大東建託の土地活用の評判は?特徴とポイントをまとめました!

土地活用業者は数多くあり、それぞれ異なる強み、弱みを持っています。土地活用に失敗しないためには、目的に合わせて適切な業者をパートナーとして選ぶことが大切です。

今回は、そんな土地活用業者の中から「大東建託株式会社」をご紹介します。サービス内容にどのような特徴があるのか、ネット上ではどんなクチコミが多いのかといった、業者選びの参考になる情報を紹介しましょう。土地活用業者の選定に悩んでいる方は、ぜひご一読ください。

大東建託ってどんな会社?

大東建託は、1974年に創業した会社です。主な事業内容はアパートやマンション、貸事業所などの建設業務。そして不動産管理業務です。資本金は約290億円で、東証一部上場企業でもあり、全国的に事業展開しているため、名前をご存じの方も多いことと思います。

大東建託の特徴

2017年時点で、大東建託の賃貸住宅管理戸数は100万戸を突破、業界第1位の実績です。他にも賃貸仲介件数第1位、住宅供給戸数第1位(マンションを除く)といった輝かしい成績を誇っています。

このように、業界でも随一の実績を持っている点が大東建託の特徴です。特に管理戸数1位の記録は過去21年、どこにも破られていません。

大東建託の強み

なぜ大東建託が多くの方から選ばれているのか、その理由となっている強みをご紹介しましょう。

最初に挙げられるのは、対応エリアが業界最大規模だという点です。大東建託の対応エリアは日本全国。47都道府県のすべてに支店を構えています。

土地活用業者はたとえ大手であっても、高い利益が見込まれる首都圏や大都市圏周辺でしかサービス提供していないところも少なくありません。そんな中、全国くまなくサービスを提供しているという点は大きな強みだといえるでしょう。

エリアだけでなく、対応できる土地活用の種類も非常に幅広いのが特徴です。賃貸経営は賃貸アパート経営、賃貸マンション経営はもちろんのこと、木造・鉄骨造・RC造までさまざまな構造に対応可能です。

賃貸経営だけでなく、複合商業施設から小規模店舗、介護施設の運営までサポートを行っています。単に物件の建設や運営をサポートするばかりではなく、土地オーナーとテナントのマッチングまで行っているため、土地活用のすべての範囲をカバーするサポートを提供しているといえるでしょう。

土地活用の運営サポートというと、一般的には建物を丸ごと業者が借り上げる「一括借り上げシステム(サブリース契約)」が有名です。大東建託も一括借り上げシステムを採用していますが、他所の業者にはない充実したサービスを提供しています。

一般的な一括借上げシステムの期間は30年間程度ですが、大東建託の場合はそれを上回る35年間。しかも入居者退去時に必要となる原状回復費は35年間ずっと、修繕費用の方は30年間、すべて大東建託が負担してくれます。

さらに、一括借り上げシステムにおいてネックとなる「固定賃料の見直し期間」についても他社の追随を許しません。

一般的には2年程度のサイクルで固定賃料の見直しを行うのが一括借り上げシステムの通例ですが、大東建託の場合、最初は10年賃料を固定し、その後は5年毎に見直すという方式を取っています。オーナーにとっては収入の不安定さが解消するため、非常に大きなメリットだといえるでしょう。

大東建託ではこの一括借り上げシステムをさらに一歩進めた「賃貸経営受託システム」というサービスも提供しています。これは事業計画から物件の建設・運営、将来の建物修繕に至るまであらゆる業務を大東建託が委託するという仕組みです。

どのように土地活用を行うかという企画の部分と、建物の修繕までカバーしているサービスは業界でも非常に珍しいものです。賃貸経営受託システムも一括借り上げシステムと同じく、オーナーは空室ができても家賃保証があり、35年間固定賃料を受け取ることができますので、家賃滞納といったリスクへの対策にもなります。企画から維持管理まで、すべてを業者に委託するという極めてシンプルな仕組みです。

大東建託の弱み

業界最大規模の実績と、非常に充実したサービス内容を誇る大東建託ですが、やはり良いところばかりではなく、弱みといえる部分も持ち合わせています。

これだけサービスが充実しているわけですから、ある程度想像はつくかもしれませんが、価格面からいうと業界平均と比べて決して安いとはいえません。

土地や物件の状況によって必要な予算は異なるものの、2階建て2×4木造住宅の場合、坪単価は60万円程度、その他の物件の場合は70万円店度と少し高めになっています。

コストと利益に注目すると気になる点が出てくるのは、土地活用に関する一切の業務を委託できる「賃貸経営受託システム」も同様です。すでにご説明したように、このシステムでは35年間、オーナーは固定賃料を受け取り続けることになります。しかし、これは言い換えれば、「35年間無理なく払い続けられるような賃料が最初から設定される」ということです。

