ビットコイン取引所の手数料はいくら?各取引所で比較

ブロックチェーン技術という最新のテクノロジーが導入されている仮想通貨。その代表的なものがビットコインで、国内、海外を問わず市場が盛り上がっていますね。

現在、ビットコインを入手する方法は取引所での日本円との換金が最もメジャーです。マイニング(採掘)によってビットコインをもらうという方法もありますが、超スペックのパソコンを用意する必要があり、さらにそれでも採算が取れるかは怪しいところです。

ビットコインを購入できる取引所は数多くありますが、国内取引所で有名どころは「bitFlyer(ビットフライヤー)」、「Coincheck(コインチェック)」、「Zaif(ザイフ)」といったところでしょうか。

これらは日本の企業により運営されている取引所であるため、サイト内の説明文も日本語となっており、ビットコイン初心者に扱いやすい取引所であると言えます。

各取引所の違いとして、扱っているコインの種類が挙げられますが、それ以外に手数料もそれぞれ異なります。

手数料は売買や入出金のたびに発生するもので、こちらには何のメリットもありませんから、なるべく安い取引所を選びたいところですね。

そこで、このページでは各取引所の手数料を比較してみました。ビットコインを購入する際、どの取引所を選ぶかの参考にしていただければ幸いです。

取引所でかかる手数料には何がある?

取引所でなにかしらのアクションを起こすと手数料がかかることが多いです。たとえば、ビットコインの購入、売却、取引口座への入金、または口座からの出金などですね。

他にも、ビットコインを他の取引所へ送ったり、自分のウォレットへ送付する場合にも手数料がかかります。

ウォレットとはビットコインを入れておく財布のことで、ウォレットを自分のPC内に用意しておくことで、取引所以外の場所にビットコインを保存しておけます。実体のないビットコインだからこそ成せることですね。

手数料の支払い方法はビットコインで支払うものと、日本円で支払うものがあります。ビットコインの購入やアルトコインの購入時には、その購入したコインから手数料が徴収され、入出金の場合は日本円で徴収、というケースが多いですね。

このことを知らずに何度も売買や入金手続きをしてしまうと、思わぬ費用がかかってしまうので注意しましょう。

ちなみに、アカウントの作成や維持には手数料はかからず、無料で複数のアカウントを作ることもできます。ですから、とりあえず全ての取引所に登録して、使いやすいと感じたところをメインで使っていくということもできますよ。

それでは以下から、各取引所の手数料について詳しく解説していきます。手数料の種類ごとにわけて説明していきますね。

取引所ごとの手数料一覧

入金手数料

入金方法はいくつかありますが、代表的なものは指定口座へ直接振り込む方法でしょう。この方法については手数料がかかりません。ただ、銀行の振込手数料は自己負担になるので注意してください。

そのため、送金時に手数料がかからない銀行から振り込めば、入金手数料を0円にすることも可能です。

また、bitFlyerとCoincheckでは「クイック入金」と呼ばれる方法で入金することもできます。クイック入金のメリットは、手続き後すぐに入金が反映されることです。口座振込による入金だと、結果が反映されるまである程度時間がかかってしまうのですね。

クイック入金の場合は別途手数料がかかり、bitFlyerでは金額に関わらず一律324円、Coincheckでは金額によって変わるので、以下にまとめておきました。

3万円未満:756円
3万円以上50万円未満:1000円
50万円以上:入金金額×0.108%+486円

クイック入金の手数料で見れば、圧倒的にbitFlyerのほうが安いですね。頻繁に入金するつもりなのであれば、bitFlyerがオススメと言えるでしょう。

Zaifはコンビニ決済に対応しています。クイック入金に比べると反映速度は劣りますが、それでも1時間以内には反映されるので、銀行振込よりは速いですね。コンビニ入金による手数料は以下です。

3万円未満:378円
3万円以上:486円
5万円以上:486円+印紙代として別途200円

出金手数料

取引所から日本円を出金する場合にも手数料がかかります。Coincheckでは出金額に関わらず一律400円ですが、bitFlyerとZaifでは出金額によって手数料が変動します。

