カードローンの返済の仕組みがわからない時に読む記事

カードローンの返済って、なんだか複雑そうに見えますよね。実際に使い始めてみればなんてことはないものなのですが、始めてのときには聞き慣れない単語が多くて困惑してしまうことも多いかと思います。

そこで今回はカードローンを初めて利用する人に向けた、カードローンの返済の種類と、具体的な手続きの仕組みをまとめて解説いたします。カードローンの利用を考えている方は、ぜひご一読ください。

カードローンの返済には3種類ある!それぞれの仕組みを徹底解説

カードローンの返済は大きく

  • 約定返済
  • 繰上返済
  • 一括返済

に分けられます。

約定返済は毎月行われる通常の返済

約定返済(やくじょうへんさい)とは、決められた日(約定返済日)に決められた金額を支払う返済のことです。

いわゆる「毎月の返済」に当たるものであり、これさえきちんとやっていれば後で遅延損害金を取られたり、信頼情報に傷がついたりすることはなくなります。

カードローンにもよりますが、約定返済日は原則として毎月1回、年12回やってきます。約定返済日を自分で選べるカードローンもありますが、ローン会社から指定されるものもあります。約定返済日が指定できる場合は、資金力に余裕がある給料日直後に指定することをおすすめします。

カードローンの返済の基本は約定返済日に決められた金額を返すことですが、それだけではなかなか元本が減らず、返済の大半が利息に当てられてしまうこともあります。より効率的に返済をしたい場合は、繰上返済や一括返済を行いましょう。

繰上返済は毎月の約定返済とは別に行う追加返済

追加返済とは、約定返済とは別に、追加で行う返済のことです。約定返済額はカードローン会社が指定するものであるのに対して、追加返済額は支払う側が自分で自由に決定できます。約定返済で返済した金額は一部が利息の支払いに回されてしまいますが、繰上返済で返済した金額は全額が元本に充当されるため、より効率的に残債を減らすことができます。

ただし、繰上返済でいくら返済しようが、それで約定返済が免除されるわけではありません。繰上返済をしすぎたばっかりに約定返済に回すお金がなくなってしまい、その結果遅延損が金を払う羽目になっては本末転倒ですので、あくまでも余裕のある資金の中で行うようにしましょう。

一括返済は残債をすべて返済する追加返済

一括返済とは、文字通り残債をすべて返済する追加返済のことです。繰上返済が残債の一部を追加で返済するのに対して、一括返済は残債を全部返済する、という違いがあります。繰上返済よりもさらに効率的に返済ができるうえ、遅延損害金の発生のリスクもありませんが、実現するには当然まとまったお金が必要になります。

カードローンの金利の方式をみわけるポイントとは?

実はカードローン会社ごとに返済方式(毎月の返済額の計算方法)が異なることをご存知でしたか?

例えば例えば三井住友銀行は「元金定額返済方式」を、楽天銀行は「残高スライドリボルビング方式」を採用しています。返済方式が異なれば、金利が全く同じであっても毎月の返済額やその内訳(返済したうちの何%が元本に当てられるか)は違うものになります。ここではカードローン会社の返済方法の種類について解説いたします。

リボルビング方式か、それ以外の返済方法か?

カードローンの返済方法は大きく「リボルビング方式」と「それ以外の返済方法」に分けられます。現状、リボルビング方式以外の返済方法を採用しているカードローンは殆どありませんので、ここではリボルビング払いの意味を解説いたします。

リボルビング払いとは、利用限度額内で借入をした場合は、何回、どれだけ借入をしたとしても、毎月の返済額が同じになる方式です

例えば、「利用限度額が50万円のカードローンで、毎月返済額が2万円のリボルビング方式」というカードローンがあるとします。この場合、10万円を借り入れても毎月の返済額は2万円ですし、30万円借り入れても毎月の返済額は2万円です。

リボルビング方式は毎月の支払額が一定になるので、利用者にとっては多大なメリットが有るように見えますが、実はその裏に隠された大きなデメリットがあります。

リボルビング方式だと、返済期間が伸び、利息の負担が大きくなりやすいのです。多くのカードローン会社がリボルビング方式を採用している一番の理由は、長期間利用させて多くの利息収入を得るため、と考えて間違いないでしょう。

