プロポーズされたけど借金がある…そんな時は正直に言うべきです

彼氏/彼女にプロポーズされたけど、借金があるという事実を正直に話せずにいる方は少なくないかと思います。

借金していることがバレるとせっかくの縁談がご破算になってしまうのではないかという心配から、そのことを話さないまま結婚してしまう人も少なくありません。

しかし、借金があることを隠したまま結婚するのは、リスクが高く危険な行為です。結婚生活開始直後はうまく取り繕えるかもしれませんが、最終的にはバレる可能性が高いです。

そうなったときには多少なりとも夫婦仲はこじれますし、借金の額やその時の態度次第では最終的には離婚するしないまで話が進んでしまうかもしれません。抵抗はあるかもしれませんが、借金をしている事実はできる限り正直に伝えるべきです。

今回の記事では借金を隠すことのデメリットや借金への対処法についてお話します。自分ではなく結婚相手や親に借金があるケースについても考えます。結婚前の借金でお悩みの方は、是非参考にしてください。

法律上の義務と人間の感情の溝

法律上「借金」、つまりお金の貸し借りは債権者と債務者の間で結ばれる契約です。返済義務を追うのは債務者本人だけです。

配偶者がいくら借金をしていようともそれを肩代わりする義務はありませんし、逆に債務者が配偶者に対して借金をしているという事実を明かす義務もありません。配偶者といえども他人は他人です。

しかし、だから配偶者に対して借金をしているという事実を明かさなくても全く問題が起こらないのかというと、そんな事はありません。法律上の義務と、人間の感情はまた別物だからです。

義務でないから話さないというのは、法律的には間違いではありませんが、人間の感情はそれを素直に受け入れられません。むしろ法律を傘に本来話すべきことを話さなかった、とみなすでしょう。

借金は夫婦が一方の意思で離婚できる原因にはなりませんが、借金の発覚が原因で夫婦仲がこじれて離婚したり、そこまで行かずとも家庭内別居に陥ったりする可能性は十分に考えられます。

借金の事実を隠し通して生活するのは難しい

それでも借金していることを知られたくない、というのもまた人間の感情ですが、実際のところ、借金していることを隠したまま結婚生活をするというのは非常に難しいです。

どちらか一方が専業主婦/主夫になる場合は特に難しいです。家計の収入源が1つに統一されてしまうと、そこからバレずに借金を返すのは至難の業となります。

毎月の返済額が少ない場合はお小遣いの範囲から出すことができるかもしれませんが、それを超えてしまった場合はまず隠しきれません。

共働きの場合はだいぶ隠しやすくなりますが、稼ぎの割に金遣いが地味になりがちなため、疑念を持たれる可能性は大いにあります。

他にも返済時の不審な行動(1人での外出が増える)、日々の生活態度がおかしいなど、ちょっとしたことからバレるリスクは常にあります。

そうなったときのデメリットは、結婚前に借金のことをカミングアウトする場合に被るデメリットの比ではありません。どうせ隠そうとしてもバレるのですから、早めに言ったほうがよっぽどマシです。

借金はなるべく結婚前に返しきろう

カミングアウトしても結婚相手がなお結婚の意志を変えなかった場合は、まずそのことに対する深い感謝を示し、その上でどのように返済していくかを話し合いましょう。

理想は結婚前に借金を返しきってしまうことです。そうすれば両者の間に変なしこりのようなものも残りませんし、何より清々しい気持ちで結婚できます。

債務の額が数十万円程度の場合は一括返済するか、もしくは結婚時期を多少後ろにずらしてしまってでも、結婚前に返し切ることをおすすめします。

結婚後に返済を続けていく場合は、必ず自分の稼ぎから返すようにしましょう。前述の通り借金の返済義務を追うのは債務者本人だけだからです。

難しいのはどちらか一方が専業主婦/主夫になる場合です。自分が働き続ける側の場合は自分の稼ぎの中から返済し、そのぶん小遣いを減らすというのが妥当な落とし所でしょうが、自分が専業主婦/主夫になる場合は返済の原資が得られなくなってしまうため非常に問題です。

相手に払ってもらう場合は、その分自分が家事で頑張るなどしましょう。あるいは結婚をしばらく待ってもらったほうがいいかもしれません。借金のために結婚を保留にするというのは正直な所情けない話ですが、それでも結婚後にバレるよりはまだマシです。

債務整理もなるべく早めにやろう

借金の返済が難しい場合は、債務整理をしてしまうという手もあります。債務整理とは、文字通り債務を整理すること、すなわち借金を減らしたりなくしたりすることです。債務整理には

  • 任意整理:金融機関に相談し、将来の利息をカットしてもらう
  • 個人再生:裁判所で手続きをして、債務を5分の1程度にカットしてもらう
  • 自己破産:裁判所で手続きをして、債務を0にしてもらう

