AIが借金の審査を行う!?「J.Score」の仕組みをまとめました

近年、何かと話題の「AI(人工知能)」。医療、金融、物流など様々な業種での利用が期待されていますが、最近は審査にAIを活用する消費者金融も登場し始めています。

その代表格とも言えるのが、みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した「J.Score」。消費者金融でありながら銀行よりも金利が低いこと、事前に大まかな審査結果がわかることなどから、近年急速に利用者を伸ばしています。

一方で現状では大手消費者金融と比べれば知名度は低く、その優れた仕組みが知られていないのも事実。ということで今回は、当記事を通じてJ.Scorreの仕組みや特徴、その魅力などを余すことなくお伝えいたします。

そもそもJ.Scoreってなに?

J.Scoreとは、みずほ銀行とソフトバンクが共同で設立した消費者金融会社、もしくはそこで提供されている融資サービスの名称です。会社の形態としてはプロミスやアコムなどの既存の消費者金融と代わりありませんが、そこで提供されているサービスは、既存の消費者金融のカードローンとは似て異なるものです。

J.Scoreの大きな特徴は、AI(人工知能)が審査を行うことと、金利や限度額が業界トップクラスに優れていること。従来の消費者金融と比べて人手がかかっていないので金利や限度額が優秀になる、とも言えますが、ともかく借り手にとってはメリットが満載です。

J.Score概要
金利(実質年率) 0.8~12.0%
借入金額 10万円~1000万円
即日融資 可能
担保・保証人 不要
返済方式 残高スライドリボルビング方式
借入方法 口座振込
返済方法 口座振替、ペイジー、銀行振込

従来の消費者金融の審査とJ.Scoreの審査の違い

従来の消費者金融は「属性スコアリング審査」「属性モデル像審査」という2つの審査を併用することによって、融資の可否や金利、限度額を決めています。

属性スコアリング審査とは、個人の属性、つまりは年収や職業、勤続年数などに点数をつけて、点数が高ければ審査に通すという審査です。例えば年収が高く、雇用形態が正社員で、勤続年数が10年以上という場合は点数が高くなるため審査に通りやすく、また有利な条件で借りやすくなります。

一方年収が低く、雇用形態が派遣社員で、勤続年数が半年以下という場合は、点数が低くなるため審査に通りづらく、また通ったとしても条件が不利になりがちです。

一方、属性モデル像審査は、その申込者と、その業者の過去の利用者の申込者の属性を比較し、最も属性が近い例をモデルとして選びだし、その人が審査に受かったか、あるいはどのように返済したかを確認して審査を行うというものです。

例えば似たようなモデルの人が過去に滞りなく返済していれば審査に通りやすくなりますし、延滞や債務整理をしていた場合は審査に落ちやすくなります。

これらの審査方法は短時間で大量の顧客を審査しやすいというメリットがある反面、審査が画一的になりやすく、また個人の性格などが反映されていないなど、デメリットも少なくありません。また、データの保有量が十分でない中小の消費者金融は、正確性の高い審査を行いづらいというデメリットもあります。

一方、J.Scoreでは、AI(人工知能)が審査を行います。AIは年収や雇用形態などの属性だけでなく、個人の性格や考え方も考慮しつつ、申込者に対して点数(AIスコア)をつけます。原則として点数が600点以上なら貸し出し可能となります。また、点数が高ければ高いほど金利や借入限度額などの条件は有利になります。同じ審査通過でも、600点より700点のほうが、700点より800点のほうが条件が有利になるわけです。

また、それとは別に従来消費者金融が行っていた信用情報機関へのアクセスも行います。最新のAIと従来の手法によって、より正確性の高い審査を実現します。

J.Scoreの4つのメリット!

J.Scoreには、従来の消費者金融にはなかった様々なメリットが存在します。その中でも代表的なものは、以下の3つです。

金利が低い

J.Scoreの金利は0.8~12.0%です。ここで注目すべきは、上限金利の低さです(どこで借りても大抵最初は上限金利が適用されるためです)。世の中の大抵の消費者金融カードローンの金利は18.0%前後、銀行カードローンでも15.0%であることを考えると、異例の低さと言えます。

金融機関の金利比較表
金融機関名 金融機関の形態 下限金利 上限金利
J.Score 消費者金融 0.8% 12.0%
プロミス 消費者金融 4.5% 17.8%
アイフル 消費者金融 3.0% 18.0%
アコム 消費者金融 3.0% 18.0%
みずほ銀行カードローン 銀行 2.0% 14.0%
イオン銀行カードローン 銀行 3.8% 13.8%
楽天銀行カードローン 銀行 1.9% 14.5%
横浜銀行カードローン 銀行 1.9% 15.6%

事前に審査の可否や金利・借入限度額をある程度把握できる

従来の消費者金融カードローンはまず申し込みをして、その後審査の可否や金利、借入限度額が教えられるという仕組みになっています。そのため、人によっては申込みの作業が無駄になってしまうことも十分ありえます。

一方、J.Scoreではまず審査の可否や金利・借入限度額が教えられ、その後申し込むという仕組みになっています。この金利や借入限度額はあくまでも目安であり、決定事項というわけではありませんが、ある程度の参考にはなります。

スコアが高い場合、様々な優遇が受けられる

J.Scoreには「AIスコア・リワード」という仕組みがあります。これはスコア及びスコアランク(スコアごとに振り分けられるランク)に応じて、様々なリワード(特典)が受け取れるサービスです。

スコアが上がれば上がるほど、受け取れる特典の質と量は向上します。例えば、最高ランクのダイヤモンド(AIスコア950~1000)の場合、特別なディナーショーに参加する権利が与えられます。

スコアランクとスコアの関係性
スコアランク スコア
ダイヤモンド 950~1000
プラチナ 900~949
ゴールド 800~899
シルバー 700~799
ブロンズ 600~699
ピューター ~599

カードが発行されない

J.Scoreでは、通常カードローンにはつきもののカードが発行されません。借り入れ手続きはすべてパソコンやスマートフォンなどの端末から行えます。必然的にカードからローンの利用がバレることはなくなりますし、カードを紛失したり、盗まれたりするリスクもなくなります。

J.Scoreのデメリット

上記の通りメリットが非常に多いJ.Scoreですが、もちろんデメリットがまったくないというわけではありません。主なデメリットは以下の2つです。

ATMでの借り入れや返済ができない

J.Scoreでは他の消費者金融のカードローンと違い、ATMを使った借り入れや返済ができません。借入方法は口座振込、返済方法は口座振替、ペイジー、振込のみとなっています。個人的には、返済方法は口座振替をおすすめします。ついうっかり返済を忘れてしまう、ということがなくなるからです。

総量規制の対象である

総量規制とは、貸金業者(≒消費者金融)は原則として消費者に対して年収の3分の1の金額を貸してはいけないとする規制のことです。J.Scoreは消費者金融、すなわち貸金業者なので、この規制の対象になります。

借りすぎて自分の首を絞めることになるのを考えれば、一概にはデメリットといえないかもしれませんが、どうしても多くの金額を借りたいという場合は、銀行カードローンの利用も検討したほうがいいかもしれません(ただし最近は銀行カードローンも審査が厳格になってきています)。

AIスコアを決める「質問」を見てみよう

J.Scoreの肝であるAIスコアは、様々なジャンルの質問に対する回答で決まります。また、その後6つのジャンルについてさらに質問に答えると、AIスコアがアップする可能性があります。

AIスコアを知るためには、無料の会員登録が必要です。以下のリンクから、「まずはAIスコア診断」をクリックしてください。

J.Score公式サイト

サイト上ではメールアドレスとパスワードの入力を求められますので、指示通りに入力します。するとメールアドレス宛に認証コードが送られてきますので、それを入力欄に入力します。すると、以下のようなチャット画面が表示されますので、指示に従って入力を進めていきます。