定額方式or定率方式、元利or元金で返済パターンを分類してみよう

カードローンの返済方法はリボルビング払いからさらに

  • 元利定額方式
  • 元利定率方式
  • 元金定額方式
  • 元金定率方式

の4つに細分化できます。

元利定額方式とは、元金返済分と利息返済分を合計した金額(=毎月の支払金額)を一定に揃える返済方法です。例えば元利定額方式で毎月の返済額が1万円となっている場合、1ヶ月目の返済金額は1万円、2ヶ月目の返済金額も1万円、3ヶ月目も1万円……と推移していきます。

ただし、その1万円の内訳は毎月変化します。最初は利息返済分に回される金額が大きくなりがちで(例えば元金分6000円、利息分4000円といった感じで)、それ故になかなか元金が減っていきませんが、返済を重ねていくうちに元金に当てられる割合が大きくなっていき(例えば元金分9000円、利息分1000円と言った感じで)、元金の減少ペースも早まっていきます。

元利定率方式とは、借入残高に一定の割合(定率)を掛けた金額を、元金返済額と利息返済額の合計額とする方式です。例えば定率が8%の場合、残高が100万円の段階では返済額は8万円となりますが、返済が進んで残高が50万円になった場合、返済額は4万円となります。最初のうちは返済額が多くなりますが、返済が進むにつれて次第に少なくなっていきます。

元金定額方式とは、毎月の元金返済分が固定され、そこに利息返済分が上乗せされる方式です。元金返済分と利息返済分をあわせた毎月の合計返済額は常に変動します。最初のうちは利息が多いので合計返済額は多くなりますが、返済が進むにつれて返済額が少なくなっていきます。元利定額方式と比べると初期の段階での負担こそ多いものの、最終的な総支払利息は少なくできます。

元利定額方式とは、借入残高に一定の割合(定率)を掛けた金額を、元金返済額とし、そこに利息返済分を足した金額を毎月の返済額とする方式です。例えば定率が8%の場合、残高が100万円の段階では返済額は8万円+利息となりますが、返済が進んで残高が50万円になった場合、返済額は4万円+利息となります。最初のうちは返済額が多くなりますが、返済が進むにつれて次第に少なくなっていきます。

残高スライド方式か否か

カードローンの返済方法の一つに「残高スライド方式」というものがあります。残高スライド方式とは、元利定額方式や元金定額方式の「定額」の部分が、借入残高によって変化する方式のことです。

例えば通常の元利定額方式は最初から最後まで毎月の返済額は一定になりますが、残高スライド元利定額方式の場合は、残高が多い場合は毎月の返済額も多く、残高が少なくなるにつれて毎月の返済額が少なくなっていきます。残高スライド元利定額方式を採用している楽天銀行の場合の利用残高と毎月の返済額の関係性は以下のようになっています。

引用元:楽天銀行ホームページ

ご利用残高毎月のローン返済額
10万円以内2,000円
10万円超30万円以内5,000円
30万円超50万円以内10,000円
50万円超100万円以内15,000円
100万円超150万円以内20,000円
150万円超200万円以内30,000円
200万円超250万円以内35,000円
250万円超350万円以内40,000円
350万円超400万円以内45,000円
400万円超500万円以内50,000円
500万円超600万円以内60,000円
600万円超700万円以内80,000円
700万円超800万円以内100,000円

カードローンを返済するなら口座振替が最もおすすめな理由

カードローンを返済する具体的な方法には

  • 口座振替
  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口

などがあります(カードローン会社によって異なります)。それぞれ違ったメリットとデメリットがありますが、当サイトでは基本的には口座振替をおすすめしています。

口座振替とは

口座振替とは、毎月の返済額が指定した口座から自動的に引き落とされる決済サービスのことです。カードローンの他、公共料金の支払などにも広く採用されている、非常に便利な仕組みです。

口座振替のメリットは、ついうっかりによる返済忘れを防げることです。カードローンは返済を忘れてしまうと、その理由に関わらず遅延損害金が発生してしまいます。遅延期間が長くなったり、あるいは何度も繰り返したりしていると、信用情報にも傷がついてしまいます。

その点、口座振替は常に自動で引き落とされるので、返済忘れのリスクは全くありません(もちろん、対象となる講座にお金を入れておく必要はありますが)。ついうっかりによる返済忘れを防ぐのは非常に重要ですので、基本的に約定返済は口座振替で行うことをおすすめします。

ただし、カードローン会社の中には「指定した金融機関の口座でなければ口座振替が使えない」というルールを採用しているところもあります。あらかじめ借りる前に確認しておきましょう。

