ビットコインの取引所はどんな場所?どこを使うのがおすすめ?

ビットコインを入手する方法はいくつかありますが、その中でも特にメジャーなのが取引所を通じて手に入れるという方法です。

取引所を通じての入手はかかる手数料も少なく、入手も容易など、メリットが複数あります。今回は取引所の仕組み、利用方法、種類などをまとめて解説したいと思います。

ビットコインの取引所はビットコインを売買するためのオンラインの市場

ビットコインの取引所とは、簡単に言えばビットコインを取引するための市場です。市場と言っても証券取引所のように建物や土地があるわけではありません。

すべてのビットコイン取引所はオンライン上に存在します。ビットコインを買いたい人、あるいは売りたい人は自らアクセスし、買い注文や売り注文を出します。

取引所は取引を行うためのプラットフォームを提供し、買いたい人と売りたい人の橋渡しをサポートします。そして、その見返りに仲介手数料を受け取ります。ビットコイン販売所はあくまでも仲介業者であって、直接売買をするわけではありません。

ビットコイン販売所との違い

これに対して、業者がユーザーとビットコインの取引をするオンラインの市場をビットコイン販売所といいます。ここではユーザーは業者からビットコインを買ったり、あるいは売ったりします。販売所と名がついていますが、売ることも可能です。ただし、売買には手数料(利ざや)がかかります。

なお、ビットコイン取引所とビットコイン販売所の両方を運営している企業もあります。その代表がBitFlyerです。

取引所と販売所はどちらがお得?

どちらも一長一短です。ビットコイン取引所のほうが取られる手数料は少ないですが、買いたい人と売りたい人の橋渡しがうまく行われない可能性があります。

例えば売りたい人が極端に多く買いたい人は極端に少ない状況になった場合、取引そのものが成立しなかったり、非常に安い価格で成立してしまうことがありえます。

一方、販売所は手数料は高いですが、販売所が価格を保証してくれるのでそのようなことはありません。値動きが穏やかな時は手数料が安い取引所を、激しい時は価格保証がある販売所を使うのがいいでしょう。

ビットコイン取引所での価格の決まり方

ビットコイン取引所では、オークション形式によって価格が決まります。ただし、このオークションはみなさんが通常想像されるであろうオークションとは少し形態が違います。

一般的なオークションでは買いたい人だけが価格をつけますが、ビットコイン取引所のオークションでは売りたい人も値段をつけます。買いたい人がつけた価格をBid、売りたい人がつけた価格をAskもしくはOfferと言います。

Bidの中でも最も高い価格をBest Bid、AskもしくはOfferの中で最も高い価格をBest AskもしくはBest Offerといいます(以下、Best Askで統一します)。そして、Best BidとBest Askの価格差をスプレッドと言います。

スプレッドが取引所の定める価格まで狭まった時、取引が成立します。これらの情報はビットコイン取引所のオーダーブックにまとめられています。

では、Best BidとBest Askがいつまでたっても狭まらない場合はどうすればいいのでしょうか。例えばBest Bidが1万円、Best Askが1万1000円のままずっと動かなかった場合、いつまでたっても取引は成立しません。この状態から取引を成立させるためには、買いたい人と売りたい人のどちらか片方、もしくは両方が値段で妥協するしかありません。

仮に買いたいという需要が大きかった場合、買い手はBidをどんどん上げるのでBest Bidが高くなり、それに気づいた売りてもAskを上げるのでBest Askも高くなり、取引価格は高くなります。売りたいという需要が多かった場合は、逆の減少が起きて取引価格は小さくなります。

ビットコイン取引の手数料

ビットコイン取引所で取引をした場合、取引額に応じて手数料が発生します。例えば、BitFlyerの場合、直近30日の取引金額が日本円建てで30万円未満なら、取引額の0.15%が手数料として差し引かれます。

仮に約定価格が10万円だとすれば、手数料は10万円×0.15%=150円となり、購入者はそれが差し引かれた額のビットコインを受け取ります。ビットコイン取引所によっては、取引手数料を無料としているところもあります。

また、取引手数料以外にも、入金手数料、出金手数料などがかかることがあります。ビットコイン取引所によって手数料は異なります。

ビットコイン取引所の選び方

証券取引所が複数あるのと同様に、ビットコインの取引所も複数存在します。取引所を使うかは個人の自由です。ただし、取引所によって手数料や使い勝手、日本語対応の有無などに差があるため、適当に選んでしまってはいけません。

ビットコイン取引所の選び方は人それぞれですが、基本的には以下の4つのポイントを抑えておけばよいでしょう。

対応言語

現時点で日本語対応済みの取引所は全部で12箇所あります。市場は十分に整理されているため、よほど特殊な事情がない限りは、日本語対応済みの取引所を使うだけで十分事足りるはずです。

利用者の数

単純に利用者が多ければ多いほどいいというわけではありませんが、少ないところよりは多いところのほうが取引環境が整備されており、不正などが起こりづらい可能性が高いです。

現時点で日本語対応、かつ最も取引量が多いビットコイン取引所はBitFlyerです。三菱UFJなどのメガバンク系ベンチャーキャピタル、リクルートや第一生命などが株主のため、安心感は抜群です。

手数料

手数料には前述の取引手数料に注目しましょう。入金手数料・出金手数料・口座開設手数料などはめったに払うものではないうえ、どこの取引所も似たり寄ったりなので余り意識しないでも構いません。現時点で取引手数料が無料の取引所にはBitpointBitBank Tradeなどがあります。

また、一部の取引所(ZaifCoincheckなど)では手数料がマイナスになることもあります。マイナスになるということは、取引をするとそれに見合ったビットコインがもらえるということです。

ただし、指値注文(売買したい数量と価格を、あらかじめ指定する注文方法)のみが対象です。

取り扱っている仮想通貨の数

現状、最も人気がある仮想通貨はビットコインですが、将来的にはそれを上回る仮想通貨が出てくるかもしれません。そのときに備えてビットコイン以外の仮想通貨も豊富に取り扱っている取引所を選ぶというのは一つの選択肢です。Coincheckはイーサリアム、DAO,Factom、Moneroなど10種類の仮想通貨を取引できます。

まとめ

  • ビットコイン取引所はビットコインを取引するための市場
  • ビットコイン取引所は主に仲介手数料で収益を上げている
  • ビットコイン取引所によって仲介手数料や対応言語などは異なる

ビットコインを安全に手に入れたいのならば、国内でもよく知られているビットコイン取引所を利用するのが一番です。