つまり、オーナー自身が管理業務を行ったり、より短いスパンで固定賃料の見直しを行う一括借り上げシステムを利用したりする場合と比べて、最終的に得られる利益額は少なくなってしまう場合があります。大東建託を利用する場合はこの点を決して忘れないようにしてください。

大東建託の評判

大東建託の強みと弱み両方を見てきましたが、実際の利用者からはどのような声が多いのでしょうか。ここではネット上で良い口コミと悪い口コミ、それぞれを調べて多く見られたものをピックアップしてご紹介します。リアルなお客様の声を知ることで、その業者がどのようなサービスを提供しているのか、よりリアルに感じられるようになるはずです。

良い口コミ

煩わしい管理業務から開放された

大東建託の強みのひとつは、賃貸住宅経営・管理業務に対する充実したサポート体制にあります。長らく煩雑な管理業務に頭を悩ませてきたオーナーの中には、こうした点を評価する方が多く見られました。

「賃貸管理の一切をまとめて任せられるので安心できる」、「加齢とともに家賃管理や建物管理などの管理業務が大変になってきたが、委託できて大変助かっている」といった声が多いようです。

賃貸経営に関するサポートに満足

今度は逆に、今まで賃貸経営の経験がなかったオーナーの方々からの声をご紹介します。大東建託では、企画から維持管理まで賃貸経営のフルサポートを行っているので、経験がない方でも「わからないことを丁寧に教えてもらえた」と喜びの声を挙げている方が多いようです。

悪い口コミ

営業担当者の対応が悪い

大東建託の場合、物件ができた後の運営は基本的にすべて業者に委託することになります。そのため、営業担当者と接触する機会が多いのは物件が完成するまでの期間となりますが、このときの営業担当者の対応に不満を持っている方が多いようです。

「こちらからの問い合わせにいつまでも回答してくれなかった」「事前に要望を伝えていたのに、提案された内容には全く反映されていなかった」といった声が見られます。

下請け業者の対応が悪い

大東建託もほかの土地活用業者と同じく、建物の施工には下請け業者を利用しています。中には、質の悪い下請け業者もいるようで、その点を指摘される方も少なくないようです。「建設現場の整理整頓ができておらず、汚かった」といった声が見られました。

これは現場監督がひとつの現場だけでなく、複数の現場を同時に担当しているため、管理が行き届いていない場合などに生じる問題のようです。もちろん、すべてのケースで起きる問題ではありませんが、こうした話しがあることは覚えておいた方が良いかもしれません。

物音が気になる

大東建託では、木造賃貸住宅の建設も行っていますが、「壁や床が薄く、物音が気になる」という入居者からの悪い評判が多いようです。こうした評判が多いと、入居率にも関わってくるため、賃貸物件の防音性能については、事前に担当者とよく確認しておいた方が良いでしょう。

大東建託の土地活用を利用する際の注意点

以上のことから、大東建託に土地活用を依頼する際の注意点を3つにまとめました。

土地活用の方法自体に悩んでいる人におすすめ

まず、自分が大東建託の土地活用に向いているのかどうか確認してみましょう。大東建託は土地活用の企画から建物の修繕・維持管理に至るまで、ほぼすべての領域をカバーしています。したがって、「土地活用を行いたいけど、どのように進めたらわからない」という方に向いています。この条件に当てはまるのは、どちらかというと土地活用を初めて行う方が多いかもしれません。

管理業務に手間を掛けたくない方にも最適

同様に、土地活用に関わる管理業務に手を煩わせたくないという方にも向いている業者です。こちらの条件に当てはまるのは、土地活用の経験豊富なベテランオーナーが多いでしょうか。もし、過去に土地活用を依頼してきた業者に不満があるのなら、大東建託への乗り換えを検討してみても良いかもしれません。

他社とコストパフォーマンスを比較し、納得できたら契約する

自身が大東建託の土地活用に向いている条件を満たしているからといって、すぐに契約を決めるべきではありません。必ずほかの不動産会社と比較し、条件に納得できた時点で契約しましょう。

すでに述べたように、大東建託の賃貸受託システム、一括借り上げシステムは固定賃料の更新期間が長いため、より短いスパンで見直しを行う他の業者に比べて得られる家賃収入の利益が少なくなってしまう可能性があります。

もちろん、実際には入居者がどれだけ集まるか、総合的なサポート体制など複数の条件をまとめて契約する業者を選ぶ必要がありますが、ほかの業者と比較することによって大東建託が本当に自分にとって最適な業者なのか、正確に見極めることができるはずです。

まとめ

大東建託は土地活用業者の中でも屈指の実績を誇っています。サポート体制に定評があり、幅広い活用方法に対応可能です。

「自分の置かれた状況が、大東建託の土地活用に向いているか」
「大東建託の提案内容が、他の業者と比べて魅力的であるか」

この2点を正確に見極めることが土地活用成功の秘訣です。今回の内容を見て大東建託に興味を持った方は、ぜひ利用を検討してみてください。