カードローンは銀行系を比較しよう!お得な商品選びのポイント

カードローンを選ぶなら、銀行系がおすすめです。

銀行系カードローンと言っても、非常に数が多いので、どの商品が一番良いのか悩むことでしょう。

この記事などを参考にして、賢い銀行系カードローン選びを行ってください。

銀行系カードローンの特徴

カードローンには、大きく分けると銀行系、信販会社系、消費者金融系の3つに分類されます。しかし、その区別はそれほど厳密にされているわけではないようです。

銀行系カードローン=銀行カードローンではないの?

銀行系カードローンには、もちろん、銀行カードローンが含まれますが、信用金庫や労金のカードローンもこれに含まれることが多いようです。

また、アコムやプロミスなどは消費者金融系に分類されますが、銀行系カードローンと呼ばれることもあります。

アコム・・・三菱東京UFJフィナンシャル・グループ
プロミス・・・三井住友フィナンシャルグループ
モビット・・・三井住友銀行グループ

というように、大手の消費者金融の多くは銀行系グループに属しています。この意味で、大手の消費者金融のカードローンも銀行系と呼ばれることがあります。

アイフルは大手の消費者金融の中でも、唯一どこの銀行グループにも属していない、純粋な消費者金融です。

金利が低い

銀行系カードローンの一番の特徴が、金利が低いということでしょう。

メガバンク、都市銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫などの金融機関によって、それぞれ特徴があることには注意をしておきましょう。

地方銀行よりもメガバンクや都市銀行のほうが好条件のカードローンが用意されているというイメージがありますが、必ずしもそのような法則があるわけではありません。地方銀行でも、とても金利が低いカードローンを用意しているところもあります。

住宅ローンのイメージから、ネット銀行は金利が低いというイメージを持っている人は多いと思います。しかし、カードローンについては、ネット銀行が必ずしも店舗側の金融機関に比べて金利が低いとは限りません。

また、新生銀行カードローン「レイク」や、プロミス、アコムなどの消費者金融では、金利が高めになっていることにも注意が必要です。

総量規制の対象外

銀行はもちろん、信用金庫のカードローンについても、総量規制の対象外です。すなわち、年収の3分の1を超える融資も受けられます。

銀行・・・銀行法
信用金庫・・・信用金庫法
消費者金融、信販会社のカードローン・・・貸金業法

という法律がそれぞれ適用されます。クレジットカードのショッピング枠については貸金業法は適用されませんが、キャッシング枠については貸金業法が適用されることには注意が必要です。

提携ATMの数が多い

コンビニATMが普及している現在では、これはあまり大きなメリットとはならないかもしれませんが、提携ATMの数が多いということも特徴です。

また、銀行グループのATMを利用すれば、ATM手数料が無料になることも多いです。

モビット・・・三井住友銀行のATM手数料無料
アコム・・・アコムのATM手数料無料
プロミス・・・プロミスの専用ATM、三井住友銀行のATM手数料無料
アイフル・・・アイフルATMの手数料無料

というように、どこの銀行グループにも属していないアイフルは、アイフルATMを利用しないと手数料がかかります。

とはいえ、銀行振込みで融資を受けて、口座からの自動振り替えやインターネットバンキングで返済をする人にとっては、これはあまり関係のないことでしょう。

頻繁に利用をする人は、ATM手数料は重要ですので、カードローンを契約するときに必ず確認をしておきましょう。

銀行系カードローンはどこが一番良い?

銀行系カードローンを選ぶときに、チェックしておきたいのが、新しいサービスが登場した金融機関です。

2016年夏頃から金利の引き下げを行う金融機関が増加中

特に、金利が引き下げられたカードローンについては要チェックです。

例えば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」では、年利4.6%~14.6%という金利だったのが、2016年7月から年利1.8%~14.6%という新金利が適用されました。

その影響もあってか、業界最低水準の金利で有名だったオリックス銀行カードローンも、2016年12月に金利の引き下げを行い、年利1.7%~17.8%になりました。

その他、住信SBIネット銀行のカードローン「MR.カードローン」、楽天銀行スーパーローン、みずほ銀行カードローンなども金利の引き下げを行っています。

今後、金利の引き下げを行う銀行カードローンはさらに増えていくと予想されます。

ATM手数料は意外と重要?

カードローンをどういった方法で利用をするのかにもよりますが、ATMを利用して頻繁に借入と返済を行う方なら、手数料がとても重要になります。

楽天銀行スーパーローン、ジャパンネット銀行カードローンなどのネット銀行のカードローンは、基本的にATM手数料が無料となっていることが多いです。

新生銀行カードローン「レイク」についても、金利は消費者金融並みに高いですが、ATM手数料が完全無料というメリットがあります。

給料日前に1万円~5万円程度を借りて、給料日にすぐに返済をしてしまう場合なら、利息よりも手数料の負担のほうが大きくなるでしょう。

毎月借入と返済でATM手数料が108円かかるとすると、

108円×2回(借入と返済)×12ヶ月=2,592円

という年間負担となります。これが10年続けば、25,920円という負担になりますので、バカにできませんね。

無利息期間の有無

無利息期間のサービスとしては、30日間無利息」というサービスが有名です。

銀行カードローンの場合、利息キャッシュバックというサービスになっていることがあります。

例えば、とある銀行カードローンでは、3ヶ月間利息キャッシュバックキャンペーンというものをやっており、「3月1日~5月31日までの間にかかった利息を全額キャッシュバックします」というサービスをやっていた時期がありました。

無利息サービスと利息キャッシュバックサービスは実質的にはほぼ同じものですが、最初から利息がかからないのか、一時的に利息は支払うが、後から支払った利息が口座にキャッシュバックされるという違いがあります。

新生カードローン「レイク」では、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」という2つのサービスのうちどちらか好きなほうを選べるようになっています。

金利が低いことが一番重要?

長期的にカードローンを利用する場合や、高額な融資を受ける場合には、金利が一番重要になるでしょう。

銀行系カードローンの金利は、基本的には公式サイトの商品説明ページに記載されている通りですが、一定の条件を満たせば優遇金利を受けられることもあります。

・給料の振込口座に指定している

・住宅ローンを契約している

・投資信託を利用している

・取引年数が5年以上

・貯金が2000万円以上ある

といった条件を満たしていると、優遇金利が適用されることがあります。特に地方銀行では、ポイント制度などが採用されており、その銀行との取引が多いほど、優遇される傾向があります。

銀行系カードローンの審査基準

銀行系カードローンは審査に通りやすいという意見と、逆に通りにくいという意見がありますが、ケースバイケースです。

ネット銀行の住宅ローンは審査が厳しいことで有名ですが、カードローンの場合には新規顧客の獲得に力を入れているため、審査に通りやすいという口コミなどもあります。

一般的には、

銀行カードローン>信販系カードローン>消費者金融

の順で審査基準が緩やかになっていくと言われていますが、同じ銀行カードローンでも審査基準は銀行によって異なるので、1社に落ちただけで諦めるのは早いかもしれません。

審査で重要になる項目としては

年収、勤続年数、勤務先情報、勤務形態、年齢、他社借入、個人信用情報、居住形態

などが代表的です。このうち、年収を重視するところ、個人信用情報を重視するところなど、どの項目を重視するのかは金融機関によってさまざまです。

地方銀行や信用金庫では、申し込みの資格として、「過去1年以内に延滞がないこと」という条件がついていることが多いので、個人信用情報を重視していることが伺えます。

必ずシミュレーションを行いましょう

カードローンで失敗してしまう人の多くは、しっかりとシミュレーションを行ってから借入をしていないことが原因です。

金利が1.0%程度の住宅ローンでも破綻をしてしまう人はいます。

金利が低いと言われている銀行カードローンでも金利は14.0%~14.8%程度になることが多いです。

審査に通ったからと安心するのではなく、しっかりとシミュレーションを行って、余裕を持って返済できる金額を借りましょう。限度額いっぱいまで借入する時には特に慎重になりましょう。

タイトルとURLをコピーしました