お金持ちになりたいなら投資で稼ぐ!職業に関わらずに稼げる

お金持ちになりたいなら、給料の高い職業に就くというのが、一番確実な方法です。

しかし、大人になってからもっと良い職業に就けばよかったと後悔しても、後になってから人気の職業に転職をすることは、かなり難しいです。

そこでおすすめなのが、投資で稼ぐという方法になります。人生を一発大逆転させるなら、投資という方法しかないかもしれません。

新卒採用を逃してもチャンスがある?

お金持ちになりたいなら、良い大学へ行って、新卒採用を利用して大手企業もしくは優良企業へ就職するというルートが一番の方法であると考えている人は多いでしょう。

その後も順調にキャリアアップしていけば、早ければ20代の後半くらいで年収1000万円を実現できることもあるようです。

安定した収入を得たい人は、公務員が良いと言われています。公務員の場合、初任給は大卒でも20万円前後となりますが、40代、50代の頃には年収が700万円、800万円くらいになっていることが多いようです。

キャリア官僚なら、公務員でも40代で年収が1000万円を超えることもあります。一般的な地方公務員の場合、50代でも年収が600万円~700万円くらいと言われていますので、同じ公務員でも出世できるかどうかによって大きく差が出ます。

新卒採用を逃すとドロップアウトなのか?

日本では、高校もしくは大学を出て、新卒採用で企業に正社員として採用され、その後もずっと1つの会社で働くというルートが一般的です。

たくさんの人たちがそのルートをとって出世をしていくので、新卒採用で正社員になれなかった人は、あたかもドロップアウトをしたかのように扱われてしまうこともあります。

新卒採用はとても優遇されている

企業の立場になって考えてみればわかりますが、未経験で採用された新人がいきなり企業の利益に貢献できるというケースは稀です。

ケースバイケースですが、企業の利益に貢献できるようになるのは、2年~3年くらいは経験を積んでからになります。

それまでの間は、お荷物的な存在であり、企業が時間とお金をかけて、新人を育てていきます。

企業の利益に大きく貢献できるようなベテランの社員が新人の育成に時間と労力を費やすことも多いので、企業の損失はそれなりに大きいです。

せっかく育成した新人が、2年~3年くらいで辞めてしまうと、企業はとても大きな損失を被ると言われているのは、そのためです。

企業がリスクをかけて新人を採用してくれるのは、新卒採用というイベントのみであると考えている人も多いです。

最近では少子高齢化の影響などで、若い人材が不足しており、第二新卒も注目されています。

しかし、中途採用で未経験の人を採用するという企業は少なく、中途採用ではすでに一定のスキルと経験を持ち、即戦力となれる人が採用される傾向があります。

企業が時間とお金をたっぷりかけて未経験の新人を育成してくれる、新卒採用というイベントは、人生で一度きりのものです。このチャンスを逃してしまうとドロップアウトしたかのように扱われてしまうのには、それなりの理由があるようです。

正社員でも給料が低い?

正社員になれても、中小企業で働いている人などは給料に不満を持っている人も多いです。

ボーナスについても、大企業の平均値は2.5か月分と言われていますが、中小企業で働いている人のボーナスの平均は1ヵ月分です。

正社員でもボーナスが支給されないというケースもそれなりにあるようです。

日本の企業の99%以上は中小企業なので、ゼロ~1か月分くらいのボーナスしかもらっていないということです。

仕事に不満はないが、給料が低いので、「職業選びで失敗したかな?」と時々考えてしまうという人はそれなりに多いようです。

安易に転職はしないほうが良い

給料が低いことに不満を持っていても、安易に転職をしてはいけません。

転職をしたら、それまで積み重ねてきた経験やスキルがリセットされてしまうことがあります。

その職種でしか活かせないスキルや経験
社内でのノウハウや人脈

などは、転職をするとリセットされてしまう傾向があります。

社会人としての常識・マナー
部下を育成・指導するスキル
リーダーシップ
コミュニケーション能力
状況把握能力、実行力、協調性、アイデア力、思考力、性格的魅力、行動力など

などは、転職をしても活かせるスキルです。転職をしても活かせるようなスキルをたくさん持っている人は、転職の幅が広がります。

お金持ちになりたいなら投資で稼ぐ

人生を大逆転させたいなら、会社員・サラリーマンの仕事とは別に、自分で副業・投資をして稼ぐという方法があります。投資には、株式投資、不動産投資、FX、先物投資、投資信託など、さまざまな種類があります。

うまく収入をアップさせることができたら、起業をするという道もあります。法人を設立すれば、税金を節約することができます。一般的には、1,000万円以上を稼げるようになったら、法人を設立したほうが得をすると言われています。

インターネットのサイトなどを見て、うまく情報収集をしましょう。

投資で稼ぐ方法

FXや先物投資では、基本的には50%の確率で勝てるはずです。しかし、負けている投資家のほうが多いという意見が多いのは、なぜでしょうか?

かけ金を増やしてはいけない?

FXや先物投資で負ける人が多いのは、欲を出してしまって、かけ金をどんどん増やしていってしまうことが原因かもしれません。

勝率は基本的に50%なので、どんどんかけ金を増やしていってしまうと、どこかのタイミングで負けて、資金が一気にゼロになってしまいます。

勝ったとしても、かけ金は増やさないことが負けないためのコツです。

例えば、FXで10万円の資金を100万円まで増やせたとしても、100万円を全て投資することはせず、最初と同じ10万円だけを投資するようにしておけば、負けるリスクをかなり減らせます。

しかし、億万長者を夢見ているなら、リスクをかけなければ短期間で稼ぐことはできません。夢のためにどれだけのリスクをかけるのか、うまくバランスを調節しましょう。

負けている人のほうが多いと言われているものの、一部の人は大儲けをしているのも事実です。パチンコや競馬に比べると、億万長者になれる可能性は高いのではないでしょうか。

リスクとリターンを調節する

FXでは、レバレッジを最大で25倍まで上げることができます。海外FXなら、レバレッジを最大で800倍くらいまで設定できる業者も存在しています。

アパート・マンション経営でも、不動産投資ローンを利用することで、レバレッジをかけられます。

レバレッジを大きく設定するほど、リスクは上がりますが、勝った時のリターンも大きくなります。

リスクとリターンをうまく調節するということが、投資を成功させるための鍵を握ります。

最初のうちは経験を積むことを重視して、ローリスク・ローリターンの投資から始めてみることがおすすめです。

職業に関わらずに稼げる

FXや株式投資では口座開設の審査がありますが、基本的には働いている人なら審査には通ります。アルバイトや専業主婦でも口座開設の審査に通ったという口コミがあります。

不動産投資では年収の条件がある?

アパートやマンションを一括で購入してしまえるのなら、無職の人でも不動産投資を始めることができますが、不動産を一括で購入してしまえるだけの資産を持っている人は少ないでしょう。

多くの人は、不動産投資ローンを組んで収益物件を購入することになりますが、審査はかなり厳しいです。年収は最低でも450万円は必要になるでしょう。

オリックス銀行の不動産投資ローンでは、「セレクトコース」では年収700万円、「プレミアムコース」では年収1,000万円という厳しい条件がついています。

経験を積むほどチャンスが広がる

投資・資産運用では、経験を積み、知識を増やしていくほどチャンスが広がっていきます。

投資で意外に重要になるのが、「なにもしない」ということです。

「勝てない」と思ったタイミングでは、なにもしないという選択肢をとることが、負けないためのコツです。

例えば、FXをやっていて「今は勝てない」と思ったら、なにもしないという選択肢をとり、状況を見ながら株式投資などの他の投資に目を向けてみましょう。

複数の投資の経験を積んでおくことも、チャンスをつかむ確率を上げることにつながります。

タイトルとURLをコピーしました