ビットキャッシュとビットコインはどう違う?今後の展望は?

2017年8月、ビットコインが分裂し、ビットコインキャッシュという新しい仮想通貨が誕生しました。通貨が分裂するというのは法定通貨ではありえないことであり、なぜこのようなことが起こるのが疑問をお持ちの方も少なくないかと思います。

中には「いきなり分裂するような通貨は危険なのではないか」と思われる方もいらっしゃることでしょう。今回はそのような誤解を解くために、ビットコインはなぜ分裂したのか、ビットコインキャッシュとはどのような仮想通貨なのかについて解説していきます。

ビットコインとビットコインキャッシュは別の仮想通貨である

一番最初に理解していただきたいことは、ビットコインとビットコインキャッシュは別の仮想通貨であるということです。

ビットコインキャッシュがビットコインから分裂して誕生したことは紛れもない事実ですし、名前も似通っていますし、基本的な仕様も同じですが、それでも別の通貨です。

仮想通貨はビットコインとアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)に分類されることが多いですが、ビットコインキャッシュはアルトコインの一種として考えたほうがよいでしょう。

ビットコインはなぜ分裂したのか

ビットコインが分裂した理由について知るためには、まずはビットコインの仕組みについて把握する必要があります。ビットコインは仮想通貨であり、実体があるわけではありません。

にも関わらず通貨として利用できるのは、ビットコインの取引台帳(ブロックチェーン)が存在するからです。取引台帳が正確だから、実体がなくても使用できるのです。銀行に預金があれば実体がなくても公共料金の支払いなどに利用できるのと同じようなものです。

ブロックチェーンは複数のトランザクション(個々の取引)を1つのブロック(塊)にまとめたものが連なることによって成り立っています。ブロックをチェーンでつなぐのでブロックチェーンというわけです。ブロックチェーンは世界中のコンピュータによって分散管理されています。

世界中のコンピュータがデータを保有しているので、そのうち一部が書き換えられてしまっても、残りのコンピュータのデータは正しいままなので、改ざんされたことがすぐにわかります。そういった意味では、従来のサーバでデータを管理する中央集権型のサービスよりも安全といえます。

ブロックは概ね10分に1個のペースで生産されています。ブロック内には「AさんがBさんに0.05BTC送金した」「CさんがDさんに0.2BTC送金した」「DさんがEさんに1.0BTC送金した」というようなトランザクションが詰まっています。

ブロック同士はチェーンで繋がっているため、前のブロックを改ざんすると後ろのブロックのデータも書き換わってしまい、それで改ざんがわかるという仕組みになっています。

1つのブロックに複数のブロックが継ぎ足されることがある

ブロックチェーンは、古いブロックの後ろに新しいブロックを次々と継ぎ足していくことに寄って成り立っています。ブロックを継ぎ足す権利はマイニングという作業(競争)の勝利者に与えられます。

マイニングに成功した人には報酬として新規発行分のビットコイン(現在は12.5BTC≒500万円)が与えられるため、皆必死でマイニングに取り組みます。彼らがブロックを継ぎ足し続けてくれるおかげで、ビットコインの正当性と安全性が保たれるのです。

通常、1つの古いブロックには1つの新しいブロックが追加されていきます。しかし、極稀に偶然1つの古いブロックに2つの新しいブロックが追加されることがあります。

このように、複数の新しいブロックが生まれる現象をフォークと言います。食器のフォークの先端が別れているように、ブロックの先端も別れるのです。

このようなことがあった場合、新しいブロック1に「AさんがBさんに0.05BTC送金した」新しいブロック2に「AさんがさんがBさんに0.15BTC送金した」と書いてあったら矛盾してしまいます。

このような場合は、次にマイニングをした人がブロックを繋いだ方を正しい情報とみなします。ビットコインは最も長くつながっているブロックチェーンを正しいとみなすというルールがあるためです。

例えば、新しいブロック1に更に新しいブロックが追加された場合、新しいブロック1が正しい情報とみなされ、新しいブロック2の方は破棄されます。

意図的にフォークを起こすと仮想通貨が分裂する

フォークは偶然起こるものですが、意図的に起こすことも可能です。そして、意図して起こされたフォークに新しいルールを追加すると、両方のブロックチェーンを伸ばし続けることが可能になります