・bitFlyer

出金先の銀行が三井住友銀行の場合
3万円未満:216円
3万円以上:432円

出金先の銀行が三井住友銀行以外の場合

3万円未満:540円
3万円以上:756円

・Zaif

50万円未満:350円
50万円以上:756円

出金手数料はCoincheckが一番割安のように見えますね。入金手数料が安かったbitFlyerは、その代わり出金手数料がやや高めな印象です。

ビットコイン売買手数料

ビットコインの取引には「現物取引」と「先物取引」がありますが、今回は現物取引に限った手数料を解説します。

取引所でのビットコインの購入方法には2種類あります。販売所で買うか、取引所で買うか、です。販売所で買うとは、その取引所から直接ビットコインを購入することで、株の売買でよく見られるようなユーザー同士での取引が必要ありません。

販売所で購入した場合、手数料はかかりません。ただ、その分ビットコインの価格自体が高く設定されているので、結局は手数料以上に高くついてしまいます。少しでも安く買いたいなら取引所を利用したほうがお得だと言えるでしょう。

ビットコインの売却についても同じことで、やはり取引所での価格より安く設定されています。

次に取引所とは、買い板や売り板があって、ユーザー同士がそれぞれビットコインの売買取引を行っている場のことです。

「取引所」という名称が被ってややこしいですが、bitFlyerやCoincheckといった仮想通貨を販売する場所のことと、実際に取引が行われる場の2種類の取引所があることを理解しておきましょう。

取引所でのビットコインの売買手数料は各取引所によって異なります。以下にまとめておきました。

bitFlyer

0.01%から0.15%の間に設定されており、直近30日間の取引量によって変動します。たとえば、10万円未満なら0.15%、10万円以上20万円未満なら0.14%、といった具合です。取引量が多くなるほど、手数料は安くなっていくと考えておけばよいでしょう。

上記はビットコインの場合で、イーサリアム(ETH)を購入する場合は数量に関わらず一律で0.20%の手数料がかかります。

Coincheck

現在、Coincheckでは売買手数料が発生しません。ただ、これは2017年7月31日までのキャンペーン特典となっているので、8月以降は手数料が発生する可能性があります。

Zaif

Zaifでの取引手数料はコインの種類によって細かく異なります。ここではビットコインの場合をご紹介しますね。

ビットコインの売買手数料は、maker手数料が0.01%、taker手数料が0.01%となっています。いきなりmakerとかtakerとか言われてもよくわからないでしょうから、以下で詳しく解説します。

takerとは、今すぐに購入できる、もしくは売却できる金額で注文を出すことです。取引所には売り板と買い板があり、それぞれ売りたい人と買いたい人が希望金額を出しています。

そして、売りたい人と買いたい人の希望金額が折り合えば、売買が成立するわけです。ですから、今すぐビットコインを買いたい場合は、売りたい人が出している希望金額で注文を出せば、すぐに売買が行われ、ビットコインを手に入れることができます。

これをtakerと呼びます。対して、この金額まで下がってきたら買うよ、という風に、現在の折り合い価格より安い金額で注文を出しておくことをmakerと呼ぶのですね。

ビットコインの場合はtakerでもmakerでも同じ手数料ですから、そこまで深く考える必要はありません。売買を行ったらその数量に関わらず0.01%の手数料が発生すると考えておけばよいでしょう。

ビットコイン送付手数料

ビットコインは他の取引所に送ったり、自分のウォレットに送付することもできます。ただ、その際に送付手数料がかかるので注意しましょう。この手数料はbitFlyer、Coincheck、Zaifでは同じで、0.0005BTCに設定されています。

売買手数料や送付手数料はコインごとに異なることもあるので注意

今回解説した手数料は基本的にビットコインのものです。仮想通貨にはビットコイン以外にもたくさんのコインがあり、コインごとに手数料が異なることもあるので、購入時や売却時には必ず確認しておきましょう。

まとめ

一覧にして見てみるとよくわかりますが、取引所によって手数料はかなり異なります。どこが一番お得であるかは一概には言えないので、どれだけ入出金するつもりであるか、取引はどれくらいの頻度で行うかなどを考えて、取引所を選ぶようにするとよいでしょう。

もちろん、自分が買いたいコインをその取引所が扱っているかどうかもチェックするようにしてくださいね。