借金をバックレることは可能?夜逃げをしたらどうなる?

借金をこれ以上返済できない、いっそのことバックレてやろうか・・・。返済に困るとこんな考えが頭をよぎりますよね。バックレが成功すればもう返済をしなくて済みますから、実質借金がチャラになると言ってもよいでしょう。

ただ実際問題、借金のバックレはできるのでしょうか?結論から先にお話しすると、残念ながらほぼ不可能です。いざとなれば、債権者(お金を貸している人)は裁判所に訴え出ることができますし、それにより法的な手段で債権回収を行うこともできます。

では、債権者に知られないように遠くへ引っ越してしまえばどうでしょうか?いわゆる夜逃げですね。実は夜逃げならバックレを成功させられる可能性があります。借金には時効があるので、その期間まで債権者にバレないよう逃げ続ければよいからです。

しかし、これもそう簡単なことではありません。住民票を移せないことによりさまざまな不具合が起こりえますし、勤務先を知人に知らせるのにもリスクが生じます。

この記事では、借金のバックレは可能なのか?また、夜逃げしたらどうなるのかについて、詳しく解説していきますね。

借金をバックレるってどういうこと?

まず初めに、借金をバックレるとはどういうことなのかについて説明しておきますね。

借金には時効が存在します。個人間の貸し借りについては10年、消費者金融や銀行からの借金は5年で時効が成立し、返済義務が消滅するのですね。

これはお金の貸し借りが生じた日の翌日、つまり契約日の翌日からカウントがスタートしますが、途中で一度でも返済を行うとその時点でカウントはリセットされます。

たとえば、1年間返済を行わないと、時効のカウントは1年分進んでいることになっています。ここで1円でも返済をすると、その瞬間に時効のカウントはリセットされ、再度ゼロから時効のカウントが再スタートするのです。

つまり、借金のバックレを成功させるには、最低でも5年間返済を拒み続け、時効を成立させる必要があります。

ただ、5年間経てば必ず時効が成立するわけではありません。債権者側には時効のカウントを中断させる方法が存在し、それを駆使することで時効の成立を遅らせることができるのです。

債権者に裁判を起こされると時効のカウントは中断してしまう

債務者(お金を借りている人)が返済に応じない場合、債権者は裁判所に訴え出て裁判を起こすことができます。もちろん、十分な証拠があることが前提ですが、消費者金融や銀行で借金をした場合は契約書が存在するので、それが大きな証拠となります。

債権者に裁判を起こされると、まずその時点で時効のカウントはストップします。そして、裁判の判決が出る、もしくは和解が決定すると時効のカウントは完全に中断され、また一からのスタートになってしまうのです。

さらに、裁判終了後は時効成立までの期間が10年に延びるので、時効に期待するのはより難しくなってしまいます。

借金に関する裁判を起こされると、一般的にそれを拒否する手段はありません。裁判所からの連絡を無視していると債権者側の訴えが一方的に認められてしまいますし、また、たとえ出廷して争ったとしても、こちらが不利なのは明白でしょう。

裁判で負けると差し押さえの強制執行の権利が債権者に付与されます。もし、この権利を執行されてしまうといよいよ差し押さえとなり、こちらの意思に関わらず財産や給料の一部が没収されてしまうのです。

このように裁判を起こされるリスクがある以上、時効に期待して5年間逃げ回るのは得策ではありません。差し押さえになればその事実が職場にも通知されてしまうので、周囲から白い目で見られ、まともな日常生活を送ることすら難しくなってしまうでしょう。

また、当たり前ですが、裁判を起こすまで債権者は何もせず、黙っているわけではありません。返済が遅れれば取り立てが行われます。

借金の返済が遅れると厳しい取り立てが待っている

返済期日までに返済が行わなかった場合、翌日から1週間後あたりに業者から電話がかかってきます。最初のころは簡単な確認の電話程度ですが、返済が遅れるほど強く返済を迫るものになり、精神的に追い詰められてしまうでしょう。

もちろん、ドラマで見るような恐喝や暴力行為は行われませんが、連日業者から電話がかかってくるというのは、それだけで相当なストレスです。

また、場合によっては自宅に担当者が訪ねてくることもありますし、連絡を無視し続けると職場に連絡されてしまう可能性もあります。

どちらの場合でも、催促の電話であることはもちろん、金融業者であることすら本人以外には明かしませんが、何度もこういうことがあれば周囲から疑われてしまうでしょう。

さらに、返済が遅れるほど利息は大きくなっていきます。延滞中は遅延損害金と呼ばれる、一般的な利息より金利が高い特別な利息が適用されます。

そのため、後から心を入れ替えて返済しようとしても、到底返しきれない金額に膨れ上がってしまっていることもあるのです。

借金は延滞すること自体に大きなリスクがあります。バックレるのは現実問題ほぼ不可能と言っても過言ではないので、少しずつでも真面目に返済していくことをおすすめします。

夜逃げならバックレが成功しやすい?

