海外旅行で微妙に余ったお金(現地通貨)を無駄なく使い切る方法

「海外旅行の際に日本円を現地通貨に変えて持っていったら、思ったほど使わず大量に余らせてしまった……」という経験がある方は少なくないかと思います。紙幣のような大きなお金は銀行や外貨両替所で簡単に日本円と交換してもらえますが、硬貨の交換を受け付けているところは殆どありません。

次の海外旅行に行くまでとっておくという手もなくはないのですが、次いつ海外旅行に行くかなんて大抵の方はわからないでしょうし、そもそもその時まで余った通貨のことを覚えている保証もありません(というか、たいていの方は日常生活を送るうちに忘れていくことでしょう)。

そこで今回は、余った海外の通貨を「すぐに」「簡単に」日本で使える方にする方法を全部で4つお教えいたします。押し入れに大量の通貨を余らせている方は、ぜひご一読ください。

海外旅行で余った通貨を日本で交換する4つの方法

海外旅行で余った通貨を日本で使い切る方法はいくつかありますが、その中でも代表的で簡単に行えるのは以下の4つです。

  • ポケットチェンジで交換する(おすすめ度:★★★★★)
  • スマートエクスチェンジで交換する(おすすめ度:★★★★)
  • 日本の外貨対応店舗で使う(おすすめ度:★★★)
  • 両替所で交換する(おすすめ度:★★★)

ポケットチェンジとは?

ポケットチェンジは、海外旅行で余った外国の紙幣や硬貨を投入すると、日本で使える電子マネーやギフトコードに交換できるマシンです。タッチパネルを操作するだけなので手続きはとっても簡単、個人情報の入力は一切必要ないので安心して使えます。日本円から電子マネーなどへの交換にも対応しているため、もうすぐ母国に帰る外国人にも使われています。

ポケットチェンジの主な設置場所は空港ですが、それ以外にも各種商業施設、大学などにも設置されています。詳しい設置場所はこちらから検索可能です。

ポケットチェンジ 設置場所一覧

設置場所の例
エリア 設置施設 詳細(住所)
関東 羽田空港国際線ターミナル到着ロビー1階 東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港 国際線旅客ターミナルビル2階
関東 成田空港第1ターミナル 中央ビル本館1階 千葉県成田市古込1-1 成田国際空港 第1旅客ターミナル
関東 MEGAドン・キホーテ渋谷本店1階・3階 東京都渋谷区宇田川町28-6 MEGAドン・キホーテ渋谷本店1階
関東 BOOKOFF池袋サンシャイン60通り店 東京都豊島区東池袋1-22-10 ヒューマックスパビリオン2階
関東 東京大学本郷キャンパス本郷第二購買部 東京都文京区本郷7-3-1 本郷キャンパス 本郷第二購買部
関東 川崎DICE1階TSUTAYA川崎駅前店 神奈川県 川崎市川崎区駅前本町8 ダイスビル1階 TSUTAYA 川崎駅前店
近畿 関西空港 国際線出発ゲートエリア 北ウィング 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地 関西国際空港 第1ターミナルビル
近畿 関西空港 国際線到着フロア 北到着口 大阪府泉佐野市泉州空港北1番地 関西国際空港 第1ターミナルビル
中部 中部国際空港旅客ターミナルビル アクセスプラザ2階 愛知県常滑市セントレア1-1 中部国際空港旅客ターミナルビル
北海道 新千歳空港 国際線到着ロビー2階 北海道千歳市美々 新千歳空港 国際線旅客ターミナル2階

ポケットチェンジのおすすめ度が★★★★★の理由は?

ポケットチェンジのメリットは、紙幣だけでなく硬貨も交換できることです。また、交換レートも比較的優秀です。設置箇所はやや都市部に集中していますが、今回紹介する方法の中では比較的多いほうです。目立ったデメリットもなく、総合的に見て最もおすすめと言えます。

ポケットチェンジの対応通貨は?

ポケットチェンジは2019年6月現在、以下の10種類の通貨(日本円含む)に対応しています。ただし、一部の通貨は紙幣にしか対応していません。

硬貨・紙幣に対応
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 中国元
  • ウォン
  • 日本円
紙幣にのみ対応
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • 台湾ドル
  • シンガポールドル
  • ベトナムドン

ポケットチェンジで交換できる電子マネー・ギフトコードは?

ポケットチェンジでは、外貨を以下の電子マネー・ギフトコードに交換できます。

交通系電子マネー
  • Kitaca
  • Suica
  • PASMO
  • Tolca
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
その他電子マネー
    • 楽天Edy
    • WAON
    • nanaco
ギフト券
  • App store
  • AMazonギフト券

ポケットチェンジのレートは?

ポケットチェンジでは、事前に端末でレートを確認できます。交換レートは投入現金の種類、交換先サービス、為替レートなどによって変動します。

なお、ポケットチェンジにはプロモーションコードというシステムがあり、このコードを知っているとレートが優遇されます(コードを紹介した人には紹介報酬が支払われます)。

「ポケットチェンジ プロモーションコード」で検索すると、有効なものが掲載されているサイトがいくつか表示されますので、その中から好きなものを選んでください。

もしあなたがWebサイトを経営している場合は、自らプロモーションコードを発行し、それを紹介してアフィリエイト報酬を受け取ることも可能です。紹介プログラム詳細については、以下のリンクをご確認ください。

ポケットチェンジ 紹介プログラム

ポケットチェンジの使い方は?

ポケットチェンジの使い方はとても簡単です。まず、ポケットチェンジ 設置場所一覧から、お近くのポケットチェンジを探してアクセスしましょう。ポケットチェンジは以下のような形状をしています。大きさがあるのですぐに分かるかと思いますが、見つからない場合は店舗の店員などに尋ねましょう。

画像引用元:トラベルウォッチ

ポケットチェンジの操作はタッチパネルで完結します。面倒なボタン入力などは一切必要ありません。交換先選択→外貨投入→受取りの3ステップで全て完了。コインは複数枚投入が可能で、読み取れなかったものは返却or寄付を選択できます。

交換先がタッチ式の電子マネーの場合は、カードやスマホをかざせばその場でチャージできます。ギフト券などの場合は、ギフトコード・クーポンコードが記載されたレシートが出力されるので、それを使って交換先サービスの手続きを行います。

スマートエクスチェンジとは?

スマートエクスチェンジは、アクトプロの自動外貨両替機です。ポケットチェンジが電子マネーやギフト券などに変換するものであるのに対して、こちらは日本円(現金)に交換できるのが大きな特徴です。ただし、投入できるのは海外の紙幣のみであり、硬貨は対象外です。

タッチパネルを操作するだけなので手続きはとっても簡単、個人情報の入力は一切必要ないので安心して使えます。外貨から日本円の交換のみとなっていますので、外国人観光客向けのサービスではありません。

スマートエクスチェンジの主な設置場所は空港近隣ですが、それ以外にも各種商業施設、大学などにも設置されています。詳しい設置場所はこちらから検索可能です。

スマートエクスチェンジ 設置場所一覧

設置場所の例
エリア 設置施設 詳細(住所)
関東 羽田空港国際線ビル駅 東京都大田区羽田空港2-6-5 羽田空港 国際線旅客ターミナルビル2階
関東 マロウドインターナショナルホテル成田 千葉県成田市駒井野763-1
関東 東京駅 免税カウンター 東京都千代田区丸の内1-9-1
関東 渋谷グランベルホテル 東京都渋谷区桜丘町15-17
関東 横浜ワールドポーターズ 神奈川県横浜市中区新港2-2-1
近畿 NAMBAウォーク1番街 B5階段横 大阪府大阪市中央区難波2-1-3
近畿 関空ジョイテルホテル 大阪府泉佐野市日根野4066
中国 ホテルサンルート広島 広島県広島市中区大手町3-3-1
九州 博多エクセルホテル東急 福岡県福岡市博多区中洲4-6-7
中部 名古屋JRゲートタワーホテル 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3

スマートエクスチェンジのおすすめ度が★★★★の理由は?

スマートエクスチェンジのメリットは、設置箇所が多いことと、現金に変えられることです。一方、デメリットは硬貨が交換できないことです。総合的に見て優秀な方法であることは確かなのですが、海外旅行でより余りがちな硬貨に対応していないというのは見逃せないことから、ポケットチェンジよりも低く評価しました。

スマートエクスチェンジの対応通貨は?

ポケットチェンジは2019年6月現在、以下の12種類の通貨に対応しています。いずれも紙幣のみの対応です。

  • 米ドル
  • ユーロ
  • 中国元
  • 台湾ドル
  • 香港ドル
  • 韓国ウォン
  • 英ポンド
  • シンガポールドル
  • 豪ドル
  • タイバーツ
  • マレーシアリンギッド
  • インドネシアルピア

スマートエクスチェンジの交換レートは?

スマートエクスチェンジでは、事前に端末でレートを確認できます。交換レートは投入現金の種類、交換先サービス、為替レートなどによって変動しますが、人件費をかけずに端末で運営していますので、交換レートは銀行などと比べると有利に設定されていることが多いようです(必ずしも銀行より有利になるわけではありません)。

また、スマートエクスチェンジにはクーポンQRコードというシステムがあり、このコードを知っているとレートが優遇されます。

クーポンQRコードの取得は非常に簡単です。スマートエクスチェンジの公式サイトにアクセスするだけです。以下のリンクをクリックすればOKです。

スマートエクスチェンジ公式サイト クーポンQRコード

表示されているクーポンQRコードを、スマートエクスチェンジに読み込ませばすべて完了。後は通常通り手続きを進めるだけで、有利な交換レートで両替できます。クーポンQRコードには有効期限が設定されており、その期限内なら何度でも使えます。期限が過ぎたものは使えなくなってしまいますので、取得後は速やかに使いましょう。

スマートエクスチェンジの使い方は?

スマートエクスチェンジの使い方はとても簡単です。まず、スマートエクスチェンジ 設置場所一覧から、お近くのポケットチェンジを探してアクセスしましょう。ポケットチェンジは以下のような形状をしています。大きさがあるのですぐに分かるかと思いますが、見つからない場合は店舗の店員などに尋ねましょう。

画像引用元:スマートエクスチェンジ公式サイト

操作はすべてタッチパネルで行います。まずは言語を選択し、両替開始ボタンをタップ。あとは交換したい現金を投入し、払い出しを受けるだけです。現金以外に明細書も排出されるので、忘れずに受取りましょう。

日本の外貨対応店舗とは?

外貨対応店舗とは、文字通りが以下での支払いに対応している店舗、もっとわかりやすく言えば外国のお金が使えるお店のことです。

外貨対応店舗のおすすめ度が★★★の理由は?

外貨対応店舗は店舗によって受け付けている通貨や店舗数が大きく異なります。最も取扱い通過が多いのはドン・キホーテですが、それでも7種類であり、ポケットチェンジやスマートエクスチェンジには劣ります。

ヨドバシカメラやハードオフグループは米ドルのみで、より貧弱です。また、常にこの店で買い物したいというニーズがあるわけでもないでしょう。上記のことを鑑みて、やや低めの評価を下しました。

外貨対応店舗って、具体的にどこ?

細かいところまで上げるとキリがありませんので、全国的にも特に有名なところに絞って紹介いたします。

ドン・キホーテ

外貨対応店舗の中でおそらく最も有名なのが、「驚安の殿堂」のキャッチコピーで知られるディスカウントショップ「ドン・キホーテ」です。ドン・キホーテでは現在、以下の7種類の紙幣での支払いを受け付けています。

  • 米ドル
  • 中国元
  • ユーロ
  • 台湾ドル
  • 香港ドル
  • タイバーツ
  • 韓国ウォン

ドン・キホーテの店舗内には「外国通貨お支払いレジはこちら」という外貨精算カウンターがあるので、そこに商品と外貨を持っていけばOKです。お釣りは日本円で返ってきます。

交換レートは「ドンキ独自レートで」と表記されていますが、実際に利用した人の口コミを確認すると、そのレートは銀行などよりも多少不利に設定されているようです。

両替のレートはドン・キホーテの方がみずほ銀行より少しばかり良くない結果に。。
ですが、外貨の日本円への換金はできる場所も限られていますし、少額の外貨なら日本円の代わりに使える利便性の方がメリットがあるように感じます。

引用元:moriya-blog

ヨドバシカメラ

大手家電量販店のヨドバシカメラでは、全店舗で米ドルが使えます。支払い方法に特に難しいところはなく、日本円で払うときと同じように現金を差し出せばOKです。米ドルで支払った場合でも、日本円のときと同じように10%のポイント還元が受けられます。

また、大阪のヨドバシ梅田店には外貨両替専門店「ワールドカレンシーショップ」が入店しており、21種類の外貨を取り扱っています。

ハードオフグループ

買取・販売のリサイクルショップ、ハードオフグループ。現在7つのブランドを抱えていますが、そのうち

  • ハードオフ(パソコン、オーディオ、腕時計、カメラなど)
  • オフハウス(ブランド品アクセサリー、ギフト、家電、インテリア、服など)
  • ガレージオフ(オーディオ&ナビ、カーグッズ、タイヤ、ホイール、本など)
  • ホビーオフ(食玩、カプセルトイ、カード、ノベルティ、フィギュアなど)

では、米ドルの支払いを受け付けています。

両替所とは?

両替所とは、文字通り外貨を日本円に両替できる場所のことです。

両替所のおすすめ度が★★★の理由は?

両替所のメリットは、店舗数が多いことです。一方、デメリットは交換レートに難があるケースが多いことと、対面形式なためやや時間がかかるです(一部の店舗では宅配による両替を受け付けています)。それなりに有益なサービスではありますが、ポケットチェンジやスマートエクスチェンジの利便性には及ばないため、この評価となりました。

両替所の種類は?

両替所と一口に言っても、いろいろと種類があります。

外貨両替専門店

外貨両替専門店とは、文字通りが以下の両替を専門的に行っている業者のことです。具体的には「外貨両替ドルユーロ」「外貨両替ニホンEX」などが該当します。

細かいサービスは業者によって異なりますが、基本的に交換レートは優秀であることが多いです。また、宅配買取に対応している業者もあります(その場合は簡易書留などで送るため、その分の費用が上乗せされます)。両替所の中では、比較的おすすめと言えます。

空港の両替所

空港の両替所は海外旅行から帰国した直後に立ち寄れる利便性が最大のメリットです。失念さえしていなければ、非常に便利です。ただ、一方で空港に設置されている両替所の交換レートにはかなりのばらつきがあることもまた事実です。トラベルメディア「トライシー」によれば、同じ羽田空港国際線ターミナル両替所でも、通貨によっては9円もの差がつくことがあるとのことです。

を筆頭に11通貨に対応しています。店舗数の多さは明確なメリットであり、交換レートもまずまずです。

米ドルから日本円では、みずほ銀行が30銭ほどの差をつけて三井住友銀行よりもレートが良く、SBJ銀行が続き、トラベレックスは他3箇所と約9円もの差があった。1,000米ドルの両替では差が約9,000円になり、かなりもったいない。

●米ドル→日本円
みずほ銀行(110.61)>SBJ銀行(110.45)>三井住友銀行(110.30)>トラベレックス(101.29)

交換レートに大きな差がある以上、両替所選びは慎重に行う必要があります。引用元: 羽田空港国際線ターミナルでの両替、各銀行を徹底比較 衝撃の”9円差”が判明

金券ショップ

大黒屋チケットショップトーカイなどの金券ショップも、外貨両替を受け付けています。取扱通貨は店舗によって異なりますが、例えば大黒屋の場合は米ドルなど11通貨に対応しています。

銀行

銀行でも外貨両替に対応しています。ただし、交換レートはあまり有利とは言えず、時間も限定されているため、基本的にはあまりおすすめできません。他に有力な選択肢がない場合に消極的に選ぶ、という形になるかと思います。

まとめ

  • 海外旅行で余った通貨を有効に使い切る方法はたくさんある
  • ポケットチェンジは硬貨も電子マネーやギフトカードに交換できるのが最大のメリット
  • スマートエクスチェンジは外貨をすぐに日本円にできる
  • 外貨対応店舗はいろいろあるが、対応通過が最も多いのはドン・キホーテ
  • 両替所でも交換可能だが、交換レートには要注意

海外旅行で余った通貨は、ずっと眠らせておくよりも日本で有効に使うべきです。余っている通貨にお悩みの方は、是非今回の記事で紹介した交換方法をためしてみてください。