ビットコイン詐欺が急増中!見分ける簡単な方法

投資の世界でありがちなトラブルと言えば、「詐欺」です。詐欺師はごく平均的な人間である私やみなさんが大なり小なり持ち合わせている「楽して儲けたい」という心理を巧みについてきて、こちらの金を不正な手段で詐取しようとしてきます。

特に最近被害が広がっているのが、ビットコインを筆頭とした仮想通貨をダシにした詐欺です。

近年の仮想通貨の市場拡大ペースは著しく、これらの仮想通貨で財を成した人が多数いる反面、美味しそうな話につられて詐欺に遭い、虎の子の資産を失ってしまった人もいます。

今回は仮想通貨を用いた詐欺の手口をそれを見抜く方法を紹介していますので、これから仮想通貨に投資しようと考えている方は是非参考にしてください。

そもそも仮想通貨ってなんだ?

まずは仮想通貨がどのような通貨なのかについて軽く説明します。仮想通貨とはその名の通り仮想、つまり実体がない電子的な通貨です。我々が普段使っている日本円やドルなどの国が発行する法定通貨は、紙幣や硬貨という形で実体を持っています。それに対して、仮想通貨はインターネット上でやり取りされています。

電子的な通貨と聞いて電子マネーを想像される方も多いかと思いますが、電子マネーと仮想通貨は似て異なるものです。電子マネーの通貨の単位は円です。電子的ですが、あくまでも法定通貨です。

一方、仮想通貨は法定通貨とは異なる独特の単位を持っています。例えばビットコインの場合は「BTC」ですし、Ehterの場合は「ETH」です。だいたいの仮想通貨の単位はアルファベット3~4文字ぐらいで構成されています。

そして、仮想通貨の最大の特徴は、発行元が国や中央銀行などではないことです。仮想通貨はそれぞれオリジナルのプログラムに従って発行されますが、そのプログラムを作っているのは民間人です。

ときには開発者すら公開されないこともあります。例えば、ビットコインの開発者は「ナカモトサトシ」なる人物であるとされていますが、この人物がどのような人なのかは全く明らかになっていません。

名前を見るに日本人のようにも思えますが、この名前が本名であるとは限りません。そんな怪しい仮想通貨が信頼されるのか、と思われるかもしれませんが、ビットコインは仮想通貨の時価総額ランキングで2位のEtherに倍以上の差をつけてトップとなっています。

仮想通貨はなぜ詐欺師の標的になる?

ビットコインを始めとする仮想通貨は、株式や債券、あるいは不動産などと比べると比較的歴史の浅い投資対象です。歴史が浅いゆえに多くの人が正確な知識を持っておらず、それゆえに騙される人が後を絶たないのだと思われます。加えて、仮想通貨は現物がないため、どのように利益を上げるかが想像しづらいのも関係しているでしょう。

また、最近はビットコイン取引所の口座を用いた振り込め詐欺も増えています。ビットコイン取引所は以前は入念な本人確認がなかったことや、ビットコインの匿名性が高いことなどが原因と考えられます。突然ビットコイン取引所の口座に振込を求めるような連絡が来たら、真っ先に詐欺を疑うべきです。

ビットコインを投資を典型的な詐欺の手口

金融庁は「最近よくある仮想通貨の購入に関する不振な勧誘についての相談」事例を幾つか紹介しています。

  • 事例1:聞き覚えのない業者から、電話で仮想通貨の購入を進められた。
  • 事例2:投資に関するセミナーに誘われ「金融庁推薦」「ここでしか買えない」「必ず価値が上がる」「購入価格よりも高い価格で買い取る」などの文句とともに、仮想通貨の購入を進められた。
  • 事例3:金融庁や財務省の職員など、公的機関の職員を名乗る人物から、仮想通貨の購入を進められた。

結論から言えば、この3つの事例はいずれも詐欺に巻き込まれる可能性が非常に高いので、距離を取るべきです。

まず、仮想通貨の売買は現状、登録業者しか行うことが出来ません。登録業者は金融庁のWebサイトで随時公表されています。つまり、そのWebサイトに名前が乗っていない業者はすべて違法業者ということになります。電話が来ても話は聞かずに、まずはその業者を金融庁のWebサイトで検索してみるところから始めましょう。

また、投資の世界において「必ず価格が上がる」ということはありえません。リスクがまったくない投資など、この世には存在しません。

一見ノーリスクに見える銀行預金にだって、銀行の倒産や預金封鎖などのリスクがあります。必ず価格が上がると謳っている投資は、その内容にかかわらずすべて詐欺だと思ったほうが良いでしょう。

そして、金融庁や財務省などの職員が名を名乗って仮想通貨の購入をすすめることもありません。もしそういう人物があなたに語りかけてきたとしたら、その人物は嘘をついています。

「未公開通貨をあなただけに売ります!」は大抵の場合危険

ビットコインではなく、ビットコインよりも優れた未公開のアルトコイン(ビットコイン意外の仮想通貨)を売る手口の手法も少なくありません。これは厳密には詐欺とはいえないのかもしれませんが、非常に危険な投資であることには変わりありません。

仮想通貨は法定通貨と違い、ある程度の技術力があれば小規模な団体でも作ることが出来ます。現状、世の中に存在する仮想通貨は1000種類とも2000種類とも言われています。

しかし、そのうち将来が有望と見込まれている仮想通貨の数はどんなに多く見積もっても100種類程度です。適当に未公開の仮想通貨を買っても、それで儲かる確率は非常に低いのです。

