ビーナスポイントはオンラインカジノの入出金に最適!2分で簡単登録

オンラインブックメーカーで遊ぶ際に必要不可欠なのが、ブックメーカーの口座への入金、およびそこからの出金です。特に面倒なのが出金です。

海外企業が提供するブックメーカーの口座から日本の銀行口座に向けて資金を移動させるのは以前は結構面倒なことでしたが、ビーナスポイントの誕生によってそれも過去のものになりました。

ビーナスポイントはたったの2分で口座を解説できるうえ、他の決済手段よりも1000円以上手数料が安く、1日の出金上限額も高いなど優れた点が多いことから、利用者数を急速に伸ばしています。日本語にも対応しているため、安心して使えます。

ビーナスポイントってどんなサービス?

ビーナスポイントは、シンプルで使いやすい仕組みが特徴の出金サービスです。オンラインブックメーカーなどの提携サービスで得たお金をビーナスポイントの口座に送金し、さらにそこから日本の銀行口座に送金する、という仕組みになっています。ビーナスポイントの口座から提携サービスの口座に送金することも可能です。

ビーナスポイントは基本的には出金サービスであるため、銀行口座やクレジットカードなどから直接入金することはできません。どうしても入金したい場合はまずは提携サービスに入金し、そこから送金する、という形を取ることになります。

お金は1ドル=1ポイントで管理されます。例えばオンラインブックメーカーからビーナスポイントに向けて100ドル送金すると、ビーナスポイントの口座には100ポイントが貯まります。

ユーロなど他の通貨を送金することも可能ですが、その場合はドルに換算されて送金されます。例えば100ユーロを1ユーロ=1.2ドルの時に送金すれば、ビーナスポイントの口座には120ポイントが貯まります。溜まったポイントを現金に交換して、日本の銀行口座に送ります。

ビーナスポイントはここがすごい!5つのメリットとは

「出金しか出来ないビーナスポイントより、入出金の両方ができるネッテラーやエコペイズほうが便利なのでは?」と思われるかもしれませんが、実はそうではありません。ビーナスポイントには他の入出金サービスにはない、独自のメリットがあるからです

完全日本語対応

ビーナスポイントは完全日本語対応なので、安心して使えます。こうしたサービスの中には完全日本語対応を謳いながらその実態は機械翻訳で訳しただけというようなろくでもないものも少なくありませんが、ビーナスポイントの日本語は非常にナチュラルで読みやすく、違和感を覚えたり、何を言っているのか理解できなかったりすることはありません。

振込手数料が他サービスの10分の1以下

ビーナスポイントを通じて出金する場合、振込手数料が0.2%(900ポイントあたり1.8ポイント)かかります。同様の出金サービスでは概ね2~3%程度かかることを考えると、破格の安さと言えます。せっかくブックメーカーで勝ったにもかかわらず、その勝ち分が全て手数料として取られてしまった、というようなことはもうなくなります

ポイントバックサービスがある

ビーナスポイントから提携サービスに入金した場合、入金額の0.25%(500ポイントごとに2ポイント)がポイントバックされます。他の出金サービスにはない非常にお得な仕組みであり、特に出金額が大きくなりやすい人にとっては有用なサービスと言えます。

1日あたりの引き出し上限額が2万ドル

ビーナスポイントでは、1日に最大で2万ポイント(2万ドル)を引き出せます。ネッテラーが1日1000ドル、エコペイズが750ドルであるのと比べて明らかに大きいです。他のサービスを使っていると、せっかくギャンブルで大勝したにもかかわらずお金を一度に引き出せずイライラする事がありますが、ビーナスポイントならばそうした問題とは無縁でいられます。

わずか2分で登録可能

ビーナスポイントはオンラインで、わずか2分で登録できます。面倒な身分証明書の提出などもなく、前述のとおり完全日本語対応なため、作業で戸惑うこともありません。

ビーナスポイントのここが惜しい!2つのデメリットとは

上記の通り優れた点が多いビーナスポイントですが、一方でデメリットもあります。

直接入金ができない

すでにお話しましたが、日本の銀行口座から直接ビーナスポイントに送金することは出来ません。ビーナスポイントに送金したい場合は、一度ブックメーカーなどに送金してからビーナスポイントに差し戻す必要があります。

最近は日本からクレジットカードで入金できるブックメーカーも増えてきましたので(ウィリアムヒルなど)、ビーナスポイントはそうしたオンラインカジノと組み合わせて使うといいでしょう。

運営会社が不透明

ビーナスポイントは何故かホームページ上に運営会社が記載されていません。ブックメーカー各社を始めとする様々なサービスと提携しているため、問題はないかと思いますが、あまり多くのポイントを貯めておくのは危ないかもしれません。ブックメーカーから送金したポイントは、なるべく早く自分の銀行口座に入れてしまいましょう。

 ビーナスポイントに登録してみよう!

ビーナスポイントは非常に簡単に登録できます。パソコン操作に慣れている人なら2分で出来ます。まず、公式サイト(https://venuspoint.net/)にアクセスし、ページの中央辺りにある「新規登録する」をクリックします。すると以下のような画面が表示されます。

ここは仮登録をする画面です。以下の通りに入力します。

  • メールアドレス:登録に使うためのメールアドレスを入力します。
  • メールアドレスを再入力:上と同じメールアドレスをもう一度入力します。

入力し終えたら、「メール送信」をクリックします。通常はクリック直後(遅くとも5分以内)にメールが届くはずですので、メールを開き、本文中の「お申し込みページ」のリンクをクリックします(メールがいつまで経っても来ないという場合は、入力したメールアドレスが間違っている可能性がありますので、もう一度入力してみてください)。

お申し込みページをクリックすると、以下のような画面が表示されます(プライバシーの観点から一部を隠しています)。

ここは本登録をする画面です。以下の通りに入力します。

  • メールアドレス:先ほど登録したメールアドレスが最初から入力されているので、そのままにしておきます。
  • パスワード:ログインに使うパスワードを入力できます。半角英数で6~20文字、推測されやすいものは避けましょう。
  • パスワード(再入力):上と同じパスワードをもう一度入力します。
  • 基本言語:日本語を選択します。
  • 国:Japanを選択します。
  • フルネーム(漢字):フルネームを漢字で入力します。
  • フルネーム(フリガナ):フルネームをカタカナで入力します。ここを間違えると引き出しができませんので気をつけましょう。
  • 生年月日:自分の生年月日をプルダウンから選択します。
  • 郵便番号(半角):自宅の郵便番号を入力します。入力後に「住所取得」のボタンをクリックすると、住所の一部が自動で入力されるため便利です。
  • 都道府県:自宅の都道府県を入力します。
  • 市町村:自宅の市区町村を入力します。23区の場合は「渋谷区」、政令指定都市の場合は「横浜市中区」のように入力します。
  • 丁目・番地:自宅の丁目、番地を入力します。
  • マンション名など:自宅のマンション名やアパート名、部屋番号などを入力します。一戸建ての場合は入力不要です。
  • 秘密の質問:パスワードを失念した時に本人確認に使う秘密の質問を設定します。
  • 質問の答え:秘密の質問に対する答えを入力します。
  • 利用規約に同意します:利用規約をクリックして開き、納得したらチェックを入れます。

全て入力したら、「登録する」をクリックします。すると「ご登録申請が完了しました」と表示され、先ほど入力したメールアドレスに入力内容が送信されます。これをチェックする必要はありませんが、一応きちんと送られてきたことは確認したほうが良いでしょう。これで手続きは完了です。

ポイントを口座に出金してみよう!

トップページから先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインすると、以下のような画面が表示されます。

「換金」の「こちら」の部分をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

まだ現時点では利用する口座を設定していないはずですので、「口座の事前登録はこちら」をクリックしてください。すると以下のような画面が表示されますので、指示通りに入力を進めていきます。

  • 銀行名:利用する銀行名を追加します。赤字で書いてあるとおり、楽天銀行は登録できないので注意しましょう。
  • 支店名:銀行の支店名を入力します。支店番号ではなく支店名を入力します。
  • 口座種別:利用する口座の種類を入力します。
  • 口座番号(半角):7桁の口座番号を入力します。
  • 口座名義(カナ):すでに入力されているはずですので、そのままでOKです。

全て入力したら、「口座を追加する」をクリックします。すると「登録しました」と表示されます。これで登録は完了です。

換金ページに戻るをクリックして先ほどのページまで戻ると、口座選択に先ほど登録した銀行が表示されているはずですので、そちらを選択します。

と銀行名、支店名、口座種別、口座番号が自動的に入力されますので、「上記に同意して換金する」をクリックします。確認ページが表示されますので、「同意して換金申請」をクリックします。これで作業は完了です。

まとめ

  • ビーナスポイントはブックメーカーからの出金に使えるサービス
  • ブックメーカー引き出したお金を1ポイント=1ドル換算で換金できる
  • ビーナスポイントは手数料が安く、出金上限額も大きいなど長所が多い
  • 直接入金できない、運営会社が不透明などの欠点もある
  • 口座開設はオンラインから簡単にできる

ビーナスポイントは運営が不透明な点を除けば、非常に優れたサービスです。オンラインカジノからの出金方法に悩んでいる方は、ぜひ使ってみてください。