質問の内容は以下のようになっています。

J.Scoreの質問内容
質問の分野(ジャンル) 質問の内容
生活(LIFE) モノ、自動車とバイク、インターネット、普段の生活、人生経験
性格(Character) 趣味や嗜好、性格診断
プロフィール(Profile) 仕事、家族と住まい、出身校、資格と語学力
ウォレット(Wallet) 収入、支出、ローン
ファイナンス(Finance) お金に対する考え方、資産、クレジットカード
情報連携 他サービスとの連携

質問はチャット形式で表示されますので、以下のように順次入力していけばOKです。

入力にかかる時間は30分程度です(あくまでも目安です。人によって入力速度は違います)。入力終了後にスコアが表示されますので、それを確認してください。

情報連携では、J.Scoreのアカウントをみずほ銀行やソフトバンクなどの各種サービスと連携させられます。すべてのサービスを連携させると、金利が0.3%割引されます。少しでも金利を安くしたいという方は必須です。

質問に嘘をついてもバレる可能性が高い!正直に答えよう

ここまで読んで「質問に虚偽の回答をすればAIスコアが上がるのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、そうした嘘は大抵の場合バレるか、嘘をついても何も得られないまま終わるのでやめておいたほうがいいです。

まず、他社借入額や借入件数は100%バレます。前述の通り、J.ScoreではAIスコアとは別に信用情報機関へのアクセスも行っているからです。信用情報機関にはあなたのこれまでの借り入れや返済、債務情報に関する情報が集約されていますので、嘘をついても間違いなくバレます。当然、嘘がバレれば借り入れはできなくなってしまいます。借り入れがある場合は、正直に回答しましょう。

年収や勤務先もまずバレます。年収に関しては限度額50万円以上、あるいは他社借入との合計額が100万円以上になる場合は、収入証明書の提出を求められます。また、在籍確認(勤務先に本当に勤務しているのか電話で確認する行為)も必須ですので、勤務先を偽ってもバレます。

趣味や性格などはバレる可能性が低いですが、このような質問はAIスコアに与える影響が極めて小さく設定されていますので、嘘をつく意味がありません。なんにせよ、嘘をついてもいいことはなにもないのでやめておいたほうが無難です。

AIスコアをアップさせる方法は?

上記の質問に回答するとAIスコアが算出されますが、これはあくまでも「現時点でのAIスコア」に過ぎません。時間が流れ、返済実績を積み上げたり、年収が増えたりすれば、当然それに従ってAIスコアも上昇します。もちろん、逆にAIスコアが減少することもありえます。

AIスコアを上昇させる方法は全部で3つあります。1つ目は、様々な情報をJ.Scoreに提供すること。J.Scoreに会員登録後も様々な情報(例:今後やってみたい趣味や習い事など)を提供できますので、特に気にならないという場合は積極的に提供していきましょう。もちろんこれは任意ですので、教えたくないという場合は教えないでも全く構いません。

2つ目は前述の情報連携です。情報連携では金利が下がるだけでなく、AIスコアもアップします。2019年6月時点では連携可能なサービスは

  • みずほ銀行
  • ソフトバンクまたはワイモバイル
  • Yahoo.JAPAN

の3つです。情報連携をするとそれぞれ金利が0.1%下がる他(つまり全部連携すれば0.3%さがるわけです)、取引記録がAIスコアにも反映されます。例えばソフトバンクの利用料金を特に問題もなく払い続けている場合はAIスコアがアップし、その結果融資条件がより有利になる可能性も高いです。

3つ目は行動週間の記録です。行動習慣とは「運動」「学習」「睡眠」「お金」のことです。健康を維持したり、収入を増やすためにしている行動を習慣化し、継続し、それを記録することによって、AIスコアが上昇します。

実際にJ.Scoreを申し込んでみよう!