銀行振込とは

銀行振込とは、文字通り銀行から返済額を振り込むことです。毎月の約定返済日までに、指定された金額を指定された口座に振り込みます。比較的オーソドックスな返済方法ではありますが、利用する銀行によっては振込手数料がかかる上に、時間の制約もあり、さらには手間もかかるため基本的にはあまりおすすめしていません。

自社ATMとは

自社ATMとは、そのクレジットカード会社が保有しているATMのことです。例えば銀行の場合はその店舗にATMが設置してありますし、消費者金融の場合はいわゆる無人契約コーナーにATMが設置されています。そこから返済すれば、大抵の場合手数料は無料になります。

提携ATMとは

大抵のクレジットカード会社は、他の銀行やコンビニと提携しており、そのATMからも返済ができるようにしています。提携ATMの基本的な使い心地は自社ATMのそれと大差ありませんが、例えばコンビニの場合は24時間いつでも使えるというメリットがあります。

店頭窓口とは

カードローン会社の中には、窓口からの返済を受け付けているところもあります。最もアナログで手間がかかる方法ではありますが、対面なため安心考えられるという一面もあります。返済方法などについて相談がある場合は、選択肢になるかもしれません。

口座振替以外の方法を利用する際にはメールサービスを併用しよう!

口座振替の返済方法を選ぶ場合、毎月の約定返済日までに何らかの手続をしなければなりません。これを忘れてしまった場合は遅延損害金を払う羽目になります。

ただ、そう入っても毎日忙しい生活を送っていると、カードローンの返済日のことなどついつい忘れてしまいがちです。カードローン会社もその事をよく理解しているので、返済忘れを未然に防ぐ、約定日間近に知らせるサービスを展開しています。このようなサービスは一般的に「メールサービス」と呼ばれます。

メールサービスにメールアドレスを登録すると、約定返済日の数日前になった段階で「もうすぐ約定返済日ですので返済してください」という内容のメールが送られてくるため、うっかりによる返済忘れを効率的に防げます。

万が一それでも払い忘れてしまった場合でも、約定返済日の翌日にそのことを知らせる連絡が来るので、被害を最小限に抑えられます。

返済が遅れそうな場合は直ぐに連絡を!

返済が遅れそうなことが事前にわかっている場合は、実際に遅れる前に(重要)必ずカードローン会社に連絡してください。支払いが遅れる旨を事前に伝えておけば、その人の状況にあった返済方法の提案が受けられるからです。もちろん、遅延損害金はしっかりと発生しますが、連絡しておけばカードローン会社側の心象は良くなります。

事前に連絡しなかった場合は後日最速の電話がかかってきますが、その電話は絶対に無視しないでください。自分に都合が悪い事だからといって無視し続けていると、最終的には法的措置を取られたり、信用情報に大きく傷がついたりします。

電話に出たくない、という気持ちはわかりますが、いくら無視し続けても借金が免除されることはまずありえないので、絶対に出てください。

返済が苦しい場合は債務整理も視野に入れよう

長期的に返済が苦しい状況が続いている場合は、債務整理をするのも手です。債務整理とは、文字通り債務を整理することです。最も有名なのは「自己破産」ですが、それ以外にも「任意整理」「特定調停」「個人再生」などがあり、自分の置かれた状況に応じて適切なものを選べます。

債務整理の手続は誰でもできますが、実際には弁護士や司法書士などの専門家の手を通じて行うのが一般的です。債務整理をする場合は、まずは弁護士・司法書士を探すところから始めてみてください。

参考記事:借金は職場にバレる?バレないための債務整理方法

まとめ

カードローンの返済方法には「約定返済」「繰上返済」「一括返済」がある
毎月の約定返済に加えて繰上返済や一括返済を行うことにより、効率的に返済を進められる
大抵のカードローンはリボルビング方式を採用している
リボルビング方式は毎月の支払額が一定になるが、債務が減りづらいというデメリットも有る
返済を滞り無く行いたい場合は、口座振替が便利
他の返済方法を採用する場合は、メールサービスを併用することに酔って返済忘れが起こりづらくなる
どうしても返済が遅れそうな場合は事前にカードローン会社に連絡しておく

カードローンの返済方法を知っておくと、もっと上手に活用できるようになります。今回の記事に書かれていたことを理解していれば、借入や返済で困ることはほぼ無くなるはずですので、しっかりと要点を抑えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました