「お金」と「幸せ」の関係がわかる!限られた年収で幸せになる方法は?

「幸せはお金で買えるのか」。お金という概念が誕生してから現代に至るまで何度も問われていることですが、まだ人類はこれに対する統一見解を出せていません。「幸せはお金では買えない」という人もいる一方で、「幸せになるためにはある程度のお金が必要」という人もいます。

一方で、最近はこの悪魔の質問に対して答えを出すための研究も進められています。今回の記事ではそんな最新の研究をいくつか紹介したいと思います。

年収と幸福度は相関するか?

2010年に行動経済学者であるダニエル・カーネマン氏が発表した論文によれば、年収が低い時点では年収と幸福度は比例するものの、年収が7万5000ドルを超えるとそれ以上収入が増えても幸福度には変化が見られなくなるそうです。

ただ、アメリカで年収7万5000ドルを超える人の割合の少なさを考えると、ほとんどの人は「年収と幸福度が比例する世界で生きている」ともいえます。一体なぜ、年収が増えると幸福度も上昇するのでしょうか。「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、具体的に言語化してみましょう。

年収が低い人ほどお金のことを考えすぎて幸福度が下がる

年収が低い人の幸福度が低い理由は簡単です。彼らは年収が低いゆえに、お金の苦労・心配が絶えないのです。

  • 今月の家賃どうしよう
  • 欲しいものがあるけど我慢しなくちゃ
  • 給料日まで後3日あるのに財布にも口座にもお金がない
  • 今月の電気代払えるかな……

このような不安・不満と常に戦うことになるため、どうしても幸福度が低くなるのです。

一方で年収が増えてくると、そのような心配をしなくてよくなります。欲しいものもある程度自由に買えるようになりますし、貯金もできるので急な病気になったときのお金の心配などもせずに済みます。使い古された言い方をすれば「お金から自由になれる」のです。

お金から自由になれば、当然幸福度は上がります。年収が7万5000ドル未満のゾーンでは年収と幸福度が比例するのは、「年収が増えるとお金の心配をしなくて良くなるため」であるといえるでしょう。

一方で年収が一定値(この場合は7万5000ドル)を超えると、もうそれ以上お金から自由になることはできないため、幸福度が上がらないと考えられます。

もちろん、年収7万5000ドルと30万ドルでは後者のほうがいい暮らしができることは間違いありませんが、稼ぐようになればそれだけ別の心配が生まれる(資産を守るためにはどうすればいいかなど)ため、幸福度の上昇が打ち消されてしまうのです。

年収増加がもたらす「3つの幸せ」とは?

2018年1月にバデュー大学の研究者であるアンドリュー・ジェブ氏が発表したところによれば、やはり年収増加によって幸福度は増加するものの、それには限度があるとのことです。ここまではダニエル・カーネマン氏の発表とほぼ同じですが、ジェブ氏は年収増加がもたらす幸福度をさらに3つに分類しています。

1つ目の幸福度は、楽しみ、笑顔、笑いなどのポジティブな感情が増加することによるものです。日本を含む東アジアでは、おおむね6万ドル(660万円)が飽和値(幸福度の上昇が打ち止めとなる年収)となっています。つまり、年収が増えるに従ってポジティブな感情は増加するものの、6万ドル以上になると増加が止まる、というわけです。

2つ目の幸福度はストレス、怒り、不安などのネガティブな感情が減少することによるものです。日本を含む東アジアでは、おおむね5万ドル(550万円)が飽和値となっています。つまり、年収が増えるに従ってネガティブな感情は減少するものの、5万ドル以上になると減少が止まる、というわけです。

3つ目の幸福度は、個人の認知的評価を含む、人生の総合的な満足度を示すものです。日本を含む東アジアでは、おおむね11万ドル(1210万円)が飽和値となっています。この種類の幸福は、高いゴールを達成したか、他人と比べてどうなのかといった影響を受け易いため、飽和値も高くなっています。

また、地域の平均年収と幸福の飽和地には相関があることも明らかになりました。例えばオーストラリア・ニュージーランド地域では、飽和値は12万5000ドル(1375万円)であるのにたいして、ラテンアメリカ・カリブ海地域では3万5000ドル(385万円)でした。豊かな地域ほど飽和値も高いといえます。

金融資産と幸福度は関係するか?