周囲の人や知人に知られずに遠くへ引っ越しすることを夜逃げと言ったりしますね。借金の取り立てから逃れるために夜逃げを行う、ドラマや映画で一度は観たことがあるシーンでしょう。

実際、夜逃げをすると借金から逃げられるものなのでしょうか?実は、夜逃げの方法にもよりますが、上手くやればバックレを成功させることも不可能ではありません。

ただ、普通に引っ越しをするだけでは、必ず業者に引越し先がバレてしまいます。なぜバレるのかというと、住民票の移動を確認すればすぐにわかるからです。

引っ越しを経験した人なら知っていると思いますが、引っ越しの前後には役所で転出届と転入届を提出しますよね?これは住民票を移動させるための手続きなのですが、この履歴は第三者も閲覧できるのです。

もちろん無条件で見られるわけではありません。住民票を閲覧するための正当な理由が必要です。ただ、債権者には借金回収という権利があるので、それを理由に住民票をチェックでき、引越し先を調べることができます。

これにより、引越し先でも取り立てを受けることになり、もちろん返済に応じなければいずれは裁判を起こされてしまうでしょう。つまり、普通に引っ越しをするだけでは夜逃げの意味がありません。

債権者から逃れるために引っ越しする場合は、住民票を移動させずに引っ越す必要があるのです。

住民票を移動させずに引っ越すとどうなる?

住民票を移さずに引っ越せば、債権者は新しい住所を確認することができません。そのため、電話こそできるものの、それ以上は手出しできないでしょう。

そして、裁判を起こすこともほぼ不可能になります。裁判所に訴え出るためには、相手の住所を把握している必要があるためです。

住所不明でも裁判を起こすこともできますが、面倒な手続きが必要になり、裁判所も簡単に認めないので、賃金業者もそこまで執着してくることはあまりないようです。

このように、住民票を移動させずに引っ越しすればバックレの成功率は大きく上がるように感じますが、当然、転出届、転入届を提出しないことによるデメリットもあります。

代表的なものを挙げれば、

・引越し先の地域では選挙権、被選挙権を行使できない
・運転免許証の更新も新住所の地域ではできない
・住民票はもちろん、印鑑証明書や所得証明書も旧住所の役所でないと取得できない
・新しい住所での福祉サービスが利用できないことも

といったところでしょうか。近くに引っ越せば、これらの問題はあまり気にならないかもしれませんが、遠方へ引っ越した場合は非常に厄介に感じるでしょう。

夜逃げというからには遠くへ引っ越すことになるケースが大半なので、これらの問題は重くのしかかってきます。

また、その場合は転職の準備も必要になります。引越し先から職場には通うのは距離的に難しいでしょうから、新しい住所で職場を見つけなければなりません。

若い人ならそこまで苦労はしないでしょうが、30代、40代になってくると求人を探すだけでも大変です。他にも準備することは多く、夜逃げはそう簡単にできるものではありません。

ここまでやったのに結局債権者に新住所がバレてしまった、なんてことになったら悲しいですよね。確かに夜逃げはバックレできる可能性を上げられるかもしれませんが、その手間やリスクと見合っているかは怪しいと言えるでしょう。

返済が難しい場合はどうすればいい?

そんなこと言われても、返済に困っていてもうどうしようもないんだけど・・・という人もいるでしょう。

そんなときは弁護士に相談しましょう。彼らは借金に関するプロですから、どうすれば無理なく返済していけるのかについて、適切なアドバイスをもらうことができますよ。

幸い、最近は相談費用が無料の弁護士事務所が増えてきていますから、費用に関する心配は無用です。近くにそういった事務所があるなら、ぜひ一度訪ねてみましょう。

また、どうしても返済できない場合は債務整理も検討しましょう。債務整理には任意整理や自己破産など、いくつかの手段がありますが、いずれの方法でも借金の大幅な減額が期待できます。

債務整理を行うのにもやはり弁護士の協力は不可欠なので、まずは相談してみることをおすすめします。

まとめ

借金のバックレは100%不可能、というわけではありませんが、やはりかなり難しいと言えるでしょう。なにより失敗したときのリスクが大きすぎますし、日常生活にも支障が出てしまいます。

それよりは債務整理を行い、合法的な方法で借金を減額したほうが賢い選択です。債務整理にもいくつかのデメリットこそあるものの、バックレよりは圧倒的に低リスクです。

現在、借金で悩んでバックレや夜逃げを考えている人は、まず債務整理について調べ、検討してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました