ビットコインを増やす方法は主に3種類!

ビットコインを購入したら、それをただ持っているだけでは少しもったいないです。

保有しているビットコインを少しでも増やす工夫をしましょう。

ここでは、ビットコインを増やす方法を3つ紹介します。

現実通貨とのトレードで増やす

ビットコインを増やす方法として一番メジャーだと思われるのが、現実通貨とのトレードです。

現実通貨とのトレードという方法が一番主流

日本の取引所の場合、日本円建てでビットコインが購入できます。記号はBTC/JPYというように表記されます。

ドル建ての場合にはBTC/USD、ユーロ建ての場合にはBTC/EUR、中国人民元建ての場合にはBTC/CNYと表記されます。

現実通貨とトレードするためには、まずは仮想通貨取引所でアカウントを開設する必要があります。

クレジットカードで購入する時には手数料がかかるので、銀行振込みで入金をしたほうがお得です。

bitflyerではビットコイン取引所と販売所の2種類がありますが、販売所のほうは業者との取引になりますので、価格に手数料が上乗せされています。なるべく取引所のほうでトレードをするようにしておくべきです。

アカウント開設に必要なもの

日本の最大手の取引所であるbitflyerでアカウントを開設するために必要なものはメールアドレスだけです。

しかし、本人確認をすませていなければアカウントクラスはウォレットクラスとなり、仮想通貨の購入・売却などができないので、実質的には本人確認はほぼ必須と言えるでしょう。

本人確認をクリアすればトレードクラスになり、すべての取引が制限なしで利用できるようになります。

マネーロンダリングなどの犯罪に利用される恐れがあるなどの理由により、海外の取引所でも基本的に本人確認はほぼ必須となっています。むしろ本人確認なしで取引ができる海外取引所のほうが怪しいので、安全性については十分に警戒しておくべきでしょう。

ビットコインなどの仮想通貨は登場して数年しか経過しておらず、法律が十分に整備されていない状態なので、詐欺に遭うリスクもそれなりに高いようです。

初心者の人はなるべく知名度の高い国内の取引所を利用したほうが安全です。

本人確認書類として認められるのは、

・免許証

・パスポート

・健康保険証

などの写真付きの公的な身分証明書となります。

チャートの読み方を勉強する

ビットコインの価値がどう動くのかということはだれにも予想できない問題ですが、短期的なチャートの動きを予測するためにはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析などが有効です。

初心者の人がビットコイン取引を行う前に学んでおくべきことは特にありませんが、学んでおいたほうが好ましいものをあえてあげるならテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2つとなるでしょう。

テクニカル分析はチャートを分析して価格を予想していきますが、ファンダメンタルズ分析では経済・物価・貿易・財政・金利・政治・社会情勢などを総合的に分析して価格を予想します。

ファンダメンタルズ分析のほうは高度で専門的な知識が要求されますが、最低限のことは知っておいたほうが良いでしょう。

株式投資やFXにおける代表的な予測方法もこの2つです。

しかし、「ビットコインが安い時に購入をして、価値が上昇するのを気長に待つ」というのであれば、特に勉強は必要ないかもしれません。

2020年の東京オリンピックの頃にはビットコインの価値は100万円になっているという予想もあるので、長期的にはかなり上昇することが期待できます。もちろん、今よりも下がっている可能性もあるので投資は余裕資金で行いましょう。

「確実に勝てる」と考えてカードローンでお金を借りてビットコインにお金を投じ、高金利の借金だけが残ってしまったという人もいます。

相場は損切りによって大きく動く

ビットコインについて良いニュースが入った時、買いたい人が増えますので相場が大きく動くと考えるかもしれません。

しかし、新規で買いを入れる人はできるだけ有利な相場で買いたいと思って慎重になるので、チャートはじりじりと上がっていく傾向があります。

例えば、100万円でビットコインを購入しようとしても、一気に100万円分のビットコインを購入したりせず、まずは10万円分を購入し、様子を見てから次の10万円を購入するというように分けて購入をします。

