「借金で首が回らない」は比喩ではない!その語源はどこにある?

今回は「借金で首が回らない」という言い回しに関するお話です。いつもの実用性を重視した記事とは違う、ちょっとした小話みたいなものです。

この言葉の意味が「借金が多くて、やりくりができないことのたとえ(引用元・故事ことわざ辞典)」であるとご存知の方は多いかと思いますが、一体なぜこのような言い方をするのかはご存知ですか?

「これは比喩であって、実際には借金が返せなくなっても首はいつもどおり回るだろう」と思われるかもしれませんが、残念ながら間違いです。実は借金が返せなくなると、本当に首が回らなくなる(ことがある)のです。

ストレスを感じると首が回らなくなる

「過度なストレスは精神疾患の元」ということを把握している方は多いかと思いますが、実は過度なストレスは精神ばかりでなく身体をも蝕みます。その症状は睡眠障害、動悸や息苦しさ、様々な部分の痛みなど人によって異なりますが、首に痛みやコリが出る人も少なくありません。

首は普段から重い人の頭を支え続けています。日常的に大きな負荷がかかっている首は、ストレスで容易に動きづらくなるものなのです。

首が回らなくなったときの対処法

借金があるにせよないにせよ、まずは整形外科に言って症状を見てもらいましょう。なぜ首が回らないのかの原因がわからなければ、対策のとりようもありません。

特に身体的な原因がないにもかかわらず痛みが続く場合は、精神的なストレスが引き金となっている可能性もありますので、心療内科などを受診すると良いかもしれません。

借金の返済が厳しくなったら債務整理を

首を物理的に動かせたとしても、借金の返済が厳しくなってきた場合は、早めに債務整理を検討したほうが良いでしょう。債務整理は合法的に認められた借金を減らす手段です。ズルズルと返済を続けるよりもずっとメリットが多く、デメリットは少ないです。債務整理を検討している方は、以下の記事を参考にしていただければ幸いです。