短期~中期でお金を稼ぐ!簡単にできる方法を紹介

欲しいものがあって、1ヶ月以内にどうしてもお金が欲しい。

簡単にお金を稼ぐ方法があったら・・・・。

そのような悩みを持っている人に簡単にできるお金稼ぎの方法を紹介します。

クラウドソーシングならすぐにお金が手に入るの?

クラウドソーシングってなに?

クラウドソーシングという言葉は、まだそれほど知名度が高くはないようですが、今後ますます利用者数が増えていく可能性が高いと見られています。

クラウドソーシングはcrowdsourcingと書きます。crowdは群集という意味を持ちます。sourcingは業務委託といった意味を持ちます。

直訳すると、群集(不特定多数の人)に対して業務委託をするという意味になります。

アウトソーシングとの違い

アウトソーシングも同じソーシングという言葉が含まれています。アウトソーシングでは外部の専門業者などと対面による交渉で依頼することが多いです。

クラウドソーシングでは不特定多数の相手を対象に仕事の募集をし、インターネット上で契約から報酬の支払いまでが完結してしまうという部分で異なります。

クラウドサービスの「クラウド」とは違うの?

なお、クラウドサービスという言葉もよく見かけるようになりました。こちらは、雲という意味を持つクラウド(cloud)という単語が使われているので、同じクラウドという言葉でも意味が違います。

しかし、クラウドソーシングのクラウドには群集の意味を持つcrowdと雲という意味を持つcloudの両方がかけられているという意見もあり、全くの無関係というわけでもないようです。

クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法

クラウドソーシングでお金を稼ぐためには、まずは登録をする必要があります。サイトにもよりますが、18歳以上の人なら基本的には問題なく登録ができるはずです。

免許証などの本人確認は必要なく、メールアドレスのみで登録ができます。出金をするためには本人名義の銀行口座が必要になります。

ランサーズ
クラウドワークス
ショフシティ
Bizseek
ココナラ
サグーワークス
shinobiライティング

などが有名なクラウドソーシングサイトとなります。

この中でも最大手なのがランサーズ、2番手がクラウドワークスとなるようです。

楽天銀行口座を持っていると安心

ランサーズやクラウドワークスで出金をするためには手数料がかかります。

・ランサーズ・・・振込手数料が500円(楽天銀行なら100円)

・クラウドワークス・・・振込手数料が500円(楽天銀行なら100円)

というようになっているので、楽天銀行の口座を持っていると毎月振込手数料が400円節約できます。

月に2回報酬が支払われる?

報酬の支払いのタイミングについては必ずチェックしておきましょう。

・ランサーズ・・・15日締め当月末、月末締め翌月15日支払い

・クラウドワークス・・・報酬確定後15日、月末の月2回の締日。それぞれ当月末、翌月15日に振込み。

となっています。

表現方法が異なるものの、どちらも月に2回支払日があり、

報酬額が15日に確定、月末に支払われる
報酬額が月末に確定、翌月15日に支払われる

ということです。

最低出金額

どちらも最低出金金額は1,000円となっています。

報酬が1,000円になったところで楽天銀行以外の口座へ出金依頼をしてしまうと、振込手数料の500円が引かれて500円しか振り込まれないということに注意です。

楽天銀行への出金ならば手数料は100円ですみますので、報酬が1,000円でも900円が振り込まれます。

それでも手数料として1割も引かれてしまうのは痛いので、最低でも5,000円くらいは貯まってから出金依頼をすることがおすすめです。

出金方式として、「

すぐに出金をしたいという場合

どうしてもすぐにお金が必要だという人は、クラウドワークスのほうがおすすめです。

クラウドワークスでは、「クイック出金」というサービスがあります。クイック出金の特徴は次のようになっています。

申請後3営業日以内に報酬が受け取れる
クイック出金利用料として出金額の3.5%が引かれる
クイック出金利用料の他に別途振込手数料が発生
未出金報酬額が520円以上で利用可能

例えば、未出金報酬額が10,000円ある場合なら、

振込手数料500円(楽天銀行なら100円)

クイック出金利用料として10,000円×3.5%=350円

が引かれて申請後3営業日以内に口座に振り込まれます。

クイック出金利用料は得なのか?

実は、クイック出金利用料が出金額の3.5%かかるというのは、かなりのコストです。

クレジットカードのキャッシングや消費者金融カードローンでは一般的に年18.0%の金利がかかります。

しかし、年18%ということは、1万円を15日間だけ借りたとしても

1万円×年18%÷365日×15日=約74円

しかかかりません。

キャッシング機能付きのクレジットカードを持っている人ならキャッシングを利用したほうがお得です。

大手の消費者金融なら最短即日で融資を受けられるので、すぐに借りたい人は大手の消費者金融でお金を借りたほうが得をします。

大手の消費者金融の審査に通らないといった事情がある人などは、クイック出金を利用しましょう。

気になる仕事内容

クラウドソーシングで簡単にお金を稼げるとはいっても、仕事内容が自分にできるものでなければ意味がありません。

気になる仕事内容は、

システム開発・運用
ウェブ制作・デザイン
ライティング・ネーミング
タスク・作業

などとなっています。システム開発・運用やウェブ制作・デザインの仕事をするためには専門的な知識や経験が必要になります。

ライティング・ネーミングやタスク・作業ならば基本的にはだれでもこなせるものです。

特に、ライティングによる記事作成は仕事をしながら知識も増えていくのでおすすめです。わからないことがあれば、インターネットで調べながら記事を書きましょう。

投資で稼ぐ!ビットコインが人気上昇中?

2017年はビットコインが流行?

リスクはあるものの、短期間で大きな利益を出せる可能性があるのが投資です。

株式投資、FX、先物取引などが代表的なものです。

2017年にはビットコインで大儲けをした人がたくさんいたようです。

ここでは、新しい投資方法として注目されているビットコインで稼ぐ方法について紹介をします。

まずは取引所でアカウントを開設する

ビットコインに投資をするためには、取引所でアカウントを開設する必要があります。

ビットフライヤー
コインチェック
Zaif
GMOコイン

などが大手で有名な国内取引所です。

日本は法律が厳しく、取引所は登録制となっています。

逆に言えば、金融庁から許可をもらった会社だけが仮想通貨取引所を営業しているということなので、安心・信頼ができます。

トレード手数料、日本円出金手数料などが比較ポイントとなりますが、最終的には利用をしてみなければ正確な使いやすさはわかりません。

初心者の人はとりあえず大手の取引所で2つ~3つくらいアカウントを開設してみるのがよいでしょう。

トレードで稼ぐ?長期保有で稼ぐ?

ビットコインの価値は長期的には上昇しています。あくまで過去のチャートの傾向ですが、購入をしてただ保有をしておくだけでも利益を出すことができています。

将来のことはだれにもわかりませんので、リスクもあるということを理解しておきましょう。

すぐにお金が欲しいという人は、リスクもありますがトレードで稼ぐことになるでしょう。

基本的には、

ビットコインが安いときに購入する
ビットコインの価値が上がったら売却する

ということを繰り返すだけで利益を出せます。

お金がないという人は、レバレッジをかけて取引をするという方法もあります。

レバレッジをかけることで、手持ちのお金よりもはるかに大きな金額の取引をすることができます。

しかし、レバレッジをかけるとリスクも上がるので、生活費などの大切なお金はかけないようにしておきましょう。

出金までにかかる日数

ビットコインでうまく稼ぐことができたとして、銀行出金をして実際にお金が振り込まれるまでの日数はどうなっているでしょうか?

取引所にもよりますが、一般的には出金申請をしてから3営業日程度が目安となっています。

土日や祝日は営業をしていないので、土日をはさむと5日以上かかることもあります。

出金をするためには本人確認が必須です。さらに、銀行口座の登録に3営業日程度かかることがあります。

すぐにお金が必要だという人は、あらかじめ本人確認と銀行口座の登録はすませておきましょう。

短期アルバイトをするのが一番確実?

一番確実なお金の稼ぎ方は?

クラウドソーシングは比較的だれにでもできるとはいっても、向き・不向きがあります。慣れないうちは「1時間作業をしたのに100円くらいしか稼げなかった」ということなどもあるようです。

ビットコイン投資では手持ちの資産を2倍、3倍に増やしていける可能性がありますが、リスクもあります。2017年には市場が盛り上がりましたが、バブルという声もあり、いつ暴落をするかわかりません。

アフィリエイト、転売ビジネス、その他のネットビジネスは安定して収入を得られるようになるまで時間がかかる傾向です。

ポイントサイトは一時的には有効?

ポイントサイトに登録をしてクレジットカードを作成したり、FXの口座を作成したりしてポイントをもらうという方法はよく紹介されています。

これは一時的には数万円のお金を得られる可能性がある方法です。しかし、基本的に一度しか使えないやり方です。

クレジットカードを何枚も申し込みしていると信用情報が申込みブラックになってしまうこともあるので注意しておきましょう。

やはり一番確実にお金を稼ぐなら、短期アルバイトとなるでしょう。

建設現場での短期アルバイト

建設現場の短期アルバイトは、体力がある人におすすめです。

とある企業で正社員として働いているが、借金を返すために土日だけ建設現場で働いているという人もいます。

建設現場の仕事は現場ごとに給料が支払われます。1日に何箇所もの建設現場を回って稼ぐということも可能です。

・9時~15時までA現場で働く。9,000円の給料をもらう。

・16時~20時までB現場で働く。9,000円の給料をもらう。

といったことも可能ということです。建設現場での仕事は予定よりも早く終わることがありますが、早く終わったとしてもあらかじめ契約されていた給料がもらえます。

1現場9,000円という契約だったら、2時間で作業が終わったとしても9,000円が支給されるということです。

アルバイトが一番確実

ネット副業は自宅で無料ではじめられる方法ですが、確実にお金を増やせる方法ではありません。

労働基準法も適用されず、最低賃金の保証もありません。「1時間働いたら最低でも700円はもらえる」といったような保証がないということです。

建設現場や工場での短期アルバイトのほうが、短期で確実にお金を稼ぐことができます

若くて魅力的な人ならば、チャットレディや出張ホストという選択肢などもあります。

タイトルとURLをコピーしました