カードローンの在籍確認は派遣でも通る?

カードローンの在籍確認では、職場に直接電話をかけて、申込みをした本人が在籍しているのかどうかを確認します。

派遣社員の場合でも、基本的には問題なく在籍確認をクリアできますが、場合によってはどうしてもクリアできないこともあるようです。

ここでは、カードローンの在籍確認を派遣社員が通過する方法を紹介します。

カードローンの在籍確認の方法

カードローンの在籍確認では、職場に直接電話をかけるという方法がとられます。

銀行の場合には、「○○銀行の○○ですが、○○さんはいらっしゃいますか?」というように、銀行名が名乗られることが多いようです。

消費者金融や信販会社の場合には、「○○と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」というように、担当者の個人名を名乗ることが多いようです。

消費者金融の場合には、会社名を名乗るとキャッシングの審査であると疑われてしまう可能性が高いので、個人名が名乗られるという配慮がされているのでしょう。

派遣社員でも在籍確認がクリアできる

基本的には、派遣社員でも在籍確認はクリアできます

派遣社員の人は、「A派遣会社に所属していて、B株式会社に勤務している」というように、所属している会社と勤務先が異なります。

A派遣会社に所属をしていますので、給料は派遣会社から支払われますし、社会保険などの手続きも派遣会社ですることになります。

しかし、カードローンに申込みをする時には、勤務先の会社名、住所と電話番号を書くのが一般的です。

雇用形態には「派遣」と記入するので、派遣であることはわかります。

勤務先に電話がかかっても大丈夫?

派遣社員の場合は、あくまで派遣会社に所属をしており、勤務先の社員ではないので、電話がかけられてしまっても大丈夫なのか?という疑問を持つ人もいるようです。

しかし、基本的には、勤務先に「山田太郎さんはいらっしゃいますか?」といった電話がかけられるくらいならば、特に問題はありません。

自分で電話にでなくても、「山田太郎は現在、外に出ています。」といった回答があれば、山田太郎という人物がその会社で働いているということがわかるので、そこで電話が切られても、在籍確認はクリアとなります。

在籍を確認することだけが目的なので、それ以上なにかを聞かれることはありません。

電話を受けた事務員がベテランの人ならば、「クレジットカードもしくはカードローンの在籍確認の電話だな。」と気づいてうまく対応してくれるでしょう。

1回や2回くらいなら電話がかかってきても悪いイメージを持たれることはないはずです。

しかし、何回もそのような電話がかかってくると、「よほどお金に困っているのだろうか。」などと心配されてしまうことはあるかもしれません。

カードローンへの申込みをするたびに、職場へ電話が行くことになるので、怪しまれたくない人は、なるべく申込みをする会社は月に1社~2社くらいにしておくのが無難でしょう。

また、クレジットカードやカードローンに申込みをしただけでも、申込みの記録が信用情報に残ってしまうという問題もあります。

稀に、在籍確認がクリアできないこともある!?

派遣社員であっても、基本的には企業は電話をつないでくれるはずです。

しかし、アルバイトや派遣社員の人数が多く、事務員の人に名前を覚えられていないといったケースでは、「山田太郎はうちの社員ではありません。」といった返答をされてしまうこともあるようです。

あまりないケースではありますが、そのような場合には、どうやっても在籍確認をクリアできないかもしれません。

1つの解決策として、派遣会社の担当者にお願いをして、派遣会社で電話を受けてもらうという方法があります。

所属している派遣会社の支店の住所と電話番号を申込みフォームの勤務先欄に書いておき、支店の事務員の人が「山田太郎は現在仕事中です。」などと応えてくれたら、在籍確認はクリアできます。

派遣先の情報を書くのが基本

基本的には、派遣元の会社ではなく、派遣先の会社の電話番号を書くようにしましょう。

日雇い派遣などで、頻繁に勤務先が変わるといったケースでも、やはり勤務先の情報を書くべきです。

派遣会社は、プライバシー保護の事情などから、在籍確認の電話に応じないことも多いからです。

もしも、やむを得ない事情で派遣元の電話番号を書く場合には、事前に派遣会社の担当者に相談をしておきましょう。

在籍確認を免除してもらう方法ってあるの?

カードローンでは在籍確認は必ずありますが、会社に電話をしないでもらえる方法というものは存在します。

在籍確認というのは、あくまでその会社に在籍をしているということを確認するものですので、職場に電話をしなくても、その人が本当にその職場で働いているということが証明できれば良いのです。

その方法として、

・社員証を提出する

・給料明細を提出する

・社会保険の健康保険証を提出する

といった方法があります。

社員証は公的なものではありませんので、身分証明としては使えませんが、在籍確認では使えることもあるようです。

給料明細は、直近に発行されたものならば、在籍証明に使えることがあります。しかし、5月に退職をした場合でも、6月に5月分の給料明細が発行されるというように、退職をした後も発行されるものなので、100%ではありません。

社会保険証は、原則として退職と同時に返還をしなければならないので、この中では一番会社への在籍を証明する書類として価値があります。公務員の場合には組合保険証になります。

在籍確認を免除してもらえる貸金業者は?

公式ホームページで、在籍確認がないことを明記されている貸金業者としては、モビットがあります。

モビットのWEB完結なら在籍確認なし!

モビットのWEB完結に申し込みをするための条件は、次の4点です。

1.三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を保有していること。
2.運転免許証もしくはパスポートの写しを提出できること。
3.収入証明書(源泉徴収票など)を提出できること。
4.社会保険証もしくは組合保険証、直近1か月分の給与明細書を提出できること。

これらの条件を満たしていれば、在籍確認なしで借りられることが公式ホームページで明記されています。

会社への在籍を証明するための給与明細書は1か月分で足りますが、収入証明としての給与明細書は直近2か月分が必要となることには注意が必要です。

プロミスでも可能?

プロミスでは、公式ホームページで明記されているわけではありませんが、在籍確認を免除してもらう方法があるようです。

・社会保険証もしくは組合保険証、直近1か月分の給与明細書

を用意できれば、プロミスでは在籍確認を免除してもらえるという口コミがあります。公式ホームページに明記されているわけではないので、100%ではありませんが、たくさんのサイトで紹介されていますので、ある程度は信憑性のある情報です。

アコムでも目的が達成できるケースも

アコムでは、原則として必ず在籍確認はあるようです。しかし、目的によってはアコムも選択肢に入ります。

その目的とは、「土日祝日なので会社に電話がつながらない。しかし、なんとか土日にお金を借りたい。」というものです。

アコムでは、土日祝日で会社に電話がつながらない場合には、仮の限度額10万円を設定して、お金を貸してくれるケースがあるようです。

この場合、在籍確認が免除されるわけではなく、翌平日に在籍確認が行われて、それにクリアすれば、本来の限度額まで増額されます。

土日祝日に会社に電話がつながらない

仮の限度額10万円が設定されて、10万円までなら即日融資を受けられる。

月曜日に在籍確認が行われて、クリアしたら限度額30万円まで増額された。

といった流れになります。