米アリー銀行が2013年に行った調査にでは、金融資産(貯蓄)が少ない段階では、金融資産と幸福度がおおむね比例することが明らかになっています。

この調査によれば、貯蓄額別に「非常に幸せ」、「とても幸せ」と答えた割合は以下の通りでした。

  • 貯金額10万ドル(1055万円)以上 57%
  • 貯金額2万~10万ドル(210万~1055万円)42%
  • 貯金額2万ドル(210万円)以下 34%
  • 貯金額ゼロ 29%

貯金額が多いほど、幸福度が高いことが明らかになっています。

一方、富裕層となってくると少し話が変わってきます。ハーバードビジネススクールとマンハイム大学の研究者が行った調査によれば、純資産が1500万ドル(15億8374万円)の超富裕層の幸福度が5.84ポイント(7点満点)であるのに対して、純資産150万ドル~290万ドル(1億5837万~3億620万円)の富裕層の幸福度は5.79ポイントでした。

純資産に5倍~10倍の開きがあるにもかかわらず、幸福度はほぼ同じだったのです。

  • 150万ドル~290万ドル(1億5837万~3億620万円) 5.79
  • 300万ドル~790万ドル(3億1675万~8億3411万円) 5.81
  • 800万ドル~1490万ドル(8億4466万~15億7319万円) 5.97
  • 1500万ドル以上(15億8374万円) 5.84

一般層はおおむね貯蓄と幸福度が比例するのに対して、富裕層~超富裕層ではその関係は見られません。年収が増加すると幸福度が頭打ちになるように、貯蓄額も増加すると幸福度が頭打ちになる、というわけです。

ちなみに、

一方、米アリー銀行は年収と幸福度についても同様の調査を行っており、その結果は以下のようになっています。

  • 年収15万ドル(1581万円)以上 45%
  • 年収10万ドル~15万ドル(1055万~1581万円) 48%
  • 年収7万5000ドル~10万ドル(790万~1055万円) 43%
  • 年収5万ドル~7万5000ドル(527万~790万円) 40%
  • 年収2万5000ドル~5万ドル(263万~527万円) 25%

こちらは年収が7万5000ドルを超えるとほぼ頭打ちとなっており、ダニエル・カーネマン氏が導いた結論と一致していることがわかります。

幸福度は周囲の人間との比較によって決まる?

上記の「日本の幸福度」では、1958年の日本人と1998年の日本人の幸福度(正確には生活満足度)比較も行われています。両者の間には6倍もの実質GDP格差があるにもかかわらず(もちろん後者のほうが上です)、生活満足度は上昇していませんでした。

1958年の日本人と1998年の日本人では後者のほうが明らかに豊かであるにもかかわらず、なぜ生活満足度は上昇しなかったのでしょうか。これは多くの人間が参照点(自分の幸福度を図るための基準)に、同時点での周囲の人間を当てはめているからだと考えられています。

1998年時点で年収が高かった人は、参照点となる「同時点での周囲の人間」の大半が自分よりも年収が低いので「ああ、自分は幸福なんだ」と感じ、年収が低い人は「同時点での周囲の人間」の大半が自分よりも年収が高いので「ああ、自分は不幸なんだ」と感じたのです。

1998年時点で年収が低い人も、1958年の平均的な日本人よりは高い収入を得ているのですが、その事実を伝えたところで本人は喜ばないでしょう。過去の日本人は参照点にはならないからです。

一時点では年収の高い人たちのほうが幸福度が高くなるものの、長期的には国が経済成長しても全体の幸福度は上昇しない、という現象は、日本に限られず見られるものです。これを「イースタリン・パラドックス」といいます。

性格に見合ったお金の使い方で幸福度が上がる?

ケンブリッジ大学の心理学者であるサンドラマッツ氏によれば、「性格にあった支出は幸福度を増加させる」とのことです。人によって、幸福になるためのお金の使い方は異なる、ということですね。

ここでいう「性格」とは、「ビッグファイブ」と呼ばれる5つの因子から図りだしたものです。

これはアメリカの心理学者ルイス・R・ゴールドバーグが提唱したもので、個人の性格=個性は、

  • Openness(開放性)
  • Conscientiousness(誠実性)
  • Extraversion(外向性)
  • Agreauleness(協調性)
  • Neuroticism(神経症的傾向)

という5つの因子の傾向によって決まる、というものです。例えばOpennessが高い人は新しいアイデアを生み出すことを好み、Conscientiousnessが低い人は計画性よりも直感的な行動を好みます。Extraversionが高い人はリスクやスリルを好み、Neuroticismが低い人は感情が安定しています。

この5つの因子の組み合わせによって性格おおむね分類され、その性格に沿ったお金の使い方をすることによって、幸福度が上昇する、というわけです。

例えば外交的な人は人と交流するためにお金を使うと幸福度が上昇しやすい一方で、そうでない人は自分と向き合うパーソナルジムなどの健康と運動にお金を使うと幸福度が上昇しやすい、という塩梅です。

自分の性格がわからない……という方は、以下のリンクからビッグファイブに関する無料診断を受けてみてください。

5つの性格診断心理テストプラス BIGFIVE Personality Test +

地位財よりも非地位財にお金を使ったほうが幸福度は上昇する?

