれませんが、実はこれをきちんと実行できていない人は少なくありません。

元本が少ない時は金利が多少高くても問題ありませんが、元本が大きくなる場合は金利ときちんと比較して、少しでも低いところから借りるべきです。

世の中の金融機関は概ね銀行と消費者金融に分類することができます。両者の違いはざっくり言えば、預金業務を行っているかどうかです。

銀行は預金を直接貸し出しているため、金利が低いです。一方、消費者金融は銀行から利子を付けて借りたお金に利子を付けて貸し出している(利子が2回載せられている)ため、金利が高いです。そのため、できるかぎり銀行で借りるようにした方がいいでしょう。

ただし、場合によっては消費者金融で借りたほうがいいこともあります。アコムをはじめとする大手消費者金融は、初回利用者を対象に金利を0%にするサービスを行っています。

金利0%の適用期間は消費者金融によって異なりますが、30日間にしているところが多いようです。銀行にはこうしたサービスはありません。

借り入れ元本が比較的大きく、なおかつまだ一度も消費者金融から借り入れをしたことがないという場合は、消費者金融から借りたほうが良いかもしれません。

また、同じ金融機関で同じ額を借りても、常に金利が同じになるとは限りません。例えば、アコムのカードローンの金利は以下のようになっています。

契約限度額貸付利率
501万円~800万円3.0~4.7%
301万円~500万円4.7~7.7%
100万円~300万円7.7%~15.0%
1万円~99万円7.7%~18.0%

 

例えば、契約限度額が150万円の時の貸付利率は7.7~15.0%となっています。随分幅がありますが、一体何%になるのでしょうか。原則として、初回の借入時には貸付利率は上限の数値、この場合は15.0%が採用されます。

その後返済と借り入れを繰り返して、実績を作っていくと金利が徐々に下がっていきます。非常に属性が良ければ最初から低い金利で借りられるのかもしれませんが、そうした実例はめったにありません。

なので例えば貸付利率が1.9~15.0%のカードローンと、4.0~12.0%のローンがあったとしたら、基本的には後者を利用した方がいいでしょう。上限金利が低いからです。何度も利用する気がある場合は前者でも良いですが……。

審査は簡単な方が良いけれど

simple

審査もできることなら簡単な方がいいですよね。しかし、困ったことに基本的に金利と審査は反比例の関係にあります。金利が低いところは審査が厳しく、審査が簡単なところは金利が高いのです。

よって基本的には、金利か審査の簡単さのどちらかを犠牲にしなければなりません。どちらを犠牲にするかはその人次第です。

基本的に銀行のほうが審査が厳しく、消費者金融の審査は比較的簡単です。一説によれば、銀行のカードローンの審査通過率は20~30%程度とされています。消費者金融がどこも40%を超えているのと比べると、ずいぶん低い数値です。

また審査時間も消費者金融は即日が多いのに対して、銀行は1週間程度時間がかかることが多います。簡単な審査を望むなら、消費者金融を選んだほうが良いでしょう。

で、結局オススメの金融機関はどこなの?

dokogaiino

なんだか前置きが長くなってしまいましたが、ここからがいよいよ本番です。

当サイトでは基本的に銀行をおすすめします。銀行の中でも特にオススメなのが都市銀行です。店舗が全国にあり、なおかつ信用度も高いので基本的にはここを選ぶようにしましょう。

メガバンクにもいろいろあるのですが、中でも一番いいのは三井住友銀行です。ここのカードローンは審査が最短で30分と短い上、即日で融資を受けることも可能です。

実質金利も4.0%~14.5%と他の金融機関と比べるとかなり低めに設定されており、どの観点から見ても非常に優秀です。唯一の欠点は審査が比較的厳しいことですが、そのあたりは自分の属性を上げる事で乗り切りましょう。

消費者金融の中では、プロミスをおすすめします。身分証明書のみで借りられるので、審査に手間がかかりません。最短1時間で融資を受けられるのも非常に便利です。

実質年利は4.5%~17.8%と三井住友銀行に比べればだいぶ高いですが、他の消費者金融よりは低めです。消費者金融は基本的にここ一択と言っても過言ではないでしょう。

安易な借り入れは慎もう

ani

どこから借りるにしろ、安易な借り入れは慎みましょう。無計画な借金はあなたの人生を大きく狂わせることになります。借りる前にかならず返済計画を経て、それが実行可能なものであるか確認をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました