ドロップシッピングサイト徹底比較!本当に儲からないのか調べてみた

ドロップシッピングは、ネット環境があればすぐに始められるビジネスのひとつ。在宅で出来る仕事を探していると、必ずと言って良いほどドロップシッピングに関する記事が見つかります。

ですが、儲からないという意見が多いことから、興味はあってもやってみようとまでは思えない人もたくさんいるのではないでしょうか。

ここでは、ドロップシッピングの特徴や有名なサイトを紹介していきますので、やってみたいと思えるお仕事かどうか検討してみてください。

ドロップシッピングとはどのようなものか

何か副業を始めてみようかと、ネットで色々と方法を調べていると、出てくるのがドロップシッピングです。

他のもの以上に言葉から意味を推測しづらいところですが、ドロップシッピングを一言で説明するなら「仕入れ・発注なしのネットショップ」と言えるでしょう。

アフィリエイトと似ていますが、アフィリエイトはブログやサイトに広告を貼って商品へ誘導する一方でこちらはネットショップそのものを運営します。

ドロップシッピングのメリットは主に2つあると考えられます。

まずは作業時間にとらわれず収入を得られること。

例えば内職や在宅のライターなどは仕事をした分の報酬が入りますが、ネットショップの場合は自分が作業していない時でも売れればお金になるネットビジネスです。

次に、在庫を抱える心配がないことも大きなメリットです。

ドロップシッピングとは「直送」という意味なのですが、ショップで決済があった時そのデータがドロップシッピング会社や製造者に通知され、製造者がオンデマンドで発送します。顧客の個人情報の管理も不要です。

ちなみに、Tシャツのデザインをしてオリジナル商品を販売するという「オリジナル型ドロップシッピング」という方法もあります。

いずれも、お店を構えても商品を仕入れる必要がない中で、商品販売を行えるということです。

しかもオンラインショップの運営方法は、ドロップシッピングサービスを行う会社が協力してくれるのでとても簡単です。

このように気軽に始められて、リスクが少なそうなドロップシッピングですが、ネット上では稼げない、詐欺だという情報も見かけます。それはどうしてでしょうか?

第一に、ドロップシッピングで稼げない理由として集客が難しいことがあります。

そもそも、ドロップシッピングですべきことは集客だけというのがメリットでしたが、商売で難易度が高いのが集客です。数だけではなく、購入率の高いユーザーを集めないといけないというハードルもあります。

よって、ネット副業としてショップは開いたけど、売り上げが上がらずにかえって割に合わない結果になる人が良くいます。しかも、ドロップシッピングのサイトがたくさんある以上、ユーザーもかなりの人数が見込まれます。

つまり、競合する相手が多いのです。

そして、ドロップシッピングが詐欺だと言われる理由は「実際に詐欺を行っている会社」があるからです。

悲しい話ですがドロップシッピングはノーリスクと言いながら初期費用で数十万円から数百万円のお金を支払わせる悪徳業者が潜んでいます。

もちろん、最終的には本人の努力が重要なので初期費用の回収が難しいです。無料のドロップシッピングサイトはたくさん出てきますが、果たして本当に稼げるのでしょうか?

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピングは比較的有名です。商品数は40万点を越えるため広く商品をそろえることも。これなら何かのジャンルに特化することも可能ですね。

ネットショップの解説には「ショップできすぎくん」という無料のツールを使えます。

また、ネットショップの運営に自信がないという人のための情報提供も行っています。稼げなかったという人も多いですが、真剣にやっている人は稼げているようです。

稼げたという人の口コミ

“もしもドロップシッピング暦3年弱です。毎月15,000円~20,000円ぐらいの利益は出ています。小遣い稼ぎでやっているだけなので、これで十分です。

[補足]

本格的に初めてから3ヶ月後ぐらいです。SEOのみです。ターゲットを絞った専門店をたくさん作ることがポイントです。今は13店舗運営しています。量産系のソフトがあると便利です。商材サイトやオークション等にあります。”
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13100604178

稼げなかったという人の口コミ

“私ではないのですが、友人が『もしもドロップシッピング』をしてました。

友人は3ヶ月で売上0

彼に「確かに『もしも』は無料で出来ていいんだけど、会員数が数十万人いて、その人たち全てがライバルでしょ?
自分でSEO対策やリスティング広告かけて販促活動しなければ無理だよ。利益がさほど抜けないようなら広告費も捻出できないと思うし・・・利益率は?最低でも10%取れるの!?」
などと、話をした覚えがあります。”
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1451915654

通販素材.com

通販素材.COMは家具や寝具の分野に強みを持つドロップシッピングサービスです。

しっかりと「売れている商品」を選ぶことに自信を持っており、中には10年以上のロングセラーを誇る商品もあります。商品画像やバナーが充実していることや、通販素材.COMならではのノウハウを獲得できる点もメリットと言えます。登録も会費も無料です。

通販素材.COMの口コミは稼げた・稼げなかったというものについて見つけることができませんでした。

ただ、ネット上では他にはない商品が扱われていることや、高利益の商材もあることは確認できました。

未来問屋

未来問屋は自らが問屋であることが売りのドロップシッピングです。

問屋としてのノウハウを持った上でドロップシッピングをする会員を支えてくれるので、いつでも売れる商品をチェックすることができます。

また、在庫管理や欠品のフォローも万全です。商品は幅広くそろえていますが、中でも腕時計やアクセサリーなどのブランドもに強い傾向があります。

未来問屋に関する口コミは見つけられませんでしたが、レアなアイテムが適正価格でそろっていることは確かです。

商材王

商材王.comは家具に特化したドロップシッピングサービスです。

ドロップシッピングは基本的にどこかの製造者の商品を販売するものですが、商材王は自社で企画やデザインをした家具を売っています。

つまり、確実に他社にはない商品がそろっているのです。

商材王.comの稼げた・稼げなかったという口コミは見つけられませんでしたが、月収が上がった成功例はサイトで確認することはできます。

ドロップシッピングは成功しづらく、上手くいくためには根気が必要

このように、ドロップシッピングは気軽に始めるだけでは成約に結びつかないのでただ労力を消費するだけで終わる可能性も高いです。

このほかにも稼げたという口コミはありましたが短くても半年は収益ゼロを覚悟で勉強しなくてはいけないようです。

また、本記事はドロップシッピングサイトの徹底比較を行いたかったのですが、残念ながら主要な比較サイトで紹介されているドロップシッピングサービスはサイトへのアクセスができず、しかもサービス名で検索してもヒットしない状況でした。

つまり、公には営業されていないということです。(リアルドロップシッピングは営業停止、電脳卸はアフィリエイトサービスのみなど)

ドロップシッピングは仕入れがいらないという点では画期的なビジネスと言えます。

商品名やその他のキーワードでネット検索して上位表示されるようSEO対策がしっかりできていて、集客に成功できたなら、個人でも月商○十万円を稼げる可能性も秘めています。その時の達成感は本当に最高でしょうね。

また、リスクが少ないという点もおすすめできます。

しかし、「見込み客へリーチして売る」という商売で最も難しい部分を引き受けているため、稼ぎやすいと言えないのが現状です。

やはり楽して稼ぐことはできませんね。

タイトルとURLをコピーしました