例えば、新しいブロック1は「そのまま運用する」、新しいブロック2は「ブロックの容量を今までよりも大きくする」というルールのもとにフォークさせます。すると、新しいブロック1にも、新しいブロック2にも更に新しいブロックを追加できるようになります。

新しいブロック1側のブロックチェーンと、新しいブロック2側のブロックチェーンは別方向に伸びていき、今後ずっと交わることはありません。全く別の取引台帳として扱われることになります。このようなフォークをハードフォークと言います。

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。

ビットコインを分裂させた理由は「ブロックの容量が小さいから」

では、一体なぜビットコインをハードフォークさせる必要があったのでしょうか。理由は簡単で、現状のままではブロックチェーンのサイズが小さすぎたからです。

ビットコインのブロックには、1MB(メガバイト)までしかデータを入れられないという制限があります。

昔は取引する人が少なかったのでこの容量でも問題なかったのですが、取引量が増えてくると、このブロックサイズでは足りなくなってしまいます。

すると本来10分で送金できるはずが何時間もかかったり、送金されない送金要求が積み上がってエラーが発生したりします。これはまずいということで、一部のユーザーがブロックの容量を増やすことを求めたのです。

一方で、1ブロックあたりの容量は1MBのまま据え置いて、1取引にかかるデータ量を小さくする事によって解決しようとするユーザーも少なくありませんでした。たとえば1取引あたりのデータ量が今までの半分になれば、事実上ブロックの容量が2倍になったのと同じことになります。これを実現する仕組みをSegwitといいます。

ビットコインのマイニングを行うマイナーは、Segwitの導入に総じて反対していました。Segwitはビットコインのマイニングを有利に行うために欠かせない「ASICBoost」に対応していなかったためです。

彼らはあくまでもブロックの容量を大きくすることによって問題を解決すべきと主張しました。ブロック容量が大きくなる事自体は誰にとっても悪いことではありませんが、要するに彼らは自分の利益のためにブロック用量を大きくすべきと行っていたのです。

一方、コア開発者(ビットコインのプロトコルを作っている人たち)はSegwitの導入に賛成していました。つまり、コア開発者とマイナーが真っ向から対立していたわけです。

通常、このような対立が起こった場合は、通貨の発行元が無理矢理にでもルールを決めてしまい、反対者にも従わせることができるのですが、なにぶんビットコインには発行元が存在していません。話し合いもうまく行かなかったため、やむなくビットコインを分裂させたのです。

ビットコイン分裂後の流れ

ビットコインは2017年8月1日にハードフォークしました。Segwit導入賛成側(コア開発者側)はブロックを拡張せず、そのままビットコインにSegwitを導入させました。

一方、Segwit導入反対側(マイナー側)はブロックを拡張し、ビットコインキャッシュへと移っておきました。この時点でビットコインを保有していた人には、新たにビットコインキャッシュが与えられました。

ハードフォーク直後のビットコインの価格は1BTC=30万円前後でしたが、その後も順調に価格を上げていき、9月1日には過去最高となる1BTC=53万円を記録しました。しかし、その後は次第に価格が低下し、9月中旬は1日で時価総額が2割近く少なくなる(1BTC=42万円→33万円)暴落を起こします。

中国の取引所3箇所が相次いで閉鎖することがわかったためと言われています。ただ、これはビットコインの分裂騒動とはまた別の話であり、ビットコインのハードフォークと暴落はほぼ無関係と見ていいでしょう。結局暴落は長く続かず、すぐに1BTC=40万円に復帰。その後も1BTC=40万円~42万円前後を維持しています。

画像はUTRUSTより引用

一方、ハードフォーク直後のビットコインキャッシュの価格は1BCH=8万5000円前後でしたが、その後数日時価総額が4分の1近くに減ってしまう(8万3000円→2万2000円)暴落を起こします。その後一時的に8万円近くまで盛り返したものの、再びジリジリと価格を下げてきており、現在は1BCH=5万円前後をウロウロしています。

画像はUTRUSTより引用

今のところはどちらかと言えばビットコインが勝者、ビットコインキャッシュが敗者という構図になっていますが、まだハードフォークからたった2ヶ月しか経っていないため、この時点で優劣を決めてしまうのはちょっと早計といえるでしょう。

ビットコインキャッシュ基本データ

ここからはいよいよ、ビットコインキャッシュがどのような仮想通貨について解説していきます。ビットコインキャッシュの基本データは以下のとおりです。

  • 誕生日:2017年8月1日
  • 通貨単位:BCH
  • 総発行枚数:2100万枚
  • 時価総額ランキング:3位(2017年9月22日現在)
  • マイニング難易度:ビットコインよりも容易

なぜビットコインキャッシュのマイニングは容易なのか

ビットコインキャッシュの大きな特徴として、ビットコインよりもマイニングが容易であることが挙げられます。

マイニングは競争です。競争1位になったものにのみ、新規発行分のビットコインを受け取る権利が与えられます。マイニングの世界は2位じゃだめなんです。

そのため、世界各国のマイナーはこぞって高性能なコンピュータを導入し、電気料金が安い国(主に中国)でマイニングに励んでいます。昔はそのへんで売っている個人向けPCでもマイニングの競争に勝てたそうですが、現代においてそのようなことはほぼ不可能となりました。マイニングの難しさは、ハードフォーク後も変わっていません。

一方、ビットコインキャッシュは誕生直後のマイニング難易度はビットコインと同じでしたが、ビットコインキャッシュの価値がビットコインの価値よりも低かったため、

次第にマイニングを行う人が減っていきました。人が減れば競争は楽になるため、ビットコインキャッシュのマイニング難易度はどんどん低下していきました。

加えて、今回のハードフォークでは。「過去12時間以内にマイニングされたブロックが6個未満であれば、次のブロックから難易度(演算にかかる時間)を20%下げる」という処置が行われていました。

そのことを知っているビットコインキャッシュ派のマイナーは示し合わせたかのようにマイニングを見合わせて、どんどんビットコインキャッシュのマイニング難易度を下げていきました。海外のビットコインに関する情報サイトでは、ビットコインキャッシュのマイニング難易度はビットコインのマイニング難易度の7%にまで低下したと解説されています。

これを面白く思わないのがビットコイン派のマイナーです。ビットコインキャッシュの採掘難易度がどんどん低下すれば、いずれはビットコインよりもビットコインキャッシュを採掘したほうが得だという流れができてしまいます。それを防ぐため、一部のビットコイン派のマイナーは採算度外視でビットコインキャッシュを採掘しているようです。

現状、ビットコインとビットコインキャッシュの値動きは反比例する(どちらかが上げればもう一方が下げる)傾向があります。

この環境では、ビットコイン派はビットコインキャッシュの値下がりを望むようになりますし、ビットコインキャッシュ派はそれとは全く正反対のことを考えます。現状、時価総額が大きいのはビットコインの方ですが、将来はどうなるかわかりません。

ビットコインキャッシュが買える取引所

ビットコインキャッシュは事実上アルトコインの一種ですが、もともとビットコインから生まれたということもあって、比較的多くの仮想通貨取引所が取り扱っています。

ビットコイン取引高で上位3位に入っている国内取引所(BitFlyer、coincheck、Zaif)は現時点で全てビットコインキャッシュを取り扱っています。どこで買っても大して価格は変わらないので、今使っている取引所がある方はそこを使うのが良いでしょう。

ビットコインキャッシュの今後

ビットコインキャッシュは時価総額が高く、ビットコインと似たような仕組みになっている反面、生まれて間もないアルトコインでもあるため、現状の先行きは不透明です。

ビットコインキャッシュ自体の性能は悪くありませんが、分裂後に生まれた派生通貨として見られがちなため、投資初心者からは避けられるかもしれません。

投資初心者が避ければ需要が少なくなり、価格は下がるかもしれません。個人的にはブロックサイズが1MBから8MBに大きくなったのは偉大な進歩だと思いますが……。

まとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂(ハードフォーク)してできた仮想通貨
  • ビットコインキャッシュはアルトコインの一種
  • ビットコインキャッシュはブロックの容量が大きい
  • ビットコインキャッシュは多くの取引所で購入可能

ビットコインキャッシュはまだ生まれたての仮想通貨であり、先行きが不透明な一面もあります。投資の対象にする場合も、余り多くを集中投資するのは避けたほうが良いでしょう。