正社員・契約社員・派遣社員の立場の違いとは?

会社員の雇用形態は大きく「正社員」「契約社員」「派遣社員」の3つに分けることができます。もしこの3つのうち、正社員が常に一番有利な雇用形態であると考えているのならば、それは改めたほうが良いかもしれません。確かに正社員が最も安定していることは間違いありませんが、契約社員や派遣社員にも見逃せないメリットがあるからです。

今回の記事では3つの会社員の違い、契約社員や派遣社員が安定を手に入れるための方法についてお話します。今後の働き方を考えている学生の方、転換を考えている会社員の方は、是非参考にしてください。

会社員の「3つの雇用形態」の違い


会社員の雇用形態は大きく「正社員」「契約社員」「派遣社員」の3つに分けられます。それぞれ待遇や責任の重さに差がありますが、それを大まかに表で表すと以下のようになります。

正社員・契約社員・派遣社員の違いとは?
正社員 契約社員 派遣社員
雇用者 働く会社 働く会社 人材派遣会社
雇用期限 なし あり あり
給料 安定 スキル次第 スキル次第
諸手当・賞与など あり 契約による なし
社会保険 あり ある場合が多い 条件次第
転勤 あり 契約による なし

正社員は「会社に無期限に雇われる雇用形態」

正社員の大きな特徴は、雇用期間が定められていないことです。正社員として契約した場合、企業はその社員を就業規則によって定められた定年まで雇用し続ける義務を負います(社員は定年まで勤められる権利を得ます)。このような雇用を無期雇用といいます。

もちろん、その社員が自ら退職の意志を示したり、大きな不祥事を起こしたり、あるいは倒産した場合はその限りではありませんが、基本的には「定年まで勤められる契約」であるといえるでしょう。

また、正社員は基本的に給料が高めに設定されており、諸手当や費用も付くことが多く、教育制度も充実していることが多いため、待遇面だけ考えれば最も優秀です。一方で転勤のリスクがあったり、勤務時間が長かったりと言ったような、「会社に拘束される」デメリットもあります。

契約社員は「会社に一定期間雇われる雇用形態」

契約社員の大きな特徴は、雇用期間が定められていることです。契約社員の契約期間は最長で3年(高度な専門的知識を持つスペシャリストの場合は5年)となっています。また、契約更新が5年を超えた場合は、例外的に契約社員側から無期限の契約を申し出られます。

契約社員の最大のメリットは、会社に縛られない働き方ができることです一方で社会保険に入れないことがあったり、十分なスキルがないと給料が安かったりと言ったようなデメリットも見逃せません。自由である分、正社員と比べると自己責任の面が強い生き方であると言えるでしょう。

派遣社員は「人材派遣会社から派遣される雇用形態」

派遣社員は正社員や契約社員と違い、勤務先と直接雇用契約を結ぶことはありません。では誰と契約するのかというと、人材派遣会社です。人材派遣会社とは文字通り人材を派遣することを事業としている会社です。

派遣社員は人材派遣会社に登録し、人材派遣会社は人材を求めている会社と契約を結びます。派遣社員は3ヶ月屋6ヶ月などの有期雇用契約を結び、人材派遣会社の指示を受けて、勤務先の会社に行きます。そして派遣先企業の指揮・命令を受けて働きます。派遣先企業はあくまでも人材派遣会社と契約しているだけであり、派遣社員とは契約しません。

派遣社員の良いところは、面倒な契約交渉を人材派遣会社に任せられることです。希望がある場合は人材派遣会社の担当者に意見を言って、代わりに交渉してもらえます。

給料は時給制であることが多く、契約社員と比べると高めに設定されていることも多いです。業務内容は限定的であり、正社員や契約社員のようにいろいろと求められることはありません。

一方で安定性や待遇という点では正社員はもちろん契約社員にも劣ることが多いです。会社側から見た場合、自社の社員ではない派遣社員にお金をかけるメリットが無いのです。現状の制度の元で、一生派遣社員で暮らしていくというのは正直厳しいと言わざるを得ません。

契約社員や派遣社員が長く働くためにはどうすればいいの?

正社員と比べると待遇や安定性で劣る契約社員や派遣社員。こうした立場の人が、安定して働くためにはどうすれば良いのでしょうか。

契約社員は「無期契約社員」になれば契約切れの心配がなくなる

無期契約社員とは、平成25年の労働契約法の改正によって生まれた新たな概念です。前述の通り、契約社員の雇用期間は原則として有限(通常3年、スペシャリスト5年)ですが、法改正によって、特定の条件を満たした場合には、無期雇用を会社側に申し出て、契約期間の定めがない無期契約社員になることができるようになったのです。会社側がこれを拒否することは認められていません。

無期雇用されるということはすなわち正社員と同じなのでは?と思われるかもしれませんが、それは間違いです。無期契約社員はあくまでも雇用期間が定められていない契約社員であり、正社員とは別物です。待遇も正社員とは差がつくことがほとんどです。

無期契約社員は、正社員よりも責任の少ない立場で働きたいという人にとってはメリットが大きい半面、無期契約社員として固定されることによって正社員への転換がしづらくなるというデメリットもあります。

派遣社員は無期雇用派遣になれば契約切れの心配がなくなる

無期雇用派遣とは、平成25年の労働契約法の改正(前述の契約社員のそれと同じ)によって生まれた新たな概念です。同じ派遣元との契約期間が通算(必ずしも連続している必要はありません)5年を超えた場合、労働者からの申し込みによって、無期派遣社員になれるようになったのです。

やはり変更されるのは契約期間だけであって、待遇については正社員と差がつくことがほとんどです。

雇い止めの心配はないの?

この仕組みは、契約社員を雇う、あるいは人材派遣会社を利用している会社側にとっては一定のリスクが有る仕組みです。

それゆえに、会社側は雇い止め(労働者側が無期雇用契約を申し出れる寸前で契約をやめること)を行う可能性があります。これは社員側にとって大きなデメリットです。法律上このような行為が契約労働法違反となる可能性は大いにありますが、法律がそのとおりに運用されるとは限りません。

ただし前述の通り無期雇用契約にしたからと言って待遇まで正社員と同じにする必要はなく、最近は人手不足の会社も多いため、そこまで警戒する必要はないかと思われます。下手に雇い止めでトラブルの種をまくより、待遇を多少改善して無期雇用契約を結んだほうが会社にとってもよく働くことが多いです。

最近は契約社員や派遣社員を正社員や限定正社員(勤務地や職種を限定した新しい正社員)に転換する企業も増えてきています(無期雇用契約になるのに合わせて契約社員と正社員契約を結ぶのは当然合法です)。

大手ではパナソニック、クレディセゾン、モロゾフなどがそれを行っています。特にクレディセゾンは2200人余の非正規社員を全て正社員化したことで、話題となりました。

雇う側から見た正社員・契約社員・派遣社員の違い

雇う側から見た場合、正社員と契約社員の間にはそこまで差があるわけではありませんが、それと派遣社員の間には大きな差があります。直接契約している正社員・契約社員と、人材派遣会社から派遣されている派遣社員では見方が異なるのです。

会社から見た場合、正社員や契約社員は「自社の戦力」です。自社の戦力ですので、お金をかけて研修を行ったり、面談を行ったりして、社員の能力向上、健康維持に努めます。教育や健康にはお金がかかりますが、それに見合った対価を社員たちがもたらしてくれるからです。

一方、派遣社員は自社の戦力ではないので、そのようなことをするメリットがありません。能力の低い人が派遣された場合、教育するよりも別の人に変えてもらったほうが安くて早いのです。会社のお金で派遣社員の能力を上げても、それに見合った対価を受け取れないのです。

では雇用者である人材派遣会社がそうした機会を提供してくれるのかと思いきや、そうとも限りません。最近は人材派遣会社の中にも研修を提供するところが増えてきてはいますが、質や量にばらつきが大きく、あまり頼りにならないというのが正直なところです。

派遣社員の求人が多いのはいつ?

派遣社員は忙しい時期にだけ受け入れる、という企業は少なくありません。

多くの会社には忙しい繁忙期と、比較的暇な閑散期があります。同じ会社の中でも部署によって繁忙期と閑散期が異なることも十分ありえます。

こうした企業が繁忙期の仕事量を基準に多くの人を直接雇用すると、閑散期に人が余ってしまいます。だからといって閑散期の仕事量を基準に少数の人しか直接雇用しないと、その戦力だけでは繁忙期に乗り切れません。

そこで多くの企業は、閑散期の仕事量を基準に直接雇用者を決め、繁忙期には派遣社員を受け入れてそれを乗り切るという形をとっているのです。これなら人が余ることも、足りなくなることもありません。

これを派遣社員の立場から見た場合、繁忙期は派遣社員の需要が高まる(求人数が増える)チャンスである、といえます。では、派遣社員の求人数が高まる、多くの企業にとっての繁忙期はいつなのでしょうか。もちろん一概には言えませんが、一般的には以下の時期が繁忙期と言えます。

3月

1年の中で最も派遣の求人数が増える時期です。多くの企業は4月から新しいプロジェクトを始めたり、異動による新体制を発足したりするため、人手不足が発生しがちです。その穴埋め役として、派遣社員が重宝されるわけです。

9月

上記の時期に次いで派遣の求人数が増える時期です。10月からは1年度の下半期が始まる時期であり、多くの企業が新しいプロジェクトを始めたり、異動による新体制を発足したりします。

ボーナスが出た直後

退職予定の正社員の多くは、ボーナスを貰ってから辞めようとします。そのため、ボーナス直後はどこの企業も人員不足に陥ることが多いです。

季節休みの直前

季節休みとは夏休み、冬休み、あるいはゴールデンウィーク等のことです。この時期はどこも労働力不足を起こしがちなので、短期的な派遣の求人が増えます。

派遣社員の求人が最も少ないのはいつ?

派遣社員の求人が少ないとされる時期は、2月と8月です。この時期は特に求人を増やす理由もないうえ、暑さ寒さや直前の時期の出費の反動で消費者の需要も落ち込みがちだからです(この時期は企業の売上が下がりやすい時期であり、ニッパチと呼ばれています)。

パート・アルバイトの立ち位置

上記の3つの社員とはまた違った立場に、パート・アルバイトがあります。パート=主婦、アルバイト=学生というイメージをお持ちの方は多いかと思いますが、実際のところ両者に法律上の立場の違いはありません。上記のイメージはあくまでもただのイメージに過ぎません。

そんなパート・アルバイトですが、立場的には契約社員に近いです。パート・アルバイトは有期雇用であり、なおかつ勤務先と雇用契約を結んでいるからです。

ただし、パート・アルバイトは契約社員と比べて勤務時間が短い、もしくは労働日数が少ない傾向があります。フルタイムで働いている契約社員は珍しくありませんが、フルタイムで働いているパート・アルバイトはまずいません。

まとめ

  • 正社員は立場が安定しているが、会社に縛られやすいというデメリットも
  • 契約社員や派遣社員は柔軟性が高いが、やはり待遇面で不安が残る
  • 派遣社員は雇い先に直接雇用されず、人材派遣会社に雇用される
  • 派遣社員は3月と9月は求人が増えやすい
  • パートやアルバイトはまた立ち位置が異なる

世の中には多様な働き方があります。自分の置かれた立場や求めるものに応じて、最も有利なものを選ぶといいでしょう。