ビットコインとビットコインキャッシュはどう違う?将来性はどちらが上?

ビットコインとよく似た名前の仮想通貨に、ビットコインキャッシュがあります。ビットコインキャッシュはビットコインから分裂する形で2017年8月に生まれた、比較的歴史の短い仮想通貨です。

両者は名前だけでなく性能も似ていますが、根本的に別の仮想通貨であり、互換性はありません。今回はビットコインキャッシュがどのような経緯で誕生したのか、ビットコインとの違いはどこにあるのかを解説していきます。

ビットコインの「スケーラビリティ問題」がビットコインキャッシュを産んだ

ビットコインは2017年初頭頃から、スケーラビリティ問題にさらされることになりました。スケーラビリティ問題とは簡単に言えば、ビットコインのブロックサイズが不足する問題です。

ビットコインの個々の取引記録をトランザクションと言います。トランザクションを複数まとめて1つの塊にしたものをブロックと言います。ビットコインのブロックチェーンは、このブロックを時系列順にチェーンのように繋いでいくことによって成り立っています。

ビットコインの場合、ブロックは概ね10分に1つ生成されます。ビットコインのブロックサイズの上限は1MBです。

ビットコインの知名度が今よりもずっと低かった時代は、10分当たりのトランザクション数が少なかったため、ブロックサイズが1MBしかなくてもそれほど問題になることはありませんでした。

しかし、ビットコインが有名になり、取引も活発になると、トランザクションがブロックに収まらなくなる懸念が生まれました。これがビットコインのスケーラビリティ問題です。

スケーラビリティ問題を解決する2つの方法

ビットコインの開発者コミュニティでは、スケーラビリティ問題を解決するために様々な方法が考案されました。その中でも特に多くの支持を集めたのが「Segwit」と「ブロックサイズの拡大」です。

Segwitとは

Segwitとは、簡単に言えば、個々のトランザクションのサイズを小さくすることによって、スケーラビリティ問題を解決しようという考え方のことです。ブロックが小さいままでも、トランザクションが小さくなれば、1ブロックに入れられるトランザクション数は増えます。

Segwitのメリットは、Bitcoinのもう一つの問題である「トランザクション展性」を解決できることです。トランザクション展性については個々では詳しく説明しませんが、とにかくSegwitを行うと、ビットコインの抱えている2つの重要な問題を両方とも解決できるわけです。

ブロックサイズの拡大とは

ブロックサイズの拡大とは、ようするに個々のブロックサイズ自体を大きくしてしまおうという考え方です。

トランザクションを小さくするなどという面倒な手続きを経なくても、ブロックサイズが大きくなってしまえば問題はすべて解決するようにも思えます。ブロックサイズを拡大するのは簡単で、手間もかかりません。

しかし、この方法にも欠点があります。一番の欠点は、マイニングが難しくなることです。

マイニングとは別記事(参考:ビットコインの新規発行分を獲得する「マイニング」が儲からない理由)でも解説していますが、ビットコイン取引の記帳を行う代わりに、新規発行分のビットコインを得る作業のことです。

ビットコインのマイニングには、高い計算能力を持つコンピュータが必要不可欠です。この状況でブロックサイズを大きくしてしまうと、ますます高い計算能力が要求されるようになります。

するとマイニングの寡占・独占が進み、それはやがてビットコインの理念とは反対の中央集権化を進めることになります。

また、ビットコインのサイズを大きくすることによって、安全性に影響が出る可能性も否定できません。少なくとも今までは安全だったところにわざわざ手を加えるよりは、Segwitで解決しよう、という人も一定数存在します。

ビットコイン、分裂へ

結局Segwit派とブロッキサイズの拡大派の溝は埋まらず、両者は分裂することになりました。ハードフォークという技術によってビットコインは分裂し、ビットコインとは別のBitcoincashが誕生しました。

ビットコインキャッシュはブロックサイズ拡大派の望んだ通りの仕様になっており、ブロックサイズは従来の8倍=8MBまで大きくなりました。一方、ビットコインはSegwitを導入しました。もはや両者は「基本的な仕様が似ているだけの別の仮想通貨」であり、両者の間に互換性はありません。

このように、もともと1つだった通貨が互換性のない2つの通貨に分裂するというのは、仮想通貨ならではの現象です。ビットコインとは別の、イーサリアムという仮想通貨も過去に分裂を起こし、イーサリアムとイーサリアムクラシックという2つの仮想通貨に分かれています。

ビットコインキャッシュの基本仕様

ビットコインキャッシュの基本的な仕様は、ビットコインのそれに準じています。総発行枚数はどちらも2100万枚ですし、ブロック生成時間はどちらも10分です。Segwitとブロックサイズの拡大、どちらをより前向きに捉えるかが鍵となります。

ビットコインとビットコインキャッシュの値動き

以下のグラフの緑の線は、2017年8月1日~2017年12月7日にビットコインとビットコインキャッシュ1単位あたりの価格をドル建てで比較したものです(ビットコインキャッシュ側のオレンジの線はビットコインとビットコインキャッシュのレートを示したものであり、今回は無視していただいて大丈夫です)。

このグラフを見ると、ビットコインの値動きと、ビットコインキャッシュの値動きは概ね連動していることがわかります。

本来、ビットコインとビットコインキャッシュは対立から分裂したものであるため、一方が上がれば一方が下がるという関係になりそうなものですが、実際にはどちらも価格は順調に上昇しています。

短期的に見れば一方が上がり一方が下がっていることも多いのですが、仮想通貨市場全体が成長している現時点においては、その対立を成長が打ち消しているといえます。

ただし、この同時成長がいつまでも続くことは当然ありえません。どんな市場もいつかは成長を停止します。

そうなったときに、ビットコインとビットコインキャッシュが競合関係になる可能性は高いです。ここまで仕様が似ている仮想通貨が2つあっても仕方ないからです。

ただ、一方で両者の競合は本格的なものにならず、むしろ双方を補完する関係になると見る人もいます。彼らはビットコインはデジタルゴールド=資産、ビットコインキャッシュは通貨=決済手段と、異なる役割を与えられると考えています。

ビットコインキャッシュが買える仮想通貨取引所は?

ビットコインキャッシュもビットコインと同様に、仮想通貨取引所で取引できます。現時点でビットコインキャッシュを取り扱っており、なおかつ金融庁への登録を済ませている国内の仮想通貨取引所は以下のとおりです。

  • BitFlyer
  • Bitbank.cc
  • Zaif
  • BITPoint
  • GMOコイン
  • みんなのビットコイン
  • BitTrade
  • フィスコ

ビットコインキャッシュは非常に多くの仮想通貨取引所で扱われています。基本的には、上にかかれている仮想通貨取引所ほど安全性や取扱通貨数、手数料などで優位に立っており、おすすめです。

まとめ

  • ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨
  • ビットコインとビットコインキャッシュの間に互換性はない
  • ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きい
  • 2017年12月時点では、両者ともに価格は上昇している

ビットコインキャッシュは、ビットコインとはまた違った将来性を持つ仮想通貨です。多くの取引所で購入できるため、気になる方はまずは少額の取引から始めてみてはいかがでしょうか。