闇金からの借金は弁護士に相談すれば円満解決!なぜ警察ではだめなのか?

「闇金と知らずにお金を借りてしまった!」「闇金からのしつこい取り立てに疲れた……」こんなトラブルに巻き込まれた時に最もやってはいけないことが「泣き寝入り」です。

闇金はあなたを骨の髄までしゃぶりつくそうとしてきます。お金を払って縁を切ろうとしても絶対にうまくいきません。良い金づるとみなされ、追いかけ回されるだけです。

もしあなたがそうしようと思っているのなら代わりに「弁護士に相談」してみてください。たったこれだけのことで取り立てや嫌がらせの殆どが即座に解決します。

そもそも闇金って何?

闇金とは大まかに言えば、「貸金業者として登録せず」「違法な高金利を取り」「悪質な手段で回収を図る」ような業者のことです。1つでも該当すれば立派な闇金です。

闇金でない正規の貸金業者、例えばアコムやアイフル、モビットなどはいずれも貸金業者として行政機関に登録した上で、貸金業法を始めとする様々な法規制を遵守して事業を行っています。違法なことをすれば「違法手段に手を染めた悪徳企業」として報道されて信頼を失い、その結果顧客も失い、かえって損をすることをわかっているからです。

一方、闇金は守らなければならないイメージなど最初からないので、ありとあらゆる違法な手段を使って利益をあげようとします。法律で定められた金利を守らないのは当然のこと、暴力や脅しなどを使った違法な回収を図ることも珍しくありません。

このような闇金からはもちろん借りるべきではありませんが、最近は闇金であることをうまく隠したり、従来とは逆に最初のうちは紳士的な態度で接したりするような闇金も増えてきているため、意図せず借りてしまうこともあるかと思います。もし闇金からお金を借りてしまったときは、どうすれば良いのでしょうか。

闇金から借りたお金は返済する必要なし

結論から言えば、闇金から借りたお金は一切返済する必要がありません。そもそも闇金のやっている事業は全て違法であり、契約自体が無効となるため、いくら返済を求められても応じる義務など一切ありませんし、債務整理などの必要もありません。

しかし、闇金側は当然そのことを認めようとはせず、違法な手段での回収を迫ってくることでしょう。いくらあなたに理があったとしても、それを力づくで壊されてしまっては意味がありません。

闇金に対して一人で向かっていくのは勇敢ではなく蛮勇です。必ず他者の協力を仰ぎましょう。

闇金トラブルで味方になってれるのは誰?

闇金から借り入れをしてしまった時に、最初に相談すべき相手は弁護士もしくは司法書士です。「警察じゃないの?」と思われるかもしれませんが、行政機関である警察は小さな闇金トラブルではあまり動いてくれません。警察は民事に対してはあまり介入したがらないのです。

もちろん、暴力行為等を受けた場合は動いてくれますし、必ず通報すべきですが、具体的なトラブルが発生していない段階で連絡しても解決する可能性は低いです。闇金もそのことについては十分理解している上、警察を恐れることはありません。

一方、民間人である弁護士や司法書士は迅速に行動してくれるので、より頼りになります。闇金は警察はあまり恐れませんが、弁護士や司法書士は恐れてくれます。ここでは弁護士に相談することをおすすめします。

闇金が最も嫌うのは、営業を続けられなくなることです。弁護士が法的な手段に出た場合は行政処分を受けたり、最悪の場合逮捕されたりすることもあります。それならばさっさと手を引いたほうが闇金にとってはマシです。闇金は他にも高金利で貸し出している相手がたくさんいるので、多少回収不能になっても困らないのです。

「これだと闇金は営業を続けるのでは?」そのとおりです。弁護士に相談すれば使えばあなたは闇金から逃れられますが、闇金自体がなくなるわけではありませんし、他の人は闇金に苦しめられるままです。しかし、残念ながら、あなたに他の人を救うことはできません。人助けは後、まずは自分が助かる算段を考えてください。

弁護士費用は闇金と縁を切れるなら安いもの

「弁護士に依頼すると弁護士費用がかかるから嫌だ」という気持は良く分かります。しかし、その費用は(弁護士事務所によって多少異なりますが)1社につき4万円~6万円と決して高いものではありません。この程度の費用で闇金トラブルが解決できるのならばむしろ破格と言えます。

弁護士事務所によっては分割や後払いを受け付けているところもありますので、費用が一括で払えないという場合はそちらも相談してみると良いでしょう。

弁護士はどうやって探せばいいの?

弁護士にはそれぞれ得意分野・苦手分野があります。離婚問題に詳しい弁護士もいますし、相続問題に詳しい弁護士もいます。闇金トラブル巻き込まれた時に相談すべきは、当然闇金問題に詳しい弁護士です。では、闇金問題に詳しい弁護士はどのように探せば良いのでしょうか。

弁護士には医師のような専門認定制度はありません。弁護士が闇金問題に詳しいと言っていたとしても、それは公的に認められた肩書ではなく、個々の弁護士が自称しているだけのものです。

極端な話、闇金問題に全く触れたことがなくても、闇金に詳しい弁護士を名乗ることは可能です。では、一体どうすれば本当に頼りになる弁護士を見つけられるのでしょうか。

弁護士のつてがない場合はネットで探すのが基本

知り合いに弁護士がいる場合はその人に相談するか、その弁護士が信頼している別の弁護士を紹介してもらうのが一番ですが、ほとんどの人は弁護士の知り合いなどイないでしょう。そのような場合は、ネットで探すのが最も楽で効率的です。

まず、Googleで「闇金 弁護士」と検索します。すると、個別の弁護士事務所のページや、弁護士検索サイトなどが表示されるので、その中から候補となる弁護士事務所をいくつか絞り出します。

この時、候補はなるべく自宅から近いところにします。遠いところにあると相談に行くだけでも一苦労ですし、問題を解決する気力も失せてしまうからです(向こうの方から来てくれる、という場合はその限りではありませんが)。

次に、その弁護士事務所の得意分野を確認してみましょう。現在、弁護士が広告で専門分野や得意分野を明示することは禁止されていますが、「主な業務」などと言った形で事実上専門分野や得意分野を明示していところは少なくありません。

得意分野が書かれていなかったり、逆に多すぎたりする場合は避けたほうが良いでしょう。得意分野すら書いていないのは見込み客に対して不誠実すぎますし、得意分野が多すぎるのは単なる水増し(もしくは得意分野がないのでとりあえずいろいろ書いている)可能性が高いです。

次に実績を確認してみましょう。実力がある弁護士事務所ならば、それをアピールするために、今までどれくらいの相談を受け、どのくらい解決したかという実績を明示しているはずです。

次に、弁護士事務所名やそこに所属する弁護士の個人名の評判を調べてみましょう。ネット上の評判などそこまで当てになるものではない、と思われるかもしれませんが、やはりそれでも否定的な意見の割合が多い弁護士事務所は何らかの問題がある可能性が大です。選択肢が他にいくらでもある状況でわざわざ選ぶことはないでしょう。

弁護士事務所で事務員や弁護士の対応を確かめよう

良さそうな弁護士事務所を見つけたら、実際に相談に行ってみましょう。最近は多くの弁護士事務所で初回無料相談を受け付けているので、気軽に相談してみましょう。

弁護士事務所に言った時に最初に窓口で対応してくれるのは事務員です。彼/彼女らの対応を見ることによって、弁護士が事務員に対してどのように接し、どのような教育を行っているかがなんとなく分かります。事務員の態度や部屋の清潔感などに問題がある場合、その弁護士事務所は避けたほうが良いでしょう。事務員の教育もできない弁護士の資質など怪しいものです。

事務所に通されたらいよいよ弁護士と対面します。ここでは自分の持っている情報、悩んでいることなどを出来る限り伝えた上で、弁護士の対応を確認しましょう。良い弁護士は依頼人が法律の素人であり、何もわからず不安になっていることをよく理解しているため、(弁護士からすれば)単純な質問に対しても真摯に回答してくれます。

逆にそういった質問に対する回答が淡白だったり、面倒臭そうに答えたりする弁護士は要注意です。知識はあるのかもしれませんが、メンタル面を考慮できないという点では決して有能とは言えません。

ここでは、弁護士費用も確認してみてください。最終的な費用は依頼ないとわからないことも多いですが、大まかな費用ならば答えられるはずです。ここでの答えが曖昧なものだったり、あまりにも安すぎる弁護士事務所には注意が必要です。

弁護士費用の安さの裏には、何らかのからくりがあります。代表の弁護士が経験のない若手弁護士に仕事を丸投げしているのかもしれませんし、事務員に多くを負担させているのかもしれません。もちろん必ずそうとは限りませんが、安すぎるものには弁護士にかかわらず注意をしたほうが良いでしょう。

最終的には自分で判断するしかない

ここまで、良い弁護士の探し方、見極め方を紹介してきましたが、これらは浅く広く通用する一般論に過ぎません。ここで良い弁護士とされている弁護士が、あなたにとっても100%良い弁護士であるとは限りません。最終的には自分で考え、自分で判断してください。

弁護士に依頼した後にすべきことは?

弁護士は法律の専門家として闇金対応に取り組んでくれますが、彼らに100%任せておけばOKというわけではありません。あなたも闇金からお金を借りてしまった当事者として、対応に当たる必要があります。

ほとんどの闇金は1度の警告で取り立てを止めるが、そうでない闇金もある

前述の通り、闇金は弁護士を恐れており、弁護士が一度警告を入れただけで取り立てをやめることが大半です。闇金は他にも顧客を抱えているので、弁護士を雇うような「厄介な顧客」に固執せずとも十分な利益を挙げられるからです。

弁護士の介入が本格化して必要証拠を揃えられてしまうと警察まで敵に回すことになります。闇金に両者を相手にする体力などありません。すぐに収まらない場合でも、数日~1週間程度もすれば自然にフェードアウトしていくことが大半です。

ただし、借り手が全く返済する意思を見せていなかったり、闇金を挑発するような行為を行っていた場合は、解決が長引いたり、報復されたりすることもないわけではありません。

と言ってもそうなる可能性は非常に低いですし、基本的に問題が長引いたら困るのは闇金の方なので、過剰に恐れることはないでしょう。処理のうまい弁護士を選ぶことができれば、まず問題ないはずです。

解決した後に闇金から再び連絡が来る可能性はある

ほとんどの闇金は弁護士を雇った顧客からは離れ、二度と近付こうとはしませんが、執念深い業者の中には顧客と弁護士の結びつきが希薄になった頃合い(問題解決から概ね半年以降)を見計らって再び接触してくることがあります。目的は再び融資を行ったり、元金利を取り立てたりすることです。

アフターケアを重視する弁護士事務所は、こうした問題にも追加費用無しで対応してくれます。心配な場合は事前に相談しておきましょう。

なお、そもそもこうしたトラブルを避ける方法としては「闇金側に漏れている個人情報(電話番号、口座など)を変える」というのが有効です。流石に住所変更等は難しいかと思いますが、変えられるものは変えておくべきです。

闇金を見分ける4つの方法

前述の通り、最近の闇金はうまく闇金であることを隠しながら営業しているため、引っかかってしまうことも少なくありません。しかし、以下の4つのポイントを確認すれば、これ以降闇金に騙されることはまずなくなります。闇金に騙されたことがある方もない方も、お金を借りる前には必ずチェックしてください。

貸金業登録を済ませているか?

貸金業(顧客から借りた預金以外の資金を使ってお金を貸し出す事業。ノンバンク)を営む業者は必ず、財務局もしくは都道府県に対して登録しなければならないと決められています。登録していない業者は全て違法業者、すなわち闇金です。

貸金業登録をした業者には登録番号が付与されます。登録番号は通常、Webサイトに記載されています。登録番号がない業者はすべて闇金です。

ただし、番号が記載されていれば闇金ではないかというと、そうとも言い切れません。でたらめな数字を記載している可能性もあるからです。本当の登録貸金業者情報は金融庁のWebサイトで確認できますので、不安な場合は検索してください。

金融庁 登録貸金業者情報検索サービス

経営年数は短くないか?

最近は上記の対策が広く知れ渡ったこともあり、闇金側も工夫を凝らすようになってきています。中には正規の登録を済ませた上で、違法な金利で貸し出したり、回収したりするような手の混んだことをする闇金もあります。もちろん登録時には審査があるのですが、残念ながら審査で全ての闇金が排除されるわけではないのです。

このような「正規の登録を済ませた闇金」を見分けるポイントが経営年数です。こうした闇金は頻繁に開業と廃業を繰り返すため、経営年数が短くなりがちです。経営年数は登録番号の前のカッコ内の数字で簡単に判別できます。

例えば、闇金ではないアイフルの場合、登録番号は「近畿財務局長(12)第00218号となっています」。この(12)とは、新規登録後に更新を11回行ったという意味です。新規登録の1回+11回の更新=12というわけです。

このカッコ内の数字が1だった場合、新規登録後に1回も更新を行っていないということになります。更新は3年に1回なので、営業期間が3年未満ということになります。

営業期間が短い業者が必ずしも危険というわけではないですが(アイフルもその時期があったわけですし)、万全を期すならば、経営年数が短い業者避けたほうが良いでしょう。

必要な情報は全て乗っているか?

貸金業法では、貸金業者が広告を出す際には以下の情報を掲載しなければならないと定められています。

  • 商号、名称または氏名
  • 貸金業登録番号
  • 貸付金利
  • 返済方式、返済期間、返済回数
  • ホームページURL、メールアドレスもしくは電話番号

これらの情報に抜けがある場合は闇金です。特にチェックしたいのが電話番号です。貸金業者が広告に掲載しても良いのは固定電話とフリーコールのみと決められています。携帯電話番号は単記も併記も禁止されています。携帯電話番号が広告に乗っている業者は避けましょう。

異常な好条件が並べられていないか?

  • どなたでも必ず融資
  • ブラックOK
  • 電話一本で簡単融資
  • 金利2.0%

などの条件はすべてウソです。本当にこんな条件で経営してたら貸金業は成り立ちません。条件が良すぎる貸金業者は避けましょう。

まとめ

  • 闇金トラブルに巻き込まれた場合は、必ず弁護士を頼る
  • 弁護士はWebで大まかに探し出し、実際にあって依頼するかどうかを決めると良い
  • 弁護士と一口に言っても千差万別。必ず闇金問題に強い弁護士に依頼する
  • 実際に弁護士に会うときは、本人だけでなく事務員の対応や事務所内部の清潔感などもチェックする
  • ほとんどの闇金は弁護士を就けた顧客からは手を引くが、そうでないところもある
  • アフターケアが充実した弁護士ならば、そういった場合でも安心
  • 闇金を見分けるには登録番号と経営年数、融資条件などをチェックすると良い

最近はそれとわかりにくい闇金が増えてきていますが、万が一闇金トラブル巻き込まれてしまった場合でも、弁護士に頼れば迅速かつ安全に解決できる可能性が高いです。一人で悩まずに、相談することから始めてみてください。