などがあります。一番メリットが大きいのは自己破産ですが、その分デメリットも大きい(高額な財産は没収されるなど)ため、両者を比較して選んでいくことになります。~100万円程度の借金なら、任意整理若しくは個人再生で事足りる場合が大半です。

債務整理は基本的に早く行うことをおすすめします。つまり、結婚前にすべきです。後回しにするとどんどん面倒になるからです。

債務整理はその手続の内容にもよりますが、結構な時間と手間がかかります。結婚後にその作業を持ち越すというのは心理的な負担にもなりますし、結婚生活をいい気持ちで始めることができなくなってしまいます(結婚生活開始直後から借金について考えたいという人はいないでしょう)。

債務整理すると一定期間借金ができなくなる

債務整理共通のデメリットとして、一定期間新たに借金ができなくなることがあげられます。ここで言う借金とは住宅ローンやカードローンのほか、クレジットカードの利用も含まれます(忘れがちですが、カードローンは利用時期と支払い時期に間がある立派な借金です)。

債務整理前に持っていたクレジットカードはしばらくは使えますが、途上与信(クレジットカード会社が定期的に利用者の債務状況を確認する行為)が行われると使えなくなってしまいます。

機関は債務整理の種類にもよりますが、任意整理ならば5年、個人再生や自己破産ならば10年となることが多いようです。

この間、債務整理をした本人は教育ローンや住宅ローンを含めた一切のローンが組めなくなってしまいますので、結婚生活に大きな支障をきたす恐れがあります。そのことは必ず婚約者に事前に伝えておきましょう。

相手に借金がある場合はどうするべきか?

ここからはあなたでなく、結婚相手に借金があると判明した場合の対処法を考えていきたいと思います。この場合もやはり、結婚前にその問題を解決しようとすべきです。

結婚後も返し続けるという場合は、結婚相手の稼ぎの中から返させるべきです。愛する人のために肩代わりしてあげたいという気持ちはわからないでもありませんが、それは相手の自立心を奪ってしまうことになってしまいますし、長期的に相手のためになりません。

そもそもそこで自分の力で返済しようと考えない人とは結婚しないほうがいいのかもしれません。

結婚相手が専業主婦/主夫になるという場合は、仕方がないのであなたの稼ぎの中から支払うことになりますが、その見返りとして家事をより頑張ってもらうなどの工夫が必要になります。

夫婦生活は支え合いですので、どちらか一方が一方を支えるだけ、という関係は避けたいものです。

親に借金がある場合はどうする?

今度は相手でも自分でもなく、どちらか一方の親に借金がある場合について考えてみたいと思います。前述の通り、借金は債権者と債務者の契約ですので、親がいくら借金をしていようとあなたにも配偶者にも返済義務はありません。

ただ、結婚するとなった以上、自分はもちろん相手の親とも少なからず付き合うことになります。ケースとしては珍しい話ですが、金の無心をしてくるようなろくでもない親がいる場合は、なるべく距離を取るようにしましょう。物理的に遠くに住んでいれば、そうそう会うこともありません。

どうしてもそうするのが困難という場合は、弁護士に相談してそういった親への対処法を教わったほうがいいかもしれません。

借金のある親が死亡した場合の対処法

親が死亡した場合、子供はその財産の一部若しくは全部を相続することになります。親に配偶者がいる場合、配偶者が全体の1/2を取り、残りを子どもたちで分けます。

例えば子供が2人いる場合はそれぞれが1/2÷2=1/4ずつ、3人いる場合は1/2÷3=1/6ずつ取ります。配偶者がいない場合は、単純に子どもだけで財産を均等に分けます。

そして、相続ではプラスの財産、例えば預貯金や土地、証券などだけではなく、マイナスの財産、すなわち借金も引き継ぐことになります。相続は放棄することも可能ですが、被相続人(他人に財産を相続させる人。この場合は親)の死亡を知ってから3ヶ月以内に手続きをしなければならず、非常に面倒です。

人はいつ亡くなるかわからないものですが、とりあえず親に借金がある人と結婚する場合、一定のリスクが有ることは覚えておきましょう。

なお、親の住宅ローンについては、親が死亡した時点で免除されるケースが大半です。ほぼ100%団体信用生命保険に入っているからです。

これは住宅ローンの借り主が死亡したり、身体障害になったりして、返済能力を失った場合に、ローンを免除してくれる保険です。もちろん、その場合住宅は手元に残ります。

まとめ

借金の存在をカミングアウトするというのは、少なからずプライドを傷つける行為ですし、格好いいものでもありません。しかし、それでも打ち明けるに越したことはありません。それが将来の大きなトラブルを未然に防ぐ事になるからです。

必要なことは早めに打ち明けて、前向きな解決方法を探っていきましょう。