カードローンは変動金利と固定金利どちらが有利?

カードローンを比較する際に一番重視するところはどこですか?と聞かれれば、多くの方は「金利」と答えるかと思います。それは正しい判断ではありますが、借りる際には金利の高低だけでなく、変動金利なのか、固定金利なのかについても抑えておくべきです。ここをよくチェックしないまま借りてしまうと、余計な利息を支払わされることになるからです。

今回の記事では変動金利と固定金利、それぞれの仕組みとメリット・デメリットについて解説いたしますので、これからカードローンを利用しようと考えている方は是非参考にしてください。

銀行は変動金利、消費者金融は固定金利が多い

カードローンの金利は大きく、変動金利と固定金利に分けられます。変動金利を採用しているカードローンは借入後に金利が変わる可能性がありますが、固定金利の場合はそれが一切ありません。基本的に銀行系は変動金利を、消費者金融は固定金利を採用することが多いようです。

銀行系カードローンが採用する「変動金利」ってどんな仕組み?

銀行系カードローンの多くは、変動金利を採用しています。変動金利の最大の特徴は、借り入れをした時点では総支払額が確定しないことです。借り入れをした後で金利が上昇すれば当初の見込みよりも総支払額は増えますし、金利が加工すれば総支払額は減ります。

変動金利は原則として、政策金利と連動します。政策金利とは、中央銀行が一般銀行に対して貸す際の金利のことです。中央銀行の政策によって決められるもので、基本的には好景気時には上昇し、不景気時には下降します。

好景気になると、バブルが形成されるリスクが高まります。中央銀行はそれを防ぐために政策金利を高くします。政策金利が高くなると一般銀行が中央銀行からお金を借りづらくなり、その結果個人や民間企業は一般銀行からお金を借りづらくなります。するとその国の金回りが悪くなるため、景気が抑制されます。

逆に不景気時には投資が低調になるため、中央銀行は政策金利を下げます。政策金利が低くなると一般銀行が中央銀行からお金を借りやすくなり、その結果個人や民間企業は一般銀行からお金を借りやすくなります。するとその国の金回りが良くなり、景気が刺激されます。

まとめると、景気が良くなっている時には変動金利が上がり、悪くなっているときにはには変動金利が下がる、ということです(あくまでもそういう傾向があるという話であり、必ずそうなるわけではありません)。

なお、当たり前の話ですが、変動金利といえども無限に上昇するわけではありません。あくまでも利息制限法や出資法を上回らない範囲で変動します。

消費者金融が採用する「固定金利」ってどんな仕組み?

消費者金融の多くは、固定金利を採用しています。固定金利は変動金利と対になる概念で、借り入れの時点で総支払額が決定するのが大きな特徴です。業者が金利を変更したとしても、それが採用されるのはこれから新たに借り入れをする人だけであり、すでに借りている人は借りた時点の金利が採用され続けます。

固定金利を選んだ場合、たとえ政策金利が上昇しても自身にデメリットはありませんが、逆に下落してもメリットはありません。変動金利と比べると、ローリスク・ローリターンな仕組みと言えるでしょう。

変動金利と固定金利、それぞれのメリットとデメリットは?

変動金利と固定金利、それぞれの特徴をまとめた表がこちらです。

変動金利 固定金利
最初の金利 低い 高い
総支払額変動リスク ある ない
向いている人 支払能力が高い人 リスクを抑えたい人

変動金利と固定金利の主な差は「最初の金利」と「総支払額変動リスク」の2点です。

最初の金利に関しては、変動金利のほうが低めに設定されていることが多いです。つまり、仮に変動金利が一切動かなかった場合、固定金利よりも少ない支払総額で済む、ということです。

一方で、変動金利には総支払額変動リスクがあります。ここで言うリスクとは、当初の見込みと実際の総支払額に差が出る可能性という意味であり、総支払額が減る(借り手にとって有利なことが起こる)可能性も含んでいます。

変動金利は総支払額変動リスクを許容できるほど支払能力が高い人向けの選択肢と言えます。金利が変動さえしなければ、むしろ固定金利よりお得です。一方、固定金利はそうしたリスクを飲み込めない人向けの選択肢と言えます。これならば政策金利がどれだけ動いても気にする必要はなくなります。

なぜ銀行系は変動金利、消費者金融は固定金利を採用するの?

銀行系カードローンの多くが変動金利を採用している理由は、財務基盤が安定しているからです。貸す側から見た場合、変動金利は平均すれば固定金利よりも回収できる利息が少ないうえ、将来いくら回収できるかも不透明な、つまり不利な仕組みです。このような貸し方は、財務基盤が安定している銀行系でなければできません。

一方、消費者金融は安定性の面では銀行に劣っています。また、消費者金融は銀行から借りたお金を更に貸しているため、より高い金利を設定する必要があります。

仮に消費者金融も変動金利を採用すれば、より金利が低い銀行系カードローンに多くの人が流れるのは目に見えています。そのため、差別化として固定金利を採用しているのです。

これならば変動金利のリスクを負いたくない顧客を囲い込むことができますし、平均して変動金利よりも高い金利を設定しても文句を言われません。

変動金利・固定金利それぞれのメリット・デメリットを理解して借り入れしよう


変動金利と固定金利、それぞれに違ったメリットやデメリットがあることはご理解いただけたかと思います。

両者にはそれぞれ違ったメリットとデメリットが有り、一概にどちらを選んだほうがいいということはできません。自らの返済能力やリスク許容度をよく考えた上で、自分に適したほうを選ぶといいでしょう。