上記の通り、基本的に何に対してお金を使えば幸福度が上昇するかは人によって異なるわけですが、一方で基本的に地位財よりも非地位財のほうが幸福度を上昇させやすい、という研究結果もあります。

地位財とは、他人と比較することによって初めて優位性が生まれるものです。自動車、時計、住宅などが該当します。

一方、非地位財とは健康、良好な環境、社会への帰属意識などのことです。地位財は短期的な幸福しかもたらさないのに対して、非地位財は総じて長期的な幸福をもたらしてくれます。

個人が使えるお金には上限額がありますから、地位財にかけるお金の割合を増やせば、それだけ非地位財に掛けられるお金が減り、長期的な幸福を得られなくなってしまいます。

地位財の獲得競争は無限に続くものであり、「わかっちゃいるけどやめられない」という殴り合いに発展しがちです。そのような競争に陥っていることに気づいたら早めに撤退し、非地位財にお金をかけたほうが賢いと言えるでしょう。

他人のためにお金を使うと幸福度が上昇する?

自分のためにお金を使うよりも、他人のために使ったほうが幸福度が上昇するという研究結果があります。

アメリカのハーバード・ビジネス・スクールのマイケル・J・ノートンは、以下のような実験を行いました。

カナダのバンクーバーで通行人に買い物の指示書と5ドルまたは20ドルの入った封筒を配り、そのお金の使い方によって、人々の幸福感がどのように変化するかを調べる実験でした。封筒の中の指示書は2種類ありました。ひとつは、その日の5時までに自分へのギフトを買うか、自分のための支出をするように指示するもの、もうひとつは、同じ時刻までに他人へのギフトを買うか、チャリティに寄付することを指示するものでした。

 

その結果、幸せへの影響は5ドルでも20ドルでも同じ、つまり金額による差はありませんでしたが、使いみちとしては自分のためではなく他人のためにお金を使った人たちのほうが、より幸せになっていたのです。

引用:ハーバード流 幸せになる技術(PHPビジネス)

金額の多さにかかわらず、他人のためにお金を使うと幸福度が上昇するーーにわかには信じがたい結果ではありますが、同様の結果は複数の研究・実験から裏付けられています。年収が低いウガンダで同様の実験を行ったところ、やはり他人のためにお金を使った人は幸福度が上昇したことです。

アメリカでは大富豪が多額の寄付をすることがままあります。もちろん節税や高感度アップといった合理的な理由、あるいは宗教的な理由もあるのかもしれませんが、彼らはひょっとすると他人のためにお金をつかうことが自分が幸福になるための手段であると気づいているのかもしれません。

体験にお金を使うと幸福度が上昇する?

コーネル大学の心理学教授、トーマス・ギロヴィッチ氏によれば、物質的なもの(家、服、家電など)よりも体験(ライブ、旅行など)にお金を使ったほうが、幸福度が上昇しやすいとのことです。

ギロヴィッチ氏がものを買った人と体験を買った人の追跡調査をしたところ、両者の幸福度は最初の時点ではほぼ同等だったものの、時間がたつに連れてものを買った人の幸福度は下がり、経験を買った人の幸福度は上がったそうです。

人間には適応能力、すなわち今の環境になれる能力があります。ものを買うと最初は幸せ空き持ちになれますが、時間が経つとそのものがあるのが当たり前になってしまい、その結果幸せを感じられなくなって、幸福度が下がってしまうのです。「ものは手に入れるまでが一番楽しい」というわけです。

一方、体験はこの先も繰り返し思い出しては浸れるものであるため、時間の経過によって幸福度が薄れにくく、むしろ時間とともに熟成されていきます。

ハーバード大学ビジネス・スクールのマイケル・ノートン教授も調査から同様の結論を導いており、特に体験は計画段階から幸福度が高まり、当日もしくは前日にそのピークを迎えるとしています。

ちなみに、ダニエル・カーネマン氏の調査によれば、人に幸福・不幸をもたらす「体験」トップ5は以下のとおりです。

幸福トップ5

  1. セックス
  2. 仕事帰りの友人とのおしゃべり
  3. 夕食
  4. リラックス
  5. 昼食

不幸トップ5

  1. 朝の通勤(電車など)
  2. 仕事
  3. 夕方の帰宅(電車など)
  4. 子供の世話
  5. 家事

ベスト5の中でも特に幸福度が高いのはセックスです。遺伝子の乗り物である人間の使命は生殖であり、本能的なものなのかもしれません。性生活が活発な人は、そうでない人と比べて年5万ドルもの幸福感を得ている、というデータもあります。

まとめ

  • 年収・金融資産と幸福度は比例関係にある
  • ただし年収・金融資産が増えるといずれ頭打ちになる
  • 幸福度を上昇させるお金の使い方は性格次第
  • 非地位財は幸福度を長期的に上昇させやすい
  • 「他人のため」「体験」は幸福度を上昇させやすい

お金と幸せの関係性を把握すれば、自分の幸福度を意図的に上昇させられます。「お金があるのに幸せになれない」「お金がないから幸せになれない……」という方は、今回の記事を参考に、自分の行動を変えてみてください。