J.Scoreの仕組みをご理解いただいたところで、ここからは実際に申し込む方法を解説していきたいと思います。過去に消費者金融に申し込んだことがある方にとっては造作も無いことかと思いますが、従来の消費者金融とは異なる部分もあるので、事前に必ず確認しておいてください。

STEP1.質問への回答

用意するもの:メールアドレスとパスワード

以下のリンクをクリックして、質問に回答していきます。先程も少し触れましたが、回答が終了するまでにおおむね30分程度の時間がかかりますので、時間に余裕があるときに手続きを行うようにしましょう。

J.Score公式サイト

スマートフォンから回答する場合は、専用のアプリが便利です。

STEP2:AIスコア、金利と限度額を確認して申し込む

用意するもの:特になし

すべての質問に滞り無く応えると、AIスコアと、それに応じた金利・限度額が表示されます。その下に融資申し込みボタンがあるので、それをクリックしましょう。

STEP3:仮審査結果がメールで届く

用意するもの:とくになし

融資申し込みボタンをクリックすると、数十分~数時間後に仮審査結果がメールで届きます。この間やることはないので、他のことをして待ちましょう。

STEP4:本審査にあたり必要書類を提出する

用意するもの:身分証明書、収入証明書(不要なときもある)

仮審査に通過した場合は、本審査に必要な書類を提出します。書類は大きく「身分証明書」と「収入証明書」に分けられます。

身分証明書は以下の中から選んでください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

収入証明書は、J.Scoreからの借入金額が50万円以上になるか、他社との借入額が合わせて100万円以上になる場合には必ず提出します。収入証明書は以下の中から選んでください。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書、納税通知書
  • 所得証明書

上記の書類を提出するのが難しいという場合は、そのかわりに直近2ヶ月分の給与証明書でもOKとされています。また、直近1年の賞与明細書がある場合はそちらも合わせて提出します。正式に発行された書類であることを確認するために、社印を押してもらいましょう(経理担当者や責任者の担当印だけでは不可)。

STEP5:在籍確認

用意するもの:特になし

在籍確認とは、申込者が勤務先に本当に在籍しているかを確認するための作業です。通常、担当者が勤務先に電話をかけるという形で行われます。その電話に申込者本人が出るか、もしくは他者が出ても本人の在籍が確認できる現地が取れた場合、在籍確認はそこで終了となり、本審査も完了します。逆に在籍が確認されなかった場合、本審査はいつまで経っても完了しません。

「職場に電話がかかってきたらカードローンの利用が周囲にバレるのでは?」と思われるかもしれませんが、実際のところそのようなことはまずありません。

J.Scoreは(あるいは他の消費者金融も)電話をかける時に、担当者名を使います。金融機関名を名乗ることはありません。仮に他者が電話に出て、誰なのか追求された場合でも、決して金融機関名を名乗ることはありません。所要時間は多くても1分~2分程度なので、すぐに終わります。

電話が終わった後、興味本位で「先ほど電話が合ったが誰だったのか」と問われることもあるかと思いますが、そのときは「クレジットカードの申込みのための在籍確認」「銀行口座開設のための在籍確認」などとでも言っておけば大丈夫でしょう。

在籍確認を電話意外で行う方法はある?

どうしても職場に電話を掛けてほしくないという場合は、電話を使わずに在籍確認を行えます。J.scoreにはお客様専用フリーダイヤル「0120-976-426」がありますので、どうしても電話を掛けられるのが嫌だという場合は、そちらで相談してください。電話の代わりに書類提出で済ませられる可能性があります。

ただし、仮審査が通ったらすぐに連絡しないと、電話がかかってきてしまいます。仮審査の結果はメールで返ってきますので、チェックを怠らないようにしましょう。

なお、在籍確認を書類で済ませたい場合は、以下のものが必要となることが多いようです。

  • 在籍先の会社が発行している健康保険証
  • 社名の入った給与明細症や社員証
  • 源泉徴収票

STEP6:契約~借入

在籍確認終了後、本審査の結果が返されます。審査結果に問題がなければ、ウェブ上でそのまま契約が、借り入れ(口座への振込)となります。振込時間は以下のとおりです。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~木 0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~22:55 即時
22:55~24:00 翌日9:00頃
0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~22:55 即時
22:55~24:00 月曜9:00頃
0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~21:40 即時
21:40~24:00 月曜9:00頃
0:00~9:00 当日9:00頃
9:00~16:40 即時
16:40~24:00 翌日9:00頃
0:00~24:00 翌日9:00頃