それでは相場が急変するのはどんな時かというと、損切りをする人が増える時です。

損切りをする時というのは自分の口座が危険な状態にある時なので、一気に反対売買を行う傾向があります。

100万円分のビットコインを売り取引していた人は、100万円分の反対売買を一度に行います。そのため、チャートは急変をする傾向があります。

同じ理由で、FXでロスカットが起きた時にも大きくチャートが変動します。

チャートを読む時には、買いが溜まっているのか、それとも売りが溜まっているのかを見極めることが1つのポイントになります。

買いが溜まっている時には、じりじりとチャートが落ち始めた時に損切りをする人が増えて一気に暴落してしまうという可能性が高くなります。

8月1日まで待ったほうが良いのか?

ビットコインは近々ハードフォークするという噂があります。8月1日には仮想通貨取引所でのビットコイン取引が一時的に停止する可能性があるというニュースも出ています。

あくまで可能性の話であり、正式な発表がされたわけではないですが、ビットコインの取引が停止するというニュースが入るとパニック売りが始まる可能性があるので、十分に注意をしておくべきでしょう。

7月17日の時点ではすでに22万円くらいまで価値が暴落しています。ここからさらに暴落する可能性もあります。

逆に言えば、暴落をしてチャートが下がりきったタイミングはチャンスであると言えますが、底値を見極めることは難しいので初心者投資家の人は価値が落ち着くまで待ったほうが良いかもしれません。

アルトコインともトレードできる

ビットコインは現実の通貨だけでなく、アルトコインともトレードをすることができます。

代表的なアルトコインとしては、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ダッシュなどがあげられます。

日本発のモナーコインも注目です。モナーコインは世界で始めてsegwitのActivateに成功したことで大きく価値を上昇させています。

アルトコインの種類は現在600種類以上あると言われています。

日本の取引所では、

bitflyer・・・イーサリアム、ライトコイン(販売所のみ)
Zaif・・・モナーコイン、ネム
coincheck・・・イーサリアム、リスク、モネロ、リップル、ダッシュなど12種類

というように、coincheckの12種類というのが最大となっており、マイナーな仮想通貨の取引はできないようになっています。

初心者の人はまずは日本の取引所でも扱われている仮想通貨の売買から始めてみましょう。慣れてきたら海外取引所でもアカウントを開設してランキング20位以下の仮想通貨の取引もやってみると良いかもしれません。

マイナーな仮想通貨のトレードをする上で注意をしておくべきことは、将来的に価値を大きく上昇させる可能性もある半面で、価値がほとんどゼロになってしまう可能性もあるということになります。

また、アルトコインの取引をするためには、多くの場合にビットコインを経由する必要があります。

例えば、リップルを購入したい場合、日本円をいきなりリップルに交換するのではなく、まずは日本円でビットコインを購入して、次にビットコインをリップルに交換するという流れになります。

逆に、リップルを日本円に換えたいと思ったら、まずはビットコインに交換をして、その後にビットコインを日本円にトレードをするという流れになります。

そのため、ビットコインに不安が生じるとアルトコインの価値も同時に下がってしまう傾向があります。

ビットコインの価値が下がっているからアルトコインへ資産を退避させておこうという考え方はリスクもあります。

採掘で増やす

ビットコインは採掘(マイニング)によって増やすことも可能です。

パソコンやスマートフォンで採掘をする場合、電気代や通信料のほうがかかってしまうのであまりおすすめができません。

ASICという専用のマシンを使って採掘をすることになるでしょう。しかし、ASICは海外では3000円程度で購入できるものが、日本では2万円程度の値段がつけられているようです。

ASICを使ってもマシンの購入費や電気代というコストのほうが大きくなってしまい、ビットコインを採掘で増やすという方法は現在は赤字になる可能性が高いようです。