ICO(クラウドセール)には要注意

クラウドセールとは、新興仮想通貨の運営元が開発資金を集めるために行う仮想通貨の先行販売のようなものです。投資家は将来の値上がりを期待して、法定通貨を支払って仮想通貨を買い取り、運営元はそうして集めた資金を元に自身の仮想通貨の信頼性を高めるための様々な取り組みを行います。

ICO自体は合法的な資金集めの形態であり、これ自体に問題があるわけではありませんが、ICOを行う運営元の中には、始め方から公開する気などなく、資金を集めるだけ集めたら姿を消すようなところが少なくありません。

検索してもろくに情報が出てこないような仮想通貨のICOに参加するのは避けたほうが良いでしょう。

仮想通貨は必ず有名な仮想通貨取引所で購入する

仮想通貨初心者が仮想通貨を買う際には、ICOなどには手を出さず、仮想通貨取引所か販売所で購入しましょう。金融庁のWebサイトに登録されている取引所や販売所ならば、少なくとも詐欺にあうことはありません。もちろん、購入した仮想通貨が値上がりするか値下がりするかは不透明ですが、身元もよくわからない自称業者や仮想通貨の開発者から購入するよりは遥かに安全です。

ビットコインが振り込め詐欺に使われる?

国民生活センターは、架空請求にへの支払いにビットコインが使われる事例が増えていることを受けて、Webサイトなどで注意を呼びかけています。犯人の手口は漫画サイトやアダルトサイトなどの利用料金を支払うように電話で脅し、コンビニの情報端末でビットコイン取引所の口座に入金させるというものです。

嘘の請求で脅し、口座に入金させるという流れ自体は今までの架空請求と似たりよったりなのですが、銀行の口座ではなくビットコイン取引所の口座に入金させるというのが特徴です。

ビットコイン取引所とは、ビットコインの取引が行われているインターネット上の取引所です。投資家は取引所を通じて他の投資家とビットコインの売買を行っています。ビットコイン取引所の利用には口座が必要で、そこに日本円を入金してビットコインを購入します。

口座に入金する方法の一つがコンビニ決済で、事前に金額を指定し、発行された支払番号をコンビニの端末に入力し、レジでお金を払うと口座に入金されます。

詐欺師がビットコイン取引所を使う理由は「足がつきづらいから」

詐欺師が銀行口座でなくビットコイン取引所の口座を使わせる理由はいくつかありますが、一番大きな理由は足のつきづらさです。

銀行口座に入金させた場合、そのお金の動きは銀行側に知られてしまいます。銀行は口座作成の際に必ず本人確認を行っていますので、そこから追跡することは用意です。

しかし、ビットコイン取引所に入金させたお金をビットコインに変えれば、その時点で追跡は極めて難しくなります。ビットコインは匿名性の高さも特長の1つなのですが、詐欺師たちはその特長を悪用しているわけですね。

最近はビットコイン取引所が口座開設の際には必ず本人確認をするようになってきていますが、以前は電話番号の確認などだけで口座を解説させているような取引所もありました。

国民生活センターは「改正資金決済法の施行後もこの手口が使われている。偽造の身分証明書などで本人確認をすり抜けているのではないか」とみています。

ビットコイン取引所を用いた詐欺は知られていないゆえに防ぎにくい

最近は警察や銀行などの努力によって、銀行口座を介した詐欺が未然に防がれるケースが増えてきました。

銀行のATMには「不振な振込請求にはご注意ください」などの注意を促す文面が記されていることが少なくありませんし、テレビでもそうした詐欺の存在やそれへの対処法などがたびたび放送されています。銀行職員も怪しい入金に対しては顧客に警告をする場面が増えてきています。

一方、ビットコイン取引所の口座を介した詐欺はその存在が十分に知らされていません。ビットコイン取引所の口座を利用した詐欺は、銀行口座を利用した詐欺で稼げなくなった詐欺師が新たに考案した新しい形の詐欺である、と言ってもいいかもしれません。

ビットコイン取引所を用いた詐欺を見分ける方法

詐欺を見抜く方法自体は、それほど難しいものではありません。以下の2点を実行していれば、大抵の詐欺からは身を守れます。

  • 後払いの高額請求はすべて無視する
  • コンビニの専用端末を使えという指示は疑う

しかし、平常時はこの2つを守る気でいても、突然高額な請求が来ると焦ってしまうものです。自分だけは大丈夫だと思っている人こそ、詐欺師からすれば良いカモなのです。突然請求が来て、それを無視するのが少しでも不安になった場合は、消費者ホットライン「188」まで連絡してください。

消費者ホットラインは地方自治体の身近な消費生活相談窓口を紹介してもらえる電話サービスで、年末年始を除いて毎日利用できます。アダルトサイトを見ていた場合、それを相談するのが恥ずかしいという気持ちはわかりますが、高額なお金を失うよりはずっとマシなはずです。

万が一支払いをしてしまった場合は、速やかに警察に相談しましょう。

まとめ

  • ビットコインを用いた各種詐欺には注意が必要
  • 未公開のコインが値上がりする可能性は低く、安易な購入は危険
  • ICOは安全なものもあるが、現状危ないものも多い
  • 仮想通貨を購入する場合は、必ず取引所か販売所を経由する
  • ビットコイン取引所を用いた架空請求が流行っている
  • 詐欺の被害にあった場合は警察に相談する

ビットコイン詐欺に引っかからない一番のコツは、投資という存在そのものに対して警戒心を持ち(警戒心を持つことと拒絶することは全く違います)絶対に儲かる投資などないと心得ることです。安直な儲け話ほど危険という意識をしっかりと持ちましょう。