投資経験0の人にこそおすすめ!「ロボアドバイザー」でお金を運用しよう

  • 資産運用を始めてみたいけれど、損失を出すのが怖い
  • 資産運用のための勉強とか、正直面倒くさい興味もない……

こうしたごくごく普遍的な悩みを解決してくれるのが、今にわかに注目を集めている「ロボアドバイザー」です。ロボアドバイザーとは文字通り、資産運用のアドバイスをしてくれるロボット(AI)です。

AIなんかに資産運用を任せて大丈夫?」と思われるかもしれませんが、今のAIは(おそらくあなたが思っている以上に)賢く、特定のジャンルに限れば人間を遥かに凌駕する知識を持っています。

しかもロボットなので、感情に流されて変な判断をしてしまうこともありません。ある意味、熟練した人間のファイナンシャル以上の能力を持っていると言っても過言ではありません。

今回の記事では現代人として知っておきたいロボアドバイザーの基本的な仕組みとメリット・デメリット、さらにはそれを使ってなるべく少ないリスクで稼ぐ方法や正しいロボアドバイザーの選び方までをまとめて解説いたします。

ロボアドバイザーは「投資の勉強をしたくない」人にこそ必須のサービスですので、ぜひご一読ください。

ロボアドバイザーは資産運用をアドバイスしてくれる心強い見方

ロボアドバイザーとは、投資家の資産運用方針を決めたり、実際に運用をしたりするロボットです。ただし、ロボットと言ってもペッパーくんやAIBOのように実体があるものではありません。

資産運用までを行ってくれるものを「投資一任型ロボアドバイザー」、アドバイスだけを行うものを「投資アドバイス型ロボアドバイザー」といいます。今回の記事では投資一任型のロボアドバイザーについてのみ解説を行います(投資アドバイス型のものは手間がかかり、初心者には煩わしいと思われるため)。

ロボットアドバイザーの基本的な流れ

ロボットアドバイザーは複数種類あり、ものによって多少サービスの内容は違いますが、基本的には

  • 利用者がいくつかの質問に答える
  • ロボアドバイザーがその回答をもとに適切なポートフォリオを組む
  • 利用者はそれを確認し、運用を任せる

という流れになっています。運用は基本的には毎月積み立てていくという方法で行います。ここで大切なのが質問への答え方です。質問はその人がどれくらいリスクを取れるかを確認するために行われるもので、主に年収、金融資産額、自身の投資に対する考え方などが問われます。

例えば「年収800万円」「金融資産額1000万円」「持っている投資信託が値下がったら買い増しを行う」という人はリスク許容度が高いため、外国株式などのハイリスク・ハイリターン(平均利回りが高いが、そこから大きく外れる可能性も高い)ポートフォリオが組まれます。

逆に「年収300万円」「金融資産額50万円」「持っている投資信託が値下がったらすぐに売る」という人はリスク許容度が低いため、国内債券や定期預金などのローリスク・ローリターンなポートフォリオが組まれます。利用者はこのポートフォリオをよく確認し、問題がなければゴーサインを出します。

ロボアドバイザーを今すぐ利用する5つのメリット

ロボアドバイザーは従来の投資にはない様々なメリットがあります。ここではその中でも特に初心者の方にとって恩恵が大きいものを全部で5つ紹介いたします。

感情に左右されずに投資ができる

ロボアドバイザーを利用する一番のメリットは、感情に左右されずに投資ができることです。「一番がそれ?」と思われるかもしれませんが、この点は初心者にとっては手数料や銘柄選びなどよりもはるかに大切です。人間の脳、特に初心者の脳は、投資というものにそもそも向いておらず、その向いていない作業をロボットに任せられるからです。

アメリカでは現在、行動経済学という学問が人気を集めています。行動経済学とは従来の経済学の数学モデルに、心理学的な事実を組み合わせた、新しい経済学です。

従来の経済学では人類を「ホモ・エコノミクス」と考えていました。ホモ・エコノミクスとは簡単に言えば、経済的合理性に基づいて、自分の利益を最大化するために行動する(行動できる)人間のことです(他にも細かい仮定はいろいろあります)。

しかし、みなさんもすでにご存知の通り、人間はそれほど合理的な生き物ではありません。

時には自分が損をしても他人を助けることもありますし、感情に流されて明らかに損な選択肢を選んでしまうこともあります。人間の脳は従来の経済学が想定していたほど賢くはなく、不合理なものだったのです。

実際の人間が不合理な生き物であるにもかかわらず、ホモ・エコノミクスを全体に理論を打ち立てても、その理論と実際の人間の行動、そしてその行動が引き起こす結果には齟齬が生まれてしまいます。そこで生まれたのが行動経済学、というわけです。

行動経済学の研究により様々な事実が明らかになりました――「人間の脳はそもそも資産運用には向いていない」ということも含めて。

参考記事:「人間の脳は資産運用に向いていない」ウェルスナビ柴山氏が語るロボアドバイザーとAIの時代

こうした事実が明らかになる中で、ロボアドバイザーが生まれたのは必然のことと言えます。ロボアドバイザーこそが「ホモ・エコノミクス」により近い存在である、と言えるかもしれません。

投資の知識がなくても始められる

ロボアドバイザーは上記の通り、ポートフォリオが自動で組まれるため、初心者の方でも問題なく取り組めます。通常の投資信託だと「株式を●●%で債券は××%で……」と言った資産配分を自分で考えなければならなかったのですが、ロボアドバイザーはそうした面倒な作業を全て代行してくれます。

自動でリスク許容度が図られ、自動でポートフォリオが組み直されるのですから、こんなに楽なことはありません。

ロボアドバイザーがどのような投資をしているかの確認をする必要はありますが、少なくとも従来の投資よりはずっと簡単に始められます。

運用コストが安い

ロボアドバイザーを利用するにあたっては、手数料を支払う必要があります。ロボアドバイザーの手数料は大きく以下の5種類に分けられます。

  1. 手数料:ロボアドバイザーに銘柄選びは配分、リバランス(配分の見直し)を任せるための手数料
  2. 信託報酬:ETFの運用会社などに支払う手数料
  3. 売買手数料:投資信託の購入、売買にかかる手数料
  4. 為替手数料:海外の投資信託を購入する場合に、円と外貨を交換する際にかかる手数料
  5. 信託財産留保額:投資信託を解約するときにかかる手数料

こうしてみるとずいぶんあるように見えますが、ほとんどのロボアドバイザーは3,4,5が無料なので、実質的には1と2だけ考えればいいことになります。2がないところも珍しくなく、その合計額はどのロボアドバイザーでもだいたい1.0%になります。

一方、同じような仕事を専門家に依頼した場合、合計手数料は2.7%程度ほどになります。ロボアドバイザーのほうが、遥かに安く運用できるのです。

なお、たまに自分で選ぶ投資信託とロボアドバイザーを比較してロボアドバイザーが高いと言っている人がいますが、その比較の仕方はフェアではありません。

自分で選ぶ投資信託と、選ぶのを任せるロボアドバイザーを比較すれば、前者のほうが安くて当たり前です。

少額からでも投資を始められる

通常、投資を始めるにあたっては少なくとも数十万円以上の纏まった金額が必要になるものですが、ロボアドバイザーを使った投資は最安で100円から、催行でも10万円程度で投資を始められます。

例えば、松井証券の取り扱う「投信工房」は、毎月100円から積み立てられます。

マネックス証券の「マネラップ」は毎月1000円からで、ベンチャー企業の「ウェルスナビ」は初期費用10万円が必要となります。いずれにせよ、これまでの株式投資などと比べるとそのハードルはずっと低いです。

確定申告が不要(例外あり)

ロボアドバイザーを利用する際には、そのサービスで口座を開く必要がありますが、その際に口座の種類を「特定口座(源泉徴収あり)」にすれば、利益に応じた税金が自動的に引かれるため、確定申告が不要となります。

確定申告は会社員や公務員にとっては馴染みのないものであり、実際にやってみると確かに面倒なのですが、ロボアドバイザーはその面倒な作業をすべてなくすことができるわけです。

ただし、中には確定申告が必要になるロボアドバイザーもあります。確定申告が不要なロボアドバイザーが早く知りたいという方は、「おすすめのロボアドバイザーはどれ?」をご覧ください。

決していい事ずくめでもない!ロボアドバイザーの3つのデメリット

ここまではロボアドバイザーのメリットを解説してきましたが、当然ロボアドバイザーにもデメリットはあります。直接的なデメリットと言うよりは優秀であるがゆえに起こる副作用みたいなものですが、あとで直面して「こんな風になるなんて知らなかった!」と嘆かないためにも、事前にそのデメリットを知っておきましょう。

元本割れのリスクがある

ロボアドバイザーを使った投資に限らず、世の中のほぼすべての投資には元本割れのリスクがあります。名目上の資産額を絶対に減らしたくないという方には、ロボアドバイザー投資はおすすめできません。

ただし、名目上の資産額が減らなくても、インフレ(物価と賃金が上昇すること)によって、実質的な資産額が減少することは十分ありえます。例えば極端な話、物価が2倍になれば、その資産の購買力は半分になります。

一方、物価が上昇する場面では株式や金(ゴールド)などの価格も上昇することが多いため、それらに投資をしておけば実質的な資産額の減少を防げます。

また、前述の通り、ロボアドバイザーは自身の投資に対する考え方も汲んでくれます。安全に運用したいと回答すれば、それに見合った低リスク重視のポートフォリオが組めます。もちろん低リスクと無リスクは別物ですが、リスクを意図的に減らすことは可能です。

長期的な資産運用が前提となる(短期の大きな利益は望めない)

ロボアドバイザーは基本的に毎月一定額を拠出する積立投資です(積立ではないとこともあります)。

積立投資は「高いときには少しだけ買い、安いときにはたくさん買う」ことによって平均購入単価を下げる効果がありますが、あくまでも少しずつ積み立て、年数%程度の利益を目指すものです。FXのように短期的に大きな利益を上げることはまずできません。

もちろん、リスクとリターンは表裏一体ですし、短期的に大きな利益を上げることを目指せば逆に大きな損失を出す可能性も高くなります。そういった意味では、長期的な資産形成にはロボアドバイザーのほうがはるかに向いています。

サービスを運用する会社が倒産する可能性がある(ただしお金は必ず帰ってくる)

ロボアドバイザーを運用する証券会社やベンチャー企業は企業である以上、倒産するリスクがあります。大企業だからといって安心はできません。

ただし、万が一倒産した場合でも、投資家の資産は必ず保護されます。例えばロボアドバイザーの1つ「ウェルスナビ」のWebサイト上には、以下のような記載があります。

お客様の全資産は、当社が保有する資産と明確に区分して分別管理することにより、万が一当社が破綻しても確実に保護されます。

さらに、破綻したときに分別管理に不備があった場合でも、返還できないお客様の資産について日本投資者保護基金が1000万円まで補償します。(引用元:ウェルスナビ

ウェルスナビに限らず、全てのロボアドバイザーを提供する機関は同様の仕組みを採用しているため、1000万円までは確実に守られます。倒産から回収までに多少時間はかかるかもしれませんが、資産を失うことはありません。

ロボットは本当に信頼できるか?

ここまで読んでもなお「ロボットの判断なんか信頼できない」「最終的に判断するのは人であるべきだ」と思われたかも少なくないかもしれません。しかし現状、金融業界では人間のトレーダーは淘汰されつつあり、代わりに人工知能を搭載した自動取引プログラムがその場を席巻しつつあります。

前述の通り、人間の脳は資産運用には向いていません。そのことをいち早く察した金融業界の人々は、より資産運用の才能があるロボットを導入するようになったのです。

例えば、2000年時点で、ゴールドマン・サックス(ニューヨークに本社を置く超巨大金融グループ)本社には600人余のトレーダーがいました。

しかし、2017年時点ではこれがなんと2人にまで減ってしまいました。空いた席を埋めているのが200人のエンジニアと、彼らによって開発されている自動株取引プログラムです。

(参考記事:As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened

こうした流れはゴールドマンサックスだけで起こっているものではなく、金融業界全体の潮流です。イギリスの調査会社「Coalition」によれば、現在世界で行われている金融取引の45%は電子化が済んでいるとのことです。

なぜトレーダーが自動株取引プログラムに置き換えられたのでしょうか。「トレーダーが無能だから?」いいえ、違います。

トレーダーと聞くと胡散臭い高給取りをイメージされるかもしれませんが、彼らはたしかに人間としてはかなり優秀です。

しかし、しつこいようですが、それ以上に自動株取引プログラムは優秀です。なにしろ、彼らは人間と違って判断に感情を持ち込まないのですから。

熟練のトレーダーと言えども、所詮は人の子です。全くの素人と比べれば合理的な判断ができるかもしれませんが、時には恐れを感じることもありますし、感情に流されて失敗することもあります。それに比べて、ロボットはいつでも同じ判断ができます。

今のロボットは賢く、しかも急速に進化している

かつて、将棋の世界ではロボットが人間を凌駕するには相当時間がかかると考えられていました。

将棋はチェスと違い取った駒を再利用できるというルールがあり、それゆえに打てる手の分岐も膨大になり、その計算がロボットにはできないと考えられていたからです。

しかし、すでにご存知のかたも多いでしょうが、実際のAIはすでにトップクラスの名人とも互角以上どころかほぼ一方的に勝てるようになりました。

(参考記事:「2年前からプロ棋士はもう勝てないとわかっていた」Ponanza開発者・山本氏が語るAIの未来)

将棋以外の分野のロボットも、急速なペースで賢くなってきています。もちろん、ロボットアドバイザーも含めてです。

これを支えているのが深層学習という新たな学習方法です。深層学習の詳しい解説は本筋からずれますので省略しますが、この方法は簡単に言えば、ロボットが人間の手を借りずにどんどん賢くなっていく仕組みです。

以前はロボットを賢くするために人間が正解、間違いを教えてあげなければならなかったのですが、もうその必要はないのです。

人間は親や教師、上司があれこれ教えてあげなければなりませんが、深層学習するロボットはいわば「勝手に」賢くなってくれるのです。そして、ロボットが賢くなるペースは、人間が賢くなるペースよりもずっと速いです。

今は両者の間に大した差はないかもしれませんが、今後両者の差は更に広まっていくことでしょう。これでもまだあなたは「人間」に資産運用を任せますか?

おすすめのロボアドバイザーはどれ?

ロボアドバイザーは現時点ですでに10社以上の企業によって提供されています。手数料、ロボットの性能、機能などはまちまちであり、人によって最適なものは異なりますが、個人的には以下の4つの中のどれかから選ぶことをおすすめします。

ロボアドバイザー名 提供企業 合計手数料 最低投資額 投資先 自動積立 専用アプリ 独自機能
ウェルスナビ ウェルスナビ(当サイトイチオシ!) 1.0% 10万円 米国上場ETF DETaX
楽ラップ 楽天証券 0.72%+信託報酬(成果報酬型あり) 10万円 国内投資信託 × TVT機能
THEO お金のデザイン株式会社 1.0% 1万円 米国上場ETF THEO AIアシスト
マネラップ マネックス証券 0.891%+信託報酬 1000円 国内外ETF ×

ウェルスナビとは

ウェルスナビは、ウェルスナビ株式会社が提供するロボアドバイザーです。預かり資産総額は総額1300億円と業界最多、合計手数料も十分に低く、更にはアプリも優秀と、非常に優秀なロボアドバイザーです。

特に直感的に、難しく考えなくても操作できるアプリは非常に優秀で、過去にグッドデザイン賞を受賞したこともあるほどです。

最低投資額が10万円というのは若干ハードルが高めですが、それが唯一の欠点と言えるほどです。

ウェルスナビが提供するロボアドバイザーは、ノーベル経済学賞を受賞したハリー・マーコビッツ氏が提唱した「現代ポートフォリオ理論」に基づいた平均分散法をもとに、それぞれに適した資産配分を決定します。

平均分散法とは、各資産のリターンの平均と、分散(標準偏差の2乗)によって投資家の意思決定が行われるとみなして、最適なポートフォリオの構成を分析することです。

何を言っているのかさっぱりわからない、と思われたかもしれませんが、要するにあるリターンを最小のリスクで実現するような資産の組み合わせ比率を求めるものです。

例えば、国内外の株式や債券、不動産、金などに投資することによって、5%のリターンを目指すとします。

このとき、株式は何%、債券は何%に配分すればリスクが最小になるのかを計算するのは難しく、普通の人にはわかりませんが、ロボアドバイザーはその計算を代わりにやってくれます。ロボットなので当然、感情に左右されることもありません。

また、ウェルスナビにはDETaXという、税金を最適化する機能があります。この機能については、公式サイトで以下のように解説されています。

具体的には、ポートフォリオの中に含み損がある銘柄があれば、店頭取引により、その銘柄を一旦売却(含み損を実現させる)し、それと同時に「同じ銘柄を、同じ数量、同じ価格」で買い戻します。

これにより、ポートフォリオの構成を維持したまま、その年の税負担の軽減を計ります。

(引用:ウェルスナビ よくあるご質問 DeTAX(デタックス)について教えてください。

この機能では、利益によって発生する税負担を先送りにできます。「先送りしてもいずれ払わなければならないのだから無意味なのでは?」と思われるかもしれませんが、実際にはきちんとした意味があります。

税負担を先送りすれば、その時点で使えるお金が増えます。その時点で使えるお金を再投資に回せば、複利効果が得られます。この機能は一般口座(特定口座でない口座。自分で確定申告を行う口座)でなければ誰でも使えます。

同社の創業者の柴山氏はインタビューで

WealthNavi(ウェルスナビ)」の運用手数料は1%ですが、多くの場合、「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

と回答しており、その効果の高さが伺えます。

(参考:ウェルスナビ株式会社 柴山CEOインタビュー|SBI証券

楽ラップとは

楽ラップは、楽天証券が提供するロボアドバイザーです。基本的な仕組みはウェルスナビと似ており、10万円から投資可能です。大手ネット証券が運営している安心感と、独自機能「TVT機能」が特徴です。全体的に、リスクを取りたくない人向けの設計となっています。

「TVT機能」とは簡単に言えば、株式の価格変動リスクが高まったときに、ポートフォリオの株式の割合を減らし、債券の割合を増やす機能のことです。

過去のデータから「株式の価格変動リスクが高まったとき(上がりやすく下がりやすい局面になったとき)」は株式のリターンが小さくなることがわかっています。

TVT機能はそうした事実を元に設計されたものであり、株式市場のリスク増大時に株式資産の割合を減らして、逆に債券資産の割合を増やします。

もちろんこの機能があったせいで利益を逃すこともありますが、長期的に運用を安定させたい方に取ってはメリットのある機能であると言えます。

また、取扱商品は全て日本国内の投資信託です(国内の投資信託を通じて海外にも投資できます)。為替ヘッジがある投資信託もあるため、リスクを取りたくない方におすすめです。

また、報酬体型は「固定報酬型」と「成功報酬併用型」から選べます。固定報酬型を選んだ場合、手数料は運用結果にかかわらず常に0.702%となります。

一方、「成果報酬併用型」を選んだ場合、手数料は0.594%+運用益の5.4%となります。十分な運用益が出ている場合は前者のほうが、そうでない場合は後者のほうが安くなります。

1年間の収益率が約2%を超えると前者のほうがお得になり、全体の70%の人が前者を選んでいます。

THEOとは

THEO(テオ)は、株式会社お金のデザインが提供するロボアドバイザーです。THEOという名称は世界的な画家と知られるフィンセント・ファン・ゴッホの弟であり、彼を資金面で支えたテオドルス・ファン・ゴッホの相性「THEO」から取られたとのことです。

THEOはこれまで紹介してきた2つのロボアドバイザーとは違い、1万円からでも投資が可能です。10万円を用意するのは厳しい、でも少しでも良いから投資を始めてみたいという方におすすめです。

また、THEOには 「THEO AIアシスト」という独自機能があります。これは「AIが特定の銘柄や資産クラスが一定以上下落すると判断した場合に、自動でその銘柄や資産クラスの割合を減らす機能」です。楽ラップのTVT機能に似ていますが、こちらは株式以外の資産クラスも対象となっています。

マネラップとは

マネラップは、マネックス証券が提供するロボアドバイザーです。マネックス証券のラップ口座(=アドバイスや資産運用を包括的に行う口座)でマネラップです。1000円から始められるハードルの低さが特徴です。

運用方法は「ためる(資産を作る)」「たのしむ(今ある資産を守る)」「そなえる(両者の中間)」の3つがあります。

なお、注意点として、マネラップは確定申告のいらない特定口座が利用できないため、必ず自分で確定申告をすることになります。面倒だという場合は、特定口座が使える他のロボアドバイザーを使ったほうが良いでしょう。

ウェルスナビに5分で登録してみよう!

ここからは、実際にロボアドバイザーに登録するための手順を紹介したいと思います。今回はウェルスナビを例に説明しますが、ほかのロボアドバイザーもほぼ同じ方法で登録できます。

ウェルスナビ登録はこちらから

まず、Webサイト右上の「無料診断」をクリックします。いきなり「口座開設」を選んでも良いのですが、先に無料診断を済ませてしまったほうが効率的です。

無料診断は、あなたのリスク許容度を図るための質問です。年齢や年収、金融資産額、毎月の積立金額などが尋ねられますので、嘘のない答えを選んでください(ここで虚偽の回答をしてしまうと、あなたにとって最適な提案が受けられないので注意しましょう)。

すべての回答を済ませると、以下のようなページが表示されます。

今回はリスク許容度が「2/5」となっています。リスク許容度が高い(5/5に近い)ほどリスクとリターンの大きなポートフォリオが組まれます。内容を読んで、問題ない場合は「次へ」をクリックします。

メールアドレスを入力して、「次へ」をクリックします。

メールに記載されている4桁の認証コードと、使いたいパスワードを入力して「ユーザー登録する」をクリックします。これでユーザー登録は完了です。

続いて、ウェルスナビに口座を解説します。電話番号、職業など、必要事項を入力します。全て入力したら、「登録」をクリックします。

本人確認書類をアップロードします。基本的には「運転免許証+マイナンバー通知カード」もしくは「マイナンバーカード」のどちらか一方が必須ですが、運転免許証がない場合はパスポートでもOKです。パスポートも取得できないという場合は要相談です。

あとは規約に同意し、簡易書留の配達希望日を選択すればひとまず完了です。あとは簡易書留の内容を元にウェルスナビにログインし、入金すれば資産運用が始まります。

まとめ

  • ロボアドバイザーは人間の代わりにロボットが資産運用・管理をしてくれるサービス
  • いくつかの質問に答えるだけで、最適な資産配分が達成される
  • ロボアドバイザーは人間のアドバイザーと違い、いつでも同じように判断できる
  • 手数料はどれも1.0%ぐらいで、人間のアドバイザーよりも安い
  • 当サイトではウェルスナビをおすすめしているが、他にも楽ラップやTHEOなどもある

ロボアドバイザーはまだまだ知名度が低い投資スタイルですが、一方でその判断の冷静さから少しづつではありますが指示を伸ばしてきています。知識はないけど投資をしたい、難しい判断はできないという方は、仕様を検討してみてはいかがでしょうか。