STEP7:返済

用意するもの:お金

毎月の返済を進めていきます。返済方法は口座振替、ペイジー、銀行振込の3種類です。返済額は以下の返済シミュレーションから計算できます。

J.Score返済シミュレーション

J.score Q&A

最後に、J.Scoreを初めて利用する方向けのQ&A集を置いておきます。公式サイトはもないものもありますので、ぜひご一読ください。

Q1:AIスコアをアップさせる方法は?

まず、先程も少し触れましたが、嘘をつかないことは大前提です。嘘はすべてバレるか、もしくはついても全く意味がないかの二択になると考えておいたほうがいいでしょう。正直に回答することが、一番のコツと言えます。

また、回答できる質問にはすべて回答しましょう。登録に多少時間はかかるかもしれませんが、それに見合った見返り(金利低下)が受けられますので、未来への投資だと思って回答しましょう。

可能な場合は、生活やライフスタイルなどを改善して、属性をより良いものに買えましょう。例えば雇用形態を契約社員から正社員に転換したり、会社での役職や年収を上げたり、あるいはお金を管理して無駄な支出を減らしたり、健康のための取り組みを進めたり……こうした行為を登録すれば、AIスコアは上昇する可能性が高いです。

Q2:利用明細が自宅に送られてくることはある?

利用明細などはすべてインターネット上で交付されますので、自宅や勤務先に送られてくることはありません。省エネですし、家族などにバレる可能性も低くなるので一石二鳥ですね。

Q3:申込みをしたものの音沙汰がない。審査状況はどこで確認できる?

審査結果はメールで随時送られてきますが、申込みから時間が立っているにもかかわらずメールが送られてこないという場合は、J.Scoreのメンバーシップページの「お申込み・審査状況確認」から審査状況を確認しましょう。

「仮審査結果確認・書類提出」となっている場合は、本審査に向けた必要書類(身分証明書、収入証明書)の提出待ちとなっていますので、用意して提出しましょう。

「本審査中」となっている場合は、本審査が行われている最中ですので、その結果を待ちましょう。

「本審査結果確認・契約手続き」となっている場合は、本審査が終了し、契約手続き待ちとなっていますので、契約手続きを行いましょう。

Q4:J.Scoreで当日融資を受ける方法は?

J.Scoreでは平日であれば即日融資が受けられる可能性があります。即日融資を受ける一番のコツは、その日の早い段階で申し込むことです。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~木 0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~22:55 即時
22:55~24:00 翌日9:00頃
0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~22:55 即時
22:55~24:00 月曜9:00頃
0:00~8:00 当日9:00頃
8:00~21:40 即時
21:40~24:00 月曜9:00頃
0:00~9:00 当日9:00頃
9:00~16:40 即時
16:40~24:00 翌日9:00頃
0:00~24:00 翌日9:00頃

早い段階で契約を済ませるためには、更にその前の段階で申込みから仮審査、在籍確認を経て本審査を完了させなければなりません。基本的に審査は申し込みをした順に行われますので、早く本審査を完了させたい場合は、早く申し込むしかないのです。

まとめ

  • J.Scoreはみずほ銀行とソフトバンクによる消費者金融
  • AIが審査の判断を行うのが最大の特徴
  • いくつかの質問に答えるだけでAIスコアが算出され、スコアに応じて審査が行われる
  • 質問に嘘を付くのは厳禁
  • AIスコアが高ければ高いほど金利が低くなり、リワードが受け取れることも
  • 金利は他の消費者金融はもちろん、銀行と比べても低い

21世紀ならではの新しい消費者金融のあり方を示したJ.Score。低金利でしかも即日融資可能ですので、借り入れを考えている方は申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

J.Score公式サイト