ビットコイン販売所と取引所の違いは?どっちで買うのがお得?

仮想通貨取引所でビットコインを買おうとしたとき、「販売所」と「取引所」の2つの取引場所があることに気づくと思います。

どちらも同じように思えますが、使い方や特徴は全く違い、それらを正しく知っておいたほうがよりお得にビットコインを購入することもできますから、ぜひこの機会に知っておきましょう。

このページでは、販売所と取引所の違い、そして実際の購入方法について比較しながら解説していきますね。あと、以下で解説する内容はすべて「現物取引」である点に注意してください。

現物取引とは自分の所有しているお金の範囲で、リアルタイムでビットコインを購入することです。初めてビットコインを購入する人はほとんどこの取引になるでしょうから、とくに気にせず読み進めてもらって構いません。

販売所と取引所

ビットコイン関連の「取引所」には、2つの意味が含まれています。1つは「bitFlyer」や「Coincheck」など、仮想通貨を扱うサイト、システムのこと。

もう一つはユーザー同士で売買を行う場としての取引所です。意味が混同しているためややこしいのですが、ここからは「販売所」といった場合、主に売買を行う場所のことを指していきます。

そして販売所と取引所の違いについてですが、誰と取引をするかが異なっています。また、販売所と取引所で価格差があることにも気づくでしょう。これについては後述しますね。

販売所では、bitFlyerやCoincheckと取引を行うことになります。これらは自社で一定数のビットコインを保有していますから、それを売ってもらったり、逆にこちらの所有しているコインを買い取ってもらったりするのですね。

対して、取引所での取引相手は同じユーザーです。株式の売買と同じように、売り板と買い板が存在し、お互いの希望価格や数量が合致した際に取引が成立します。

どちらにも違ったメリットがありますから、どちらで売買すべき、とは一概には言えません。では、そのメリットとは何でしょうか?以下で詳しく見ていきましょう。

販売所を利用するメリット

販売所の最大のメリットは、基本的にいつでも売買できることです。先述したように、取引所では売り手と買い手の希望が合致しないと取引は成立しません。

普段の状況ならこれでも問題なく取引は行われていますが、たとえば、ビットコイン価格の暴落が起こった際、売りの需要が圧倒的に高まり、買い手が見つからなくなる可能性があります。

こうなってしまうと、いくらビットコインを売りたくても売ることができません。買い手が見つからないのですから当たり前ですね。

しかし、販売所は特別な事情がない限り24時間いつでも開いていますから、買い手、もしくは売り手が見つからない心配はありません。

取引所と比べて直感的に利用しやすいのも嬉しいポイントです。取引所を利用する場合、買い板や売り板の概念をある程度理解しておく必要があり、初心者には少しハードルが高いかもしれません。

そのため販売所は、初めてビットコインを買う人や、今までに株やFXの売買を経験したことがない人にオススメの取引方法だと言えるでしょう。

販売所を利用するデメリット

購入手続きがわかりやすく、初心者にやさしい販売所ですが、デメリットもあります。それは取引所で購入するよりも価格が高くなってしまう、という点です。

販売所での販売価格には、業者の手数料がすでに含まれています。つまり、販売所で提示されているビットコインの価格は、現在のビットコインの時価に業者の手数料が上乗せされたものなのですね。

どれだけ手数料がかかるかはどの取引所(bitFlyerやCoincheckなど)を利用するか、そしてその時点でのビットコインの価格に左右されます。

これは売却価格についても同様で、やはりその時点での取引価格から業者の手数料が引かれた価格が提示されています。

ですから、少しでも安く買いたい、売りたいといった場合には、取引所を使うのがセオリーとなるでしょう。

取引所を利用するメリット

販売所のところでほとんど説明してしまいましたが、やはり購入価格を抑えられるのが取引所を利用するメリットだと言えるでしょう。

業者に大きな手数料を取られることがないので、その分だけ安くビットコインを購入することができます。ただ、取引所によっては売買手数料としてtaker手数料とmaker手数料というものが発生することがあります。詳しくは後述しますね。

取引所を利用するデメリット

販売所と比べると、購入手続きが少し難しく感じられるかもしれません。手続き自体はほとんど変わらないのですが、販売所にはなかった「買い板」と「売り板」が登場し、これらについてある程度知っておく必要があります。

