お札を洗濯してしまったときのベストな対処法が分かる記事

ポケットの中にお札を入れたまま洗濯してしまったからと言って、全く絶望する必要はありません。よほどお札がぼろぼろになっていない限りは、銀行で新しいお札と交換してもらえるからです。

そして日本の紙幣というのは非常に丈夫にできているので、洗濯機で回した程度では崩れることはありません。慌てず騒がず落ち着いてお札を取り出して、銀行に持っていきましょう。

お札をポケットに入れたまま洗濯してしまう人は少なくない

ついうっかりお札をポケットに入れたまま洗濯していたことに気づいたときの絶望感、半端ないですよね。「もしかしたらこんな失敗をしているのは自分だけなのでは……」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、お札をついうっかり服のポケットに入れたまま洗濯してしまった経験があるという人は、実はたくさん存在します。

例えばYahoo!知恵袋で「お札 洗濯」と検索すると、実際にそのようなミスをしてしまった人の質問が沢山投稿されていることが確認できます。

みんな失敗談をわざわざ自分から口にしないだけで、影ではこのような失敗をしているのです。もしあなたが同じようなことをしてしまったとしても、全く落ち込む必要はないのです。

そもそも洗濯したくらいでは、日本のお札は破れない

実際にお金を洗濯してしまったことがある方はわかるかと思いますが、お札は洗濯してしまったくらいで破れることはまずありません。同じ紙であるティッシュペーパーを洗濯してしまったときはボロボロのばらばらになってしまい、洗濯物にこびりついてしまうのに、この差は何なのでしょうか。

実はお札の原料は、一般的な紙に使われるパルプではありません。みつまたやマニラ麻などの特殊な植物繊維です。これらの原料を使ったお札は、普通の紙と比べて非常に丈夫なので、洗濯機で回すくらいではびくともしないのです。

ポケットに折りたたんで入れてしまっていた場合でも、丁寧に取り出して開けば破れることはまずないでしょう。

ただし、お札は紙でできているので、一度濡れてしまうと縮んでしまいます。本に水をこぼしたことがある方はおわかりかと思いますが、一度濡れて縮んでしまった紙は元には戻りません。これについては残念ながらお札も同様です。

中にはお札をドライヤーで乾かしたり、アイロンがけしたりする方もいらっしゃるようですが、あまり意味がない上にアイロンがけは危ないのであまりおすすめはしません(銀行に持ち込む際には乾かす必要がありますが)。

濡れて縮んでしまったお札を使ってもいいの?

濡れて縮んでしまったお札を乾かして店舗で使うことに、法律上の問題はありません。「やりたければやればいい」程度の話です。

しかし、そのようなお札は店頭で受け取りを拒否される可能性も否定できませんし(店舗がわからしたら迷惑な話だからです)、ATMや自動販売機などの機械では読み取れない可能性も高いです。

無理やり入れようとすると機械が故障し、最悪の場合賠償金を支払う羽目になります。日本銀行も、濡れてしまったお札は銀行で交換することを推奨しています。わざわざ無意味にリスクを背負う必要もないので、素直に銀行に持っていきましょう。

(3) お札を洗濯してしまいぼろぼろになった。

濡れた銀行券については、できる限り1枚ずつの状態で乾燥させて持ち込んで下さい。

引用元:日本銀行札幌支店 よくある質問

銀行でお札を新品に変えて貰う方法は?

銀行で濡れたお金を交換してもらうのは非常に簡単です。まず、近くの銀行(日本銀行でも民間銀行でもOK。預金口座を持っていない銀行でもOK。ゆうちょ銀行は不可の場合あり)に持ち込みます。当然、営業時間内でなければ受け付けてもらえないので注意しましょう。

銀行の窓口で「お札が濡れてしまったので交換して欲しい」と告げると、両替表を渡されます。両替票とは、お札の両替を依頼する際に書き込む書類のことです。細かいデザインは銀行毎に異なりますが、例えば熊本銀行の場合は以下のようなものになっています。

引用:熊本銀行

下の方に手数料が書いてありますが、通常ポケットに入る程度の枚数ならば無料です。両替表を提出すると、大抵の場合は数分程度の待ち時間で交換してもらえます。あまりにも損傷具合がひどい場合は、日本銀行での鑑定が必要になることもありますが、それは例えばシュレッダーにかけてしまった場合などであり、今回の記事には関係ないでしょう。

交換手続きの際に必要な持ち物は?

原則として、濡れたお札そのもの以外に特に必要なものはありません。ただし、大きく破れている場合などは、身分証明書などを求められることもあります。心配な場合は、事前に銀行に電話で確認しておくといいでしょう。

銀行にお金を持ち込む際のポイントは?

洗濯して濡れてしまったお金を銀行に持ち込む際は、必ず乾燥させて、1枚ごとに分けておいてください。濡れて固まったままのお札を持ち込んでも交換してもらえないわけではありませんが、その場で色々と手間がかかることになります。

乾燥方法は自然乾燥でもいいですし、ドライヤーなどを使ってもいいでしょう(アイロンは危ないのであまりおすすめできません)。

お札が濡れていても満額で交換してもらえるの?

破れていなければ、満額で交換してもらえます。また、破れている場合でも、面積の大半が残っていれば、やはり満額で交換してもらえます。細かい基準は以下のとおりです。

  • 面積が3分の2以上残っている場合は、全額引き換え。
  • 面積が5分の2以上3分の2未満残っている場合は、半額として引き換え。
  • 面積が5分の2以下の場合は、銀行券としての価値は無く失効。

引用:日本銀行本店

まとめ

  • 「お札をポケットに入れたまま服を洗濯してしまう」のはよくあること
  • 日本のお札は濡れたくらいではまず破れない
  • 濡れたお札は乾かしても元には戻らず、無理にATMなどに押し込もうとすると故障する可能性もある
  • 損傷具合が厳しい場合は、免許証などの身分証明書を求められることもある
  • 濡れたお札は銀行で交換してもらえる。3分の2以上の面積が残っていれば全額返ってくる

もしお札を間違えて洗濯してしまったとしても、焦ったりがっかりしたりする必要は全くありません。落ち着いて取り出し、銀行に持っていきましょう。