とはいえ、そこまで難しいものではありません。通常、左に売り板、右に買い板が位置しており、売り板には売り手の希望価格と数量、買い板には買い手の希望価格と数量が記載されています。

そして、これが一致するポイントで取引が成立するということになります。よくわからなくて不安な人は、一度少額でもいいので実際に購入してみるとよいでしょう。経験してみることで概念がスッと頭に入ってくるはずです。

取引所のデメリットとして、常に売買できるわけではない、ということが挙げられます。ユーザー同士の売買ですから、相手がいないと取引はできません。暴落や暴騰の際にはどちらかの需要が一気に高まり、その結果取引がストップしてしまうこともあります。

また、利用する取引所によってはMaker手数料、もしくはTaker手数料という手数料がかかることもあります。

Maker手数料は主に指値注文をした際に発生する手数料です。指値注文とは、この価格になったら買うよ(売るよ)と予約注文をしておくことで、価格変動が起きてその希望金額になったときに初めて取引が成立します。

対して、Taker手数料は現在の売られている(買われている)価格で買い注文を出した場合に発生する手数料です。この場合はすぐに取引が成立しますね。

つまり、注目してすぐに取引が行われる場合はTaker手数料が、そうでない場合はMaker手数料が発生するのだと考えておきましょう。

実際の売買方法

ここからは実際の売買方法を販売所、取引所ごとに解説していきます。bitFlyerをモデルに説明していきますが、どこでも同じような手続きで購入できるので、ぜひ参考にしてくださいね。

販売書でビットコインを買う

販売書のページに移動すると、現在の販売価格と買取価格が表示されています。その下に数量を入力する欄があり、入力した数量に応じて、「日本円参考総額」も自動的に入力されるようになっています。

販売所では指値注文ができませんから、「コインを買う」をクリックすると、その時点で表示されている価格で購入することになることに注意しましょう。

ちなみにビットコインを売るときも同じ手順です。やはり指値注文はできないので注意してくださいね。

取引所でビットコインを買う

ビットコイン取引所に移動すると、販売所では見かけなかった「板」があることに気づくと思います。

板からは相場を読み取ることができます。板は「買い板」と「売り板」に分かれており、左側にあって「Ask」と書かれたものが買い板、右側にあって「Bid」と書かれたものが売り板となっています。

デイトレードやスイングなど、本格的に投資によって儲けようとする場合は、板の概念や仕組みを頭に叩き込む必要がありますが、長期的な投資を狙う場合はある程度知っておくだけで大丈夫です。

買い板には「Ask数量」と、「BTC/JPY」という項目がありますね。これは、その価格で売りたいビットコインの注文がこれだけ入っていることを意味します。売り板についても同じことです。

そして、この2つの項目が折り合った地点、つまり板の真ん中の金額で取引が成立していきます。ですから、今すぐビットコインを買いたい!という場合は、真ん中の金額より高い金額で注文を出せばいいというわけですね。

逆に、板の真ん中より下の価格で注文を出した場合、それは指値注文になり、すぐには取引が行われません。ビットコイン価格が変動し、その価格で売りたいという人が現れた場合に売買が成立します。

チャートや板など、初めて見るものが多いでしょうから、最初は困惑してしまうかもしれません。ただ、その意味をしっかり理解すればそこまで難しいものではありません。

どうしてもよくわからない場合、「成行注文」を利用しましょう。成行注文とは、買いたいビットコインの数量を入力すれば、現在売り注文が出ている中の最安値で自動的に売買を行ってくれる注文方法です。

bitFlyerなら、「bitFlyer Lightning」から成行注文を利用できます。ぜひ検討してみてくださいね。

まとめ

販売所と取引所、どちらもあまり聞き馴染みのない言葉ですから、それらの違いについて最初はよくわからないかもしれませんが、販売所は24時間、状況に関わらずいつでも取引できる、取引所は販売所よりいくらか安く買えると覚えておけば十分です。

基本的には、取引所をメインで使っていくとよいでしょう。ただ、Maker手数料やTaker手数料には注意してくださいね。これらは取引回数に応じて徴収されるものですから、回数を増やすほど手数料もかさんでいくということになります。

販売所と取引所を上手に利用して、お得にビットコインを購入しましょう。